ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2021年07月28日崖っプチの愛・ハート岩(龍ヶ岳園地)【雲仙天草国立公園・天草地区】

雲仙天草国立公園 天草 森俊夫

 天草上島の東端を約30キロにわたって縦断する山稜ラインは「観海アルプス」と呼ばれていますが、その南端に位置するのが標高470メートルの龍ヶ岳です。

 その山頂周辺は自然公園として整備され、山頂展望所、キャンプ場などの施設がありますが、山頂展望所からの海に浮かぶ島々の眺望と並ぶ自然景観として、「ハート岩」があります。

 「ハート岩」は、山頂付近の巨大な岩に自然にできたハート型のくぼみ(侵食)で、古代人がそのくぼみにお酒を満たして神々と通信する儀式を行っていたという伝説があります。また、形成されている位置が数百メートルの断崖絶壁の崖っぷちにあることから、「愛さえあれば何も怖くない」というフレーズで、愛と恐怖でドキドキの恋愛成就のパワースポットとしても紹介されています。

ハート岩を案内するプレート(2021年6月撮影) ここからハラハラ・ドキドキ体験が始まります。

 駐車場から徒歩5分くらいのところにあり、スニーカーでなくともヒールの低い靴であれば大丈夫ですが、ハートは大きな天然岩の崖側の端近くにあり、岩には小さな凹凸がありますので、念のためしっかりと手をつないで近づくことをおすすめします。

 この夏、あなたも龍ヶ岳でハラハラ・ドキドキ体験してみませんか。

山頂から見下ろした風景で、手前にハート型のくぼみがある巨大な岩、背景に、山の裾野と海が広がっている(2021年6月撮影) 逆向きハートの向こうには、数百メートルの断崖絶壁と天草の藍い海が広がっています。

巨大な岩のハート型のくぼみを真上から撮影したもので、岩の向こうには、数百メートル下の裾野が写っている(2021年6月撮影) 真上からのぞき込むと、きれいなハート型です。

 写真からもわかるように、現地では景観を保持するために手すりなどは設置されておりません。

 くぼみは、ほぼ真上から見たときが一番きれいなハート型に見えますが、くぼみの向こうは数百メートルの断崖絶壁となっていますので、くれぐれもそれ以上は崖側には近づかず、決して、くぼみの向こう側へは行かないでください。

画像の上下を入れ替えて、ハート型がわかりやすいようにしたもの

 携帯の待受画面にすると恋愛運アップ?

 待受画面用に、撮影した写真の上下を入れ替えて、角度を調節し、縦長に切り取りました。

 ハート岩のある龍ヶ岳山頂は、環境省が主催するスターウォッチング・ネットワークで、最も星空の観測に適した場所に認定されたこともあり、その立地を活かしてミューイ天文台が設置されています。(ミューイとは、天草地方の方言で「見よう」という意味です。)

 天体観測は日没後のみですが、昼間や夜間の天候不良で天体観測ができないときは、プラネタリウムも上映されています。(詳細は直接施設にお問い合わせください。)

龍ヶ岳山頂にある天文台の建物を撮影したもので、中央にレンガ色の門と入口、その右奥に天井が半球形の白い展望室が写っている(2021年6月撮影)環境省が制定した星空をイメージしたスターウォッチング・ネットワークのキャラクターとロゴ

ページ先頭へ↑

2021年07月19日白嶽(しらたけ)森林公園・ハッチョウトンボ【雲仙天草国立公園・天草地区】

雲仙天草国立公園 天草 森俊夫

 今年も白嶽(しらたけ)園地(白嶽森林公園キャンプ場)の湿地帯に、ハッチョウトンボが舞っています。

 ハッチョウトンボは、トンボ科ハッチョウトンボ属の体長2センチ程度の日本一小さなトンボです。熊本県のレッドデータブックでは2019年絶滅危惧ⅠA類に指定され、県条例により県内全域での捕獲が禁止されています。絶滅危惧ⅠA類とは、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いものとされており、熊本県では、絶滅の危機に直面している状況にあるということです。

