ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2021年09月15日雲の上の避暑地_地獄に光2【雲仙地域】

雲仙天草国立公園 雲仙 古城かおり

 こんにちは。

 「雲の上の避暑地」雲仙にある雲仙自然保護官事務所の古城です。

前回に続き、雲仙復興の歩み、その一部をレポートいたします。

  

 土砂は、山の岩や木々を流しただけでなく、八万地獄内の遊歩道や遊歩道脇の東屋を飲み込んでいました。しかし、その土砂の上には、浅い水の流れがいくつかできていました。

 数日後、その流れは大きくなっていき、いまではふつふつと湧き上がる源泉がいくつもできています。

   

お湯が湧き出る八万地獄         (※源泉付近には一般の方は立ち入りできません)

   

 かつて地元では「温泉」と書いて「うんぜん」と呼んでいました。温泉あってこその雲仙だということ、温泉はこの地域にとって生命線だということが伝わります。雲仙の人々にとって、新しい源泉が湧いたことは、どんなに明るく、大きなニュースだったことでしょう。

 雲仙に来たばかりの私にとっても、温泉が生まれる(復活する)ところを目の当たりにするのは、飛び上がるほど嬉しかったです。

 

新しい源泉が湧き出る八万地獄  

 地球全体から見れば、数万年、数億年前から、繰り返されてきたことなのかもしれませんが、新しい源泉がいくつも湧き出る八万地獄の姿は力強く、新しい雲仙のスタートのようでした。

 もうもうと煙るお湯の中に手を入れると火傷をするくらい熱く、測ってみると温度は九十度を超えていました。温泉として引くには十分な温度です。

 

 次回は、その源泉の活用についてお伝えします。 (つづく)

ページ先頭へ↑

2021年09月13日雲の上の避暑地_地獄に光1【雲仙地域】

雲仙天草国立公園 雲仙 古城かおり

 こんにちは。

「雲の上の避暑地」雲仙にある雲仙自然保護官事務所の古城です。

 8月11日から日本列島付近に停滞した前線による大雨は、九州や中国地方を中心に、各地に甚大な被害をもたらしました。

 ここ雲仙でも、他の地域と同じく特別警報が何度も発表され、八万地獄に土砂が流れ込みました。小地獄地区では、雲仙にとってなくてはならない存在であった方々が、土砂崩れで犠牲になられました。

 この度の災害に対し、心からお見舞い申し上げますとともに、どうぞ安らかな旅立ちになりますよう、心からお祈り申し上げます。

 雲仙は、一歩一歩、復興に向けての歩みを進めております。その歩みのほんの一部をお伝えしたく、アクティブレンジャー日記を書くことにしました。

お糸地獄春の風景

 写真は4月20日の雲仙お糸地獄の様子です。雲仙地獄は、「地獄」と言われていますが、まるで天国のように美しい場所です。

 標高約700メートルのところに位置し、空に近くて空気が澄んでいます。低地より5度ほど気温が低く、夏はエアコンが無くても過ごせます(雲仙自然保護官事務所では、この夏エアコンを一度も使いませんでした)。明治期は温泉保養施設を伴う避暑地として外国人観光客が押し寄せました。

 鮮やかな緑の山々が雲仙温泉街を360度囲み、乳白色の岩塊が湯煙の中から見え隠れするなかを歩けば、ラムネブルー、ネオンイエローの岩石が温泉の流れとともに反射して眩しいぐらいです。遊歩道を早朝に歩くと、温泉の湧くシュウシュウという音と、目の前を飛び交う野鳥の鳴き声しか聞こえず、数万年前にタイムスリップしたような感覚になります。

ラムネブルーの岩石と水の流れ

八万地獄の遊歩道

 8月13日夕方、降り続く雨の影響で、八万地獄の一部に土砂が流れ込みました。

下の写真は8月18日に撮影した八万地獄です。被害の様子をニュースでご覧になった方も多いと思います。

八万地獄大雨後の様子

 悲しくて暗いニュースと次に起こるかもしれない災害、将来への不安などで、雲仙には重たい空気が流れました。

 そんななか、自然から素晴らしいニュースが届いたのです。(つづく)

ページ先頭へ↑

2021年09月10日The Touring Photo Exhibition by Active Rangers is now held at Mt. Aso Visitor Center!

阿蘇くじゅう国立公園 髙江由佳

Hello, I'm Yuka from Aso-Kuju National Park Office.

The Touring Photo Exhibition by Ministry of the Environment Active Rangers is now held at Mt. Aso Visitor Center located inside the Aso Volcano Museum. The exhibition displays the pictures of animals, plants and nature taken by Active Rangers from all over Kyushu region.

In Kyushu region, there are 5 National Parks along with wetlands registered under Ramsar Convention where rich and diverse nature exists.

This exhibition aims to show nature through Active Rangers' point of view.

Hope you get to come and see the beauty and the diversity of nature in Kyushu!

Please check the detailed information here.

http://kyushu.env.go.jp/pre_2021/post_135.html

Mt. Aso Visitor Center

Sep. 7th ~ Sep. 28th

Aso Grassland Conservation Center

Sep. 30th ~ Oct.19th

Minamiaso Visitor Center

Nov. 30th ~ Dec. 14th

@Mt. Aso Visitor Center

ページ先頭へ↑

2021年09月09日栗生海域公園について【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

栗生海域公園のサンゴ群集

▲サンゴの群集

栗生海域公園のサンゴの仲間

▲ハナヤサイサンゴの仲間

 屋久島は山ばかり注目されがちですが、実は海にも国立公園に指定された地域があります。海域公園と呼ばれます。島の南西部に位置する栗生という地区の海岸が、海域公園に指定されています。一般に利用される場所としては、塚崎海岸と呼ばれる海岸がそれにあたります。

 屋久島の海中ではサンゴの群集や亜熱帯の魚などが見られます。海水浴や磯遊びのほか、スノーケリングやスクーバダイビングを楽しむ事が出来ます。※

 国立公園では、各公園にその公園の自然環境や風致の重要な構成要素である動植物を「指定動物」「指定植物」として指定しており、自然公園法の下で保護しています。海域公園でも同様に、魚類、さんごや海藻などを指定し、許可無く捕獲・採取等することを禁じています。屋久島の海域公園での指定種で例を挙げると、チョウチョウウオやスズメダイの仲間、サザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、クマノミ、ミナミハコフグなど水族館等でおなじみの魚たちや、サンゴの仲間をはじめとする無脊椎動物の一部が指定されています。

 また、規制されていない地域でも、海水浴やスクーバダイビングの利用者がいる場所では採集などの行為はトラブルの原因となりますので、マナーを守って楽しむようにしましょう。

※栗生海域公園に限らず、屋久島は外洋に面しているため潮の流れが速い場所があります。初めての海で泳ぐ場合は地域住民の方に海で気をつけることなどを聞くなど、下調べを十分に行ってから楽しんでください。また、ライフジャケットやマリンシューズを使うなど、各安全装備も忘れずに。

栗生海域公園の魚▲チョウチョウウオの群れ

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