ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2020年06月26日パークボランティア活動再開! 【雲仙地域】

雲仙天草国立公園 雲仙 前川尚太朗

こんにちは!

雲仙自然保護官事務所の前川です。

九州地方も梅雨入りし、標高700m近くの雲仙温泉も蒸し暑い日が増えてきましたが、

九千部岳では初夏の雲仙の風物詩、「ヤマボウシ」が見頃を迎えています。

▲九千部岳山頂付近より 2020年6月20日

さて、5月30日(土)には雲仙地域パークボランティアの皆さんと共に、おしどりの池周辺で外来植物「オオキンケイギク」の除去活動と清掃活動を行いました。

オオキンケイギクは北アメリカ原産の多年草で、5~7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。ぱっと見きれいな花なのですが、旺盛な繁殖力で在来の生態系に被害を与えるため、外来生物法に基づく特定外来生物に指定されています。

(参考リンク:九州地方環境事務所 外来生物-オオキンケイギクについて

http://kyushu.env.go.jp/wildlife/mat/m_2_3.html)

国立公園である雲仙温泉街でも残念ながらオオキンケイギクが繁殖しており、

パークボランティアによる除去活動を行っています。

当日は今年度初めての活動となったこともあり、21名ものパークボランティアの皆さんにご参加いただきました。

毎年継続して除去を行っていることもあり、パークボランティアの皆さんが手際良く作業されていたのが印象的でした!

雲仙に来てみて、これまで見過ごしていた雲仙の何気ない風景も、多くの人たちの努力があって守られてきたことを知りました。

これからもパークボランティアや地元の住民の方と協力しながら雲仙の美しい自然を保てるよう取り組みます!

ページ先頭へ↑

2020年06月25日交通事故対策にご協力いただきました!

対馬 小川美香

こんにちは。対馬自然保護官事務所の小川です。

島内の工事業者さんのご厚意で、上県町樫滝(かしたき)にて

ツシマヤマネコの交通事故対策にご協力いただきました!

今回事故対策をしていただいた樫滝地区は

国道沿いに川が流れており、野生動物が道路に出やすい環境となっています。

ドライバーからの目撃情報も多く寄せられる地域です。

今回はなんと、同地区内で2社にご協力いただきました。

ありがとうございます!!!

★ 株式会社東邦さん

国道沿いの法面工事において、工事期間中の事故対策に取り組んでいただきました。

➀事故対策看板の設置

注意喚起の看板を作成し、飛び出しが予想される場所に設置してくださいました。

ヤマネコの特徴や、当センターの連絡先なども掲載いただきました。

ヤマネコのシルエットが反射素材というこだわりも!

②ガードレール下からの飛び出し対策

川を利用したヤマネコが道路へ飛び出すのを防ぐために、ガードレール下に板を設置していただきました。

ヤマネコに一度立ち止まらせる工夫です。

③道路から脱出しやすい工夫

道路と工事現場を分けるバリケードは、ヤマネコが下を通れるように設置していただきました。

道路上のヤマネコが脱出しやすい工夫です。

④現場での呼びかけ

現場の各所で、ヤマネコの通報を呼びかけてくださいました。

この工事に関わった方々が、今後も安全運転とヤマネコの通報を意識してくださると嬉しいです!

  • ★ 株式会社小宮建設さん

国道の舗装工事において、ワイヤーメッシュの設置と、看板周辺の草刈りをしていただきました。

➀ワイヤーメッシュの設置(40 m)

今回40 m ものワイヤーメッシュを設置していただいた区間は、

・カーブでドライバーからの見通しが悪い

・動物が川から道路に上がりやすい地形である

という理由で、ヤマネコの交通事故が予想される区間です。

設置したワイヤーメッシュ、実はヤマネコが通れる構造になっています。

完全にふさがないことで、川に行きたいヤマネコを通しつつ

道路に出る前に一度立ち止まらせることを狙っています。

シカの出没も多いということで、高さ2 mのワイヤーメッシュを設置してくださいました!

当センターでは、効果検証のためのモニタリングを開始しています。

ちなみに・・・

峰町ユクミにも事故防止のためのワイヤーメッシュ(高さ1 m)が設置してあるのですが、

設置以降ユクミでの交通事故は発生しておらず、ワイヤーメッシュによる事故防止効果が期待されています。昨年は、すぐそばで仔育て中のヤマネコファミリーが撮影されました。

②草刈り

樫滝には、過去に工事業者の方が設置してくださったヤマネコ看板が2つあります。

周囲の草が生い茂って看板の視認性が低くなっていたため、草刈りをしてくださいました。

奥に写っている看板は小宮建設さん、手前の看板は榮建設さんが設置してくださったものです。

隠れていた看板も

ばっちり見えるようになりました!

ツシマヤマネコの交通事故リスクが高い地域で

様々な事故対策にご協力いただけてとっても嬉しいです!

東邦さん、小宮建設さん、ご協力いただき本当にありがとうございました!

ページ先頭へ↑

2020年06月18日韓国岳、早朝登山レポート

霧島・錦江湾国立公園 えびの 廣澤 順也

緊急事態宣言が解除され、霧島連山にも登山者の姿が増えてきました。
大浪池登山口、高千穂河原やえびの高原の駐車場は、週末になると車で一杯です。

「やっと山にいける!!」喜び勇んで山にきたものの......

