ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

奄美

70件の記事があります。

2012年10月03日アマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーン【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 伊藤

アマミノクロウサギは、世界中で奄美大島と徳之島の森だけに生息している、とても希少な動物です。しかし一方で、毎年多くの個体が交通事故で死亡しているという悲しい現実もあります。
2006年から2011年に確認されたアマミノクロウサギ350頭の死因の約4分の1は交通事故でした。

奄美野生生物保護センターでは、2009年から毎年アマミノクロウサギの交通事故防止を呼びかけるキャンペーンを行っています。
今年も10月の1ヶ月間がキャンペーン期間です。新しいポスターやチラシを作成し、アマミノクロウサギのマスコット「あまくろ」がチラシやステッカーを配布するイベントも行います。


↑2012年制作キャンペーンポスター


なぜ事故に遭ってしまうのでしょうか?
アマミノクロウサギは夜行性で、夜に道路でエサを食べたり、フンをしたりする習性があります。特に、9月から12月頃までは繁殖のために活動が活発になるため事故に遭いやすいようです。


↑道路上のアマミノクロウサギのフン

アマミノクロウサギが生息している地域や事故が多発している地点には警戒標識などが設置されています。この標識を見かけたら、特に注意してください。
夜間の運転には十分に注意し、林道では20km以下で走行するなど、アマミノクロウサギをはじめ、奄美の希少な生き物たちを守るためのご協力をお願いします。



ページ先頭へ↑

2012年09月02日奄美大島におけるマングース防除事業の歴史 【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 牧野

 台風15号が過ぎ去り、朝晩は涼しく感じるようになってきました。ですが日中の日差しはまだまだ強く、さすが南の島だなと実感しています。

 現在、奄美大島では特定外来生物「マングース」の防除事業を進めています。今回はその歴史について紹介します。

 国際自然保護連合(IUCN)が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれているマングースですが、元来の生息域は中東から東アジアです。ネズミ類の退治を目的に19世紀後半から20世紀初頭にかけて世界各地(ハワイ、フィジー、カリブ海の島々、南アメリカ、クロアチア、モーリシャス等)に移入されました。沖縄には1910年導入されています。

奄美大島には、昭和54年頃に毒蛇であるハブやネズミ類の駆除を目的に沖縄島から約30個体が移入されました。しかし、主に昼行性であるマングースに対してハブは夜行性なので、ハブを捕食することは少なく、その代わりに様々な在来種(アマミノクロウサギやケナガネズミ等)を捕食し生息数の増加を続けました。また、養鶏や農作物への被害も確認されています。

マングース(飼育個体)

 生息数の増加、分布域の拡大を続けるマングースを駆除するための奄美大島での取り組みを見ていきましょう。
・平成5年度から:有害鳥獣捕獲開始(名瀬市など)
・平成8年度から:生息調査・駆除モデル事業開始(環境庁)
・平成12年度から:本格的な駆除事業開始(環境庁)
・平成17年6月:「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)施行
・平成17年7月:上記の施行に伴い、奄美大島マングース防除事業開始(環境省)
「奄美マングースバスターズ」結成

 平成5年度の有害鳥獣捕獲の開始から平成23年度までの19年間に、約32,000頭近くのマングースを捕獲しました。平成23年度のわなによる捕獲数は261頭で、過去最低を記録しました。またこの捕獲数は平成13年度の捕獲数3,375頭の7%程度となり、マングースの生息密度が低下したことを示しています。

マングースの捕獲頭数及び捕獲努力の経年変化


 これに伴って、最近ではアマミノクロウサギやアマミトゲネズミなどの在来種で生息密度・分布域の回復が確認されるなど、防除事業の成果が出てきています。さらに、マングース探索犬やピンポイント捕獲チーム(マングースの生息情報に基づく集中捕獲チーム)の活躍など、着実に事業が進んでいます。

現在活躍中のマングース探索犬

 課題もたくさんありますが、マングースの奄美大島からの根絶を目指して、みんなで力を合わせて頑張っていきます!

ページ先頭へ↑

2012年08月24日「夜の生きもの探しin フォレストポリス」報告【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 伊藤

奄美野生生物保護センターが主催するすべての夏のイベントが、先日無事に終了しました。
今回は、最後のイベントの報告をさせて頂きます。

今年最後の夏のイベントは、夜の森の観察会で、昆虫などに詳しい奄美マングースバスターズのメンバーにもご協力頂きました。場所は、大和村の奄美フォレストポリスにある水辺の広場です。なお、奄美フォレストポリスは、大和村の条例で動植物の捕獲・採取が禁止されています。今回のイベントでは、特別な許可を得て昆虫などを一時的に捕獲しつつ観察を行いました。
←観察会の様子

月が出るのが遅い日だったため、懐中電灯の明かりだけが頼りです。
いつも見ている昆虫たちは、夜はどんな姿でいるのかな?
遠くで聞こえるこの声は、いったいどんな生き物なのかな?
真っ暗な遊歩道を歩きながら生き物を探していきます。

オットンガエル、リュウキュウカジカガエル、シリケンイモリ、ドジョウ、アマミサソリモドキ、クワガタやナナフシなど、他にもたくさんの生き物に出会う事ができました!

