ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

霧島・錦江湾国立公園

63件の記事があります。

2021年01月15日えびの高原に雪が降り、沢山雪が積もりました。

霧島・錦江湾国立公園 池田美樹

こんにちは。

えびの管理官事務所、池田です。

みなさまお久しぶりです。

年が明けて、初めての日記となります。

今年もよろしくお願いします。

霧島錦江湾国立公園霧島地区の山々では、雪が積もりました。

昨年末から雪が降り、寒い寒い大晦日からお正月を迎えました。

年が明けてからは2回雪が降りました。

南九州(鹿児島・宮崎)では、雪が降るとほとんどの人はテンションが上がります。もちろん大人も!!

宮崎県道30号線では、雪の降った次の日から週末に掛けて、徐々に増える雪だるまが所々に作って置いてある光景が見られます。

今回アップする写真ですが「1月12日(火)に撮影分」、AR写真展に向けて出展できる写真を撮れるように

撮影に挑戦しました。午後から早速カメラをリュックに入れ、池巡りへ足を運びました。

撮影時には、撮影の仕方を教えてくださる方と行きました。

今年の目標は、「自然風景や動植物等の撮影練習をして、AR写真展で自分の写真が1点以上選ばれるように頑張る」です。

☆今月7日に撮影した雪景色☆

                                                             

☆今月12日に撮影した韓国岳☆

                 ~えびの高原展望所より撮影~      

 ~二湖パノラマ展望台より撮影した六観音御池~   ~二湖パノラマ展望台より撮影している私です~   

撮影の仕方を教えてくださった方が、撮ってくださった写真。なかなかこういう姿は撮ってもらえないので。

                ~雪が積もって凍った白紫池を撮影~

この白紫池、昔は天然のアイススケート場だったんですよ。(以前も紹介したことがあるのですが。)

信じられないけど、ここへ滑りに来たことがある方とよくこの話題になります。

今シーズンは、寒波の影響で数回雪が降ったので、雪が降った後の山の様子や、池の様子などを実際に見て、伝える良い機会になりました。自分たちもなかなか勤務日に何回も雪が積もったりする機会がなかったので、嬉しかったです。やはりテンションは上がりましたね。

ページ先頭へ↑

2020年09月25日海ごみゼロウィーク~神瀬清掃活動~【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 鹿児島 築山秀明

皆様、こんにちは!!

霧島錦江湾国立公園管理事務所の築山です。

今回は、9月15日に行われた「秋の海ごみゼロウィーク 神瀬灯台清掃活動」についてご紹介致します。

この清掃活動は環境省と日本財団が共同事業として実施する「海ごみゼロウィーク」の一環として行うものです。

例年であれば5~6月に行われていますが、今年は新型コロナウイルスの影響により9月12日~19日までの開催になりました。

霧島錦江湾国立公園管理事務所が所在する鹿児島県鹿児島市では、MBC南日本放送と錦江湾遊覧観光協会が中心となって開催となりました。

まず、清掃活動の舞台となったのがこちら!

桜島近くに位置する無人島「神瀬(かんぜ)」です。

桜島と鹿児島港の間にあり、錦江湾を往来する多くの船に瀬の位置を知らせるための灯台があります。

神瀬は霧島錦江湾国立公園の「第2種特別地域」周辺は「海域公園地区」に指定されています。

普段なかなか立ち入ることができない島で清掃活動を行いました!

神瀬灯台へは船で移動です。

神瀬灯台付近は浅瀬なので小型船に乗り換え上陸!