ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

霧島・錦江湾国立公園 えびの

57件の記事があります。

2016年01月26日火山噴火に備えて【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

今日から5年前の1月26日に、霧島山の新燃岳が約300年ぶりに爆発的噴火を起こしました。

当時、新燃岳火口から出た軽石や火山灰は広範囲に降り、特に風下だった宮崎県都城市、高原町方面に多く降り注ぎました。幸い、人命への被害はありませんでしたが、人々の生活や、畜産、農作物などに大きな影響を与えたと聞いています。

私も、連日テレビや新聞で噴煙をあげ続けるすさまじい火山の姿を見て、恐ろしく思った事を覚えています。

(▲2011年1月26日、新燃岳噴火時:韓国岳山頂より)

 

この日のことを忘れることなく、そして、いざという時に備えるために、えびの高原の施設では毎年避難訓練を実施しています。

今年も、硫黄山が水蒸気噴火した想定で避難訓練を実施しました。

 

去年、観光に来られていた外国人の方に避難訓練をしていることが伝わらなかった反省点をふまえ、今年は英語での放送と、プラカードを提示することを加えました。

(▲英語プラカード。訓練後に撮影しました。)

 

実施後の反省会では今後の検討内容として、夜間も想定した連絡網の改善、ヘルメットなどの防災道具の充実、英語以外の外国語(中国語や韓国語など)での案内方法の準備などが挙がりました。

(▲屋内に避難している様子)

 

訓練とわかっていても、緊張するものがありました。過去の災害を忘れず、未来に引き継がれるように伝えていくことと、火山を正しく恐れ、いざという時に備えて準備をしておくことの大切さを改めて感じた1日でした。

ページ先頭へ↑

2016年01月22日火口湖が凍っていますよ!【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

今週は雪が降る日が多く、えびの高原は雪に覆われた世界が広がっております。

吹き溜まりになっているところに足をつっこみ、膝上まで雪に埋まり何度も転んでいる橋之口です。

 

今日は韓国岳の巡視に行ってまいりました。

こんなに雪が積もった道を歩いたことがなかったので、私にとってはとても新鮮で、また、歩くのに気を使い、普段の登山よりも2時間ほど長く時間がかかりました。下りは特にすべりやすかったので注意が必要でした。

(▲登山道の様子)

 

雪山登山を楽しまれている方々と出会いました♪

 

 

普段の景色と違い、凍っている火口湖がたくさん見られました。

白紫池は真っ白!不動池もめずらしく凍り、六観音御池も一部が凍っているように見えました。

(▲白紫池、不動池、六観音御池)

 

不動池は近づいてみると、変わった凍り方をしていました。

(▲不動池)

 

大浪池も一部氷っていて、背後に見えた桜島も上の方は白くなっていました。

(▲大浪池、桜島)

 

大幡池も真っ白ですね!

(▲大幡池)

 

霧島山は20を超える火山が集まっていて、大きくて丸い火口湖が多くあることが特徴的ですね。

(韓国岳山頂より

左:高千穂峰 右:新燃岳)

 

道路は凍結に注意が必要です。

お越しの際は、交通情報、火山情報をチェックして、しっかり準備をしていらしてくださいね。

 

○宮崎県HP【宮崎県道路規制情報】

http://roadi.pref.miyazaki.lg.jp/roadinfo/public/

 

○鹿児島県HP【鹿児島県道路通行規制情報】

http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/

 

○気象庁HP【霧島山】

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/fukuoka/505_Kirishimayama/505_index.html

ページ先頭へ↑

2015年12月18日ザクザクと 踏みしめ響く 霜の音♪ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは。一句浮かんだ橋之口です。

霧島山は数日前に降った雪が少し残っており、冬景色が美しく、とても寒いけれども外に出たくなります♪

今朝出勤した時の事務所外の温度計は-9度を示していました(゚д゚)!!

 

今日は白鳥山巡視に行ってきました。 

歩道のいたるところに霜柱が立ち、その上を歩くとザクザク響く音が心地よいです。

 

白紫池や沢の水には氷が張り、つららができている箇所もあり、氷の美術展のように感じました(*^o^*)

 

 

澄んだ空の青に、霧氷が美しく映えますね。

 

今日は久々にスッキリと晴れていて、白鳥山山頂付近からは、桜島や開聞岳、高隈山系、屋久島の宮之浦岳まで見渡すことができました。

 

二湖パノラマや白鳥山の山頂、北展望台からは韓国岳をはじめ、雄大な霧島山の景色を望むことができ、霧島山は様々な火山が集まっているんだな~と見て感じることができます(o゚▽゚)o

▲白鳥山山頂付近より

 

▲北展望台より

 

えびの高原アイススケート場も平成28年2月29日まで営業されています。

詳しくはこちら↓

http://www.ebinokogenso.com/06_ice/

皆さんも冬の霧島山を楽しんでみませんか♪?

