ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

霧島・錦江湾国立公園 えびの

46件の記事があります。

2016年12月16日えびの高原、冬景色が綺麗ですよ♪ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!

昨日、霧島山では初冠雪が確認されました!霧がかかっていることが多く、山の姿があまり見られなかったのですが、今日は快晴となり白く雪化粧をした山々が綺麗に見られました♪

▲韓国岳、硫黄山を眺める利用者。雪景色を楽しみに来られたとのことです♪(えびの高原展望台より)

▲霧氷と雪で白い景色が広がっています❄(白鳥山より)

12月12日に、えびの高原(硫黄山)周辺に火口周辺規制が発表されました。硫黄山から半径1㎞内は立ち入りができませんが、えびの高原内の国民宿舎、お土産屋などの施設や、スケート場は変わらず営業しておりますので、空気が澄んだ、冬のえびの高原を楽しめますよ(^^)

登山もできますので、えびのエコミュージアムセンターに立ち寄り、火山や登山の情報などを収集してから登られることをおすすめします。

▲えびの高原安全利用マップ(えびの市発行)

▲景色も楽しみながら滑ることが出来、気持ちよさそうですね♪(えびの高原スケート場より)

※えびの高原(硫黄山)周辺の火山情報、規制状況について、詳しくは下記のHPをご覧ください。

****************************************

○気象庁HP【霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山状況】

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/505.html

○宮崎県HP【霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺の噴火に関する情報提供】

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/kirisima.html

○えびの市HP【えびの高原(硫黄山)火口周辺警報発表に伴う規制について】

http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=141025113634

****************************************

えびの高原までの道路ですが、宮崎県小林市方面(県道1号小林えびの高原牧園線)からは通行止めになっていますが、宮崎県えびの市方面(県道30号えびの高原小田線)、鹿児島県霧島市方面(県道1号小林えびの高原牧園線)からは通行できます。道路が凍結をしてチェーン規制がかかっている場合もありますので、道路状況をご確認の上、お越し下さいね。

※道路状況について、詳しくは下記のHPをご覧ください。

****************************************

○宮崎県道路規制情報

http://roadi.pref.miyazaki.lg.jp/roadinfo/public/

○鹿児島県道路規制情報

https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/Index

****************************************

ページ先頭へ↑

2016年08月16日大盛況!霧島山モンテフェス2016【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!山の日として今年から国民の祝日となった8月11日、高千穂河原会場とえびの高原会場で『霧島山モンテフェス2016』が開催されましたので報告します。

  

<高千穂河原会場>

  

▲野鳥の巣箱作り             ▲霧島高校吹奏楽部による演奏

 

 

▲特製ペナントの配布                      ▲郷土料理「ねったぼ」のふるまい

 

<えびの高原会場> 

 

▲スラックライン             ▲ランニングバイク 

 

  

▲クライミング              ▲絵本の読み聞かせ

 

▲昆虫標本作り

 

どちらの会場も、自然の中で楽しく過ごす子どもたちの姿で賑わっていました。

 

えびの高原は続々と人が集まり、およそ7000人の方が訪れたようです。

お天気が良く、多くの人で活気づいているのも相まって(?!)普段は涼しくてクーラーいらずのえびの高原でも、汗をかくほどでした(゜o゜;)

 

トークショー『達人に聞いてみよう!霧島山の楽しみ方』の会場も満員でした。

霧島山が20以上もの"火山"が集まる場所であること、何度も噴火を繰り返し、山によって異なる"植生"の多様性があり、そこで生きる"昆虫"の姿、それらを"写真"を通して魅力を伝える、それぞれの達人によるお話に皆さん聞き入っている様子でした。

▲①火山の達人:石川徹氏(霧島ジオパーク推進協議会)

 ②植生の達人:奥村健一郎氏(宮崎県環境保全アドバイザー)

 ③昆虫の達人:金井賢一氏(鹿児島県立博物館)

 ④写真の達人:廣澤順也氏(写真家・えびの市地域おこし協力隊)

 

今回のトークショーをふまえて霧島山に登ってみると、山に登ったー!という達成感だけでなく、登山の楽しみ方がより広がり、気付くことが増えてくるのではないかと思います。

また、霧がかかることが多い霧島山。よくえびの高原に来られるという参加者から、霧が広がる景色もとても幻想的でおすすめしたい光景という意見も出ました。さらには離れたところから霧島山を見る楽しみ方もありますね!

