ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

霧島・錦江湾国立公園 鹿児島

29件の記事があります。

2019年10月30日錦江湾学習会「錦江湾のウミウシ」 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

 10月26日に錦江湾学習会が開催されたので参加してきました。

 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムでは、毎月1回あらゆる分野の専門家を講師として招いて学習会を開催しています。

 今回は、いおワールドかごしま水族館の専門家の方から「錦江湾のウミウシとその生存戦略」について学習会が開催されました。

 まず、ウミウシはどういう生きものなのか知るため、ウミウシはどれ?というクイズから始まったのですが、カラフルなイメージがあった私は全部がウミウシに見えます。

ウミウシクイズ(2019年10月撮影)

 正解は、①~③まで全部違う生きものです。

 では、どこで見分けるのかというと前方に2本の触覚と心臓よりも後方に花形のエラがあるそうです。

また、巻貝の仲間だということを知り驚きました。

 数種類のレプリカを用意してくださっており、見てみると触覚やエラが見当たらないウミウシがいます。

ウミウシによっては、エラがないもの、貝殻を持っているものなど様々で、見ただけで見分けるのは難しそうです。

①ウミウシのレプリカ(2019年10月撮影)②ウミウシのレプリカ(2019年10月撮影)

▲ウミウシのレプリカ

 そして、ウミウシは身を守るための手段も様々で、毒を持っているもの、周囲のサンゴや藻に擬態して見つかりにくくするもの、臭い物質を出して天敵を追い払うものもいます。

 刺激を与えると臭い物質を出すタテヒダイボウミウシの匂いを嗅いでみたところ、鼻をつく独特な匂いがしました。

タテヒダイボウミウシ(2019年10月撮影)ウミウシを観察する参加者(2019年10月撮影)

▲タテヒダイボウミウシ               ▲ウミウシを観察する参加者

 次に錦江湾のウミウシについてのお話がありました。日本では1400種以上確認されており、鹿児島県全体で約480種を発見されているそうです。「コノハミドリガイといえば錦江湾」というほど春から夏にかけて多く、かごしま水族館のイルカ水路の周辺などでも見ることができるそうです。

コノハミドリガイのレプリカ(2019年10月撮影)

▲コノハミドリガイのレプリカ

 最後に潜水調査や磯調査、ビーチコーミング調査などの各調査のお話もしていただきました。

 その中でビーチコーミング調査は海岸に打ち上げられた貝殻の中にウミウシがいないか探す調査で、多くの貝殻が波によって運ばれてくる知林ヶ島(指宿市)でも、よく探すとウミウシを見つけることができます。

 日記では紹介しきれない程、たくさんのウミウシの話を聞くことができて、私も貝殻の中や海岸沿いを探してみたくなりました。

錦江湾学習会の様子(2019年10月撮影)

▲錦江湾学習会の様子

 次は11月23日に鹿児島の自然史について、学習会が開催されます。

 12月からはフィールドに出て学ぶ学習会もありますので是非参加してみてください。

 学習会のご案内はなぎさミュージアムのウェブサイトからもご覧いただけます。

 https://www.nagisa-museum.com/

ページ先頭へ↑

2019年09月06日知林ヶ島展望台など修繕しました 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

指宿の現地確認と知林ヶ島の展望台の手摺などの修繕を行ってきました。

【ビオトープ池・野営場】

 7月の大雨の影響で、指宿園地ビオトープ池に隣接する休憩所横の枕木歩道が、ビオトープ池側に移動して落ちそうになっていました。また、野営場内トイレ・シャワー棟出入口の地面が周囲より窪んで水溜ができているところがあったのですが、確認すると依頼した工事が完了して安全に使用できるようになっていました。

休憩所横の木道歩道(2019年7月撮影)  石材を使用した補修(2019年9月撮影)

▲ビオトープ池休憩所横の枕木歩道        ▲石材を使用した補修

野営場トイレ・シャワー棟の水溜(2019年9月)  水溜及び雑草対策コンクリート打設(2019年9月撮影)

▲野営場トイレ・シャワー棟の水溜        ▲水溜及び雑草対策のためコンクリート打設

【知林ヶ島】

 知林ヶ島に渡るため、野営場の奥に進むと砂洲出現予測時刻の通りに砂洲が出現し、砂洲には砂浜に波の跡が残って綺麗でした。

砂洲から見た知林ヶ島(2019年9月撮影)

