ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

慶良間

19件の記事があります。

2018年06月25日第19回 サバニ帆漕(はんそう)レース開催!

慶良間 アクティブレンジャー 前山

はいたい!(こんにちは!)

6月24日(日)梅雨明け宣言の翌日、第19回サバニ帆漕レースが、行われました。

このレースは、平成12年(2000)の九州沖縄サミット開催を記念して始まり、19回目を迎えました。

慶良間諸島国立公園の座間味島古座間味ビーチから那覇港沖までの約35.2キロを

帆掛けサバニで帆漕するレースです。

サバニとは琉球列島で古くから使われていた漁船の名称で、エークと呼ばれる櫂を使って

人力と風だけを頼りにゴールを目指します!

サバニレース スタート前 ビーチに並ぶサバニ

座間味村村長のスタートホーンで各艇、一斉にスタートします。チーム全員でサバニを押し出します。

サバニレーススタート祈るような気持ちでスタートダッシュしていくサバニを見つめ、どの艇も力一杯頑張って!と祈ります。

あっという間にサバニは慶良間海峡から儀志布島をこえて那覇を目指します。

滑るように走って視界から消えていくサバニこの後、順調に吹いていた風は前島あたりで止んでしまったようですが、波に負けず戦いながら那覇まで

ほとんどのチームが漕ぎきりました!

サバニレースが終わると、慶良間諸島は夏本番が始まります!

賑やかな蝉の鳴き声と、青い空と真っ白な積乱雲。そしてケラマブルーの海!

世界が恋する海でお待ちしています。

ページ先頭へ↑

2018年06月04日サンゴが産卵しました!

慶良間 アクティブレンジャー 前山

はいたい!(こんにちは!)

5月最終週から6月3日にかけて慶良間諸島国立公園内の海域でサンゴの産卵がありました。

たくさんの命が慶良間の海へ飛び出していく光景はまさに命の神秘を感じる時間でした。

バンドルと呼ばれるサンゴの卵たち(一つの卵の中に精子と卵子が入っています)は、

満月の頃、生まれ、海面へと上昇し、水面にたどり着いたバンドルが割れて弾けて卵と精子が飛び出し、

別のバンドルから出た卵と精子が出会って受精をします。

サンゴの卵 アップ 

写真は、今まさに生まれようとしているサンゴの卵です。

周りのポリプがお花みたいでとてもきれいでした。

サンゴの産卵

ゆっくりとしたペースで始まった産卵は、あっという間に周りを埋め尽くすくらいの

量になり、まるで星空の中か宇宙空間にいるような錯覚に!

何回経験しても不思議な感覚になります。

この卵が無事に受精し、どこかの海でサンゴの森を作ってくれることを祈ります。

世界中の暖かい海でサンゴが元気に生きていける環境にもどるように生活を見直し、

努力をしていきたいものですね。

阿嘉島にある「さんごゆんたく館」では、サンゴの生態等について詳しく紹介しています。

ぜひ、足を運んでみてください!

【さんごゆんたく館facebook】https://ja-jp.facebook.com/sangoyuntakuvc/

ページ先頭へ↑

2018年05月31日官用船メンテナンス

慶良間 三石裕弥香

こんにちは。渡嘉敷事務室の三石です。

梅雨の慶良間のはずですが、少雨が続き深刻な水不足の状況となっています。毎日の生活の中で水の使い方を工夫し、節水を心がけたいですね。

さて、慶良間自然保護官事務所は、全国の環境省の事務所で唯一、動力船が配備されています。今回は官用船のメンテナンス作業を行いました。船底やプロペラの汚れは、速度の低下や燃費の悪化などの不便がおきるため、定期的な船底掃除や船底塗装をしています。

まずは水中で船底の汚れを落とします。

昨年9月以来の船底掃除でしたので結構頑固な汚れの所もありました。

↑藻を半分落としたところ

↑ひょっこり顔を出していたギンポ

その後船を陸揚げし、水棲生物の付着や船底の腐食を防ぐ為に専用の塗料を塗布します。

喫水に沿ってマスキングテープを貼ります

「ル・コライユ」は官用船の名前で、フランス語でサンゴを意味します!

↑塗装作業の様子

↑同時に500時間点検作業中。(500時間は運行させた時間です。)

↑塗装後の官用船ル・コライユ