 このような状況の中で、6月1日の巡視の際にはその姿が見られなかったため、一時は大変心配していましたが、6月中旬頃に生息が確認されたという嬉しい報道がありました。6月29日(午前11時頃)の再度の巡視では、7頭のオスのハッチョウトンボが確認できました。

 トンボといえば、ゆっくりと風に乗って流れるように優雅に舞うというイメージでしたが、私が見たときは、3頭と4頭のグループに分かれて、数分間、それぞれに直径30センチくらいの弧を描きながら、追いかけっこをするように、地面から150センチくらいの高さの同じ軌道を、目が回らないかと心配になるくらいのものすごい早さでグルグルと飛んでいました。その後分散し、地面から20センチ程の高さの湿地帯の草の間でホバリングをして、草の葉に乗って羽根を休めたかと思うと、10秒足らずで飛び立って、水平に1メートル程度移動しては、ホバリングと羽根休めを繰り返していました。2センチ程度の細く小さな体ですが、鮮やかな赤色をしているため、3メートルくらいの距離までは、その行方を目で追うのはそう難しくはありませんでした。しかし、すぐ近くまで来てじっとしていることはほとんどありませんでしたので、その姿をカメラに収めるのは、至難の技でした。

 被写体が小さく、じっとしているのはほんの数秒間であるため、この程度の写真しか撮れませんでした。

湿地帯の草の上で右方向に頭を向けて羽根を休めているハッチョウトンボ(2021年6月撮影)湿地帯の草の上で左方向に頭を向けて羽根を休めているハッチョウトンボ(2021年6月撮影) 

 この写真では、鮮やかな赤をとらえることができませんでした。次回巡視時には、高性能カメラでリベンジ撮影にチャレンジします。

 残念なことに、間近で見たいと思われたのでしょうか、通路から外れて、湿地帯の中にまで入り込まれた来訪者もいらっしゃったようです。ここは、彼らにとっての数少ない生息地ですので、この貴重な聖地に、文字どおり、土足で踏み込むことのないように、利用者のみなさまには、自然環境の保護と保全にご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

湿地帯が踏み荒らされて、いくつもの足跡が重なるように残されている様子が写されています(2021年6月撮影)

ページ先頭へ↑

2021年07月15日ARデビュー報告【雲仙天草国立公園・天草地区】

雲仙天草国立公園 天草 森俊夫

 雲仙天草国立公園・天草地区で初のアクティブ・レンジャー(AR:自然保護官補佐)として令和3年5月から天草自然保護官事務所に勤務することになりました森です。

 勤務を始めてから1か月余りが経過し、国立公園内の巡視を徐々に始め、ARの仕事が少しずつわかってきたような気がしていた6月初旬のとある日、事務所の電話が鳴りました。

 それは、一般の方からで、管内の松島地区で、オオキンケイギクらしき植物を見かけたという情報提供の電話でした。

 オオキンケイギクとはキク科の多年草で、コスモスに似た先がギザギザの(不規則に4つから5つの凹凸がある)花びらが幾重にも重なる、鮮やかな黄色の花を咲かせます。きれいな花を咲かせるため、以前は、道路脇の法面(斜面)の緑化資材として使われていましたが、その強靱な繁殖力で、他の植物を駆逐(他の植物を生育できなく)してしまうため、2006年から外来生物法で指定を受けている特定外来生物です。

 特定外来生物とは、海外起源の動植物のうち、生態系(生物の多様性)を破壊するおそれのあるもののことで、そのおそれの高いものは外来生物法で指定され、飼養、栽培、保管、運搬、輸入が禁止されています。例えるならば、自然界の指名手配犯といったところでしょうか。

 この一報を受けた自然保護官から指示を受けて、電話のあった30分後には現地に向けて出発。到着後、直ちに捜索を開始して、オオキンケイギクと思われる黄色い花を咲かせている植物の形状や分布範囲をデジタルカメラで撮影して事務所へと戻りました。

