ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇

90件の記事があります。

2014年05月30日烏帽子岳山開き&「春の山を楽しもう」杵島岳・往生岳登山【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

5月25日(日)に、阿蘇五岳のひとつ【烏帽子岳】の山開きが開催されました。今年は天候にも恵まれ、県内外から500名以上という例年の倍にもなる参加者に、地元の方々も驚かれていました。往復コースと周回コース(健脚向き)とに分かれ、片道およそ6kmを歩きました。途中には放牧地もあり、あか牛がのんびりと草を食(は)んでいる姿が間近に見られる貴重なコースです。

正面に見える烏帽子岳をめざして        ミヤマキリシマ咲いてます!


林の中をしばらく歩き、草千里ヶ浜と地獄垂玉ルートとの分岐点に出ます。ちょうど見頃のミヤマキリシマを両脇に眺めながら、山頂をめざします。ピンク色に染まる山肌に、参加者のみなさんからも「咲いてる~~♪」「キレイね~~♪」と感嘆の声が聞かれました。
下りは、健脚向きのコースに挑戦!刈りとった草がツルツル滑ったり、ロープをつたう所もあり、急勾配の坂は一気に駆け下りたり、スリルと楽しさ満載でした。
ガクガク・・・ひざが笑ってたなんて、ここだけの話ですよ!

さて、「向かいの杵島岳にいる田上さ~ん、そちらはどうですか~~~?」


はーい!こちらは、25日は当方主催の「春の山を楽しもう」の登山会を実施しました。毎年この時期は、登山イベントを計画しており、ミヤマキリシマも見ることができ、幅広い年齢に親しまれる烏帽子岳と杵島岳を交互に登山していて、今年は【杵島岳・往生岳】の登山でした。
新聞にイベント開催の記事が掲載されたこともあり、総勢74名での登山でした!

阿蘇山のなかでは杵島岳・往生岳ともに比較的新しく(3000~4000年前)できた山なので、あまり浸食を受けておらず、全体になだらかで丸みを帯びており、一帯は草原に覆われているので、のどかな気分で登山をすることができます。草千里ヶ浜を挟んで、烏帽子岳とは異なる雰囲気です。



杵島岳をバックに開会式             往生岳の山容


 こちらも登山道脇には様々な植物が咲いていて、もちろんミヤマキリシマも見頃で、毎年野焼きの炎にさらされるので、こぢんまりとした株ばかりですが鮮やかなピンク色が特徴的です。さらに歩いて、杵島岳の東側にある古御池火口群(火口跡)のほうでも一面キレイに色づいていて、参加者はカメラに収めたり、絵に描いたりと忙しくも楽しい雰囲気♪



古御池火口群の山肌         杵島岳麓のモウセンゴケ


*杵島岳プチ情報*じつは、登山道沿いに「モウセンゴケ」も見られるんです、非常に小さいですが、ツヤツヤの粘液をしっかりと出して、虫を待っています。

目につきやすい植物以外にも、地面すれすれのところや、ちょっとした水たまり、花びらの中・・・よーく観察するといろいろな動植物に出会えます、いろいろな視点で自然観察すると新たな発見が待っているかもですね!

ページ先頭へ↑

2014年05月14日阿蘇のミヤマキリシマ開花状況【阿蘇地域】/藤田AR

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

この時期になっても朝晩と日中の寒暖の差が激しい阿蘇ですが、山々が青々と芽吹いてくるのが目に見えてわかり、なんだかワクワクしてきます。
さて、阿蘇の春の風物詩でもあるミヤマキリシマがちらほら咲き始めました。年によっては山肌を一面ピンクに覆うほどで、毎年多くの方が訪れています。

阿蘇山やくじゅう連山など九州の高山だけの固有植物でもあるため、環境省では関係自治体と連携し、ミヤマキリシマの葉や花芽を食べてしまう害虫「キシタエダシャク」の調査を、仙酔峡地区と阿蘇山上地区で実施しました。どちらも駆除の目安である40個体/㎡に達しなかったので、駆除の必要はありませんでした。

