ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

奄美

76件の記事があります。

2020年10月16日奄美野生生物保護センター 設立20周年記念イベントを開催します!

奄美 松岡美範

うがみんしょ~らん!(こんにちは!)

奄美野生生物保護センターの松岡です。あれだけ暑かった夏も終わり、奄美大島は秋めいた風に包まれています。すっかり陽が落ちるのも早くなって、季節の移ろいを感じます。

▲大和村 国直サンセットパークからの景色

さて今回は、みなさんに嬉しいご報告があります。

奄美野生生物保護センターは、2020年をもって設立20周年を迎えます!

20004月に開所されたセンターが20年間、奄美の自然に囲まれ、そして沢山の方々に支えられてきたのだと思うと本当に感慨深いです。歴代職員の分の気持ちも込めて、これまでの20年間、ありがとうございました!そしてこれからもどうぞよろしくお願いします!

つきましては、設立20周年記念イベントを開催します。奄美野生生物保護センターの歴史を振り返りながら、多様な奄美の自然・生きものについてじっくり目を向けてみませんか?

内容はオンライン記念講演会と、企画展の2本立てとなっています。

20周年記念イベントプレスリリース.pdf

20周年記念チラシ.pdf


○イベント概要○

▼【オンライン開催 記念講演会】 服部正策氏 「服部正策がみた奄美の森の40年」

日時:20201025() 1000 1240

※オンライン配信のみの為、奄美野生生物保護センターでの観覧はできません。参加方法は大和村HPをご覧下さい。

▼【企画展】「希少種の生活~寝る・食べる・育てる~」

日時:20201025() 20201123()

場所:奄美野生生物保護センター(入館料無料)

※月曜日は閉館。祝日の場合は翌日が閉館。


両イベントの詳しい内容については、チラシ/プレスリリースのリンクをクリックして下さい。

センター設立以来、オンラインイベントは初の試みとなります。全国から参加して頂くことが可能です!また企画展にご来場頂いた方でアンケートにご協力して頂いた方には、もれなく奄美野生生物保護センターオリジナルのトートバッグをプレゼントします。(なくなり次第終了とさせて頂きます)

奄美の生きものたちと一緒に、皆さんのご参加を心からお待ちしています!

20周年記念イベントについてのお問い合わせは、奄美野生生物保護センターまで。

TEL0997-55-8620

ページ先頭へ↑

2020年10月12日アマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーン実施中!

奄美 晝間 さよこ

うがみんしょ~らん!(こんにちは!)奄美野生生物保護センターの晝間です。

はやいものでもう10月に入りましたね。最近は風も涼しくなり、すっかり秋めいてきました。

そして!奄美では秋に入ると多くの生き物にとっては恋の季節がやってきます。

奄美大島と徳之島にいるアマミノクロウサギも、秋から冬にかけては繁殖の時期にはいり、より活動的になるため、道路上などで見かける機会が増えてきます。

↑道路上にでてきているアマミノクロウサギ

 しかし、この時期は活動的になる分、道路上で車と接触してしまい、交通事故にあってしまう件数が増えてしまう時期でもあります。そこで、奄美野生生物保護センターでは、みなさんに特に注意して頂くために、9月15日~1115日にアマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーンを実施しています!島民の方や観光客の方に、この秋から冬にかけてはよりいっそうアマミノクロウサギの交通事故について注意していただき、安全運転を心がけていただきたいと思います。

【アマミノクロウサギの交通事故の発生件数】

 アマミノクロウサギの交通事故件数は、残念ながら奄美大島、徳之島ともに増加傾向にあります。さらに、奄美大島の交通事故件数が、今年18月末の間に25件発生しており、これは2000年以降では2番目に多い件数です。このまま増え続けてしまえば、今年は過去最多件数を更新してしまう可能性があります。また、最近では林道だけでなく、国道や県道などの主要道路上での交通事故も多発しています。

↑奄美大島と徳之島におけるアマミノクロウサギの年間交通事故発生件数

【アマミノクロウサギが交通事故にあわないために!】

 アマミノクロウサギが交通事故にあわないために、保護センターでは様々な取り組みを行っています。特に交通事故の多い道路には、注意喚起の看板を設置したり、道路標識や路面標識がある道路もあります。

↑交通事故の注意喚起看板

 

↑道路標識や路面標識による注意喚起

 また、今年は瀬戸内町の方と協力して近年交通事故の発生が多い道路脇に注意喚起の看板を追加で設置しました。子供たちが考えたデザインがとてもよいので、ぜひゆっくり走って見つけてください。