ページ先頭へ↑

2015年10月22日紅葉が美しい大浪池を歩きませんか?

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!

秋晴れの気持ちの良い日が続き、霧島山では登山や写真撮影などを楽しまれている方々が多いです(^v^)

 

霧島地域では10月31日(土)に大浪池にて自然観察会を実施します。

♪詳細はこちらをご覧ください♪

http://kyushu.env.go.jp/pre_2015/27_3.html

 

昨日は当日案内をしてくださるパークボランティアの方々と下見に行ってきました。

遠足に来ていた小学生たちが「ヤッホ~!!」と掛け合いをしながら楽しそうに歩いていました。元気に挨拶をしてくれて嬉しかったです(^◇^)

 

林内を見上げればカエデやドウダンツツジなどが色付き、景色がカラフルになってきています。

 

足下を見れば、アキノキリンソウや、リンドウなどが可憐に咲いています。

▲キッコウハグマ              ▲ホソバリンドウ

 

▲センブリ                 ▲キリシマヒゴタイ

  

コバルトブルーの湖面と斜面を染める赤・黄・緑の色合いがとても美しいです。

 

 

皆さんも一緒に自然解説を聞きながら、大浪池登山を楽しみませんか?

ページ先頭へ↑

2015年09月30日九州いきものリレー④~コシジロヤマドリ~ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!食欲の秋の橋之口です。

えびの高原ではツタウルシが色付き始め、「ピーヤー」とオスジカの鳴き声が響き渡り、秋の気配が日に日に増してきています。

↑巡視中、えびの高原で出会ったシカたち

.

今回の生き物リレーは宮崎県の県鳥である【コシジロヤマドリ】についてご紹介します♪

.

コシジロヤマドリは鳥網キジ目キジ科の鳥で、日本固有種であるヤマドリの5亜種の中の1亜種で九州中部~南部に生息する留鳥です。

.

私が初めてコシジロヤマドリに遭遇したのは数ヶ月前のことです。

通勤途中に鼻歌まじりに車を運転していたら、コシジロヤマドリが道路から林の中に去っていく姿を目撃しました。名前のとおり、腰あたり(尾の付け根あたり)が白かったです。この白い部分の大きさは個体差があるそうです。

.

興奮気味にすぐさま車を停めて去っていった方に寄ってみましたが、すでに姿は見られませんでした...。写真を撮れなかったのが悔やまれます。

でも安心してください。

日髙前アクティブレンジャーがばっちり激写したコシジロヤマドリ(雄)がこちらです。

↑雄は尾が非常に長く、体全体が濃赤褐色で腰部に顕著な白色斑があり、雌は体全体が褐色をしています。

.

主に地上で生活し、植物の種子や葉、昆虫などを食べます。

ちなみに、繁殖期になると雄は「ドドドドド」と翼をはばたかせる音をならし、なわばりを主張します。

.

コシジロヤマドリの個体数はもともと多くはなく、広域な森林伐採やシカの食害による森林環境の悪化などが原因で減少していると言われています。環境省のレッドリストでは準絶滅危惧に選定されています。

(準絶滅危惧:現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性がある。)

.

遭遇できたら、ラッキーな気分になりますね♪

.

お次は対馬の蔭浦アクティブレンジャーです!

お楽しみに~(ノ^^)ノ★

ページ先頭へ↑

2015年09月02日外国の方にも魅力発信しています♪ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは。えびの高原はススキが広がりはじめ、秋の雰囲気が漂っています。

.

そんなえびの高原より朗報です!

えびのエコミュージアムセンターに仲間が加わりました!外国人スタッフとして、8月からクリスティアン・ペラさん(通称:クリスさん)が勤務されています。

.

政府は訪日外国人旅行者数を2020年までに2000万人にすることを目標として掲げています。

嬉しいことに、えびの高原周辺でも外国人の利用者が増加しているように感じます。

ただ、外国の方々と言葉が通じなくて、果たしてこれは伝わっていのだろうか...と思う場面があります。

そこでクリスさん!

クリスさんはスウェーデン出身で霧島に来られて25年。これまでは宗教や文化の研究をされていて、大学の講師も務められていました。

また霧島の山歩きが好きで、観光客と交流しながら自然解説を学ばれています。

.

.