今年の開花状況はというと、仙酔峡は、火山ガスの影響もあってか蕾が少ないように見受けられますが、5月9日の時点では、開花は1分咲き程度、見頃は5月中旬~下旬。阿蘇山上は、5月下旬~6月上旬が見頃のようです。


           仙酔峡の開花状況(平成26年5月9日時点)


烏帽子岳にもミヤマキリシマの群生があり、こちらはたくさんの蕾がみられ、咲く時を待ちわびているように膨らんでいました。



           烏帽子岳の開花状況(平成26年5月9日時点)
 阿蘇では、ミヤマキリシマの開花に併せて、様々なイベントが予定されています。


阿蘇山上つつじ祭り:阿蘇市
日時:平成26年5月24日(土)午前11時~午後2時
場所:阿蘇山上駐車場

「春の山を楽しもう!杵島岳・往生岳登山」:環境省
日時:平成26年5月25日(日)午前10時~15時
集合場所:草千里駐車場東側

烏帽子岳山開き:南阿蘇村
日時:平成26年5月25日(日)午前9時~
集合場所:池の窪駐車場



登山道横の草原では、放牧も始まり牛や馬が草を食む姿が見られます。
かわいい目印のついた馬の親子を見つけましたよ。

新緑の若草色とミヤマキリシマのピンク色のコントラストが映えるこの季節を、ぜひ見にきてくださいね~~。


※ご注意を!!
先週末、山菜採りにて行方不明となる事故が発生しました、翌朝発見されましたが、山菜やきれいな山野草を見かけたら、ついつい奥に入り込んでいくのかもしれません。草原の中には急斜面などもあり、思わぬ事故に繫がる可能性もあります。また、阿蘇の草原(牧野・原野)は地元の方が管理されていますので無断で入ることはできません。イベントなどの機会に、気持ちよくご利用いただければと思います。

ページ先頭へ↑

2014年05月01日阿蘇くじゅう国立公園 指定80周年・・・続報!!【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 田上

あたり一面キスミレ畑のようになっていた阿蘇の草原は、咲いている花の種類が少しずつ変化し、ハルリンドウ、サクラソウ、リュウキンカ・・・・と彩りも豊かになっています。


ハルリンドウにサクラソウ、リュウキンカ♪

さて前回のAR日記において、今年は阿蘇くじゅう国立公園指定80周年の記念の年であり、記念事業の封切りとして、記念ロゴマークやキャッチコピーが決定したことを紹介していましたが、この度、記念ポスターとスタンプが完成しました!

*記念ポスター*


阿蘇くじゅう国立公園に関係する15自治体(熊本県内10自治体、大分県内5自治体)それぞれから『とっておき!の1枚』を提出していただき、阿蘇くじゅうの自慢の風景が集まりました!

*記念スタンプ*
ロゴマークをスタンプにして、関係自治体の拠点施設に設置しています!
設置している施設は全部で50か所、次のとおりです。


ビジターや温泉、道の駅、茶店など設置している施設は多くあり、自然を楽しんだあとに道の駅など上記の施設でひと息なんていかがでしょうか。

80周年記念事業では、阿蘇地域・くじゅう地域一体となって取り組んでいます。
阿蘇とくじゅう両地域のとっておきの自然や風景を体感していただきたいと願っていますので、ぜひお越し下さい!