遊歩道を散策したあとは、昆虫が光に集まる習性を利用したライトトラップを体験しました。
1時間ほど前に準備したライトトラップには、すでに様々な虫が集まっていました。あまりの虫の多さに、若干引き気味の参加者の方の姿も・・・
なかなかできない貴重な体験でした。
←ライトトラップの様子

観察会の締めくくりは、暗闇を体験することです。電気を消して、寝転がって星を見ながら「夜の森」を体感しました。
この日はペルセウス座流星群が観察でき、たった数分の暗闇体験の間にも、流れ星を見る事ができました。
←恒例!記念撮影

今年の夏は「マングローブ」「バートセーバー作り」「夜の観察会」とケガもなく、大成功でした。多くの方が参加してくださり、とても楽しい時間となりました。
これらのイベントをきっかけに、奄美の自然に興味をもっていただくことができたら嬉しいです。


ページ先頭へ↑

2012年08月16日「鳥の観察会とバードセーバー作りを楽しもう」活動報告 【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 牧野

 先日伊藤アクティブレンジャーが報告した「マングローブ探検隊」に続き、自然ふれあい行事の第二回目、~夏のクラフト教室~「鳥の観察会とバードセーバー作りを楽しもう」を鹿児島県奄美パークさんと共同で開催いたしました。

 建物の窓ガラスに周りの木々が映り込み、野鳥などが衝突して死んでしまう事故をバードストライクと言います。その衝突を防ぐために窓ガラスに張るシールをバードセーバーと言います。バードセーバーを作り野鳥の衝突事故を少しでも減らすこと、そして野生生物の保護について考えることが今回のクラフト教室の目的です。



 まずは鳥の観察会を行いましたが、前日に沖縄付近を通過した台風の影響でしょうか、あまり野鳥の姿をみることはできませんでした。次にみんなで実際にバードストライクが多発する窓ガラスを確認しました。やはり、窓ガラスに周りの木々が映り込んでいるのが原因のようです。



 その後、室内でバードセーバーの作成に取りかかりました。野鳥を型どった枠の中をみんな思い思いの色にマジックやクレヨンなどで塗りつぶしていきます。この緑色の鳥はズアカアオバトでしょうか。子供たちだけでなく、一緒に参加したお母さん方も結構真剣に塗っていました。塗り終わったら切抜いて、ラミネート加工して名前を記入します。



 見事に、カラフルで個性的なバードセーバーが出来上がりました!これぐらい派手なバードセーバーなら野鳥も気づいてくれるでしょう。これを先ほど確認した窓ガラスに貼り完成です。



 ご参加いただいた皆様、有難うございました。これでバードストライクが減ってくれると良いですね!

ページ先頭へ↑

2012年08月06日マングローブ探検隊活動報告【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 伊藤

奄美野生生物保護センターでは、夏の「自然に親しむ運動」期間に、いろいろな自然ふれあい行事を実施しています。
第一回目は、講師に奄美自然学校代表の永江直志さんをお迎えし、「マングローブ探検隊」と題して、自然観察会を実施しました。
今回は、「マングローブを歩きながら、見付けた生き物について教えてもらう」という観察会ではなく、「最初に今日探す生き物を学び、自分で見付ける」という方法で観察会を行いました。

はじめに永江先生から、パネルを使って、マングローブに生息する、魚やカニ、貝など9種類の生き物を教えていただきました。最後に一つ「?」のパネルが出てきました。最後の一種については現地で教えてくださるそうです。
参加者の皆さんは、一生懸命に生き物の特徴をメモしていました。
←写真を見ながら生き物の特徴を覚えます。

最後の一つは何だろう?と期待に胸を膨らませつつ、いざマングローブに出発です!
裸足になって中に入ると、子どもたちからは初めての干潟の土の感触に「気持ち良い~」や「気持ち悪い~」などの声があがります。
土の感触になれてきたら生き物探し開始です。
メモをした特徴を確認しながら、生き物を探していきます。




足下には、たくさんの丸い砂の塊が落ちています。これは生息しているカニがご飯を食べた後にできるもので、砂団子と呼ばれています。大小様々な大きさがあります。
じっくり観察していると、砂団子の隙間からカニが顔をだします。

特徴を覚えた9種の生き物を見付けたら、いよいよ10種目「?」の発表です。
なんと10種目は「ゴミ」。楽しい体験をさせてくれたマングローブに「ありがとう」の気持ちを込めて、みんなでゴミ拾いを行いました。

メヒルギやオヒルギの枝には、漁網などが絡まっていました。15分間で、たくさんのゴミを回収する事ができました。
参加者の皆さんもゴミの多さに驚いていました。


←最後に記念撮影をしました。
ケガもなく、たくさん生き物を見付ける事ができました。
奄美の夏のイベントはまだまだ続きます。ご期待ください!




