ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2022年05月06日サンゴ群集モニタリング調査のための事前準備 【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 江川博子

みなさん、こんにちは。石垣自然保護官事務所の江川です。ゴールデンウィークが始まり、本州では夏に向けて気温がだんだんと暖かくなっている頃かと思います。こちら石垣島では晴れた日は夏のような陽気ですが、そろそろ梅雨に入る時期です。

さて、ゴールデンウィークが過ぎた頃に、八重山に生息するサンゴにとっての一大イベントがあります! みなさんは知っていますか?

その年によって前後しますが、夏の満月を迎える夜にサンゴの一斉産卵が行われます。ピンク色をした「バンドル」という卵と精子の入ったカプセルを海へ無数に放出するのが、サンゴの産卵と言われるものです。放出されたバンドルは海の中ではじけて、卵と精子が結びつきサンゴの赤ちゃんが成長していきます。そのサンゴの赤ちゃんは、はじめのうちは海を漂っていますが、良い環境を見つけると海底にくっつきその場で一生を暮らすことになります。

環境省の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターでは毎年、サンゴのモニタリング調査を行なっています。モニタリング調査では、1.サンゴが海底をどのぐらい覆っているか、2.サンゴの赤ちゃんがどのぐらい新しく定着して順調に成長しているか、3.水温の変化によって白化現象を起こしているサンゴがどのぐらいいるか、4.サンゴの産卵が行われ、どのぐらいの量の赤ちゃんがその海域に流れてきたのか...... その他、病気や捕食などによってサンゴが弱っていないかなど様々な項目を調べて、その年のサンゴの様子を記録しています。

今回わたしは、上に挙げた4.サンゴの産卵が行われ、どのぐらいの量の赤ちゃんがその海域に流れてきたのかについて調査するための準備作業に同行してきました。サンゴの産卵がはじまる前の4月下旬に「定着板」と呼ばれる取り外し可能な小さな板を海底に設置する作業をします。その後、サンゴの赤ちゃんが板に定着する9月頃に定着板を回収して赤ちゃんの数を調べます。

定着板を設置する様子

▲ ブロックの上に設置されている四角い板が「定着板」です。波の力で持っていかれないように重いブロックやロープを使ってしっかりと固定しています。

モニタリングの調査地点は毎年同じ場所で行われます。下の地図で示していますが、西表島と石垣島をはさむ広い海域の中の31地点が調査地点です。この海域は日本最大である「石西礁湖」と呼ばれるサンゴ礁が広がっています。

潜水地点

▲ モニタリング調査地点(赤丸部分は今回潜水作業を行なった地点)

なぜこの石西礁湖を毎年モニタリング調査しているかというと、1998年頃から高水温が原因とされる大規模白化現象が数年ごとに繰り返され、死滅してしまったサンゴが多く、昔と比べるとサンゴの数が激減しているからです。今回わたしが、同行して潜った海域は地図の中の丸印をした部分で、石垣島の南側や竹富島の南側にあたる4地点です。

最近では2016年に大規模白化が起こり、石西礁湖周辺でサンゴが大きなダメージを受けました。そこから5、6年経って生き残ったサンゴが産卵し、そこから新しいサンゴが成長して少しずつ回復しているのですが、場所によっては回復が遅いところもあります。(回復しつつある海域の様子は「オニヒトデ調査」の記事でご紹介しています。)

今回潜った4地点はモニタリングの結果から回復が遅いと言われている海域です。現在の海の様子を今回撮影した写真でご紹介します。まずは、比較的回復の兆しがみられる海域です。

海の様子

  • ▲ 一見岩場のようにも見えますが、よく見てみると手のひらサイズの若いサンゴが点々とありました。

    近くで見てみるとこんな感じです。

  • 若いサンゴ
  • ▲ 2、3才ほどの若いサンゴ。直径10センチほどです。

    続いて砂地が広がる海域です。かつてはサンゴが多く生育していたようですが、度重なる大規模白化現象が起こった結果、今は海藻の方が目立ちます。

  • 海藻が育つ砂地
  • ▲ 水深が浅く日当たりが良いので海藻がよく育っています。

    この海域にも所々に若いサンゴを見つけることができました。

  • 海藻にまみれて育つサンゴ
  • ▲ サンゴも海藻も光を浴びて成長します。海藻の方が伸びるのが早くサンゴの場所が日陰になってしまっているところもありました。

    また別の海域でも、海藻が目立っていました。

  • ▲ 岩の形から昔テーブルサンゴが広がっていたと思われる場所に小さなサンゴ(黄色印)が見れますが、こちらも茶色い海藻(ラッパモク)がよく育っています。

このように少しずつではありますが、新しく定着するようになった若いサンゴをそれぞれの海域で確認することができました。海藻が目立つ場所ではサンゴの生育が心配ですが、今後も見守って行きたいと思います。

2022年のサンゴの産卵時期は5月の中旬頃と予想されています。今年はどれぐらいのサンゴの赤ちゃんが新たに加入してくるのか調査結果が楽しみです。

ページ先頭へ↑

2022年04月28日小浜島の巡視【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

西表石垣国立公園の巡視を小浜島にて行いました。

小浜島は八重山のほぼ中央に位置し、島全域が国立公園に指定されています。

赤瓦の民家が残る集落やサトウキビ畑、マングローブ群落などの多彩な風景が凝縮され、沖縄らしさをゆったりと満喫できます。

▲一面に広がるマングローブ群落(石長田海岸)

