ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

九州地方環境事務所 野生生物課

2件の記事があります。

2017年03月09日九州特産物リレー 有明海の「アサリ」

九州地方環境事務所 野生生物課 古賀いずみ

みなさんこんにちは。

九州地方環境事務所、野生生物課の古賀です。

九州特産物リレーということで2月担当でしたが、

3月に入ってからの投稿となりました。

お待たせしました分、皆さんに楽しんで見ていただけると嬉しいです。

私が皆さんにご紹介したい特産物は、福岡、佐賀、長崎、熊本の九州4県に面する有明海の「アサリ」です。

ある日の土曜日、昔アサリが獲れたというとある海岸へ出かけました。

砂を少し掘り返してみました。

すると・・・


このような貝が出てきたのです!

いくら掘り返してみてもこの貝しか出てきません。

形はアサリと似てますが、殻には模様がなくどれも茶色で、殻の厚さも随分薄いようです。

じっくり観察してみると、砂の中の石などにくっつけて流されないようにするための「足糸(そくし)」や、「あし」を使って砂の中に潜って行く様子など、アサリを含む二枚貝特有の生態が見られました。

殻の中央付近から、右にピンと伸びる白い糸のようなものが足糸です。

足糸を引っ張ってみましたが、結構張りがあり強いです。

中央のクリーム色のあしを出した貝にご注目ください。

あしが砂の中に入りました。

あしが動くことによって、体が回転しているのが分かります。

この貝について帰って調べてみると、どうやら「ヒラタヌマコダキガイ」という二枚貝の一種で、急激な環境の変化(塩分濃度が関係しているようです)などによって一時的に優先的かつ爆発的に出現する貝のようです。

環境が変わると消滅したものがまた出現する、実に不思議です。

この辺りで急激な環境の変化が起こったのでしょうか・・・。

さて、本題に入りますが

なぜ今回有明海のアサリを特産物として取り上げたのかについてです。

それは今、日本全域でアサリ漁獲量の激減が起こっている現状を皆さんにお伝えしたかったからです。

全国の干潟の約40%を占める有明海、特に熊本県海域においてはその昔、砂泥質又は砂質の干潟を多く有することから、日本一のアサリ漁獲量を誇ってきたそうです。

しかし、昭和52年の4万2千トンをピークに減少を続け、平成20年に入ってからはなんと千トンを下回ることもあるほど、アサリ漁獲量の減少が続いています。

減少の要因としては、埋め立てや干拓を含む海岸工事、河川改修、水質汚濁などによるアサリ生息環境の喪失、さらには底質の泥化、貧酸素化、赤潮の発生などアサリ生息環境の悪化、ナルトビエイによる食害などがあげられています。

今回残念ながらアサリは獲れませんでしたので、近くのスーパーで熊本県有明海産のアサリを買って帰りました。

アサリは酒蒸しに、おまけで購入したシジミはしじみ汁となりました!

有明海のアサリは、実入りがよく、アサリ本来のうま味に有明海の泥の風味が加わり独特の味がするそうです。

残念ながら肥えていない私の舌では「有明海の泥の風味・・・?」といった感じで微妙な味の違いを感じ取ることができませんでしたが、美味しくいただきました。

アサリは、これからが旬ということで、春の産卵を前に栄養をたっぷり蓄えています。

皆さんも旬のアサリをいただきながら、有明海に思いをはせてみませんか。

春はもうやってきています!

海岸までの道端、足元には・・・

有明海上空には・・・

ページ先頭へ↑

2016年07月26日スパルティナ属の生息状況確認に行ってきました!

九州地方環境事務所 野生生物課 古賀いずみ

みなさんこんにちは。九州地方環境事務所、野生生物課アクティブレンジャーの古賀です。

 

こちら野生生物課では、主に九州内の希少野生動植物の保護、有明海沿岸の干潟の保全、セイヨウオオマルハナバチやツマアカスズメバチなどの外来種対策、動物愛護等に関して業務を行っています。

今年度から新たにアクティブレンジャーが配属され、特定の現場ではなく遠方のあらゆる現場に向かわなければならないという点で他の自然保護官事務所、自然環境事務所とは違いがあり、毎日手探りの状態で業務を進めています。

みなさんに最新の情報をお届けできるように頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

今回はこんなところへ行ってきました。

ここは熊本県宇城(うき)市を流れる大野川の河口です。

熊本市内から南に20㎞程離れたところにあります。海の向こうに見えるのは宇土半島で、この先には国立公園にも指定されている天草があります。

 

さて今回はここに何をしに来たのでしょうか。写真から分かりますか?

ボディーボードに乗り、干潟の上を緑の塊に向けて横切っている青年の姿、何とも面白かったです。

しかし決して遊んでいる訳ではありません。

とっても真剣な表情が伺えます。

実はこの青年、近畿大学農学部環境管理学科の学生さんで、この大野川の河口域に青々と勢いよく生育している植物の研究のためのサンプルを採取しているのでした。

この植物ですが、通称「ヒガタアシ」、学名では「スパルティナ属」と言い、特定外来生物に指定されています。日本では愛知県とここ熊本県の熊本市・宇城市の河口域のみで確認されています。侵入経路など不明な部分もあり、基礎知見の収集が行われています。

  

今回は昨今の豪雨のスパルティナ属への影響等を確認し、彼らのお手伝いもできればと思い、現地へやってきたのです。

この青々と茂った様子からどうやら豪雨の影響はなかったようです。豪雨でスパルティナ属が流されてなくなってしまえばよかったのにと思われる方もいるかと思いますが、下流へ流出すれば海岸部の干潟に分布域が拡大するということも考えられるので、その場に留まっていてくれてむしろ安心しています。

繁殖勢力が強く、成長速度が速いのがこの植物の特徴で、平成23年度から、関係者が連携し、人力、重機による駆除活動を開始しています。

このような植物をこのまま放置すると、草地化が進みまた堆積物が溜まりやすくなるなどの影響で、水辺の生きものの生息地や水鳥の餌場を奪ってしまうことになります。

今のところスパルティナ属の影響は少ないようで、水辺の生き物は元気です。その様子をご紹介します。

 

スパルティナ属の群落そばの干潟を辛抱強くじっと見つめていると、何とも愛くるしい生き物の写真を撮ることができました。

 

それぞれ何か分かりますか?

そうです、上の写真がトビハゼで、下の写真がムツゴロウです。飛び出た目が私のお気に入りです。産卵の時期なのでしょう。体色をピンク色に変えたトビハゼの姿もありました。

 

チゴガニも求愛ダンスを頑張ってました。3匹見つけられますか?

 

学生さんは泥だらけになりながらもこのようなことを言っていました。

「こんなに大きな干潟を見たのは初めてです。干潟って楽しいです!」と。

 

今日は、業務でやってきたのですが、水辺の生き物の生き生きとした様子と、現代っ子には珍しく無邪気な学生さんの姿に心和んだ一日でした。このような風景を残していくためにも外来種の駆除が必要なのです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