ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

奄美

64件の記事があります。

2017年03月26日アマミノクロウサギ特別講演会を開催しました!

奄美 木元侑菜

うがみんしょ~らん。奄美野生生物保護センターの木元です。

今年度のワイルドライフセミナーは、奄美群島国立公園の指定決定を記念して、2017年2月25日(土) にアマミノクロウサギ特別講演会を開催しました!

会場は130人のお客様でいっぱいになりました。

アマミノクロウサギのなぞに満ちた生活や不思議な子育てについて講演してくださったのは、奄美大島出身の写真家で、30年以上にわたりアマミノクロウサギを観察し続けてきたクロウサギ研究家でもある浜田太さんです。浜田さんはこれまで子育てなど貴重な映像を撮影されてきました。

今回の講演会では、クロウサギ同士がけんかをする様子や、お母さんクロウサギが一生懸命子育てをする様子のほか、浜田さんが観察してこられた様々な生き物たちの見たことない生活の様子をたくさんご紹介くださり、講演中はお客さんから驚きの声があがっていました。

また奄美大島の大和村立大和小中学校では、昭和38年から平成3年までアマミノクロウサギが飼育されていました。

当時児童として飼育していた中山昭二さん(現大和村中央公民館館長)に、アマミノクロウサギが、一体どんな様子で飼育されていたのか、当時の新聞記事や写真とともに紹介していただきました。

イベントの最後に私から、アマミノクロウサギの生息状況を報告しました。最近、嬉しいことにアマミノクロウサギの生息状況が回復し始めています。しかしその結果、私たちが生活する集落周辺や道路にも頻繁に姿をあらわすようになり、これまで交通事故が起きていなかった場所でも交通事故が起きるようになりました。

講演会を行った大和村内でも2016年の年末から県道上での交通事故が立て続けに起こっています。事故が起こっている場所を説明しながら、事故を防ぐために気を付けてほしいポイントを説明しました。また、ケガや死亡したアマミノクロウサギを見つけた際にはすぐに奄美野生生物保護センターへご連絡いただくよう、住民の皆様へ呼びかけました。

ページ先頭へ↑

2017年03月24日アマミヤマシギ調査!

奄美 アクティブレンジャー 牧野

 うがみんしょ~らん!(こんにちは!)奄美野生生物保護センターの牧野です。

 奄美群島は、豊かで多様な自然景観と固有で希少な動植物が生息していることから、3月7日に国内で34カ所目の国立公園に指定されました。

 指定日には、保護センターの前に職員みんなで大きな横断幕を掲げました!

▲[センター入り口前の横断幕]

 今回は調査地の一部が国立公園にも指定されている『アマミヤマシギ調査』についてご紹介します。

 アマミヤマシギとは、奄美大島から徳之島の間の島々でのみ繁殖している鳥類であり、国内希少野生動植物種に指定されています。キジバトほどの大きさで長い嘴を持っており、夜にミミズなどの餌生物を探して開けた場所に出てきます。

▲[路上に出てきたアマミヤマシギ]

 個体数、分布域が限定されている事から、奄美野生生物保護センターでは繁殖状況や育雛状況を把握するため、3月と6月にモニタリングを行っています。

 夜間の林道を車でゆっくりと走行しながら、車のヘッドライトと手持ちライトで調査ルート上を照らし、アマミヤマシギの出現数をカウントします。