 知林ヶ島の展望台は南展望台と北展望台があります。

両方の展望台の手摺に触れるとぐらつきがあるため、支柱を金具で固定しました。

どう設置すれば固定されるのか試行錯誤しながらの作業となりました。

また、階段の踏板のたわみや釘が抜けている箇所にビスを打ち直すことで、

踏板を踏んだ時に安定するようになりました。

南展望台手摺修繕前(2019年9月撮影)

▲南展望台:ぐらつきのある柵

南展望台手摺金具取付作業(2019年9月撮影)

▲金具の取付作業

南展望台手摺金具取付後(2019年9月)

▲金具の取付後

次に北展望台に移動します。

途中の歩道では外れた柵があったので、その柵にも金具を付けることでしっかり固定されました。

歩道柵修繕前(2019年9月)歩道柵修繕後(2019年9月撮影)

▲歩道の柵が外れている             ▲金具取付後

北展望台でも南展望台同様に手摺の固定と階段のたわみを解消するため修繕を行いました。

北展望台手摺修繕前(2019年9月撮影)  北展望台手摺修繕後(2019年9月撮影)

▲北展望台:ぐらつきのある柵          ▲金具の取付後

北展望台階段修繕前(2019年9月撮影)  北展望台階段修繕後(2019年9月撮影)

▲階段の釘が抜けかけている           ▲釘を打ち直しビスで補強した

北展望台からは眼下に知林ヶ島の小島と奥には空気が澄んでいたため桜島も望むことができました。

残暑が厳しい中での作業でしたが、気持ちを切り替えて作業をすることができました。

北展望台から見た眺め(2019年9月撮影)

ページ先頭へ↑

2019年06月21日知林ヶ島の砂州を渡ろう!【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

616日に鹿児島地区パークボランティアによる自然観察会が開催されました。

知林ヶ島には、3月から10月にかけて干潮時になると島まで続く砂の道(砂州)が現れます。

砂州を渡る前に多良浜を経由して、植物観察を行いました。

浜辺一面のハマゴウは紫色の花が咲きはじめて見頃です。

多良浜植物観察会(2019年6月撮影) 多良浜ハマゴウの花(2019年6月撮影)

▲多良浜植物観察会                 ▲ハマゴウの花

砂州を歩きながら、風が松を揺らして立てる音から知林ヶ島と呼ばれるようになったことや歴史などについパークボランティアの解説を聞きながら約20分の砂の道を歩いていきます。

知林ヶ島の砂州渡り(2019年6月撮影)パークボランティアによる知林ヶ島解説(2019年6月撮影)
▲パークボランティアによる解説

砂州の奥まで歩くと島内に上がれる階段があるので、希望者と一緒に南展望台まで上がりました。

高台からの眺めは階段を上がった後の疲れを忘れさせてくれます。

知林ヶ島南展望台からの眺め(2019年6月撮影)

▲南展望台からの眺め

このパークボランティアによる砂洲渡り自然観察会は年数回行っていますので是非ご参加ください。また、心地よい風が、梅雨であることを忘れさせてくれ、爽やかな気分になれますので、近くにお越しの際は渡ってみてください。

2019年の砂州出現予測はこちら

http://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/chiringashima/

ページ先頭へ↑

2019年03月27日インスタミートin霧島錦江湾国立公園・南大隅地区 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

 南大隅地区において316日、17日にインスタミートを開催しました。

写真や動画のプロ・アマ問わず、インスタグラムの利用者が参加してもらえる撮影会であり、国立公園満喫プロジェクトの一環として、国立公園の魅力を国内外に発信し、知ってもらうことを目的として実施しました。

 今回は、九州各県から参加された招聘者や一般参加者などと雄川の滝、ダイヤモンド開聞岳、佐多岬からの星空や朝日などを撮影しながら、各所の撮影スポットを巡りました。

朝日を待つ参加者(2019年3月撮影) 展望台撮影風景(2019年3月撮影)

 参加者の皆さんの撮影する姿をみて私も!と思うのですが、素人には写真を撮りながら設定など調整するのは難しいものです。そこで撮影後にトリミングや画像の調整を行うことでだいぶ印象の変わる写真に仕上げる方法も教えていただきました。

佐多岬からの朝日(編集前) 佐多岬からの朝日(編集後)                       

  佐多岬からの朝日(編集前)            佐多岬からの朝日(編集後)

開聞岳に沈む夕日(編集前) 開聞岳に沈む夕日(編集後)

  開聞岳に沈む夕日(編集前)            開聞岳に沈む夕日(編集後)                          

 撮影後の編集を前提に、撮影時には「く」「高画質で」「く」(ひ・さ・く)撮っておくことも重要とのこと。

 ユーザー同士の情報交換の場にもなっており、皆さん楽しんで撮影されていたように思います。

 このインスタミートで撮影された素敵な写真や動画はInstagram上「#meetkirishimakinkowan」のハッシュタグで発信していますので、是非、ご覧ください。

<https://www.instagram.com/explore/tags/meetkirishimakinkowan/>

(もちろんシェアやコメントも大歓迎です!)

