ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

屋久島国立公園

42件の記事があります。

2018年09月05日希少な野生植物ヤクシマソウを追え! 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 国内希少野生動植物種という名称をご存知でしょうか。

★★★★★

 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)に基づき、国内に生息・生育する絶滅のおそれのある野生生物のうち、人為的な影響により減少が見られる種等を環境省が「国内希少野生動植物種」に指定しています。

 また、新種、初確認種(日本に生息していることが初めて確認された種)、再発見種(絶滅したと思われていた種が見つかった場合)のうち、特にその保存を緊急に図る必要があると認められる種を「緊急指定種」に指定しています。

 平成30年2月現在、国内希少野生動植物種として、鳥類39種、哺乳類9種、爬虫類7種、両生類11種、魚類4種、昆虫類44種、陸産貝類19種、甲殻類4種、植物122種の全259種が指定されています。また、緊急指定種として爬虫類1種が指定されています。

 詳細URLはこちら▼

 http://www.env.go.jp/nature/kisho/domestic/index.html

★★★★★

 平成30年1月には屋久島の植物4種が新たに国内希少野生動植物種に指定されました。4種とはタブガワヤツシロラン、ヤクシマヤツシロラン、ヤクシマヒゴタイ、ヤクシマソウです。いずれも島内での生育地は限られています。

 先日、ヤクシマソウ生育調査のため、森に入りました。ヤクシマソウはホンゴウソウ科という聞きなれない植物の仲間です。地上からの高さは数cm。花や実のひとつひとつの大きさは直径約1mm、花茎は細く髪の毛のような細さです。全体的に赤紫色をしており、薄暗い林床では見つけることが難しく、地面をじっと見つめながら探します。葉緑素を持たず、光合成をしない植物で、土の中の菌に寄生して栄養をとって生きるという、とても変わった生態です。

 菌に寄生するヤクシマソウが自生しているということは、その環境が、私たちの目には見えない豊かな菌類の生育地とも言えます。枯れ葉や枯れ木が何百年もの間、菌類に分解され循環を繰り返している古い森にこうした生態系が形作られています。

 このような環境はいまや貴重となっており、なおかつ生育地やその周囲の伐採など開発の危機に瀕していることが多いのです。ヤクシマソウは2016年に新種として記録されたものですが、その希少性によってわずか2年ほどで国内希少野生植物種に指定されました。

ヤクシマソウ

▲ヤクシマソウ。あまりに小さく、そして不思議な形に職員一同驚きを隠せませんでした。

林床のヤクシマソウ

▲落ち葉の中からひょっこり。

 ヤクシマソウは屋久島でもごく限られた地域でしか見つかっておらず、株数も多くはありません。今回の調査は湿度の高い林内で地面にしゃがみ込みながら、およそ3時間の探索を行いました。汗だくになりながらも努力の甲斐あって全員がヤクシマソウを見つけることができました。みな調査に夢中になり、見つけるたびに「あった!あった!」と歓喜の声をあげていました。ヤマビルやマダニ、マムシなどに遭遇しなかったのも幸いでした。

 まだまだ詳しい研究が期待されるヤクシマソウ、環境変化に弱いとされ、生育地そのものを保護していくことが大切です。

ページ先頭へ↑

2018年08月13日自然に親しむ集い~夏休み自由研究!川の水と生き物調査隊~ 【屋久島地域】

屋久島国立公園 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

8月5日(日)、自然に親しむ集いを実施しました。

自然に親しむ集いは、屋久島自然保護官事務所と屋久島町と(公財)屋久島環境文化財団研修センターが共催で年3回実施している屋久島町民対象の自然観察会です。

平成30年度第1回目は当事務所が主催で、昨年大変好評だった川の水と生き物調査を実施しました。

今年もキャンセル待ちが出るほど多数の応募がありました。

 

当日は良く晴れた真夏日で、絶好の川日和でした。

昨年同様小瀬田にある男川で、15名の参加者と活動しました。

今回は屋久島国立公園パークボランティアの方にも活動補助をお願いし、スタッフとして参加頂きました。

 

最初のレクチャーをする様子

▲最初のレクチャー。川と私たちの生活は密接に関わっていることを説明しました。

 

川の上流へ移動する様子

▲いよいよ川へ出発!まずは上流へ移動。冷たくてとっても気持ちいい!

