ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年5月

19件の記事があります。

2017年05月26日西表島で、オオヒキガエル捕まる!!

西表石垣国立公園 関東準之助

みなさん こんにちは。西表自然保護官事務所の関東です。

 5月23日に西表野生生物保護センター近くの古見集落内で特定外来生物のオオヒキガエルが捕獲されました。捕まった個体は、メスの成体で体長は約14cm、体重250gの繁殖可能個体です。

今回、捕獲された個体

 オオヒキガエルは中南米原産の大型のカエルで、サトウキビ害虫駆除の目的で日本を含む多くの環太平洋諸国に移入され、定着した各地で生態系に被害を引き起こして問題視されている侵略的外来種です。成体は耳腺(耳のうしろにあるコブ)から強力な毒物を分泌し幼生も毒をもっていることから、カエル類を食物とする様々な在来捕食者への毒による悪影響も懸念されます。オスは「ボボボボボ・・・・」と機械音のような鳴き声です。

 西表島で、オオヒキガエルが最後に捕獲されたのは10年前の2007年で以降は確実な目撃情報はありませんでした。環境省では、オオヒキガエルの再侵入に備えて引き続きモニタリングを強化しています。西表島内で個体を見かけた、鳴き声を聞いたというかたは西表野生生物保護センターまで情報をお寄せください。目撃したカエルの写真を撮影していただいくと確認がスムーズになります。

連絡先

環境省西表野生生物保護センター

Tel 0980-85-5581

e-mail RO-IRIOMOTE@env.go.jp

 意外とシャイなので正面顔を撮影しようとするとすぐにそっぽを向いてしまいます。

ページ先頭へ↑

2017年05月26日リベンジ!父ヶ岳登山

西海国立公園 五島 竹下洋子

 こんにちは!五島自然保護官事務所の竹下です。ふれあい事業として毎年実施している父ヶ岳(ててがたけ:標高461m)登山に、今年もスタッフとして参加しました。昨年は午後から下り坂との天気予報で中腹から引き返して山頂まで行けなかったので、今年こそは!とリベンジを誓う参加者が約半数を占めていました。

 開催の数日前、登山ルートを確認しながら、参加者が安全に通行できるよう頂上までの登山道で倒木処理を行い、併せて当日参加者へ紹介できるよう自然や生物の事前調査を行いました。旧七嶽神社へ向かう石段から父ヶ岳山頂付近にかけて、花崗岩をよく見かけますが、これはマグマが深いところで固まった岩です。

左)登山道の倒木処理

右)長石(チョウセキ)と石英(セキエイ)の白い粒が目立つ花崗岩(カコウガン)

実施予定日の2日前、五島列島では全国ニュースで伝えられるほどの豪雨となり心配しましたが、前日と当日は天候に恵まれ実施することができました。参加者には豪雨の影響による土砂崩れ等でこれ以上の登山は危険と判断した場合は引き返すことを了解いただき出発しました。

左)七嶽神社での開会式

右)七嶽神社旧社殿へ向かう林道

 旧七嶽神社へ向かう石段を上り急峻な登山道を過ぎると、日差しを遮るほどの樹木に囲まれているため、時折吹く風は少し寒いぐらいです。登山道わきには、アリドオシやフイリシハイスミレなど確認できました。

左)蟻を通すほどの細いとげがあることから名付けられたアリドオシ

右)葉の裏が紫で、葉に斑が入ったフイリシハイスミレ

 父ヶ岳登山道はいくつかの峰を超えるため、下ったり登ったりを何回か繰り返します。登山道には、ヤマタニシなどの貝類も観察でき、参加者は海の生物と思われる貝類が山に生息していることに驚いていました。

左)参加者へ山に生息する生物を紹介

右)見た目はカタツムリだが、殻口部に蓋があるヤマタニシ

 父ヶ岳山頂からは、南西に「玉之浦湾と島山島」、北西に「頓泊・高浜の海水浴場と嵯峨島」という五島列島の代表的な国立公園区域を眼下に見渡すことができます。山頂付近は、雑木の繁茂が著しく、眺望に支障があり、次回の登山では事前に何らかの対策が必要と感じました。

左)玉之浦湾(中央)、島山島(後方)

右)頓泊(左)・高浜(右)の海水浴場と嵯峨島(中央後方)

 今回参加者の中には、友人に誘われ初めて登山した人もいて、予定した所要時間を超え急峻な登山道も大変だったと思いますが、全員無事下山することができました。

 参加者から「山に個人で登るのは不安だが、こうした機会があり本当に良かった」「疲れたが、天候に恵まれて達成感もあった」等とうれしい言葉をいただきました。皆さんも、イベントを活用して、未知なる山へチャレンジしませんか!