ページ先頭へ↑

2018年10月17日トンボに優しいビオトープを目指して 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

 近頃は肌寒くなり、ゲットウが綺麗なオレンジ色の実をつけて、鹿児島でも秋の気配が感じられるようになりました。

ゲットウの実

▲ゲットウの実

 さて、指宿市には環境省が整備しているビオトープがあります。このビオトープには、季節ごとに様々な種類のトンボを観察することができますが、ヒメガマなどの抽水植物や園芸種に覆われてきているため、講師の方にご指導いただきながらパークボランティアとビオトープの草刈り作業を行いました。

ビオトープ草刈り作業

ビオトープ草刈り作業中

水の通り道を作ること、植物の密生した場所を残しつつ適度な開放水面となるよう作業を進めました。抽水植物には背丈を超えるものもあり、草を刈ったり運ぶ作業は大変でしたが、皆さん協力して作業をしてくださいました。

ビオトープ草刈り作業前

▲作業前のビオトープ

ビオトープ草刈り作業後

▲作業後のビオトープ

 作業の他に、講師の方からトンボについて教えていただきました。日本には約200種くらいのトンボがいて、鹿児島にはその半分ほどのトンボが生息していることから、鹿児島はトンボ大国であるというお話をしていただいたり、ビオトープの周りを歩きながらトンボの解説をしていただきました。また、パークボランティアからのトンボの孵化や羽化についてなどの質問にも答えていただきとても勉強になりました。

マイコアカネ(2018年10月撮影)

▲マイコアカネ(名前の由来:青白い顔が舞妓さんのようだから)

ビオトープには貴重なトンボもいることから、今回の作業がこれからもいい環境を残すための第一歩になればと思います。

集合写真(2018年10月撮影)

▲久しぶりの集合写真

ページ先頭へ↑

2018年08月22日「雄川の滝」霧島錦江湾国立公園編入セレモニ- 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

大隅南部県立自然公園の一部である「雄川の滝」及びその下流の渓谷の95haが霧島錦江湾国立公園の公園区域に810日に編入されたことを記念して、818日にセレモニーを開催しました。

セレモニーにはご来賓の方や環境省、南大隅町などの関係者が参加されました。

地元のねじめ楠龍太鼓の迫力のある演奏や、ご来賓の方々からご祝辞をいただきました。

最後には、「雄川の滝」の霧島錦江湾国立公園への編入を記念して、くす玉の開披が行われました。

        ねじめ楠龍太鼓の演奏(2018年8月撮影)

         雄川の滝編入セレモニー(2018年8月撮影)

セレモニーが開催している中でも多くの方がお越しになっており、雄川の滝が有名になっていると実感しました。駐車場は混雑する場合もありますが、初めての方、行ったことがある方も絶景の雄川の滝でぜひ癒されてください。

        雄川の滝展望所(2018年8月撮影)

         雄川の滝(2018年8月撮影)

ページ先頭へ↑

2018年08月03日草刈りと海の生きもの観察会 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

パークボランティアの方にも手伝ってもらい環境省所管地の草刈り作業を行いました。

約1ヵ月前に刈った草が身長より高くなっているものもあり、植物の成長はとても早いです。

暑い中での作業でしたが、草刈り後にさっぱりとした草地を見ると爽やかな気分になりました。

環境省所管地草刈り前  環境省所管地の草刈り後

▲草刈り前                  ▲草刈り後

午後からは休暇村指宿前の海岸でシュノーケル体験による海の生きもの観察が行われました。

パークボランティアが講師となり、シュノーケルを楽しむためには欠かせないライフジャケットの着け方や呼吸法など準備をしっかりとして海に入ります。

シュノーケルによる自然観察会  シュノーケルによる海中散策中

▲シュノーケルの様子

今回のシュノーケルではある生きものが見つかりました。

ウニに隠れているそのある生きものはどこにいるかわかりますか?

