ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

徳之島

22件の記事があります。

2018年08月09日夏休み・ふれあいイベントの実施について 【徳之島地域】

徳之島 麓 良平

みなさん、きゅーがめら!

徳之島アクティブレンジャーの麓です。

暑い日が続きますが、皆さんはいかがお過ごしですか??

夏休み中はお祭りやイベントなど楽しいことがいっぱいあり、毎日がワクワクのことと思います。

さて、徳之島自然保護官事務所でも楽しい企画をご用意しています!

題して、

「徳之島の森を再現!みんなで模擬ナイトツアーに出かけよう!」

です!!

以下、イベント詳細です。

みなさん、ふるってご応募ください!

___

1.趣 旨

環境省徳之島自然保護官事務所では、「奄美群島国立公園自然ふれあい行事」として「徳之島の森を再現!みんなで模擬ナイトツアーに出かけよう!」を開催します。

世界自然遺産の候補地となっている徳之島の森には希少な野生動物が生息しています。しかし、島で暮らしている人でもアマミノクロウサギなどの希少動物を見たことがない人も多いのではないでしょうか?今回のイベントでは気軽に徳之島の自然を体験・学習できるよう、天城町役場の中に徳之島の夜の森を再現して、模擬ナイトツアーを実施したいと思います。

2.主 催

環境省徳之島自然保護官事務所、天城町役場

3.内容

  天城町役場の中に徳之島の森を再現し、ガイドが案内をしながら動物や植物についてについて学びます。

  ・オリエンテーション(20分) ※VTR上映あり

  ・模擬ナイトツアー(50分)

  ・振り返り(20分)

4.実施日時・場所

・と き: 平成30年8月18日(土)

第一回 13:00 ~ 14:30  第二回 15:00 ~ 16:30

・ところ: 天城町役場3階会議室 

各回の開始10分前までに天城町役場3階会議室に集合してください。

5.募集定員等

・募集定員:各回とも小学生、中学生及びその保護者等含め 15名程度

・応募締切:8月15日(水)まで (15日以降でも定員に達していなければ受け付けます)

 ※申し込みは先着順で、定員になり次第締め切ります。

・参加費:無料

6.持ち物等

水分(熱中症予防のため)。動きやすい服装でお越しください。

        

7.その他

雨天決行。ただし、台風接近等が見込まれる場合には中止いたします。その場合は前日までに個別にご連絡いたします。

8.申し込み・お問い合わせ先

環境省徳之島自然保護官事務所 TEL :0997-85-2919 (担当:沢登・麓)

___

ページ先頭へ↑

2018年02月28日今日の巡視・回収(漂着油関係)

徳之島 麓 良平

キューガメーラ。

徳之島自然保護官事務所のアクティブレンジャー麓です。

徳之島自然保護官事務所では、第二回目の作業として、2月27日(火)に与名間地区ムシロ瀬で巡視と回収作業をしてきました。  

作業風景

作業前                  作業後

       

徳之島自然保護官事務所では今後も、巡視や回収作業を続けていきます。

海岸で油が付着して弱っている動物や死体等の情報がありましたら徳之島自然保護官事務所(0997-85-2919)までご連絡ください。

ページ先頭へ↑

2018年02月19日今日の巡視・回収(漂着油関係)

徳之島 麓 良平

キューガメーラ。今年1月に新しく徳之島自然保護官事務所のアクティブレンジャーになりました麓と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

徳之島自然保護官事務所では、第一回目の作業として、29日に金見地区長浜海岸で巡視と回収作業をしてきました。

DSCF0861

 

作業前                 作業後

       

徳之島自然保護官事務所では今後も、巡視や回収作業を続けていきます。

海岸で油が付着して弱っている動物や死体等の情報がありましたら徳之島自然保護官事務所(0997-85-2919)までご連絡ください。

ページ先頭へ↑

2017年11月01日IUCN視察が終わりました!【徳之島地域】

徳之島 奄美管理者

徳之島自然保護官事務所・アクティブレンジャーの立尾です。

みなさま、どんな秋をお過ごしでしょうか?

わたしは楽しみにしていた全島一闘牛大会を、連日のハードワークもあって(⁉)寝過ごし、見逃しました。前夜には闘牛を乗せているのであろうトラックがにぎやかに通る音も響き、お祭り前夜の楽しさが満ちていたのですが、、残念です。

翻って徳之島の夜の林道は、アマミノクロウサギやアマミハナサキガエルの赤ちゃんが続々と生まれ、活況を呈しています。薄暗くなってきた頃にはぴょんぴょんジャンプして移動するトクノシマトゲネズミも多く見られており、いつも以上にゆっくりした走行を心掛けています。

そしてそして!!!とうとう世界自然遺産候補地・徳之島のIUCN視察が終わりました。

IUCNとは、International Union for Conservation of Nature and Natural Resourcesの略で、国際自然保護連合のことです。本部はグラン(スイス・ジュネーブ郊外)にあります。この度、徳之島が世界自然遺産にふさわしいかを決めるための調査に来られました。

(※そもそも世界遺産は、ユネスコ(United Nations Educational , Scientific and Cultural Organization)の、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録されたものを指します。"顕著で普遍的な価値"を有し、未来に残すべき、国境を超える人類の宝であるものが登録されるのですね!)

視察当日の朝には、強風雨の影響で木が倒れて道が塞がれるというハプニングも起こりしましたが(地元関係者の協力もあってすぐに対応することができました)、今年最大のヤマ場が恙なく終了し、一同胸をなで下ろしています。

生きもの大好きなお二人が来徳されました。

   

空港にて 研究者の先生方や関係者と     待ってました~! 徳之島3町挙げてお出迎え!!!

まずは自然保護官が英語で徳之島の自然と保護管理体制についてレクチャーをし、早速徳之島の大自然視察へレッツゴー!!

  

森の中では、鳥や虫など、目に入るもののひとつひとつにこれは何?、あれは?と問いを発しておられる姿が印象的でした。

視察時間が日中に限られていたため、徳之島固有のいきものの痕跡も観察します。