島の最高地点、標高99mの大岳(うふだき)は国立公園内の第2種特別地域です。

急な角度の階段が多くありますが10分ほどで頂上にたどり着くことができます。

頂上からはサトウキビ畑が広がる島の風景が見渡せ、竹富島や新城島や黒島、天気の良い日は波照間島も望めます。

▲大岳から石垣島を撮影

大岳の隣にある西大岳(いりうふだき)も国立公園内の第2種特別地域です。

大岳よりも気軽に5分ほどで登山することができます。

頂上からは美しい海と大岳を望むことができ、2001年度に放映された朝の連続ドラマ「ちゅらさん」の石碑が設置されています。

巡視を行った日も多くの観光客が訪れていました。

▲西大岳の展望台にある「ちゅらさんの碑」

国立公園は、日本を代表する優れた自然の風景地を守り、将来へと受け継いでいくための場所です。しかし、自然を守るだけでなく、その地域ならではの多様な自然とふれあい、その自然を活かしたアクティビティを楽しみ、そこで暮らす人々の独自の文化や歴史を知るなど、さまざまな体験や発見ができる場所でもあります。

ぜひ、お近くの国立公園にも足を運んでみてください。

国立公園に、行ってみよう!

https://www.env.go.jp/nature/nationalparks/

ページ先頭へ↑

2022年04月26日ツシマヤマネコの野生復帰までの道のり

対馬 清家日向

こんにちは!対馬自然保護官事務所の清家です。

今回は、対馬野生生物保護センター(以下、センター)に保護されたツシマヤマネコ(以下、ヤマネコ)がどのようにして野生に帰っていくのかを、先日野生復帰したヤマネコの「シマト」を例にご紹介させていただきます!

今回の主役であるシマトは、地元の方からの「ヤマネコがシカのわなにかかっている」との通報から保護することができたヤマネコになります。センターに収容後、検査を行い、くくりわなによって負傷したと考えられる外傷が左前肢にあったことから、シマトのセンターでの治療がスタートしました。

 

シマトを治療している様子            ケガの様子

ケガをしたヤマネコは外傷などが治るまでは入院室という部屋で飼育されます。シマトも入院室で、傷の治り具合などを観察・治療しながら飼育されました。飼育員の方曰く「シマトは、自分の体をすぐ自らよごしてしまい、大変な子だった」とのこと。

入院室で飼育していた時のシマト

約2ヶ月半後、シマトの傷の治療は終わり、野生に帰すことができるようになりました。そしてついにシマトは野生に帰りました!

とはいかず、ここからシマトは野生復帰ケージという場所で野生復帰への最終確認を行います。

ここでは、ケガなどの影響がヤマネコにないか、捕食能力がしっかりあるかを確認します。ここでの確認を怠ってしまうと、まだ野生に帰れるほどケガや運動能力が回復していないヤマネコを野生復帰させることになり、逆に命の危険にさらしてしまう恐れがあります。この工程は、保護したヤマネコを野生に帰すための大切な工程になります!

シマトはこの訓練で生きたアカネズミを見事に捕食し、歩様などにも異常がみられなかったことから、野生下でも問題無く生活出来ると判断されました。

 

野生復帰ケージ                  丸印のネズミに忍び寄るシマト

                         このあと見事に捕食しました

そして4月15日。ついにシマトの野生復帰の日がやってきました!

シマトはキャリーから出ていくと、一目散に山へ走っていきました。

 

キャリーからでてくるシマト            駆け抜けていくシマト

   ※体の白い部分は治療の為に毛を剃った部分になり、ヤマネコの健康に影響はありません

交通事故や錯誤捕獲でケガをしたヤマネコは、無事保護することができればシマトの様に治療~野生復帰までを行うことができます。

万が一、対馬でケガをしたヤマネコを見かけた際はすぐに対馬野生生物保護センター(0920-84-5577)までご連絡をお願いいたします。1頭でも多く、シマトのように元気に自然へ帰れるヤマネコを増やすためにも、皆様、ご協力のほどをお願いします!

☆シマトの放獣の様子がセンターのインスタグラムでもアップされています!☆

以下のリンクから投稿へとぶことが出来ます。こちらも確認してみて下さい。

<https://www.instagram.com/reel/CchRJNdgKiD/?igshid=YmMyMTA2M2Y=>

※外部のサイトへとびますのでご注意下さい。

ページ先頭へ↑

2022年04月21日レンジャーが作った「はなまっぷ」ついに完成!!!!!! Aso-Kuju National Park Flower map flyer made by our Ranger is out now!

姥原悠

阿蘇くじゅう国立公園管理事務所の姥原です。

阿蘇くじゅう国立公園はなまっぷが完成しました!

ミヤマキリシマなど、指定植物(16種)の開花時期や場所が分かりやすく掲載されています。

ビジターセンターや観光案内所に配架されます。

かわいいデザインになっているので、是非手にとってみてくださいね!

はなまっぷURL:阿蘇くじゅう国立公園はなまっぷ(日本語版).pdf

Aso-Kuju National Park Flower Map flyer made by our Ranger is out now!

You can easily check out where and when to see blooming 16 species of plants like Kyushu Azalea here.

Please view here or get them at visitor centers or tourist information inside the park.

Flower map flyer URL:阿蘇くじゅう国立公園はなまっぷ(英語版).pdf

What is Species of Plants?

In Aso-Kuju National Park, it is prohbited to collect 287 species of plants, incluing all the plants introduced here in this flyer without permission.

▲おしゃれな表紙!(Fancy flyer design! )