▲雲海に浮かぶ霧島山(紫尾山から撮影)

 

活火山である霧島山。だからこその、おいしい水、豊富な泉質の温泉、土地に適した農作物などのたくさんの恵みをありがとうございます!霧島山大好きです!!と改めて感じた1日でした(*´∀`*)

 

初めての開催とあり、はじめのうちは何をどうしていいのやら手探りで進めてまいりましたが、たくさんの方のお力添えをいただき、事故なく無事に終えられて何よりでした。

また、イベントを通して築けた関係を大切に、今後も霧島山の魅力を発信していきたいと思います!

ページ先頭へ↑

2016年08月10日みんなで霧島山をきれいに【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!

前回、8月11日の山の日イベントについての紹介をしたところですが、来る山の日を前に、気持ちよく山の日を迎えてもらいましょう!ということで、行政関係者やそのご家族、周辺施設の方々、ガイドの方々などと一緒に山の日プレイベント「クリーンえびの高原」と「クリーン高千穂河原」を8月7日に実施しましたので、活動の報告をします。

   

【クリーンえびの高原】

参加者は約100人集まり、えびの高原周辺の道路沿いや登山道のゴミ拾い、看板の拭き掃除をしました。

▲作業前の集合写真。子どもたちも一生懸命作業してくれました。

 

▲回収したゴミ

   

今年は、霧島ネーチャーガイドクラブさんが主催で12年続けてこられている韓国岳登山道整備も合同で行いました。梅雨の間の大雨で登山道の石が流され、足を載せるとぐらつくところが多くあったので、歩きやすいように石をどかしたり、石段を組み直したりしました。

  

▲慣れた手つきで、和気あいあいと作業中

   

利用者の方から、歩きやすくなりました~!ありがとうございます~!と声をかけられ、私も含め、皆さんご満悦の様子でした(´▽`)

  

【クリーン高千穂河原】

こちらも、高千穂河原周辺の道路沿いや登山道のゴミ拾い、看板の拭き掃除、霧島山トレッキングマップの配布をしました。

これまで霧島市ふるさとガイドクラブさんが主催で実施していた高千穂峰登山道整備も合同で行い、霧島高校の生徒さんや、その親御さん、先生など合わせて90名近く参加してくださりました。合計で約150人集まり、作業がとてもはかどりました。

霧島高校の生徒さんが「これからも何かできることがあれば協力しますので、是非声をかけてください!」と話してくれたそうで、今後も継続的に取り組みができたらいいなと感じました。高校生たちはこれから、進学、就職などで地元に残る人、地元を離れる人、それぞれ道がありますが、霧島山の自然の豊かさを感じ、誇りに思い続けてくれたらとても嬉しいです。

▲作業を終えて記念撮影

   

どちらも、無事に作業を終え、気持ちよく山の日を迎えられそうです(^^)

多くの方に愛される霧島山。これからも霧島山に親しみをもち、きれいな場所であり続けるために、みんなでできることを考え、取り組んでいきたいです。

ページ先頭へ↑

2016年08月08日8月11日は何の日でしょう? 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!子どもたちは夏休みに入り、えびの高原では家族連れで散策をする姿や、子どもたちが虫を探す姿が目立ちます♪

    

(▲この日は、えびの高原ピクニック広場で、かけっこをする子どもたちや、お昼寝をする人の姿が多く見られました。)

     

さて、8月11日が今年から国民の祝日となりますが、何の日かご存知でしょうか?

    

...はい!「山の日」です!

      

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日として制定されました。

      

そのことを記念して、山の日に『霧島山モンテフェス2016』が開催されます!

