ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

阿蘇くじゅう国立公園

65件の記事があります。

2017年11月06日くじゅう紅葉シーズン 秋の深まり

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 小泉 敦

くじゅうの秋も深まり、紅葉シーズンもあと残りわずかになってきました。

今回は先週末に巡視に行った沓掛山と、本日の男池の紅葉を皆さんにお伝えします。

沓掛山は標高1503メートルで他のくじゅう連山の頂上より少し低いですが、紅葉の色づきは終わりに近づいています。

     ▲沓掛山のからの様子(H29.11.4)

本日の長者原周辺の様子です。

標高1000メートル位の長者原はまさに今が見頃です。

 

                ▲長者原付近の様子(H29.11.6)▲

次に標高850メートル位にある男池の紅葉の様子です。

今年は赤の色づきが少し薄い様ですが、地面にも紅葉した落ち葉が広がり、とても幻想的な世界になっています。

男池は黒岳の原生林がある登山道で、他とは違った景観を私達に見せてくれます。

 

                ▲男池遊歩道の紅葉と男池(H29.11.6)▲

現在見頃の紅葉も刻々と色が移り変わってゆきます。

まさに、今が見頃のくじゅうエリアの紅葉ですので、今しか見られない紅葉を楽しんで下さい。

ページ先頭へ↑

2017年10月30日秋の長雨から紅葉シーズンへ

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 大島 将貴

今年もくじゅう地域紅葉のシーズンがやってまいりました。

例年、10月半ば頃から山頂付近で色づき始め、徐々に山頂から下降していきます。

秋の長雨といいますが、今年は雨が続き、さらに最後に台風もあり、山を見ながら待ちどおしい日々が続いていました。先週は天気に恵まれましたが、週末からまた雨が続き今年は中々天気に恵まれません。こちらは先週の大船山の様子です。

1026日 大船山の御池の様子

▲登山者で賑わう大船山山頂

1026日 入山公廊 色づいた葉と紅葉前の葉のコントラストがとてもキレイです

現在、大船山山頂の御池ではピークは過ぎてきています。また、今年は赤というより黄色みがかった紅葉が多いです。山頂付近はピークは過ぎましたが、山頂からの見下ろす景色はまだまだ楽しめます。

ここまでは、山頂付近の写真を紹介しましたが、ここからは紅葉は見たいけど山に登るのちょっと、、という方におすすめの場所を紹介します。

くじゅう連山の北東に位置する黒岳の麓、男池園地です。

黒岳はくじゅう連山で唯一、山頂までが原生林で覆われており、ブナやカエデ、ケヤキなどの素晴らしい広葉樹の森が残る場所です。

この黒岳山麓の男池園地には、日本名水百選にも選定されている男池湧水群があり、湧水は自由に飲むことが出来ます。

▲男池湧水群

また、男池園地周辺では散策路が整備されており、少し足を延ばせば名水の滝まで、紅葉の広がる森の中を散策することが出来ます。

▲名水の滝

マイナスイオンをたっぷりと感じることが出来る場所です。ここに来ると思わず深呼吸してしまいます。

男池園地入口に駐車場もありますので、車で来て散歩をしながら紅葉を楽しみたい方にもおすすめの散策路です。

いつ来ても決して同じ顔を見せない森の景色ですが、この紅葉シーズンは特に変化に富んだ素晴らしい時期だと思います。

男池園地ではまだ紅葉は始まったばかりでこれからピークを迎えます。ぜひくじゅうの秋を楽しみにお越し下さい。

ページ先頭へ↑

2017年09月27日ようこそ 阿蘇くじゅう国立公園へ!            ~満喫プロジェクト ファムトリップ(下見招待旅行)~

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 ウッド 亜也子

阿蘇くじゅう国立公園の外国人利用者や長期滞在利用者を増やそう!と満喫プロジェクトのファムトリップ(大分着熊本発の2泊3日の旅)が訪日外国人のアドバイザーもお招きして9月6~8日に行われました。

今回は私が同行したツアー後半の阿蘇での様子をお届けします。

~ツアー2日目(午後)~

阿蘇へようこそ!ということで、まずあか牛丼! 赤身のお肉は外国の方にも人気でした。草原とあか牛の関係や野草堆肥で育てた野菜など地産地消に取り組まれているオーナーの話を聞きながら昼食を堪能していただきました。

昼食の後、草原景観を車内から見てもらいながら移動。あいにくの雨風で実行できなかったアクティビティーもありましたが、雨の合間や後にしか見ることのできない神秘的な阿蘇の光景を前に、「STOP!」との声。カメラを片手に車から下りると「WOW!!!」の声が連発していました。

▼高森にて(雲が切れて行き顔を出し始める神秘的風景)

湧き水が豊富な阿蘇くじゅう。阿蘇のカルデラ内で唯一の酒造見学。入り口に飾ってある杉玉、阿蘇の自然(湧き水、お米、季候)を使ってできる酒作りの課程、酒と焼酎の違いなどを説明していただきました。そしてツアーの最後は皆さんお楽しみの試飲でした。

次は大雨の中阿蘇火山博物館へ ▼

実験を通して火山の様子を再現したり、阿蘇の火山がどのように生活や文化建築(熊本城壁や通潤橋など)形成に影響しているかなども含め説明していただきました。皆さん興味深々でした。

~ツアー3日目(最終日)~

前日の雨天とうって変わって清々しい朝を迎えました。

秘密の場所で朝日を浴びながら天空のヨガ!▼