スダジイの前で集合写真

ページ先頭へ↑

2017年05月25日阿蘇くじゅう国立公園からの近況報告【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 アクティブレンジャー 藤田

こんにちは。阿蘇事務所の藤田です。

阿蘇山一帯にはみどりが芽吹いて、草原には牛の放牧も始まりました。車で走ると風が心地よいですよ。晴天の日は、外に出かけたくなりますね(*^O^*)

 

 

★☆ お知らせその① 事務所名が変わりました。☆★

 本年4月から、(旧)阿蘇自然環境事務所→(新)阿蘇くじゅう国立公園管理事務所

に変わりスタッフも増員されました。満喫プロジェクトで、これから阿蘇の復興と創造を具体化していくための取り組みが始まっていくことに、私たちもワクワクしています。

 

 

 

     

くじゅうのメンバーも駆けつけて、開所式を行いました。

 

★☆ お知らせその② 東京にて阿蘇の魅力を紹介 ☆★

 4月29日(土)に東京での環境省が主催する「2017新宿御苑みどりフェスタ」にてクラフト体験を通して、阿蘇の魅力について紹介してきました。

 

フェスタは、「みどりの月間」(4月15日~5月14日)期間中に新宿御苑において、国民公園としての機能を活用し、自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむことを目的とされており、自然観察会やクラフトなどの体験プログラムや全国の国立公園の紹介、物産の販売など『自然とふれあう』をテーマに様々なイベントが開催され、全国各地から集まりました。

 

 

 

 

 多くの来場者が訪れ、クラフト体験は大人気で行列ができていました。

九州地方環境事務所ブースでは、「ススキのホウキ作り」と「ススキのフクロウ作り」体験を行いました。

 

  

 

 

 

 

 

 材料を多めに用意していましたが、15時頃にはススキなどがなくなり、合計80名の方にクラフト体験を楽しんでいただけました。「九州出身なんです~~。なつかしい~!」とか、「この前、熊本行ってきました~!」、「屋久島にまたいきた~~い!!」など、ご当地話しに花が咲きました。

また、身近なススキでホウキやフクロウが作れることに、みなさんたいへん喜んでいただけました。

みなさんが、九州に足を運んでいただけるきっかけのひとつになれたらう れしいです♪

 

 

★☆ お知らせその③ 阿蘇の草原カレンダー発行 ☆★

 2006年から続けて発行している阿蘇の草原カレンダーも今年で11年目。草原環境学習を推進するためのツールなので、各学校の教室に張ってもらえるように4月始まりです。ここ数年、写真や絵画コンクールの作品等が多かったのですが、今年は初心に戻ってイラストにしました。草原にいるようななんとも言えないほのぼの感が伝えられるといいなと思います。

 

 

 

 早速、教室に掲示していただきました。

画像は、九州地方環境事務所の阿蘇草原再生のホームページからダウンロードできます。

http://www.aso-sougen.com/teaching/index.html

 次は、新しいアクティブ・レンジャーの大津さんより、活動報告よろしくお願いします♪

ページ先頭へ↑

2017年05月25日アカウミガメの産卵上陸が始まっています

屋久島国立公園 池田 裕二

ウミガメが産卵のため上陸するいなか浜の景色2017年4月撮影

 

 今年もウミガメの産卵のシーズンがやってまいりました。屋久島の永田浜は世界でも有数のアカウミガメ産卵地です。ウミガメそのものが世界的にも希少な動物ですので、産卵地という貴重な環境があるというのは素晴らしいことですね。

 普段海の中で行動するウミガメにとって産卵は特別なイベントです。上陸するのは成熟したメス個体のみ。オスや未成熟の若い個体は上陸しません。

 屋久島での産卵ピークは5月から6月。海岸の砂地に後脚で産卵のための穴を器用に掘ります。その穴に多いときは100個を超す卵を産み落とし、丁寧に穴を埋めていきます。ウミガメの親は産卵巣を守ることなく、産卵を終えるとすぐに海に帰っていきます。やがて約2か月経過すると卵は孵化し、仔ガメが産卵巣から砂をかき分けて這い出し、誰に教わることなく海を目指してゆきます。自然の神秘ですね。

 ウミガメは野生の爬虫類で、とても臆病で神経質な生き物です。産卵も孵化も、できるだけそっとしておいてあげるのが原則です。永田浜では、産卵時期になるべくウミガメにストレスを与えないような形のルールを設けて予約制の観察会を行っております。ご予約や観察ルールにつきましては下記のサイトをご参照ください。