(ちなみに、モンテとはイタリア語で山という意味です。)

       

霧島山の登山の拠点である、高千穂河原とえびの高原の会場で、それぞれ楽しい自然体験プログラムを企画しています。

詳しくはこちらをご覧下さい。↓↓

     

  


       

また、えびの高原会場では「達人に聞いてみよう!霧島山の楽しみ方」と題してトークショーを行います。

昆虫や植物、火山、写真などに精通している"達人"にお越し頂き、霧島山をもっと楽しむ方法を

えびの自然保護官事務所の田中自然保護官が聞き出して皆さまにお伝えします♪

      

これまで関係者で何度も集まり話し合いを重ね、多くの方にご協力をいただき、準備を進めています。

        

霧島山の自然の中で、からだを動かしたり、ものづくりをしたり、リフレッシュできそうですね!

帰りには、霧島山の恵みである、温泉に入るのもいいですね。

       

たくさんの方のご来場をお待ちしております♪

ページ先頭へ↑

2016年06月29日九州特産物リレー6月 ~雨による賜り物・チョウザメをピックアップ!~【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

梅雨の時期ですね。

えびの高原は年間平均4400㎜もの雨が降り、その量は東京の約3倍で、屋久島などと並ぶ日本有数の多雨地域です。ちなみに平成5年には年間洪水量8670㎜という、アメダス設置地点では最多となる記録があります。

 

※その雨水は川となって地表を流れたり、霧島山に多くある火口湖にたまったりもしますが、大部分は山の地面にしみ込んで地下水になります。地下水は火山の内部を通って崖や谷間などから湧き水として出てきます。(※霧島ジオパーク公式ガイドブックより)

 

霧島山山麓の湧き水スポットの一つである小林市にある出の山公園の湧水は名水百選に選ばれています。

▲小林市出の山公園

 

小林市では豊富な湧き水を活用して、めずらしいいきものが養殖されています。

それがこちらチョウザメです。今回の特産物リレーはチョウザメについて紹介します。

▲水槽の中を泳ぐチョウザメ(出の山淡水魚展示館)

 

チョウザメという名前からサメの仲間かと思われがちですが、生きた化石シーラカンスと同じ古代魚の残存種といわれています。

体表にあるかたい鱗(うろこ)が蝶のかたちに似ており、全体的な形がサメに似ていることから蝶鮫(チョウザメ)と名付けられたそうです。

チョウザメの卵は、世界三大珍味のひとつであるキャビアとして有名ですが、海外ではチョウザメの魚肉が高級食材として扱われているようです。

 

小林市内の飲食店では、チョウザメの魚肉のお刺身やお寿司、コラーゲン鍋、軟骨唐揚げなどのメニューを提供しているお店があります。また、チョウザメ炙り弁当を販売しているお店もありますよ。クセがなく食べやすくて美味しいです♪

▲チョウザメ炙り弁当

 

飲んでおいしい湧き水、そしてその水が田畑を潤し美味しい作物ができ、焼酎などの加工品も生み出されています。霧島山へ降り注ぐ雨が様々な恵みとなり、わたしたちの生活に密着しているのですね。

▲小林市から見た霧島山

 

次は屋久島の菊地さんにバトンタ~ッチ(^^)

ページ先頭へ↑

2016年05月27日ミヤマキリシマが綺麗ですよ♪【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!5月も終わろうとしていますね。

くじゅうの兒島アクティブ・レンジャーも紹介していましたが、今の時期は霧島山でもいたるところでミヤマキリシマが咲いています♪

見頃のミヤマキリシマを愛でながら登山を楽しもう!ということで、5月21日に高千穂河原周辺で自然観察会を開催しました。

当日は高千穂河原から高千穂峰山頂まで登る予定でしたが、前日から風がとても強く、登山中に強風にあおられる可能性があった為、すぐ近くの中岳中腹探勝路と神宮の森散策路にルートを変更しました。

高千穂峰に登れなくて残念でしたが、今回のように強風や、悪天候での登山ではケガや事故の危険性が高まります。

高千穂河原ビジターセンターやえびのエコミュージアムセンターで天候や霧島山の火山情報を発信していますので、しっかり情報収集をして、計画を立てて登山を楽しみましょう。

 

○高千穂河原ビジターセンター/自然公園財団高千穂河原支部HP

http://www.bes.or.jp/takachiho/base.html

○えびのエコミュージアムセンターHP

http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/trekking

 