ページ先頭へ↑

2014年04月30日南阿蘇ビジターセンター展示リニューアルオープン式典開催【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

南阿蘇ビジターセンターの展示リニューアルオープン式典を、阿蘇くじゅう国立公園指定80周年記念と併せて、4月19日(土)に盛大に行いました。

              式典の様子



式典は、阿蘇地域の首長など多数の来賓を賜り、関係機関やパークボランティアのみなさん総勢80名以上となる盛大な式典を開催することができ、本センターの展示等にご協力いただいた個人1名、団体3名の方々に表彰状と副賞を贈呈し、式典後はみなさんに館内をご覧いただきました。

              館内案内の様子



今回の展示改修は大きく4つのゾーンに区分けし、利用者の方々から要望の多かった開花などのリアルタイム情報や阿蘇地域の情報などを盛り込んだ展示になっております。

1, インフォメーションゾーン
阿蘇地域周辺の観光名所等を入れた地図に、イベント情報などを掲示できたり、タッチパネルで中岳火口情報や交通情報などもリアルタイムで見れたり、隣接している野草園の動植物の開花・生息状況などの情報発信。

2, 阿蘇の自然ゾーン
正面には中岳火口の雄大な空撮写真で入館者をお出迎えし、火山、水、草原などの繋がりや阿蘇に息づく多様な生きものたちのエピソードがイメージできるよう写真パネルやグラフィック、映像等を用いて分かりやすく紹介。

3, 憩いと交流ゾーン
窓の外には雄大な根子岳が見られ、冬は薪ストーブを囲んだり、図鑑や絵本を見ながらホッと一息つけるスペース。また、昭和天皇が詠まれた和歌も展示。

4, 未来へつなぐ阿蘇自然ゾーン
ジオパークや世界文化遺産を目指す取り組みや草原再生活動を紹介。

新しくなった南阿蘇ビジターセンターに、ぜひお越しください!

ページ先頭へ↑

2014年03月31日阿蘇くじゅう国立公園 指定80周年!【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 田上

阿蘇の桜もちらほら咲き出し、春を迎えています。


阿蘇くじゅう国立公園は、今年で指定80周年を迎えます。
霧島・雲仙・瀬戸内海の昭和9年3月16日指定に続き、阿蘇くじゅう国立公園は、約8ヶ月後の“昭和9年12月4日”に誕生しました!

阿蘇くじゅう国立公園は、熊本県と大分県にまたがった「阿蘇国立公園」から始まり、区域の拡張や削除を経て、昭和61年に現在の名称に改められました。
人々の生活風景、火山活動、山岳信仰、広大な草原、登山、動植物など、時代の流れの中で変化したもの・変わらず残っているもの・・・80年を掘り起こすといろいろな歴史がありそうですね。

山上へ向かう「大阿蘇登山バス」の様子(昭和初期頃)・・ボンネットバスですね~。

指定80周年を機に、これらの歴史をふり返るとともに、阿蘇くじゅうの魅力PRや、人の手によって守られてきた草原景観の維持へ理解を深めてもらうことなどを目指して、昨年から関係自治体、関係団体等と協力し、記念事業(イベント)の構想や実行委員会の発足、幹事会などを行っています。

3月上旬に開催した第2回幹事会では、80周年記念事業の封切りとして、記念のロゴマークとキャッチコピーが決定しました!!

*ロゴマーク*

火山特有のカルデラ地形を輪郭に、緑の草原の爽やかさ、噴気を上げる火山(硫黄山・阿蘇中岳)、真ん中には阿蘇地域とくじゅう地域をつなぐ「やまなみハイウェイ」を描き、草原に生きる牛や大群落をなすミヤマキリシマ、たくさんの魅力をいっぱいに盛り込みました!
たくさんの人の目に触れるよう、各所で使用していきます。


*キャッチコピー*
  『 草原のかほり、火山の呼吸。風が遊ぶ感動の大地 』

阿蘇くじゅうの象徴でもある「草原」と「火山」、そして阿蘇とくじゅうの間に広がる「広々とした大地」を連想させるような雰囲気を込めました!