 

流速を測定する様子

▲流速を計りました。

ウキに300㎝のヒモをつけて流します。

ウキを水に浮かべた瞬間からヒモがピンと張るまで流れた時間を計測すると、流速が計算できます。

今回は6秒だったので、300㎝÷6秒=50/秒(速さはふつう)でした。

 

生き物採集の様子

▲待ちに待った生き物採集!最初の20分間は石の裏にいる指標生物を集中して探しました。

大人も子供も夢中になって、あっという間に採集時間が終わりました。

 

次は採集した生き物とパックテストを使って水質調査です。

調査隊ということで、子供達は調査表にしっかりデータを記入していきます。

 

調査表を記入する参加者の様子

 

調査表を記入する様子

▲調査表にデータを記入する様子。

 

採集した生き物を観察する様子

▲採集した生き物を観察し、指標生物を調べます。

 

採集したテナガエビ

▲大きなテナガエビもいました。

 

指標生物による水質判定

▲調査表に指標生物の数を記入して、水質を判定。

結果は「きれいな水」であることが分かりました。

 

パックテストも使って水質を調べてみました。

 

パックテストの様子

▲亜硝酸態窒素を判定する様子。色は全く付かず、「きれいな水」であることが分かりました。

 

川の調査方法や指標生物を初めて知る人がほとんどでしたが、皆とても楽しんでくれたようです。

川や生き物に触れる良い機会になったのではないでしょうか。

 

この夏は異常な暑さです。皆さんも涼しい川へ遊びに行ってはいかがですか(^^)

ページ先頭へ↑

2018年08月13日教職員向けESD研修! 【屋久島地域】

屋久島国立公園 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

8月1日、夏休み真っ只中の屋久島町立八幡小学校にて教職員のESD研修会が行われ、そこで講話する機会を頂きました。

 

教育のプロの方々を前にどんなことを話すべきか大変悩みましたが、意外と学校現場では環境教育に取り組んでいても「ESD(持続可能な開発のための教育)」の視点が不足していたり、そもそもESDについて詳しく知らないという先生も多いようだったので、ESDとは何かという基本的なことからESDの取り組み方、かつ、今後ESDを進めるうえで参考になればと、屋久島の自然環境や課題、屋久島自然保護官事務所が実施している環境教育等について話しました。

また、SDGs(持続可能な開発目標)についても説明し、SDGsを見据えたESDの取り組みを提案させて頂きました。(残念ながらSDGsを知っている先生はいませんでした。)

 

職員室で教員を前に話す様子

ESD研修会の様子。パワーポイントと配布資料を用いてお話しました。

 

少しでも先生方の参考になる話を...と張り切って準備した発表用パワーポイントは約70枚。(削って、削って、この枚数...)

1時間以上の発表となってしまいましたが、先生方は最後まで熱心に耳を傾けてくださいました。

話が終わってからは、「もう少し詳しく聞いていい?」「○○は世界自然遺産地域?」「とても興味深かった」「大変参考になった」など、嬉しいお言葉を沢山頂きました。

校長先生からは「他の学校にも有意義な研修ができたと報告・宣伝しておきます!」と言って頂きました。

 

学校でESD推進を目指す一方、ESDについて教職員が学ぶ機会が少ないそうです。

まずは校内の教職員でESDについて理解を深めようと、八幡小学校の校長先生が企画した研修会でした。

今回貴重な機会をくださった八幡小学校の先生方に感謝致します。 

 

ESDでは、これまでの「知識伝達型」の受動的な学びのスタイルではなく、グループ活動などの協働的な活動や体験活動を取り入れて児童の主体的な学びを引き出す工夫が求められます。

「本物」に出会い、五感を使って体験し、発見する、気づく。といった学習過程で、私たちの出前授業が活かせると思っています。

今後も学校と連携しながら、持続可能な社会づくりに貢献できればと思います。

 

ESDについて詳しく知りたい方はコチラ↓(環境省HP

https://edu.env.go.jp/whatesd.html

 

