ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

阿蘇くじゅう国立公園

116件の記事があります。

2019年07月10日国立公園オフィシャルパートナーシッププログラム 「親子で行く!!くまもと水と森の恵み体感ツアー(清流の森編)」【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 アクティブレンジャー 藤田

 国立公園オフィシャルパートナーシッププログラム(※)の一環として、『サントリーホールディングス(株)』と連携して、熊本県内の小学生以上のお子さんと保護者さんを対象に筑後川源流域の南小国町にある『清流の森』にて観察会を実施しました。

このプログラムは、昨年秋にも行い好評だったため、今年度も実施することができました。

 清流の森周辺は、阿蘇くじゅう国立公園内で、自然公園法で守られ利用されている園地のひとつで、クヌギやモミジなどの原生林の奥には草原が広がります。すぐ側には何本もの湧水が流れる、九州一の全長と流域面積を誇る筑後川の源流域の1つです。

               

 

 今回のイベントには、抽選で約40名のお子さんと保護者の参加がありました。

 熊本市内からバスで2時間ほど、当日は濃霧の中の移動でしたが、『草原カレンダー(環境省作)』などを用いて阿蘇についての豆知識やクイズなど、サントリーの認定ガイドの方々が楽しく説明され、私たちは、阿蘇くじゅう国立公園についての紹介や阿蘇の特徴・自然環境の多様性と魅力を、クイズを交えながら紙芝居形式で紹介しました。

               

 新緑の原生林の中で五感のアクティビティでは、風の音、ふかふかの土や渓流の水などを楽しみました。

目を閉じて耳を澄ませると、落ち葉を踏みしめる音、土の感覚、鳥のさえずり、風の音が聞こえてきます。五感を使ったプログラムは学ぶことが多いです。

               

 ふと横を見ると、笹の花を発見!数十年に一度花が咲くそうで、とってもめずらしいとのことです。(花の写真は、興奮しすぎたのかブレブレでした(^_^;))

               

     源流の水に触れてみました。リーダーが分かりやすく説明されるので理解も深まります。

               

                 サワガニやアカガエルも発見!

 移動中は小雨が降っていましたが、活動中は、太陽も出てきてとても気持ちがよく、マイナスイオンもたっぷり浴びた気がしました。

 アンケートでは、100%の方が楽しかったとの回答があり、森と水のつながりも100%の方が理解されていました。また、阿蘇が九州の水源地であることは37%の方が初めて知ったとのことでした。

★☆★☆★ 参加者の声を、一部抜粋してご紹介します。 ★☆★☆★

・ずっと熊本市に住んでいますが、こんなきれいな森があることを全く知りませんでした。夏や紅葉の時期に また行ってみたいと思います。

・自然とふれあいながら、いろいろなことを発見できてとても楽しかったです。緑と清流、普段の生活で触れることのない大自然に心がいやされました。

・たくさんのスタッフの方が同行されていて、安心して参加できました。

 今回は、筑後川源流域での活動でしたが、阿蘇地域には、九州の主要6大河川の源流域があり、約230万人の産業や生活用水として利用されています。今回、ご協力いただいたサントリーホールディングス(株)でも、熊本工場は阿蘇の外輪山の裾野にあり、南外輪山の伏流水を利用されています。

 湧水を阿蘇の恵みと捉えて、体験を通して、水を育む環境やその保全について体感する機会を今後も提供していけたらと思います。

 次は、白川流域での活動を報告します。

***** 国立公園オフィシャルパートナーシップについてはこちら *****

http://www.env.go.jp/press/103297.html

 環境省とサントリーが、平成29年11月「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結したことにより開催される活動で、阿蘇くじゅう国立公園の魅力を発信し、国内外の利用者の拡大を図る"プログラム"。

 この活動を通じて、人々の自然環境への理解を深めることを目的に、官民協力して国立公園を盛り上げていきたいですね。

ページ先頭へ↑

2019年06月05日パークボランティアで登山道沿いの草刈りを行いました 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

ミヤマキリシマが見頃を迎え、多くの登山者が賑わうくじゅうですが、先日くじゅう地区パークボランティアの会で登山道沿いの草刈りを行いました。

くじゅう地区パークボランティアの会では、事前に主担当と下見をし、活動場所や活動時の注意事項等確認、また関係機関との調整を行った上で活動を実施しています

▲下見を行った日は、登山口付近で27度を記録しており、活動当日も熱中症が心配されたのですが当日は曇り空

活動当日は、作業前に主担当の会員より鎌を使用する際の注意点、登山者が通行する際の声かけ、移動時には必ず鎌をケースに入れて持ち運ぶ等説明があり、作業を行いました。

▲主担当より説明

▲作業風景

 

▲下見の際の登山道                ▲作業後の登山道

笹に覆われてわからなくなっていた登山道がはっきりと認識出来るようになりました。

最後に今日の振り返りを行い、無事活動を終えることが出来ました。

現在、くじゅう連山ではミヤマキリシマのシーズンを迎えています。道路、駐車場等混み合っておりますので十分に注意して安全に登山を楽しんで下さい!

▲平治岳より5/27撮影

ページ先頭へ↑

2019年05月17日春の清掃活動 【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大津 花

こんにちは!

4月に行ったゴミ拾い活動の報告をします。

阿蘇北外輪山にある城山展望所を拠点に、

通称「やまなみハイウェイ」のごみ拾い活動を行いました。

17名の阿蘇地区パークボランティアさんが参加されました!

阿蘇とくじゅうをつなぎ、草原を見渡せる眺めの良さが人気の道路です。

そんな心地の良い場所ですが、残念ながらゴミはありました。

例えば、

展望デッキの柵の割れ目に、タバコの吸い殻がありました。

割り箸で丁寧に取り除きました。

草原に咲くキスミレのそばにも、ペットボトル片がありました。

美しい自然の中にゴミがあると気が滅入ります。

わずか1時間の活動でしたが、

カン・ビン・ペットボトルがこれほど(上写真参照)、

さらに他の粗大ごみも集まりました。

阿蘇地区パークボランティアでは年間3回程度ゴミ拾い活動を行います。

しかし広い国立公園は、様々な団体が清掃してくださっても常にゴミゼロにはできません。

軽い気持ちで窓からゴミを投げたりせず、ゴミ箱へ入れていただくかまたはお持ち帰りいただけるようお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2019年05月14日大地の息吹 【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 ウッド 亜也子