オオキンケイギクの生育状況の確認のために、現場捜索の際に撮影された写真で、中央手前に黄色い花が5輪、緑色の固いつぼみが3つ、後方斜面には、一面に黄色い花が点在している様子が写されている(写真1)見た目には、指名手配犯らしからぬ、非常に美しい花です。

オオキンケイギクの生育状況の確認のために、現場捜索の際に撮影された写真で、道路脇の斜面一面に密に黄色い花が点在している様子が写されている(写真2)斜面一面に黄色い花が点在しています。

 すぐに画像データを九州地方環境事務所の野生生物課に送り、30分程でオオキンケイギクであることの確認ができました。

 生育が確認された場所は、利用者の多い観光地(展望所・レストラン・宿泊施設)への連絡道路(市道)脇の斜面でしたので、直ちに、道路管理者である自治体の担当部署に、生育区域を表示した図面を添付して、駆除作業の計画を依頼することとしました。

 駆除作業を実施するにあたって注意を要するのが、オオキンケイギクが多年草であることと外来生物法により生きた状態での運搬(移動)が原則的に禁止されているということです。

 多年草であるオオキンケイギクは、ロゼット型と呼ばれる丸く地面にへばりつくような形状で冬を越し、早いものでは、4月頃に葉を細長いクツベラ型に伸ばし始め、5月頃には茎を伸ばします。その後、5月から6月に開花し始めて結実し、7月頃から羽根の生えた種を風で飛ばし始めますが、遅れた時期から成長を始めるものもあるため、開花・結実は秋まで続きます。このサイクルを繰り返すことで、生育域を広げていきます。

 駆除の方法としては、まず、地上に見えている部分を刈り取る方法が考えられます。しかし、この方法では根が残ってしまうため、翌年にはまた開花・結実することになり、早いものでは同一シーズン中に再度、発芽して、開花・結実に至ることもあります。そのため、根ごと引き抜く方法がよいとされています。また、種を飛ばし始める前(6月まで)に駆除作業を行うことも重要なポイントとなります。

 また外来生物法で指定されている特定外来生物は、生きたまま運搬する(移動させる)ことが禁止されているため、駆除したオオキンケイギクはそのままの状態で燃やせるゴミとして出すことができません。そのため駆除した後は、種子や根を落とさないように袋などに入れて、口をしっかりと閉じて、その場に3日程度置いて枯死させた後に、燃やせるゴミとして処分するということになります。

 ただし、自治会やボランティア団体等による小規模の駆除作業に関しては、事前に駆除作業を実施する旨をホームページ、回覧板、掲示板、立て看板などで公表しておけば、生きたまま運搬することが認められています。この場合は駆除直後に焼却場へ持ち込むことができるようになりますが、運搬途中に根や種子がこぼれ落ちることのないように、十分な拡散防止措置を講じなければならない点に注意してください。

 今回は最初の生育の確認の約2週後(6月下旬)に行われた上天草市の9名体制の駆除作業に、天草自然保護官事務所から2名(天草自然保護官事務所には2名しか職員がおりませんので総動員です。)で参加させてもらいました。

 現地確認の際に黄色い花を目印に生育区域を確認し、少なくはないという印象を持っていましたが、駆除作業に参加してみると2週間の間に開花している量は2倍以上に増えていました。また開花が数本だけの、ほとんど育成していないように見えている区域でも、間近で見るとこれから茎を伸ばそうとしている株の群生がところどころに見られ、その繁殖力の強靱さは、想像を遙かに越えるものでした。(写真2と写真4はほぼ同じ場所を撮影したものです。現場確認から駆除作業までの2週間に開花の量が増えていることが確認いただけると思います。)

 1株ずつ根ごと引き抜く作業を行いましたが、乾燥して地盤が固くなっているところでは、思いどおりの作業ができず、地中の根を全部取り去ることができなかったものも少なくありませんでした。