SDGsについて詳しくは知りたい方はコチラ↓(環境省HP

https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h29/html/hj17010101.html

ページ先頭へ↑

2018年08月10日巡視中に出会った珍しい生き物たち 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

巡視中に珍しい生き物たちに出会いました。

▲ヤクシマエゾゼミ(屋久島固有種)

標高の高い山間部にすむ、とても珍しいセミ。夏、山に入るとギーという鳴き声が聞こえますが、普段は高い木の上にいるため、なかなか姿は見せてくれません。屋久島だけにしかいない固有種です。

ちなみに屋久島にはヒグラシやミンミンゼミは分布していません。

撮影地:ヤクスギランド

固有種ヤクシマタゴガエル

▲ヤクシマタゴガエル(屋久島固有種)

山間部に生息する、枯れ葉そっくりのカエル。山を歩いていると、足元から突然大ジャンプすることがあります。幼生の期間が非常に短いようで、まだオタマジャクシを見たことがありません。

撮影地:ウィルソン株付近

絶滅危惧種アシガタシダ

▲アシガタシダ(絶滅危惧ⅠA)

国内では屋久島と沖縄にしか自生しない、個体数が少ないとても珍しいシダ。滅多に出会うことはありません。ふと地面を見たときに見つけました。落ち葉が堆積し、林床植生が豊かな森で育っています。ヒカゲアマクサシダの小さい株とよく似ています。

撮影地:低地の照葉樹林内

絶滅危惧種タイワンアオネカズラ

▲タイワンアオネカズラ(絶滅危惧ⅠB)

国内では屋久島と西表島にしか自生しない珍しいシダ。鑑賞目的で採集されることがあり、個体数減少のおそれがあります。

撮影地;低地の照葉樹林内

絶滅危惧種シシンラン

▲シシンラン(絶滅危惧Ⅱ類)

ランではなく、イワタバコの仲間。古く大きな木に着生しているのを見ることができますが、繁殖力は弱いようで、若い木に着生している個体や子株はほとんどみかけません。

撮影地:照葉樹林内

地衣類ヤスデゴケモドキ

▲ヤスデゴケモドキ

コケと名前に入りますが、蘚苔類ではなく地衣類の仲間。小型で非常に見つけにくい。ヤスデゴケモドキの古い記録は日本各地からあるものの、近年の生育状況はよくわかっていないようです。屋久島では3地点で見ることができました。地衣類は大気汚染に弱いとされており、減少傾向にあるようです。

撮影地:宮之浦岳登山道

屋久島は2万年ほど前まで九州と地続きだったと考えられ、九州や本州と共通した生き物が多い島です。しかし、島の標高差が生み出す独特の環境や、原生的な自然環境も残っているため、固有種や絶滅危惧種など、他ではなかなか見ることができない生き物たちが暮らしています。貴重な自然を残していきたいですね。

ページ先頭へ↑

2018年07月27日縄文杉登山道などの熱中症対策 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 夏真っ盛りで屋久島もにぎわっています。

屋久島の安房岳付近

    

暑い時期に注意したいのが熱中症ですね。特にトレッキングでは日常生活以上に注意が必要です。山は涼しいものだと思いがちですが、屋久島の人気のトレッキングコースのうち、縄文杉トレッキングをはじめ、いくつか人気のコースは比較的標高が低く、また長距離で長時間の活動のため夏場は特に熱中症に注意が必要です。

 【熱中症になりやすい条件はこちら】

★梅雨時期から9月頃にかけての気温と湿度が高い日。

★レインウェアを着ながら登山道を登るとき。

★標準的なコースタイムよりも早く、急いだ登山。

★カメラ機材や宿泊用装備など重い荷物を持っての登山。

★水分補給やトイレなど休憩を我慢しての行動。

 夏の午後は山間部に雲がかかりやすく、湿度が高い中では汗も乾きづらく体温調整ができにくくなります。  また雨天時はレインウェアを着ての行動となりますが、雨が止んだ時はすぐレインウェアを脱ぐなど、こまかな体温調整がおすすめです。標準的なコースタイムは、体への負荷を軽減するための目安となります。

