ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2018年7月

15件の記事があります。

2018年07月31日小中学校へのサンゴ学習

西表石垣国立公園 神保彩葉

みなさん、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の神保です。

本土では、今年は猛暑が続いているようですが、

石垣島は32~33度程度。

観光の方々からは、「石垣島、意外と涼しい!」という声も聞こえる程です。

さて、石垣自然保護官事務所では、例年、石垣島内の小中学校と連携した

サンゴの学習を行っています。

今年度は、新川小学校5年生65名、川平小学校4~6年生22名、川平中学校1~3年生16名が対象となり、

室内での学習だけでなく、スノーケル観察等の野外での体験学習も含めて、

各校年間5回程度の授業を行っています。

一部ではありますが、授業の様子をご紹介します。

まずはサンゴクイズ!サンゴのこと、どのくらい知っているかな?(新川小学校)

 

サンゴが大きくなれる条件ってなに?

どーなるコーラル、サンゴ生き残りゲームに挑戦。(川平小学校)

サンゴの骨格を観察してみよう。(川平小学校)

プールでスノーケリング練習 (新川小学校)

いよいよ海でスノーケリング!(川平中学校)

  

  

米原海岸のサンゴや生き物たちを観察しました!(川平中学校)

スノーケリングでみた生き物を絵に描き、模造紙に貼っていきます。(川平小学校)

どんな発表にするか、グループごとに話し合い。(川平小学校)

さて、それぞれどんなまとめ方になるのでしょうか~。

発表会を楽しみにしたいと思います!

ページ先頭へ↑

2018年07月30日ビオトープカダヤシ駆除活動! 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 鹿児島 椎葉美香

指宿市にあるビオトープ池で外来種駆除イベントがありました。

今回は夏休みこども環境講座として小学生を対象に行われたイベントでしたが、親子で参加してくださる方もいました。

この池にはカダヤシが生息しています。

外来種駆除イベントですくったカダヤシ

▲カダヤシ

カダヤシは、北アメリカのミシシッピ川流域からメキシコ北部までが原産の淡水魚で、ボウフラを食べることから、池の中に放流されたことがありました。ですが、攻撃性が強く繁殖力も高いので、在来のメダカが減少するなどの悪影響を引き起こしてしまうおそれがあります。そのため、日本では特定外来生物に指定されています。

※特定外来生物に指定されている生きものを野外で捕まえた場合、持って帰ったり飼ったりすることは禁止されています。

室内で講師の方にカダヤシとメダカの違いなどについて解説してもらった後は、いよいよカダヤシ駆除活動の始まりです。

外来種駆除イベントの解説

▲室内でのレクチャーの様子

捕りやすい場所に移動しつつそれぞれの参加者のみなさんがカダヤシを多くすくい取ることができ、駆除活動は大成功!

外来種駆除イベント作業時  外来種駆除イベントでカダヤシをすくう子供達

▲みなさん夢中ですくっています。

そのあとは、実際にメダカとすくったカダヤシを見比べて尾ビレの違いなど、じっくり観察をしました。

メダカの群れ  カダヤシとメダカの観察

▲メダカ                    ▲カダヤシとメダカを観察中

知らない生きものから知っている生きものに変わると、その生きものの見方が少し変わったように感じ、私も改めていい経験ができました。

ページ先頭へ↑

2018年07月27日縄文杉登山道などの熱中症対策 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 夏真っ盛りで屋久島もにぎわっています。

屋久島の安房岳付近

    

暑い時期に注意したいのが熱中症ですね。特にトレッキングでは日常生活以上に注意が必要です。山は涼しいものだと思いがちですが、屋久島の人気のトレッキングコースのうち、縄文杉トレッキングをはじめ、いくつか人気のコースは比較的標高が低く、また長距離で長時間の活動のため夏場は特に熱中症に注意が必要です。