記念事業実行委員会では他にも、記念ポスターやガイドマップ等の広報物制作や記念誌、昔の写真を集めた写真展、記念式典やシンポジウムなどの実施も計画しています。

また、阿蘇くじゅうの自然に親しむ観察会や登山も計画していますので、イベントへの参加だったり、ドライブ、山登りや観光などで足を運んでもらい、阿蘇くじゅう国立公園の魅力を感じてもらえたらと思います。

ページ先頭へ↑

2014年03月14日火口規制解除!【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 田上

この冬、大雪に見舞われた阿蘇も雪はほとんど溶け、春の訪れを感じさせる野焼きが始まっています。
お椀を伏せたようなかわいい形の火山の「米塚」も先週野焼きが行われ真っ黒になり、春の芽吹きの準備が整いました。



野焼きあとの米塚

さて、春の観光シーズンを前に、阿蘇火山の関係者はやきもきしておりました、というのも、昨年の12月27日に火山活動が高まったため、噴火警戒レベルが「2」に引き上げられていて、阿蘇観光の目玉の一つでもある「火口見学」ができない状態でした。
しかし、一昨日(3月12日)の11:00時点で、約2ヶ月半ぶりに火山活動が平常であることを示す、噴火警戒レベル「1」に下げられ、11:30から火口見学ができる状態なりました!規制解除に居合わせた観光客やバスは次々と上っていき、火口周辺ににぎやかさが戻り、観光シーズンも迫っていたので、ホッとしました。

規制解除にあわせて、火口周辺施設の点検に火口周辺へ上がってみると、火山灰(阿蘇ではヨナといいます)が降ったせいか、木柵や遊歩道、案内板、駐車場など全体的に黒ずんでいて、道路の白線が白でなくなっていました。
また、湯だまりも1割未満と極めて少なく、今までにない噴気の音がゴォーゴォーと響きわたり、この2ヶ月半でずいぶんと雰囲気が変わったように感じました。でも、施設点検の結果、特に問題は認められなかったので、火口見学に支障はございません!


3/12の火口の噴煙

阿蘇火山の醍醐味は、活動を続ける火口の様子を眼下に見ることができることで、他にはない自慢です。
本当に迫力があり、すごいんです!

観光シーズンに合わせたかのように、火口見学もできるようになったので、阿蘇山上へも足をお運び下さい。

ページ先頭へ↑

2014年02月27日草原しんぶんぬりえ・絵画コンテスト表彰式・展示について【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

今年の冬は例年にない大雪が降り、阿蘇ではあちこちで雪合戦や立派な「かまくら」がお目見えしました。しかし、雪をみてワクワクすることもあれば、農畜産業などには大きな被害が出ています。
また、阿蘇中岳も火山活動が活発化しており、火口周辺警報(噴火警戒レベル2)発令中です。早く収まってほしいのですが、自然と共に暮らしていることの関わりの深さを実感しています。

さて、タイトル表記にもありますが、「子どもそうげんしんぶん」とは、「阿蘇の草原を未来へ」引き継ぐ、阿蘇草原再生事業の一環として年2回発行しているものです。阿蘇の草原に関心を持ってもらうことを目的に、小学校1~3年生を対象としてぬり絵を募集しました。今回は第16・17回目となります。

 第16回については12月のAR日記に投稿していますので、今回は第17回ぬりえコンテストの紹介をします。テーマは「野焼き後の草原」~芽吹きを助ける野焼き~イラストは、前回同様、阿蘇市在住で活躍されているイラストレーターの「あべまりあさん」にお願いし、238点ものたくさんの応募をいただきました。
入賞作品では、野焼き後の草原に咲く花「キスミレ」や「ハルリンドウ」「サクラソウ」などがきれいな色で描かれ、人々や動物が草原に集い、楽しんでいる様子がイキイキと描かれています。


      第17回ぬりえコンテスト入賞作品


同しんぶんにて、「第7回阿蘇の草原を描こう!絵画コンテスト」も小学生及び中学生を対象とし募集しました。今回は、「阿蘇の草原に関係すること」をテーマに絵画を募集したところ、22点の応募をいただきました。
あか牛と草原を描かれた作品が多く、入賞作品では、あか牛とのふれあいが浮かんでくるような、より身近な存在として描かれていました。