クリスさんより★☆

「霧の中から山頂だけが出ている霧島山の姿を見た時、まさしく【霧島】の名前のとおり霧に浮かぶ島に見え、とても感動しました。そんな霧島山の素晴らしい景色など、魅力を多くの方に伝えていきたいです。」 

日本語もペラペラのクリスさんです(^^)気軽にお声をかけてください♪

.

また、えびのエコミュージアムセンターでは、外国の方が、どこの国から、何人ぐらい来られたか把握するために、入り口付近に「Where are you from?」と書かれたボードを掲示しています。人数ごとに色分けされた磁石を来られた国に付けていただいています。

.

.

霧島山にお越しの際には、是非えびのエコミュージアムセンターにも遊びにいらしてください\(^^@)/

国籍問わず多くの方々に、霧島山の活火山が作り出す壮大な景観、温泉、神社などを楽しんでいただいて、霧島山の魅力が日本国内だけでなく、海外にも発信されればと思います!(^^)!

ページ先頭へ↑

2015年08月12日えびの高原ナイトサファリ【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!

8月4日、毎年夏休み期間中に実施されている「さわやか サマースクール」(主催:さわやかサマースクール実行委員会)の一環である「ナイトサファリ!えびの高原の野生動物を見てみよう」にお手伝いで参加しました♪

参加された方々は18時にえびのエコミュージアムセンターに集まり開会式を行い、外が暗くなるまでは館内で霧島山の自然に関するビデオを鑑賞したり、展示物の説明を受けたりして、霧島山の成り立ちや自然について学習しました。

館内ではクマタカの実物大のパネルを見ながら、羽を広げると180㎝にもなること、霧島山周辺の野生動物の生態系の頂点に君臨していること、そのクマタカがたくさん暮らしているということは豊かな自然が育まれている証であることなどの説明がありました。私は霧島山周辺でのクマタカの目撃情報は聞いたことがありますが、まだ実際に見たことはないので、いつか遭遇してみたいです!

↑館内説明の様子

.

私からもシカについて、角はオスにしか生えないこと、夏と冬とでは毛が生え変わり、夏は赤茶色に白い斑点があること、冬は全体的に灰色~黒っぽい色をしていること、またシカが増えすぎて、霧島山のみで自生する大変希少なノカイドウの樹皮や幼木を食べてしまい、ノカイドウの個体数が年々減少している原因の1つになっていることなどについて説明しました。

霧島山周辺には、シカ以外にも、イノシシやイタチ、ネズミ、ヤマネ、コウモリ、ヘビなどなど、たくさんの野生動物が暮らしています。画面に映った動物の名前を当てっこして、子どもたちが元気に答えてくれたことが嬉しかったです♪

↑霧島の生き物についてのお話し中

.

19時30分になり、あたりも暗くなってきたので、4班に別れて各自懐中電灯を片手にいざ出発!

↑どんな生き物と出逢えるかな?♪

.

「暗くてこわーい」とお母さんの側で歩く子や、「涼しい~」と気持ち良さそうに歩く子など反応はそれぞれでした。灯りが少なく、そして夏でも涼しいえびの高原の雰囲気を感じながら散策していると、暗闇に2つの丸い動く光が見えました。皆で懐中電灯で照らしてみると、シカが目を光らせてこちらを見つめていました。シカvs参加者の見つめ合いが始まり、少ーしずつ皆で5メートル位の距離まで近づきましたが、猛ダッシュで逃げられました(゚◇゚)他の班では、触れるくらいの距離でシカを観察できたそうです。

今回はシカ以外に期待していたノウサギやアナグマなどの可愛い生き物には出逢えませんでしたが、街灯に集まる虫を観察したり、懐中電灯の明かりを消して星空を観察したり、目をつぶって自然の音を聞いたり、普段の生活とは異なる体験ができ、参加された方々はとても喜ばれていたようでした。夏の思い出の一つになったら嬉しいです♪

ページ先頭へ↑

2015年08月05日山の日プレイベント『クリーン高千穂河原』『クリーンえびの高原』

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは。夏休みですね。天気がいい日が続き、巡視をしていると子どもたちがご家族と一緒に山登りをしている光景が見られ、いつにも増して山での賑わいを感じています。すれ違うときに子どもたちが元気に挨拶をしてくれてとても嬉しいです。気持ちがいいですね.

.

さて、8月2日に山の日プレイベント『クリーン高千穂河原』と『クリーンえびの高原』を実施しました。

毎年8月の第1日曜日を中心に自然公園において全国一斉の美化清掃活動が行われています。

霧島錦江湾国立公園の霧島地域も毎年参加者を募り計画を立てていましたが、台風や荒天などで中止が続き、今回4年ぶりの活動実施となりました。霧島山に関わる行政、観光協会、観光施設などの職員の方々、パークボランティアや参加者の家族も参加し、高千穂河原は40名、えびの高原は49名集まりました。

.