駆除作業当日の作業途中で撮影された写真で、レンジャー服を着た記事作成者が駆除したオオキンケイギクを回収するために袋に入れる作業をしている様子が写されている

(写真3)駆除作業当日はくもり空でしたが、気温は30度近くあり、開始早々に息があがりました。

駆除作業当日の作業途中で撮影された写真で、斜面に作業員3名が垂直に並んで作業する様子と、作業員の手前(除草作業が終わった部分)には黄色い花がなく、これから作業する前方には黄色い花が密に点在している様子が写されている(写真4)写真2とほぼ同じ位置を写したものであり、現地確認から駆除作業までの約2週間で開花の量が数倍に増えているのが確認できます。

 スコップやシャベルで根元を掘り起こすなどして、根を残さないように取り去る作業が理想的でした(生育数の少ない区域では、そのような作業をしました)が、6月中に花の駆除を終えなければ、種子の散布が始まることを考えて、生育数の多い区域ではこれ以上数を増やさないように、少なくとも地上に見えているものは駆除する作業としました。

 生育数の多い区域では1回の作業で駆除を完了することは困難であり、根を残さない作業の範囲を徐々に広げていくことが、完全に駆除するための唯一の方法です。今回の作業はこれからの長い闘いの幕開けにすぎないことを、身をもって感じました。

 この一連の作業こそがアクティブ・レンジャーの活動の真髄であることを実感し、今回の経験を活かして、これからの業務にまい進していきたいと思っています。

駆除作業当日の作業完了後に撮影された写真で、斜面に密に点在していた黄色い花はなくなり、白い花のみが残されている様子が写されている(写真5)写真4の位置の作業(駆除)後の様子です。作業員のみなさん、大変お疲れさまでした。

ページ先頭へ↑

2021年07月01日今年もアジサシがやって来ました!

やんばる 石川伊智子

はじめまして!

やんばる自然保護官事務所の石川伊智子と申します。

今年の4月にアクティブレンジャーとしてやんばるに着任しました。

沖縄生まれ、沖縄育ちのうちなーんちゅです。

大好きな沖縄の豊かな自然を守るお手伝いができればと、このお仕事に着きました。

つい先日、奄美大島、徳之島、西表島とともに世界自然遺産登録の勧告を受け、ますます皆さんにやんばるの自然のおもしろさを知っていただける!とわくわくしています。

これから、たくさんの魅力を発信していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

さて、6月に入り、沖縄はすでに夏も真っ盛りというような気候になってきましたが、この時期に、はるばる海を越えて、沖縄にやってくる生き物がいます。

それが、海鳥の仲間、アジサシ類です。アジサシたちは、遠くオーストラリアから、約6,000kmもの長旅を経て、沖縄で繁殖を行います。

屋我地地区鳥獣保護区管理員さんの情報によると、今年は5月11日頃にエリグロアジサシ、5月30日頃にベニアジサシの飛来が確認されたとのこと。今年も順調に繁殖を行ってくれたら、9月頃に元気に旅立つ親子が見られるかもしれません。

(2020年アジサシについての調査と活動についてはこちらの記事にて→屋我地のアジサシ2020

岩礁に降り立つエリグロアジサシ

◀岩礁に降り立つエリグロアジサシ

環境省が毎年行っている活動として、繁殖岩礁へ上陸について、注意喚起を行う看板の設置があります。人が岩礁に近づいたり、上陸してしまうと、アジサシたちは子育てのために岩礁に降りられなくなったり、親鳥が卵を放棄してしまうことがあります。岩礁に看板を設置し、利用者への注意喚起を行うことは、それを防ぐための重要なミッションです。

この活動は、毎年、屋我地ひるぎ学園5年生の皆さんと一緒に行っているとのことで、私も楽しみにしていたのですが、昨年同様、コロナ感染拡大防止のために一緒に活動することはかなわず・・・。今回は、鳥獣保護区管理員さんと自然保護官、アクティブレンジャーで看板設置に行ってきました。

今回、行ってきたのは、羽地内海の鳥獣保護地区内にある「トゥイヌシ」「長崎」「ウトゥフイ」と呼ばれる岩礁です。

最初に訪れたのは、「トゥイヌシ」と「長崎」。「トゥイヌシ」は、沖縄の方言で「鳥の巣」という意味で、昔からこの地域の人々に、鳥が巣を作る岩礁として認識されてきた場所であることがわかります。こちらの2カ所は、干潮になると歩いて渡ることのできる岩礁です。