 【熱中症になりやすい条件はこちら】

★梅雨時期から9月頃にかけての気温と湿度が高い日。

★レインウェアを着ながら登山道を登るとき。

★標準的なコースタイムよりも早く、急いだ登山。

★カメラ機材や宿泊用装備など重い荷物を持っての登山。

★水分補給やトイレなど休憩を我慢しての行動。

 夏の午後は山間部に雲がかかりやすく、湿度が高い中では汗も乾きづらく体温調整ができにくくなります。  また雨天時はレインウェアを着ての行動となりますが、雨が止んだ時はすぐレインウェアを脱ぐなど、こまかな体温調整がおすすめです。標準的なコースタイムは、体への負荷を軽減するための目安となります。

 雨上がりや曇天時、雨が降っていない状態でレインウェアを着て登山をする方を見かけたときは一言声をかけて熱中症にならないよう注意を呼び掛けています。

 水分補給は最重要ポイントです。トイレに行くのを我慢するために水分補給を控えるのは危険ですのでやめましょう。縄文杉トレッキングルートは水が汲める場所がいくつもあり、またバイオトイレや携帯トイレブースなど、屋久島の他の登山道よりトイレ環境は整備されていますので、水分補給とトイレは我慢しないでください。水場やトイレの場所は地図で事前に確認しておきましょう。夏場の登山では休憩をこまめにとるのが理想です。

 熱中症になると正常な判断や、体の運動機能が弱まり、転倒や道迷いのリスクも上がります。休憩をしっかりととり、体をケアしながら無理のない登山を楽しみましょう。

【熱中症の主な症状】

★軽症:めまい、失神、足の筋肉のけいれんなど

★重症:頭痛、嘔吐、全身けいれん、高体温、意識障害

 少しでも意識がおかしい場合は、病院への搬送が必要です。

環境省熱中症予防情報サイト

http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

▼宮之浦岳登山道の水場の看板を修正しました。

宮之浦岳登山道の水場

ページ先頭へ↑

2018年07月26日ユウスゲが見頃です 【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

 尋常じゃない暑い日が続きますが、熱中症には気をつけてくださいね。

阿蘇地域では、今週に入ってから雷を伴う夕立ちが発生しています。雨が降って気温が下がるといいですね。

 「ユウスゲ(キスゲ)」の問合せが相次いでいますので、オススメスポットのひとつをご紹介します。阿蘇山東登山道「阿蘇パノラマライン」です。

 雨上がりに咲いている「ユウスゲ」は、鮮やかなレモン色が目を引き、スッと咲いている姿はいかにも涼しげな感じがします。

 

 

 ユウスゲは、ススノキ科の花で、夕方から咲き、翌朝にはしぼんでしまう。100~150cmの草丈があり、先端には数個のつぼみをつけ、下から順に咲いていきます。阿蘇では7~9月の間見られますが、一斉に咲き始めるこの時期が見頃です。

 

 道路沿いに咲いているので、車が止めれる撮影スポットを探してみてください。

現在、パノラマラインでは下の方から牧柵を建て替えている途中です。

 柵がないところは『草原に入れるのかな?』と思われるかも知れませんが、草原は管理されている場所なので、立ち入らないようにお願いします。

 その他にも、ミルクロードや箱石峠沿いも多く見られます。止めて近くで見たくなりますが、夏休み中でもあり車の通りが多いので気をつけてください。

ページ先頭へ↑

2018年07月25日お散歩観察会ダイジェスト~秋・冬・春編~【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。

やんばる自然保護官事務所アクティブレンジャーの上開地です。

いよいよ楽しい夏休み!みなさんはどんな予定を立てていますか?

去年の夏の終わりに、お散歩観察会「春・夏」ダイジェストを紹介してからあっというまに1年がたちました。この一年も毎月定員御礼で楽しくお散歩観察会を開催しています。

今日は、昨年のダイジェスト後の秋~春にかけてのお散歩観察会の様子を紹介します。

9月のやんばるの森 

◀9月のやんばるの森。

 まだまだ夏の雰囲気満載です。

 

  

 

9月シイノミ

 

イタジイの枝にはもうすぐ弾けそうなシイノミがいっぱい!

 

 

 

積もった落ち葉から白い絨毯のようにキノコが! 

◀積もった落ち葉から白い絨毯のようにキノコが!