 雨上がりや曇天時、雨が降っていない状態でレインウェアを着て登山をする方を見かけたときは一言声をかけて熱中症にならないよう注意を呼び掛けています。

 水分補給は最重要ポイントです。トイレに行くのを我慢するために水分補給を控えるのは危険ですのでやめましょう。縄文杉トレッキングルートは水が汲める場所がいくつもあり、またバイオトイレや携帯トイレブースなど、屋久島の他の登山道よりトイレ環境は整備されていますので、水分補給とトイレは我慢しないでください。水場やトイレの場所は地図で事前に確認しておきましょう。夏場の登山では休憩をこまめにとるのが理想です。

 熱中症になると正常な判断や、体の運動機能が弱まり、転倒や道迷いのリスクも上がります。休憩をしっかりととり、体をケアしながら無理のない登山を楽しみましょう。

【熱中症の主な症状】

★軽症:めまい、失神、足の筋肉のけいれんなど

★重症:頭痛、嘔吐、全身けいれん、高体温、意識障害

 少しでも意識がおかしい場合は、病院への搬送が必要です。

環境省熱中症予防情報サイト

http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

▼宮之浦岳登山道の水場の看板を修正しました。

宮之浦岳登山道の水場

ページ先頭へ↑

2018年07月19日出前授業を実施しました! 【屋久島地域】

屋久島国立公園 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

6月と7月に屋久島町立八幡小学校で出前授業を実施しました。

 

八幡小学校では平成20年から毎年4年生を対象に授業を実施していますが、一昨年3、4年生が複式学級で3年生も授業を受けたため、その子ども達が4年生になった昨年は授業がありませんでした。

そのため2年ぶりの授業でした。

 

1回目と2回目は教室で国立公園や世界遺産、レンジャーの仕事や屋久島が抱えている問題などをお話ししました。

○×クイズや中身当てゲームをしたり、ヤクスギやウミガメの標本を見てもらうなどして、楽しみながら学んでもらいました。

 

教室で授業する様子

▲教室授業の様子。

お話し好きな子が多く、授業の途中でも「あれ知ってるよ!」「これは○○なんだよ!」と児童自ら話し始めてしまうことが多々あり進行に苦労しましたが、全員参加型の授業ということで私も楽しみました♪

 

3回目は屋久島国立公園でもある栗生塚崎海岸に出かけて、海の生き物探しやレンジャーの仕事体験をしてもらいました。

この日は梅雨明けが発表された日でカンカン照りの猛暑でしたが、皆元気にザブザブ海に入って夢中で生き物を探しました。

 

タイドプールで生き物採集をする様子

▲タイドプール(潮だまり)で生き物探しをする様子。ズボンが濡れても気にしない!

 

ビンゴゲームをしながら生き物探しをする様子

▲生き物探しはビンゴゲーム形式で、ビンゴシートに書かれた生き物を班で探してもらいました。

魚、ヒトデ、ナマコ、貝、カメノテ、オカヤドカリ、カニなど、沢山の生き物を見つけることができました。

 

ウミガメ産卵シーズンということで、上陸、産卵跡も見てもらうことができました。

 

ウミガメが掘った穴を観察する様子

▲ウミガメが卵を産むために掘った穴を見学する様子。大きな穴に皆びっくりしていました。

浜のどんな所に卵を産んでいるか児童に問いかけると、波打ち際から一番遠い場所を選んで産んでいることに気付きました。

どうしてこんな場所に産むのかな?

ここでふ化した子ガメは海に帰る時どんな試練があるだろう?

産卵環境を実際に見ることで、色々な考察ができました。

 

またレンジャーの仕事体験として、海岸の入口にある環境省の看板を清掃してもらいました。

 

看板清掃をする様子

▲看板清掃の様子。雑巾でゴシゴシ磨いてもらいました。

「レンジャーはこんな仕事もするんだね!」と驚いていました。

 

教室に戻ってから、浜で採集した貝殻の標本作りをしました。

 

教室で貝の標本作りをする様子

▲標本の作り方を説明する様子。

 

最後は海岸で見つけた生き物や海岸の魅力をマップにしてもらいました。

 

海岸マップをつくる様子

▲海岸マップ作りの様子。

マップ作りを通して活動をふりかえることで、栗生塚崎海岸は沢山の生き物が暮らす自然のままの美しい海岸であることに気付きました。

そして、もし砂浜がコンクリートで固められたら...、タイドプールが埋め立てられたら...、今日見つけた生き物達はどうなってしまうだろう?オカヤドカリやスナガニは生きていけるかな?ウミガメは卵を産めるかな?サンゴは?カメノテは?