干潮時、干潟を歩いて岩礁へ渡る様子◀干潮時には歩いて渡ることができます。潮干狩りや磯歩きでうっかり近づいてしまうことがないよう、注意喚起の看板を設置します。

▼看板設置の様子

 白い看板には、以前、ひるぎ学園のみなさんに書いてもらったアジサシの挿絵が入っています。

岩礁に「鳥獣保護地区」の看板を設置する様子1岩礁に「鳥獣保護地区」の看板を設置する様子2看板を設置した岩礁 屋我地ひるぎ学園5年生の挿絵が入った「この島には立ち入らないでください」の看板  

その日は、全部で4つの岩礁にロープをかけて、看板を設置しました。

看板を設置し終わり、まだ産卵の始まっていない岩礁の上の状態を確認しようと、岩に登ったそのときっ・・・!

エリグロアジサシの飛来

▲第一陣飛来を目撃!?毎年5月中旬頃に飛来が確認されます。

ギュイーッ!ギュイーッ!と鳴きながら私たちの頭上すれすれを飛んできたのは、すでに沖縄に到着していた4羽のエリグロアジサシでした。私たちは、繁殖場所を選んでいたアジサシたちの邪魔をしてしまったようです。ごめん、ごめん、とすぐに退散。

警戒心の強いアジサシにとって、人間が近づいてしまうのはとてもストレスになります。これから9月までは、アジサシたちの繁殖の季節。皆さんも干潟で遊ぶ際は、鳥たちのこともすこーし気にして、遠くから見守ってあげてくださいね。岩礁には、くれぐれも近づいたり、登ったりしないように!

次に訪れたのは、「ウトゥフイ」と呼ばれる岩礁。こちらには、地元の漁師さんの協力の下、船で向かいます。船でしか近寄れない岩礁ですが、釣り人がよく利用する場所だそうです。こちらにも、釣り人に向けて看板を設置します。

ウトゥフイ岩礁に看板を設置する様子ウトゥフイ岩礁 看板設置後の様子

▲岩礁へ上陸するときに、目につきやすい場所へ看板を設置します。

看板の設置後は、岩礁の上の状況を確認しました。

岩の隙間には悲しいことに、人間の忘れ物がたくさん・・・。空き缶やプラスチックの弁当箱、釣り用のテグスなどのゴミです。2人でゴミ拾いをしましたが、わずか20分程度で45Lのゴミ袋がいっぱいになりました。

これらのゴミによって、誤飲や、テグスが足に絡まって壊死するといった事例も起こっており、アジサシにとっても大変脅威となります。

岩礁の上のゴミを拾う様子1岩礁の上のゴミを拾う様子2

▲岩礁上の狭い範囲ですが、45Lの袋がいっぱいになるほどのゴミがありました。

岩の隙間に挟まったゴミ


◀岩の隙間にもゴミが挟まっています。

▼空き缶、テグス、弁当の空き箱、釣り餌のパック・・・

岩礁で拾ったゴミ1 空き缶類岩礁で拾ったゴミ2 テグスや釣り針岩礁の上で拾ったゴミ3 弁当箱や釣り餌のパック

釣りをすること自体は、全く悪いことではありませんが、自然の中で遊ばせてもらっている以上、そこを利用する生き物や環境に対して、最低限の配慮をもって利用したいものです。

それは、アジサシの繁殖期に限らず、自然で遊ぶときには、いつでも心にとめておきましょう!

まとめになりますが、私たちがお願いしたいことは2つです。

  1. アジサシが繁殖に使っている間(5~9月)は岩礁に近づかないこと。

  2. 持ってきた物は必ず持ち帰ること。

今年も続々とアジサシが渡ってきています!

6,000kmの長旅を終え、さらに子育てという大仕事を成し遂げる鳥たちに、安心して過ごしてもらえるよう、私たちは距離をとりつつ、温かく見守っていきましょう!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