      第7回絵画コンテスト入賞作品

表彰式は、晴天に恵まれた2月23日(日)に、作品展示を行っている国立公園阿蘇・公園情報センターにて開催しました。
 毎年、出品してくれる子どもたちの成長も見られたり、「お兄ちゃんが昨年受賞したので、今年は(弟さんが)入賞目指してがんばったんです!」との声も聞かれました。
また、あべまりあ氏から魂が輝くための【さんかく△】のお話や、まりあちゃんの健康体操を子どもも大人も一緒に体を動かして、和やかな雰囲気の中で行われました。
式のあとは、自然公園財団阿蘇支部の協力のもと、草原のススキで「ミニホウキつくり体験」を行い、「思ったより簡単だったので、また家でも作ってみたい!!」とたいへん喜ばれていました。


      表彰式の様子

【お知らせ】
 展示案内:第17回 ぬりえ応募全作品238点・第7回絵画22点(入賞作品含む)
      第16回入賞作品
展示期間:平成26年3月5日(水)まで
場  所: 国立公園阿蘇・公園情報センター
阿蘇市黒川974-9
電話:0967-34-2171
開館8:00~17:00・入館無料
http://www.bes.or.jp/aso/accessmap.html

ページ先頭へ↑

2013年12月16日「阿蘇千年の草原再生シンポジウムin福岡」【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

今年も残すところあと僅か・・・師走という名の如く慌ただしく日々が過ぎていきますが、皆さまいかがお過ごしですか?

去る12月3日(火)アクロス福岡のイベントホールにて、

 かけがえのない阿蘇千年の草原を次世代へ
人と生きものが集うあそ草原の恵みと魅力発見!!
「阿蘇千年の草原再生シンポジウムin福岡」が開催されました。

福岡の皆さんに、阿蘇の草原のよさを知っていただくために、11月のイベントに引き続き、福岡在住の野焼きボランティアの方や、阿蘇の草原について興味を持たれている方々が集まりました。

基調講演は草原再生協議会会長 高橋佳孝先生です。阿蘇の草原の魅力・危機・守る取り組みなど、分かりやすくお話していただきました。先生のお話は何度聞いても心を打たれます。





会場をさらに盛り上げてくれたのが、阿蘇のあか牛くんとくまモン。野焼きボランティア研修に草原一口オーナー制度、ASO草原ファンクラブなどなど・・これから始まる取り組みを紹介してくれました。





座談会は、「みんなで草原ば守るバイ!」と題して
農民・あそ代表 町古閑牧野の市原組合長、
草原生きもの係・あそ代表 南阿蘇ビジターセンターの井上さん、
合い言葉は恩返し・ふくおか代表 野焼きボランティア池上さん
千年委員会委員長の坂本先生
座長として、九州大学島谷教授をお招きして、パネルディスカッションがありました。
それぞれの活動は違うけれど、守りたい気持ちは同じ・・・なにより、阿蘇がお好きなことがググッと伝わり、その熱気で会場が暑くて、季節を忘れる程でした。


草泊まりの前で記念撮影。



野焼きボランティアの方々が、阿蘇の草原での活動を地元福岡でPRできることを喜ばれており、「草泊まり作り」や会場設営で張り切られてる姿に感動!!
みなさんに愛されて、支えられている「阿蘇」を再確認。「阿蘇の草原」のすばらしさを伝え、守っていかなければと気持ちも新たにすることができました。

ページ先頭へ↑

2013年11月29日「第16回ぬりえコンテスト」作品展示のお知らせ【阿蘇地区】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

28日(木)から雪が降りはじめ、阿蘇山上や外輪山は真っ白になっています。朝の気温は阿蘇乙姫で1℃、足下が冷た~い阿蘇から“心があったかくなるような”お知らせです。