と、考えを発展させることもできました。

 

最後に一人ずつ子どもレンジャー認定証を授与しました。

今後は子どもレンジャーとしてもっともっと屋久島の自然について知り、自然を守るために何ができるか考えて、行動に移してもらいたいと思います。

 

次回は秋、最終授業です。

ページ先頭へ↑

2018年06月20日森の掃除屋さんヤクシマルリセンチコガネ【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 林道を歩いていた時に、地面にきれいな虫がいることに気づきました。

 ヤクシマルリセンチコガネのようです。名前に瑠璃(るり)という色が入っている通り、体の表面は青緑色で美しい金属光沢があります。

 実はこの虫、シカやサルのふんを食べる、ふん虫です。汚れ一つないピカピカの体からは想像できませんね。(画像はサルのふんを食べているところです)

 植物質を多く食べるシカやサルのふんには、未消化の植物片とともに、様々な微生物が含まれており、ふん虫にとって大事な栄養源となります。

 森の中では動物のふんもしっかりと再利用されます。動物のふんは、ふん虫に食べられることによってさらに分解され、無駄なく土へ還ります。

 自然界からはゴミが出ません。

 人間社会も見習いたいですね。なるべくゴミを出さない生活を目指しましょう。

 ちなみに、ふん虫というと海外の「フンコロガシ」が有名ですがヤクシマルリセンチコガネはふんを転がしません。

 じっと見ていたら、ふんを自分の体と同じくらいの大きさにちぎって、それをひきずってそのままどこかへ移動していきました。

ページ先頭へ↑

2018年06月11日屋久島国立公園パークボランティア外来種駆除!【屋久島地域】

屋久島国立公園 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

先月実施した屋久島国立公園パークボランティアの外来種(アメリカハマグルマ)駆除活動in春田浜が、あいにく雨天の為途中で中止となったことから、再度駆除作業にご協力頂けるパークボランティアの方を募り、6月2日(土)に駆除を実施しました。

 

先月の駆除活動の様子はコチラ↓

【アクティブレンジャー日記】

http://kyushu.env.go.jp/blog/2018/05/post-459.html

 

梅雨真っ只中ですが、この日は良く晴れていました。

ボランティアさんと職員合わせて10名で駆除を実施しました。

春田浜の2箇所に群生しているため、二手に分かれて作業しました。

 

川沿いのアメリカハマグルマを駆除する様子

▲川沿いのアメリカハマグルマを駆除するボランティアのみなさん。

 

駆除の様子

▲草の上部を草刈機で刈り取り、引き抜きやすくしてから根から抜き取りました。

在来の植物はアメリカハマグルマの繁茂を抑制してくれるため、できるだけ残しながら作業をしました。

 

作業後アメリカハマグルマが無くなった川沿い

▲作業後。ぽっかりと土が露出している箇所がアメリカハマグルマが群生していたところ。

 

海岸奥のアメリカハマグルマを駆除する様子

▲海岸奥のアメリカハマグルマを駆除するボランティアのみなさん。

 

駆除したアメリカハマグルマ

▲2箇所で合計33袋のアメリカハマグルマを駆除しました。

アメリカハマグルマはつる状に伸びて地面を覆い尽くします。

途切れないように抜くと、人の背丈以上の長さに伸び、節から次々と茎を出していました。

 

引き抜いたアメリカハマグルマを持って人の背丈と比べる様子

▲人の背丈以上に伸びるアメリカハマグルマ。いくつも枝分かれして四方に伸びていました。驚異の繁殖力です。

 

時間内に全てを取り切ることはできませんでしたが、今後も地道に駆除を続けて数を減らし、最終的にはこのエリアのアメリカハマグルマを根絶できるよう頑張ります。

 

回収したアメリカハマグルマは枯死させるため天日干しすることに。

梅雨の屋久島なので太陽の出る時間が少なく枯らすのにも一苦労です。

 

天日干し中のアメリカハマグルマ

▲センター裏で天日干し中のアメリカハマグルマ。

 

集合写真

▲最後にみんなで、はい、チーズ!ご協力ありがとうございました!