シラヒゲウニに隠れるゼブラガニ             

▲まるでシマウマのような模様が特徴です。

シラヒゲウニに寄生するゼブラガニ          

▲正解はゼブラガニというカニでした。

大きさは100円玉ぐらいの小さい体でウニをがっしり挟んで離れません。

ゼブラガニは、上から下まで一定の幅で刈り取りながらトゲを食べます。刈り取った後のはげた部分をすみかにして帯状に刈り取ると離れ、次のウニに移動するといわれています。

珍しいゼブラガニに目を奪われてしまいましたが、このウニも白色や朱色のトゲが引き立っていて特徴的です。沖縄などの熱帯の海域で見られることが多いシラヒゲウニです。

また、次回も開催予定ですので指宿市の海に生息するゆかいな仲間達をぜひ見に来てください。

ページ先頭へ↑

2018年07月30日ビオトープカダヤシ駆除活動! 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 鹿児島 椎葉美香

指宿市にあるビオトープ池で外来種駆除イベントがありました。

今回は夏休みこども環境講座として小学生を対象に行われたイベントでしたが、親子で参加してくださる方もいました。

この池にはカダヤシが生息しています。

外来種駆除イベントですくったカダヤシ

▲カダヤシ

カダヤシは、北アメリカのミシシッピ川流域からメキシコ北部までが原産の淡水魚で、ボウフラを食べることから、池の中に放流されたことがありました。ですが、攻撃性が強く繁殖力も高いので、在来のメダカが減少するなどの悪影響を引き起こしてしまうおそれがあります。そのため、日本では特定外来生物に指定されています。

※特定外来生物に指定されている生きものを野外で捕まえた場合、持って帰ったり飼ったりすることは禁止されています。

室内で講師の方にカダヤシとメダカの違いなどについて解説してもらった後は、いよいよカダヤシ駆除活動の始まりです。

外来種駆除イベントの解説

▲室内でのレクチャーの様子

捕りやすい場所に移動しつつそれぞれの参加者のみなさんがカダヤシを多くすくい取ることができ、駆除活動は大成功!

外来種駆除イベント作業時  外来種駆除イベントでカダヤシをすくう子供達

▲みなさん夢中ですくっています。

そのあとは、実際にメダカとすくったカダヤシを見比べて尾ビレの違いなど、じっくり観察をしました。

メダカの群れ  カダヤシとメダカの観察

▲メダカ                    ▲カダヤシとメダカを観察中

知らない生きものから知っている生きものに変わると、その生きものの見方が少し変わったように感じ、私も改めていい経験ができました。

ページ先頭へ↑

2018年06月15日島々を望む佐多岬展望台 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

本土最南端である佐多岬には環境省が整備した展望台があります。

晴れた日には開聞岳、種子島、硫黄島などの島々を望むことができ、海は濃いブルーやエメラルドグリーンなど少しずつ色に違いがありとても綺麗です。

佐多岬からみた枇榔島   

佐多岬展望台からみた枇榔島            佐多岬展望台からみた開聞岳

きれいな景色に魅了されている中、ミサゴが姿を現しました。

おもに魚類を食べるので、海岸や湖などでも飛んでいる姿を見ることができます。

トビくらいの大きさで迫力がありました。

飛翔するミサゴ

ミサゴ

また、佐多岬展望台から車で1時間ほどの場所には雄川の滝があります。滝つぼまでは、駐車場から徒歩約20分かかりますが、道中は澄んだ川と流れる水の音に癒されながら向かうことができます。

長雨に気分が落ち込んでしまうこともありますが、梅雨の晴れ間に絶景に癒されて梅雨明けまで乗り切りましょう!

雄川の滝   雄川の滝

雄川の滝

ページ先頭へ↑

2018年04月27日鹿児島地区パークボランティア研修会 

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

はじめまして。

霧島錦江湾国立公園(錦江湾地域)のアクティブレンジャー椎葉です。

4月22日にパークボランティア研修を開催しました。

万一の事故が起こった際に、適切に対応できるように救急救命講習を受けました。

消防署の方からは良質な心臓マッサージや人工呼吸も必要ですが、行動する勇気が必要であると教えていただき、皆さん熱心に講習を受けていました。

救命救急講習の様子

救急救命講習の様子

午後は、講師を招いて屋内で事前の研修を行い、その後、野外観察研修会を行いました。

ビオトープではトンボなどの解説をしていただきました。

ビオトープ研修会

赤い姿が美しいショウジョウトンボは、大人になるにつれて赤い色が濃くなります。

ショウジョウトンボのオス

ショウジョウトンボ

左:未成熟のオス 右:成熟したオス

また、ハラボソトンボの交尾と産卵する姿を見ることができました。

メスが産卵している間、オスがメスのそばを飛びながら見守っている姿を観察できました。

ハラボソトンボのオス

ハラボソトンボのオス(未成熟)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