来年から8月11日が『山の日』で祝日となります。山の日とは、山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを趣旨としています。今回私が担当した高千穂河原では、霧島山周辺をきれいにし、利用される方が気持ちよく過ごせるよう、皆で協力してこれからも霧島山を大事にしていきましょう!と開会式で志気を高めて作業に移りました。

↑クリーン高千穂河原の様子

.

道路や登山道など班ごとに分かれて作業を実施し、高千穂河原で153㎏、えびの高原で425㎏のゴミを拾い集めました。特に、道路脇に缶やビンなどのゴミが多く捨てられていて、タイヤやガスボンベ、消化器など大きなゴミも見つけて回収しました。

↑クリーンえびの高原の様子

.

作業中は蒸し暑く汗びっしょりでしたが、無事に作業を終えて、多くの方と関わり一緒に霧島山の清掃ができて何よりでした。ありがとうございました!

ページ先頭へ↑

2015年06月30日霧島山の合同パトロールに参加しました【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは。梅雨ですね。霧島地域は雨の日が続いております。

昨日は久々にスッキリ晴れましたが、今日からまた雨が続くようです。

↑ネジキの葉の下で雨宿り中

.

霧島地域は日本でも有数の多雨地帯で、年間総雨量が4000㎜に達します。

この多くの雨が湧き水や温泉となり、きれいな美味しい水をゴクゴク飲んだり、また温泉に入って癒やされたりすることが出来ています。

.

6月21日(日)に霧島連山自然保護協議会による合同パトロールが高千穂峰、中岳中腹探勝路、大浪池の3カ所で行われました。参加者は約30名で、私も参加しました。

.

パトロールでは、

・登山道の利用状況の確認

・トレッキングマップの配布

・ゴミ拾い

・登山道の補修

などを行いました。

.

さらに、登山者の方に携帯トイレの利用方法を説明して、携帯トイレの普及啓発を行いました。

高千穂峰山頂には携帯トイレブースがあるのでご利用ください。

また、霧島山の登山拠点に位置する高千穂河原ビジターセンターとえびのエコミュージアムセンターでは携帯トイレを1セット500円で販売しております。

↑携帯トイレについて説明中

.

中岳中腹探勝路のパトロールでは、現在入山が規制されている中岳山頂の方に入っている方がいたため、注意をしたとのことでした。

入山が規制されている場所に入ったり、登山道を外れたりすることは、遭難などの山岳事故につながる恐れがあります。

ひとりひとりがルールを守って、皆が気持ちよく利用できるように心がけたいですね。

.

爽やかな夏が訪れるまで、雨音や、霧に包まれた幻想的な雰囲気を楽しみます\(^^@)/

ページ先頭へ↑

2015年05月25日ミヤマキリシマ開花情報【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは。事務所があるえびの高原ではカッコウの鳴き声が響きわたり、時折一緒に口ずさんでおります。

霧島地域では各地でミヤマキリシマが咲き、高原や山肌をピンク色に染めています。

多くの方が火山の活動が生んだこの景色を見て、「きれいか~」と声にして喜ばれている光景を目にしています(*^^)

私もその一員で、ミヤマキリシマと霧島の山々や火口湖の美しい光景に目と心を奪われました。

↑硫黄山より甑岳(5月22日撮影)

.

↑硫黄山より不動池(5月22日撮影)

.

↑つつじヶ丘(5月25日撮影)

.

↑高千穂河原より御鉢(5月25日撮影)

 ※写真ではわかりにくいのですが、御鉢の斜面がミヤマキリシマでピンク色に染まっています!

.

現在、えびの高原周辺、硫黄山周辺、御鉢、高千穂峰は見頃を迎えています。

韓国岳は6月上旬~6月中旬頃に見頃を迎えそうです。

.

かつて、坂本龍馬が最愛の妻お龍と旅行で霧島地域を訪れ、高千穂峰に登り、

「此所ニきり島ツヽシ ヲヒタヽシクアル」(ここにきりしまつつじ おびただしくある)

と姉の乙女に手紙を送っています。

きっと一面化粧をしたように咲き誇るミヤマキリシマに感動したのではないでしょうか!

ちなみに、その旅行は日本で最初の新婚旅行と言われています。

.

御鉢や高千穂峰では高千穂河原から1時間~1時間半程度登ったところに、ミヤマキリシマが群生する景色が見られます。

自然のすばらしい景色を目の前にしたら、登山の疲れも吹き飛びますね。

龍馬が乙女に伝えた景色を、皆さんも見てみませんか(^^)?

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