草原再生事業の一環として、年に2回「草原しんぶん」を発行し、阿蘇郡市内の子供達に草原に興味をもってもらうこと、また親子で草原について考えてもらうきっかけをつくるため、草原新聞を通してぬりえや絵画のコンテストを実施しています。

今回は、「子どもそうげんしんぶん第16号」の全体のテーマである、「阿蘇のくらしと草原」に関連して、草原のススキを牛が食べることにより野草堆肥ができる。その肥料を施すとフカフカの土ができ、おいしい野菜が採れることなどを、楽しみながら学んでもらえるようにしています。
また、ぬりえのイラストは、阿蘇くじゅう国立公園指定80周年プレ企画として、阿蘇市在住で活躍されているイラストレーターの「あべ まりあ先生」にお願いしました。各小学校にも出前授業もされており、子どもたちの人気も高いんですよ。

金賞作品




今回集まった作品数は345点とたくさんのご応募をいただきました。表情が豊かな人物と色とりどりの野菜など、どれも甲乙つけがたいステキな作品ばかり。
ご応募いただいた全作品を下記の日程にて展示しています。かわいらしい作品をぜひ、ご覧ください。

                展示の様子




展示期間:平成25年12月8日(日)まで

場  所: 国立公園阿蘇・公園情報センター
阿蘇市黒川974-9
電話:0967-34-2171
開館8:00~17:00・入館無料
http://www.bes.or.jp/aso/accessmap.html

※展示会場が昨年とは変更になっており、阿蘇登山道路坊中線(東登山道)を阿蘇駅から3分程登った所にある山小屋風の建物です。お気軽にご来館ください。


このぬりえの、とびっきりの笑顔をみたら、ほっこりあったかい気持ちになりませんか?
そして阿蘇は今、「紅葉と雪のコラボレーション」が見られます。国道などの一般道に積雪はありませんのでお気軽にこれますよ。しかし、山上には冬用タイヤやチェーンが必要です。冬対策の上、みなさまのお越しをお待ちしています。

ページ先頭へ↑

2013年11月05日阿蘇の草原を維持するために!【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 田上

目の前に広がる風景が、“すべて草原”という風景を見たことがありますか?
例えば下の写真のような・・広々としてとても開放的な風景です。


日本の気候の場合、高山など自然条件の厳しいところを除き、大半は森林になりますが、阿蘇では野焼きや放牧など人々の営みによって草原の状態が維持されており、その結果、貴重な草原性の植物・昆虫が見られ、また人々を魅了する景観でもあります!

これらの動植物、景観さらには草原の文化を後世に残していくためには、阿蘇の人々が脈々と継続してきた採草(草刈り)、牛馬の放牧、輪地(わち)切り、野焼きなどの作業をこれからも続けていく必要がありますが、農畜産形態の変化や後継者不足などにより地元の方々だけで、これまで通りこれらの作業を継続していくことが難しく、特に輪地切り・野焼きは重労働で危険な作業のため、人手が多く必要です。ここで活躍しているのが「野焼き支援ボランティア」で、年間で延べ約2000人のボランティアが作業に協力しています。

この時期(9~11月頃)の草原では春の野焼きの準備として「輪地切り」が実施されています。これは、野焼きを行う草原の近くの山林や建物に火が移らないようにするための防火帯づくりを、牧野組合長を筆頭に地元牧野の方とボランティアが協力し帯状に草を刈り込む作業で、安全に野焼きを行う上で最も重要な作業です。

写真は平地での様子ですが、場所によっては急傾斜地や草丈が身長以上のところも多々あり、刈り払い機を使用するため、安全面には特に注意を払って作業していました。

最近の阿蘇地域は、世界農業遺産登録、草原特区への指定、世界ジオパークへの推薦など気運や関心が高まっており、このどれもが「草原」と深く関わっているので、これを機に草原の維持・再生に対する取組みもより活発化するといいなと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