ページ先頭へ↑

2018年06月11日雨の恵みと脅威 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 梅雨真っただ中の屋久島です。

 雨はすべての生き物に恵みをもたらします。この時期に草木はぐんぐんと成長し、新芽や木の実をシカやサル、昆虫たちが食べます。サルは子育て中、シカも出産シーズンを迎えています。

 そんな恵みの雨も、時に脅威をもたらします。雨が多いことで有名な屋久島では、山間部の雨雲が発生しやすい場所で、年間降水量が10,000mmに達するとも言われます。1日に降る量も、大雨の時は数百mmに達することさえあります。

 大雨が降ると登山道が川のようになり、道の柔らかい部分を浸食してしまいます。場所によっては1回の大雨で数十cmも浸食されることがあり、登山道の整備が必要になります。放っておくとますます浸食が進み、登山道が周りの植生もろとも大きく崩壊してしまう恐れがあります。そのため環境保全の観点からも早めに手を打たなければならない場所も発生します。

▲水による浸食で1m以上も深く掘れてしまった登山道

▲登山道が沢のようになり、浸食が進む

現在、屋久島の宮之浦岳、永田岳周辺の登山道のうち、整備が必要な個所を調査しています。登山道の状態によって土砂流出を防ぐ工法を選定し、設計を行っています。

 ▲登山者に人気の永田岳。今後登山道整備を行う予定です。

ページ先頭へ↑

2018年06月11日特定外来生物ボタンウキクサ防除作業【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 屋久島では、外来生物法で特定外来生物に指定されているボタンウキクサの防除作業を実施しています。ボタンウキクサは池や沼の水面に浮遊する水草の一種です。

 かつては金魚やメダカの飼育用や、ビオトープなどに利用され、安価な価格で市場流通していた外来植物です。別名ウォーターレタスで親しまれ、ペットショップやホームセンターの店先等で販売されていたので、どこかでご覧になったことがあるかもしれません。

 特定外来生物に指定された2006年以降はボタンウキクサの栽培や生きたままの運搬などが法律により規制されています。野外で増殖が確認された場合、分布拡大防止のためにも早めに防除する必要があります。

 昨年、屋久島の一部でボタンウキクサが生育している個所が見つかり、防除作業を進めています。ボタンウキクサをはじめ特定外来生物に指定されている植物は爆発的な繁殖力をもつ種類が多いため、除去には細心の注意を払い、隅々まで取り残しの無いようにします。通常は無性生殖で殖えるようで、小指の爪より小さな子株を出して殖えるので、見逃すと増殖が再開し大変なことになります。気温や水温が高くなり、越冬後の再発生を観察していますが、屋久島の生育地のうち1か所では再発生が確認されておらず、地域根絶できたようです。今後も再発生の無いよう経過観察を続けていきます。

 ボタンウキクサは水上に浮く草ですので、手で取るか網ですくうかして除去します。その後水分を切ってビニールのゴミ袋に入れてしっかり縛り、中で腐らせてから各自治体の処理法に従って処分します。大増殖してしまうと、回収するだけでも大変な重量となってしまうため、人力では難しい作業となります。早めの防除と、継続的な処分が必須です。

ボタンウキクサ防除について3つのポイント

★分布拡大前の早めの防除。

★夏前の防除。夏は爆発的に繁殖します。

★継続的な防除。できれば1か月以上間を空けずに経過観察してこまめな除去を。

特定外来生物に関して詳しい情報はこちらから

http://www.env.go.jp/nature/intro/index.html

屋久島における特定外来生物オオフサモについての記事はこちら

http://c-kyushu.env.go.jp/blog/2018/02/post-416.html

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