ページ先頭へ↑

2012年08月02日徳之島希少動植物調査 【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 牧野

 7月9日~11日まで徳之島にて希少動植物の調査を行ってきました。6月に奄美自然保護官事務所徳之島事務室が開設したので、これから月に1回程度、自然保護官やアクティブレンジャーが徳之島に渡り、各種調査や打合せなどを行うことになります。
 生息数の減少が危惧されているアマミノクロウサギ等の希少な動植物の分布位置情報をGPSで記録し、生物情報として蓄積していくのが主な目的です。蓄積されたデータは、生息数の推定や分布域の見直しなどに使用していきます。今回は、初日と二日目は島北部の沢、最終日は天城岳山頂付近で調査を行いました。
 6月末に梅雨は明けたので晴れて暑い中の調査だろうと思っていましたが、なぜかこの3日間は前線が南下し雨続きでした。



 初日の夜間センサスで出会った、徳之島にのみ生息する【オビトカゲモドキ】。ちょっと目つきは悪い?ですが、とってもかわいいヤモリの仲間です。鹿児島県の「天然記念物」と「希少野生動植物」に指定され、捕獲・殺傷が禁止されています。
 また、南部の山中ではアマミノクロウサギにも出会えました。



 天城岳登山道入り口付近の山中です。比較的なだらかで、道もはっきりしていたので登りやすかったです。徳之島町側の林道山クビリ線から山頂までの標高差約230メートル。往復約2時間の行程でした。
 今回の調査は徳之島のNPO法人「徳之島虹の会」の方に同行していただきました。



 山頂付近に咲いていた「ノシラン」。関東地方以南に分布するユリ科の草本です。

 今回の調査ではツルランやカゴメラン、その他の希少な植物にも出会えました。同行して下さった「徳之島虹の会」の皆様、有難うございました。

【今日の一枚】


・「天城岳山頂からの眺め」
・頂上付近は雲が掛かり視界は良くなく、山頂からの写真は諦めていました。しかし、一瞬雲の切れ間から太平洋側の山(サン)集落が見えました。

ページ先頭へ↑

2012年07月30日常田守さんの写真展を開催中【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 伊藤

強い日差しが降り注ぎ、奄美の海は輝きを増しています。
夕方の海上で舟こぎ大会の練習を一生懸命にしている姿は夏の風物詩です。

奄美野生生物保護センターでは、「奄美大島の生き物たち」と題して自然写真家の常田守さんの写真展を開催しています。
奄美の自然をこよなく愛する常田さんの生き物を中心とした写真展です。常設展示場も使用しての大規模写真展となっています。





また写真展初日には、常田さんを講師にお迎えしたセミナーを開催しました。
奄美大島最大の河川である住用川にスポットをあて、そこに棲む生きものたちや豊かな自然をご紹介して頂きました。

←セミナーの様子
会場に入りきらないほどの多くの方にご参加頂きました。ありがとうございました。

日常生活ではなかなか見ることできない、奄美の貴重な生き物たちをたくさん紹介しています。是非お立ち寄りください。

****************************
常田守写真展「奄美大島の生きものたち」
開催期間  7月21日(土)~8月31日(金)
入場料   無料
場所    奄美野生生物保護センター(大和村思勝)
開館時間  10:00~16:30
休館日   祝日・月曜日
****************************



ページ先頭へ↑

2012年07月23日出張授業 in 奄美小学校5年生 【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 牧野

先日、石川自然保護官と一緒に奄美小学校からの依頼で5年生(約90名)の総合学習の時間に出張授業を行いました。すでに、マングローブとリュウキュウアユについて勉強をしたということなので、今回は「奄美の生き物」と題して、奄美群島の成り立ちや固有種が多く存在するのはどうしてなのかについて、更にはアマミノクロウサギやハブなどの在来種とマングースに代表される外来種とその影響について話をしました。


パワーポイントを使用し説明する石川自然保護官。みんな真剣に聞いていますね!