下山して来た登山者の表情は、皆さん結構辛そうです。


久しぶりに登山する人には注意して欲しいことがあります。

知り合いの信州の山岳ガイドさんの記事の抜粋ですが、是非一読ください。↓

 1. 思っている以上に体力が落ちているものと思う

 2. 装備の点検をする

 3. 熱中症に気をつける

 4. 道が荒れています

 5. いつも以上に転倒に気をつける

 6. 何かあっても対応できるようにする

 7. 登山で免疫力が下がる!?

★★

さて、暑さ対策の一つは「早朝登山」。早朝に登り、暑くなる前に下山。

(福岡の方では、朝駆け登山という呼び方があるそうです)

えびの高原から登れる韓国岳は1時間半で登ることができるのでお勧めです。 

なんといっても今、韓国岳山頂は、ミヤマキリシマの花が咲いています。

早朝は花に露が降り太陽が当たるとキラキラしてとてもフレッシュ!

8時位からだんだんと日差しが強くなり、温度が上がると、花がしおれ始め、

色もなんとなく薄くなるような気がします。 

6月8日(月)の韓国岳山頂の写真ギャラリーです。

早朝3時半にヘッドライトを付けて登山開始。空には白い月。

今日は湿度が高く汗だくの登山です。

まだ暗い内は森の中からトラツグミの「ヒー、ヒョー」と不思議な声が...

だんだんと空が白くなると「キョッキョッ キョキョキョキョ」とホトトギスの声

やがてヘッドライトがいらない位に明るくなってくると、「カッコウ、カッコウ」と

この時期のえびの高原の代表的な鳥、カッコウの鳴き声が聞こえてきます。

4:50山頂到着!日の出は5時8分。うっすらと霧島連山が見えています。

白く噴煙を出しているのが新燃岳、その向こうには△の高千穂峰。

ふと西の空を見えると、大浪池のちょうど真上で、まだ月が輝き幻想的。

大浪池は霧がすっぽりと火口を覆っています。

そして後ろにある韓国岳の大きな火口もすっぽりと霧に覆われています。

日の出時刻、雲の中に赤い太陽を発見!

朝露をつけたミヤマキリシマに、朝日が届きました!

そして霧島連山、火口から白い噴気をあげる新燃岳とその向こうには

格好いい山容の高千穂峰もはっきりとした姿を見ることができます。


やがて、ピンクのミヤマキリシマと霧島連山の全体に光がまわります。

しかし、この時間は短く、新燃岳の左側からどんどん雲が流れ込み始め、

山を覆い始めます。雲海になろうかという勢いです。

6:50 山頂で2時間、刻々と変化する風景を撮影をした後、下山開始。

7時半を過ぎると次々と登ってくる登山者とすれ違います。

みなさん口々に「早いですね、ご来光ですか!?」

登山道は韓国岳の西斜面を登るため、日陰ではありますが、皆さん既に汗だくです。

3~4合目では、登る時ほとんど見えなかった、えびの高原を一望することができます。

8時過ぎにはえびの高原に無事に下りてくることができました。

早朝は青空だったものの、梅雨の晴れ間なので10時頃には青空が見えなくなりました。

朝の数時間の絶景を見に早起きしたかいあり、熱中症の心配もなく早朝登山を満喫できました。

※掲載写真には著作権があり無断使用はできません。

ページ先頭へ↑

2020年06月15日宮之浦岳登山道巡視 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 本格的な梅雨時期の前に、宮之浦岳登山道の巡視を行いました。登山道が雨水により浸食している場所があり、保全のための工事を検討しています。

 県境をまたぐ移動自粛要請が続く中、登山や高山植物を楽しむことは、まだしばらく先になりますが、せめて画像だけでもお楽しみいただければ幸いです。

 ヤクシマダケ(通称ヤクザサ)が茂る稜線部では、ヤクシマシャクナゲ、ヤクシマミツバツツジ、キバナノコマノツメ、ワチガイソウといった高山植物が見頃を迎えていました。

ヤクシマダケとヤクシマシャクナゲ

▲ヤクシマダケとヤクシマシャクナゲ

 ヤクシマダケはヤクシカやヤクシマザルにとって重要な食料になる植物です。場所によっては人の背丈ほどになっています。

 ヤクシマシャクナゲは屋久島の山を代表するツツジの仲間です。

ヤクシマミツバツツジと黒味岳

▲ヤクシマミツバツツジ

 ヤクシマシャクナゲ開花期の少し前に開花期を迎えるツツジの仲間。ひし形をした葉と、紫がかった色の花が特徴的です。

 屋久島の山間部では、高度や日当たりなどの環境変化によってツツジの仲間を数種類見ることができます。

キバナノコマノツメ

▲キバナノコマノツメ(スミレの一種)

 本州でも見られる高山植物です。

ワチガイソウ

▲ワチガイソウ

 とても小さな植物で、開花期以外は目立ちません。花を拡大して見てみると、なかなか可愛らしいデザインですね。

★鹿児島県では新型コロナウィルスに関する情報を以下の通り発表しています。

(鹿児島県ホームページより引用)

===

525日時点の特定警戒都道府県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、北海道)からの来県については,618日(木曜日)までは,観光,レジャーなどを目的とした移動を避ける等,「今でなければならない」,「自分でなければならない」などの必要な用件以外での移動は慎重に対応してください。
また,その他の地域からの来県についても,地域の感染者の発生の動向を踏まえて,慎重にお願いします。

来県された場合は,下記のような感染拡大防止対策をお願いします。
・マスク着用など咳エチケットの徹底
・毎日の体温測定の徹底
・発熱等の症状が出たら,帰国者・接触者相談センターへ相談

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