当日、高千穂河原周辺のミヤマキリシマは満開のものが多く、あたりをピンク色に染めていました。

2011年の新燃岳噴火で風下だった高千穂河原周辺のミヤマキリシマは火山礫に覆われ、枯れてしまったのではないかと心配しましたが、火山性の土壌に強いといわれるミヤマキリシマは枯れるどころか、見事に花を咲かせています。火山活動がつくりだすミヤマキリシマ群落の光景を見て、自然の力に驚きと感動です。

 

(▲中岳中腹探勝路にて:ミヤマキリシマ、新緑、サワフタギの白い花などが出迎えてくれました。)

 

(▲只今、コガクウツギも綺麗ですよ。)

 

参加者の皆様はパークボランティアの方の詳しく、おもしろおかしい解説を聞きながら、和気あいあいと自然観察を楽しまれている様子でした♪

 

(▲詳しい説明に聞き入り中)

 

ちなみに、えびの高原周辺のミヤマキリシマも見頃を迎え、6月上旬くらいまで楽しめそうです♪ 

(▲不動池周辺)

 

(▲つつじが丘周辺) 

 

休日は霧島山に足を伸ばしてみませんか(^^)?

ページ先頭へ↑

2016年03月22日マンサク!マンサク!! 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

3月19日(土)に「大浪池登山とマンサクの花観察会」を実施しました。

前日が大雨だったためキャンセルも出ましたが、当日は雨に打たれることなく、登るにつれて霧から青空が広がり、その景色に一同思わず「おお~!」と声をそろえました。

霧に包まれた真っ白な景色から、徐々に韓国岳が姿を現し、大浪池の湖面が見えていく様子は、拝みたくなるほど美しいものでした。

 

そして本日のお目当て、マンサクはたっくさん花をつけています!!

今が見頃のものや、これから咲くものもあり、今月中はまだまだ楽しめそうですよ♪

今年は当たり年のようで、見応えがあります!おすすめですよ(ノ´∀`)

▲霧が晴れていく様子

 

▲マンサクの花:錦糸卵のようで美味しそう(●´ω`●)

 

▲湖面を背景に黄色いマンサクが栄えますね!霧がかかった景色も神秘的です。

 

参加者の方々も写真をたくさん撮影されていました♪また、パークボランティアの方の解説を聞きながら自然を楽しむことができ、とても満足されていた様子でした。

ハルリンドウも咲いていて、霧島山に春がやってきたな~と笑みがこぼれる、とても気持ちの良い1日となりました♪

▲ハルリンドウ♪

ページ先頭へ↑

2016年03月15日えびの高原へおじゃったもんせ♪ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

霧島山ではマンサクの花が咲き始め、春を感じている橋之口です。

しかも、今年の大浪池のマンサクは花がたくさん咲いていますよ~(ノ´∀`)ノ♪

  

(▲霧島地区パークボランティア:木場さん提供)

 

ということで!3月19日(土)に大浪池登山とマンサクの花鑑賞会を実施いたします。

是非おじゃったもんせ(o゜▽゜)!

(おじゃったもんせ:鹿児島で「いらっしゃいませ」として使われています。)

  

【時間】  8:40~14:00 ※8:30から受付を開始します

【集合場所】宮崎県えびの市えびのエコミュージアムセンター前駐車場

【定員】  20名(定員になり次第締め切ります)

【参加費】 1人480円(公共バス代180円、保険料等300円)

      ※車でお越しの方は自然公園財団えびの支部が管理するえびのエコミュージアムセンタ-の

      駐車場(乗用車1台500円)をご利用下さい。

【主催者】 九州地方環境事務所 

【講師】  霧島地区パークボランティア(霧島ボランティアレンジャー協議会)

【行程】  えびのエコミュージアムセンター駐車場集合→大浪池登山口(公共バスで移動)→

      韓国岳避難小屋(昼食)→県境登山口→えびのエコミュージアムセンター解散

【申込み】 事前に電話でお申し込み下さい。

      ・申込み えびのエコミュージアムセンター TEL 0984-33-3002

      ・問合せ 環境省 えびの自然保護官事務所 TEL 0984-33-1108

【持ち物】 弁当、水筒、雨具、行動食、山歩きに適した服装と靴、常備薬等

【備考】  ・小雨の場合は実施します。荒天で中止する場合は当日朝までに電話でご連絡します。

       前日に判断した場合は、前日夕方までに連絡します。

      ・今回のプログラム中に撮影した写真をホームページやパンフレット等に使用させていただく

       場合があります。

      ・参加申し込みの際にいただいた個人情報につきましては、当行事のみに使用いたします。

 

コバルトブルーの火口湖と、黄色いマンサクを見ながら、春の霧島山の自然を

是非一緒に楽しみませんか(^^)?

