ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年08月24日九州特産物リレー8月 ~島原半島のそうめん流し~

雲仙天草国立公園 羽澄美枝子

 8月になってしまいましたが初めまして。雲仙自然保護官事務所のアクティブレンジャー 羽澄 美枝子です。九州特産物リレーの今月の担当となり、アクティブレンジャー日記をやっとスタートする事ができます。

 島原半島は長崎県の中でも特に農産物の生産量が多い場所です。それは島原半島を形成してきた火山の歴史があり、その恵みのおかげです。それらの話はまた改めてお伝えしますね。今回は島原半島の流しそうめんをご紹介します。これもまた火山の恵みのたまものです。

 まず、島原半島のそうめんの歴史からお話しします。有名な島原・天草の乱の結末を、私はこちらにに来てから知りました。一揆軍は、約37000人で原城に立てこもり、最後には全滅してしまったそうです。その結果島原半島の千々石断層より南部の集落のほとんどの住民がいなくなり、天草の一部とともに無人地帯が現れました。

 そこで政府は日本各地から人を移住させようとし、全国から同じ文化風習を持った人々が地区ごとに入植し、多様な文化がモザイク状に分布する風土が形成されました。その中の小豆島から移住した人々が、素麺製造技術を持ち込んだようです。もう一つ、中国の福建省から渡ってきた技術者によって伝えられたという説もあります。どちらにせよ、湧水が沢山有り、きれいな水が豊富・雲仙岳から吹き下ろす乾燥した風・有明海の塩・肥沃な土地で栽培される小麦等、素麺製造に適した土地柄であったため、島原素麺は沢山作られるようになりました。そして、豊富にある湧水を利用した流し素麺が始まったのは自然の流れですよね。そう、島原半島には湧水が沢山あるのです。山の上の方から町中までいたるところに湧き出ています。

   

 ← 北千本木湧水

 ← 焼山湧水

 

 焼山湧水は、江戸時代の噴火(このときの溶岩は粘度が低いタイプであったそうです。今のハワイにあるキラウエアみたい。25年前の新しい平成新山噴火の溶岩は、粘度が高いタイプです。)で流れ出た溶岩の一番先端部分の下から湧き出ています。ここの水温は13度位で、湧水の中でもかなり冷たい方です。平成新山の噴火前はこの水をそのまま使って、自然の流しそうめんをしていたそうです。

 

 

そうめん流しのお店               丸テーブルの周りを水が回っています。

                        下にゆず胡椒。 

 

 そして今こちらの流し素麺屋さんの方式は、真ん中にある丸テーブルのまわりが丸く囲まれていて、いつのまにかそこに湧水がわき出てきて回り始めます。そこに素麺を流して食べるのです。湧水とテーブルをつないでいるのでしょうね。お店の池ではニジマスも沢山泳いでいます。薬味はネギとわさびだけでなく、島原半島特産のゆず胡椒もでてきます。ゆず胡椒の中身も知らなかった私ですが、こちらの新鮮な手作りの味を知ってはまっています。ゆず胡椒と流し素麺ははじめて食べましたが、最高に合います。この組み合わせ新しくないですか?

 

  

一枚岩の斜面を登ります。 

       

  

先端はこんな感じです。   

        

      

 焼山湧水から山道を登って行くと、途中には小さな風穴がいくつかあって、穴からは涼しい風が吹き出てきます。そんな山道を登る事15分位で一枚岩と呼ばれる場所に到着します。ここは先ほどの流れ出た溶岩の上側先端部分です。そこからの眺めは絶景ですよ。海まで一気に見渡せます。

 私もここに来てみてはじめて分かったダイナミックな自然と歴史、国立公園に最初に指定された訳がわかります。これからも意外と知られていない島原半島の魅力を伝えていきますね。

ページ先頭へ↑

2016年08月24日石垣島でアメリカザリガニの初確認【石垣地域】

西表石垣国立公園石垣 アクティブレンジャー 仲本

今夏の石垣島の天気予報は、晴れマークが並び、厳しい暑さが続いています。夏休みとあって、家族や友人などで、公園や広場などへ外出する機会も多くなると思います。

   

今回は、公園や広場などへ外出されるみなさんに注意していただきたいことがありますので、お知らせしたいと思います。

   

石垣島の某所の池で、石垣島には本来生息していないはずのアメリカザリガニが確認されてしまいました。

また、そのことが「ザリガニ釣り・・・格好のアトラクション」として地元の情報誌に掲載されました。

▲アメリカザリガニの生息が確認された池

   