ウミガメ観察会の予約はコチラ↓

【永田ウミガメ連絡協議会HP】

http://nagata-umigame.com/

ウミガメ観察ルールはコチラ↓

【屋久島世界遺産センターHP】
https://www.env.go.jp/park/yakushima/ywhcc/np/kansatu.htm

 また海中で、ウミガメの普段の暮らしをご覧になりたい方は屋久島町公認ガイドのスキューバダイビングやスノーケリングなどのアクティビティにチャレンジしてみてください。ウミガメに出会えるかは運次第ですが、島の沿岸に居ついているアオウミガメでしたら、年間を通して高い確率で出会うことができます。海中を優雅に泳ぐウミガメの姿は、つい見とれてしまうほど美しいものです。ウミガメが平和に暮らしていける素敵な海を、大切に守っていきたいですね。

ページ先頭へ↑

2017年05月24日シャクナゲシーズン到来!パークボランティア活動報告【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

今年もヤクシマシャクナゲのシーズンがやってきました。

昨年、一昨年と花が少なかったですが、今年はたくさん咲きそうだと聞いています。

すでに開花も始まっているそうです。

 

昨年のヤクシマシャクナゲ

▲昨年のヤクシマシャクナゲ。

 

5月26日~28日には(公社)屋久島観光協会が主催する「屋久島しゃくなげ登山」が開催されます。

例年屋久島国立公園パークボランティアの会では、この登山イベント前に登山道の補修や看板の清掃をしていましたが、今年は登山道ではなく登山口までの道路(荒川三叉路~淀川登山口)の看板清掃と枝払いを実施しました。

シャクナゲシーズンにはたくさんの車がこの道を通りますが、道幅が狭く曲がりくねって見通しがきかないため、山道を走り慣れていない方には運転し辛いかもしれません。

このような道のため、カーブミラーや注意看板がたくさんあります。

おまけに木が茂り日当たりが良くないので、ミラーや看板にはコケも元気よく育っています(^^;

登山者の方が安全に登山口まで走行できるよう、今回の活動は4班に分かれて、3班は担当区間の看板やミラーを磨き、1班は各区間のミラーや看板にかかる枝葉を刈り払いました。

※枝葉の刈り払いは屋久島森林管理署の森林官にも同行頂き適正に実施しました。

 

道路沿いの看板やカーブミラーを磨く様子

▲作業の様子。背の高いカーブミラーは脚立に乗って慎重に作業しました。

 

カーブミラー越しにピースしたボランティアが映る様子

▲綺麗になったミラー越しにピース(^^)∨

 

看板の磨く前と後の様子

▲文字が見えなくなっていた看板は、コケを落としてまっさらに!

 

最後は全員で登山口の看板や使用済み携帯トイレ回収ボックスを掃除しました。

 

使用済み携帯トイレ回収ボックスを掃除する様子

▲使用済み携帯トイレ回収ボックスを掃除する様子。中まで綺麗に磨きました!

 

綺麗になった携帯トイレ回収ボックス

▲中も外も綺麗になった回収ボックス。

 

時間の都合で、予定していた作業区間のカーブミラーや看板全てを清掃することはできませんでしたが、以前よりも多少なりとも見やすく走りやすくなったのではないでしょうか♪

登山口までの運転はどうぞご安全に。

そして美しいヤクシマシャクナゲをお楽しみください!

 

集合写真

▲最後にみんなで、はい、チーズ!お疲れ様でした(^^)

ページ先頭へ↑

2017年05月24日牧ノ戸峠登山道整備清掃活動

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 小泉 敦

皆様、こんにちは。 5月20日に登山道の清掃整備活動を行ってきましたので紹介します。

くじゅう連山では6月にはミヤマキリシマが満開になるので、その前に登山者の方を気持ち良く受け入れられたらという思いもあり、九州電力八丁原発電所の主催で、牧ノ戸峠登山道の整備、清掃を毎年恒例で行っています。当日は多くのボランティアの方が参加されて、約70名で活動を行いました。

もちろん私達、アクティブ・レンジャー、レンジャー共々、参加しました。

↑登山道清掃整備活動に出発

活動内容は登山道のロープ張り替え、ゴミ拾い、杭の打ち直し、登山道の水切り等です。

参加者は四班に分かれて、それぞれ九州電力八丁原発電所の人達がリーダとなり、作業を行いました。

私が参加した三班は水切り(雨が降ると登山道がぬかるむ為、水を斜面の方へ流す)作業がメインでした。

↑作業風景 水切りを作っている

↑石などを置いて水切りが完成

私はこのような大勢の登山道整備の活動に参加するのは初めてだったので、色々な発見や驚きがありました。

一番印象に残った事は、普段何気なく歩いている登山道を、この様にして誰かが補修、清掃しているという当たり前の事でした。登山道では危ない箇所、急な登り下りの箇所などにロープが張ってあったり、案内板などの印があったりして、人間の手が入っている所が多いです。何も関心を持たずに登山をしてしまうと、つい見過ごしがちですが、この様にして登山者や山の自然が守られている事を再確認して、とても嬉しい気持ちと感謝の気持ちになりました。