ページ先頭へ↑

2016年03月02日もうすぐ春ですね~山に登ってみませんか~♪ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

3月突入~(^^)ノとは言え、えびの高原では数日前に雪が降り、まだ所々に雪が残っています。

 

2月28日にえびの高原(硫黄山)周辺に火口周辺警報が発表され、硫黄山から半径約1㎞に立入規制区域が設定されています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。 

○防災情報(えびの市ホームページ)

http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?clist=0013

○霧島山の火山活動に関する情報提供(宮崎県ホームページ)

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/kirisima.html

○霧島山の活動状況(国土交通省気象庁ホームページ)

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/505.html

 

えびの高原内の案内看板に規制の状況を貼る作業をしていると、

観光でいらした方々に「テレビで硫黄山のニュースを見ました。大変ですね。」「穏やかになって、規制が解除されればいいですね。」などと、励ましのお声をたくさんいただきました。

お気づかいいただきましてありがとうございます!

(▲作業中の様子)

 

 

(▲規制の状況をお知らせしています。)

 

規制がかかって、行けないところがありますが、

●【韓国岳】大浪池登山口・県境登山口~韓国岳山頂

●【池巡りコース】えびのエコミュージアムセンター~六観音御池展望台

●【甑岳】白鳥温泉下湯~甑岳山頂

は行くことができますので、春を迎える霧島山の自然を楽しみたいですね♪

 

作業中も、もくもく~ゆらゆら~と噴気を上げる姿が見られました。

こんもりした可愛い丘のような硫黄山ですが、火山なのだと改めて感じることができますね。

(▲左:噴気をあげる硫黄山 右:韓国岳)

 

えびのエコミュージアムセンターの館内でも、火山活動や規制に関する情報をお知らせしています。

季節の見所や、霧島山の成り立ちなどについても知ることができますので、是非立ち寄ってみてくださいね♪

(▲えびのエコミュージアムセンター館内の掲示)

ページ先頭へ↑

2016年01月26日火山噴火に備えて【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

今日から5年前の1月26日に、霧島山の新燃岳が約300年ぶりに爆発的噴火を起こしました。

当時、新燃岳火口から出た軽石や火山灰は広範囲に降り、特に風下だった宮崎県都城市、高原町方面に多く降り注ぎました。幸い、人命への被害はありませんでしたが、人々の生活や、畜産、農作物などに大きな影響を与えたと聞いています。

私も、連日テレビや新聞で噴煙をあげ続けるすさまじい火山の姿を見て、恐ろしく思った事を覚えています。

(▲2011年1月26日、新燃岳噴火時:韓国岳山頂より)

 

この日のことを忘れることなく、そして、いざという時に備えるために、えびの高原の施設では毎年避難訓練を実施しています。

今年も、硫黄山が水蒸気噴火した想定で避難訓練を実施しました。

 

去年、観光に来られていた外国人の方に避難訓練をしていることが伝わらなかった反省点をふまえ、今年は英語での放送と、プラカードを提示することを加えました。

(▲英語プラカード。訓練後に撮影しました。)

 

実施後の反省会では今後の検討内容として、夜間も想定した連絡網の改善、ヘルメットなどの防災道具の充実、英語以外の外国語(中国語や韓国語など)での案内方法の準備などが挙がりました。

(▲屋内に避難している様子)

 

訓練とわかっていても、緊張するものがありました。過去の災害を忘れず、未来に引き継がれるように伝えていくことと、火山を正しく恐れ、いざという時に備えて準備をしておくことの大切さを改めて感じた1日でした。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