現在、八重諸島でアメリカザリガニが確認されているのはこの池だけです。

しかし、ここだけでかなりの数のアメリカザリガニが生息しており、これ以上いろんな場所で増えてしまうと、もともと生息しているテナガエビとエサを巡って競合したり、希少な水生昆虫や水草を食べてしまうなど、八重山諸島の生態系に及ぼす影響が強く懸念されます。

▲池で捕獲したアメリカザリガニ。「生態系被害防止外来種リスト」では緊急対策外来種に選定され、積極的に防除を呼びかけている。

   

池にアメリカザリガニがいる原因は不明ですが、おそらくホームセンターなどで購入し、ペットとして飼われたものが池に捨てられ増えたのではないかと考えています。

   

夏休みとあって、うわさを聞きつけた家族連れや子供たちがやってきて、アメリカザリガニを網や釣り竿で捕獲する人たちが増えています。捕まえたザリガニを持ち帰ったはいいけどやっぱり飼えないからと他の場所に捨ててしまうと、そこでまた繁殖して増えてしまう可能性がありますので、持ち帰ることはご遠慮いただきたいのですが、持ち帰る場合は捨てたり、逃がしたりすることは絶対にやめてください。

   

そういった事態を避けるため、親水広場の入口と池の周辺には、アメリカザリガニ等を捨てない、逃がさないことを周知する立て看板を設置して注意喚起を行っています。また、人力での定期的な捕獲作業に加え、施設を管理している石垣市と調整しながら、池に流れる水をせき止めて、汲み上げ式ポンプで水を枯渇させて防除する方法を行っているところです。

▲池付近に立てた注意看板

   

ペットを飼えなくなった結果、かわいそうだからといって、むやみに野外に逃がしたり、捨ててしまうと、爆発的に増えてしまい、もともと棲んでいた生き物に悪い影響を及ぼしてしまうという事例が全国的に問題になっています。

   

これ以上被害を拡大させないためにも、外来生物についての問題を正しく認識して、いろんな場所に拡がらないように注意する必要があります。取り返しの付かない事態になってしまう前に、ペットを飼う際は、その生き物のことをよく知った上で、最後まで責任を持って飼いましょう。

ページ先頭へ↑

2016年08月23日地とうきびタネまき農業体験イベント開催!【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 山口佳子

今年度から阿蘇自然環境事務所のアクティブレンジャーになりました山口です。

4ヶ月経っての初投稿です。勢いにのって連投めざします!

おつきあいのほどよろしくお願い致します。

 

熊本地震で被災し、6月の豪雨でも追い打ちをかけるようにダメージを受けた阿蘇ですが、

『復興』の思いでひとつにつながる農業体験イベントが7/23(土)に開催されました。

阿蘇の草原の野草を刈り取り、野草堆肥でお野菜を育てている

阿蘇草原再生シール生産者の会の市原会長の畑をお借りして、

広い畑にみんなで一斉にまいたのは、阿蘇で受け継がれてきた、地とうきびのタネ!

品種改良されていない在来種で、収獲しては一部を残して保管し、まいてはまた保管、を繰り返しながら

長い年月阿蘇の農家さんに守られてきた貴重なタネを使わせて頂くことができました。

   

(▲10日間畑に泊まり込み、イノシシに食べられてしまわないよう見守ってこの日を迎え、

  今回のイベントで使用させて頂いた地とうきびのタネです。)

  

 

(▲(左)地とうきびのタネまき & (右)お土産のスイートコーンを収獲したようす

     34名の方が参加されました。福岡県や大分県からもご参加いただきました。

     農業体験初めての方が多く暑い中慣れない作業でしたが、みなさん楽しそうな表情です!)

 

まいたタネの間に堆肥をかけていきます。

草原で刈り取った野草を発酵させて3年間熟成させた堆肥です!

美味しいお野菜を届けたい!という農家さんの想いがた~っぷり詰まっています。

この堆肥が、土をふかふかにして、土壌内の善玉菌が野菜の病気を抑え、

安全でおいし~~~~~~~~~お野菜にしてくれるのです♫

 

    

(▲(左)使用した野草堆肥 &(右)開催にご協力いただいた阿蘇地域世界農業遺産のロゴマーク)

 

阿蘇の草原を刈り取り、野草堆肥の活用が進むことで、

刈り取られた草原の大地まで太陽の光が届くようになり、

草原景観や地下水保全につながっていきます。

阿蘇の草原、人、動植物、農業、文化の循環がひとつの環となる阿蘇の営みがここにあります。

参加者のみなさんが、暑い中での農作業でキラキラと汗を光らせている間に

阿蘇草原再生シール生産者の会の女性陣がおにぎりを作ったり、

バーベキューの準備をしてくださいました。