しっかりノートにまとめています。


途中の休憩時間には、持参したアマミノクロウサギとマングースのはく製、マングース防除事業で実際に使用しているワナやセンサーカメラ(動きを感知してシャッターが切れる自動撮影装置)を興味深く見ていました。特にセンサーカメラとアマミノクロウサギのはく製は大人気でした!

みんなしっかり話を聞いてくれましたし、質問も多く(やはりアマミノクロウサギに関する質問が多かったです)、理解しようという意気込みが感じられたあっという間の1時間30分でした。
これからも機会を見つけていろいろな学校へ出向き、子供たちに奄美の自然について伝えていきたいと思います。

【今日の一枚】


・「イシガケチョウ」:タテハチョウ科
・林道調査中に見かけました。梅雨が明け強い日差しが照りつける中、その日差しを避けるように葉の裏に隠れていました。

ページ先頭へ↑

2012年07月04日マングローブの生き物たち【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 伊藤

奄美野生生物保護センターでは、毎年夏休みの時期に合わせて様々な観察会やイベントを行っています。
今年の観察会第一弾は、マングローブが舞台です。




マングローブとは、満潮時には海水に浸る、川の河口域に広がるデルタ地帯の森のことを指します。海水と淡水によって多くの有機物が運ばれるマングローブには、多種多様な生き物たちが生活しています。

先日、イベントの下見を兼ねてマングローブの生き物を観察してきましたので、出会った生き物たちをご紹介したいと思います。



【オキナワハクセンシオマネキ】
最も普通に観察できるシオマネキ類です。
砂底や泥底の表層に分布する有機物や微小藻類、バクテリアなどをエサとしています。
片方のハサミが大きいのはオスのみで、このハサミを上下に何度も振り続けます。この動作をウェイビングといい、けんかの際の威嚇やメスへの求愛であると言われています。
個体によって大きなハサミの左右が異なります。人間と同じように右利きや左利きがあるのかと思うと、なんだか楽しいですね。



【ミナミトビハゼ】
一見、両生類のように見えますが、奄美大島以南に分布するトビハゼの仲間です。
満潮時には、写真のようにヒルギの主柱根などに這い上がって休んでいます。
ゆっくりと移動するときは、左右の胸びれを同時に動かして進みます。驚いたときは、尾部を曲げて連続ジャンプし、素早く逃げていきます。
皮膚呼吸を行う不思議な魚です。

その他にも、前に向かって歩くミナミコメツキガニの赤ちゃんなども観察することができました。
今回初めてマングローブに足を踏み入れましたが、改めて奄美の自然の多様性に感動した一日でした。

観察会当日もたくさんの生き物たちを観察したいと思います。そして参加者の皆様とマングローブのすばらしさを共感できるように、がんばって準備していきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2012年06月19日徳之島が熱い!!【奄美地域】

奄美 アクティブレンジャー 伊藤

徳之島は奄美大島の南西に位置しており、闘牛が有名な島です。
アマミノクロウサギをはじめ、多くの希少な生き物が生息しています。

今月、この徳之島に5日間の日程で行ってきました。
希少種モニタリング用のセンサーカメラを設置したり、アマミノクロウサギの生息密度を推定するための事前調査を行ったりと、盛りだくさんな行程でした。

今回は、希少種モニタリング用センサーカメラ設置の概要と調査期間中に出会った生き物を抜粋してご紹介したいと思います。

奄美野生生物保護センターが毎年行っているアマミノクロウサギのモニタリング調査で、徳之島では減少傾向の見られる地域があります。また野生化したネコ・イヌ(ノネコ・ノイヌ)による希少種への被害も心配されています。
そんな徳之島での希少動物の生息状況などを把握するために、動くものに反応して撮影する自動撮影装置(センサーカメラ)を17台設置してきました。

盗難防止用のワイヤーをセンサーカメラに取り付ける松田アクティブレンジャー

このモニタリングで、徳之島の新しい情報を収集し、希少種の現状把握やノネコ・ノイヌ等の対策に生かしていきたいと思います。

さて、ここからは徳之島で出会った生き物をご紹介したいと思います。

オオシマゴマダラカミキリ


このカミキリムシは、たんかんなど農作物の樹皮に深刻な被害を与えるため、積極的な駆除が行われており、行政による買い取りが行われています。


オビトカゲモドキ【絶滅危惧ⅠB類】


絶対に会いたかったオビトカゲモドキ。世界中でこの徳之島にしか生息していません。
写真ではわかりにくいですが、ピンク色の帯がとても可愛らしいです。
このほかにも、アマミノクロウサギ・イボイモリなどたくさんの生き物たちに出会えた5日間でした。



ページ先頭へ↑

ページ先頭へ