ページ先頭へ↑

2017年05月24日竹富町の小学5年生 西表野生生物保護センター見学

西表石垣国立公園 西表 冨岡 健太

みなさん、初めまして。

4月から西表自然保護官事務所に新しくアクティブレンジャーとして着任しました冨岡 健太と申します。

これから歴代のアクティブレンジャーに恥ないよう西表の情報を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

5月18日に竹富町の小学5年生の子供たちが西表野生生物保護センターを見学しに来てくれました。

子供たちの人数が43人と多くて一度に全員は見て回れないので、ヤマネコのDVDを見てからセンター内の展示物を見学する班と、逆順で回る班の2つに分かれました。

短い時間で子供たちに楽しんでもらえるよう、いくつか子供たちへの質問を用意していましたが、地元の小学校の子供たちだけであり、準備していた質問のほとんどがスラスラと答えられてしまいました。

用意した質問の一つに「西表島ってどういう島か知っているかな?」があり、質問してみたところ、子供から「様々な自然条件により、固有の進化をした生き物たちがいる島」というハッキリした答えが来ました。その的確で決して長くない確かな答えに私は驚きました。

私が用意した答えは「暖かな気候条件や水が豊かで湿潤な環境であり、地殻変動などにより大陸や他の島から来た生き物が戻ることができなくなり、その生き物たちが独自に進化を遂げた島」というもので少々長いですが、子供たちが出した答えを少し細かくしただけのものでほとんど同じような答えです。

他には「イリオモテヤマネコの特徴は?」という質問に子供たちは「耳が丸くて耳裏に白い模様がある、額には縦縞模様があって目の周りは白く、全身に模様があり太くて長い尻尾が特徴。」とハッキリと答えてくれました。

ほとんど特徴を言い当てていました。あと、幅広い鼻と胴長で短足に見えることも言っていれば私の用意した答えそのものでした。その後、いくつか質問を出しましたが私が準備した質問は、ほとんどが完璧に近い答えで言い当てられてしまいました。私よりも子供たちの方が詳しいかもしれません。「もっと勉強しなくてはいけないな」と思いました。

展示を見た後はヤマネコのDVDを視聴してもらいました。子供たち皆、真剣にDVDを見ていました。

イリオモテヤマネコの特徴や生態を展示物やDVD使って子供たちが持つ知識に新しい知識として継ぎ足すことができたかと思います。

子供たちが見学を終え、帰る前には記念にセンターから子供たちに絵はがきをお渡ししました。

今回の西表野生生物保護センターを子供たちが見学したことで、西表島の動物に関心を、前から関心があった子供たちにはよりもっと深い関心を持って頂けたらと思っています。

アクティブレンジャーに着任して、初めてセンター案内をしましたが、色々と気づかされる事も多く、次回に向けて励んでいこうと思いました。

ページ先頭へ↑

2017年05月23日カンムリワシの『悠々』放鳥【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 アクティブレンジャー 仲本

先週の513日(土)に沖縄・奄美地方が梅雨入りしました。梅雨の時期は、急な落雷や局地的に激しい雨が降ることもありますので、お出かけ時には十分お気を付けください。

さて今回は、518日(木)に約1年ぶりとなるカンムリワシの幼鳥を放鳥しましたのでご紹介したいと思います。放鳥したカンムリワシは、民家の敷地にある農水用のため池で衰弱してプカプカと浮かんでいたところを民家の方が保護してくださいました。保護した際は、体温も低く、痩せていて助かるかどうかわからない状況でしたが、迅速な救護対応と獣医師さんの治療、カンムリワシ・リサーチ(民間団体)のリハビリケアのおかげで、無事に放鳥の日を迎えることができました。

▲カンムリワシが救護された農水用のため池

愛称は『悠々』と決まり、「嵩田の大自然で『悠々』と大空を羽ばたいてほしい」と願いを込めて、救護されたご家族の春花さん(高校生)が命名書を書いてくださり、放鳥日は力強く元気いっぱいに大空へ羽ばたいていきました。

▲命名書『悠々』

今年は交通事故による死亡事故が多発し、昨年から交通事故にあった個体の野生復帰まで至らないケースが増えている状況です。重傷個体が多い背景には、スピードの出し過ぎが考えられます。今年に入って石垣島での救護件数は7件で、その内交通事故による救護が5件、衰弱が2件となっています。これから石垣島は夏本番を迎え、生き物の活動も活発になるほか、観光で訪れる方も多くなります。特に夜間や早朝に自動車やバイクを運転する際は、野生動物が道路上に急に飛び出してくることもありますので、カンムリワシをはじめ、野生動物に気を付けて安全運転を心がけていきましょう!

▲放鳥したカンムリワシの幼鳥『悠々』

放鳥した『悠々』には、右足に緑カラーでMと刻印した足環を装着しています。足環のある個体の撮影に成功した場合は、カンムリワシ・リサーチまでご連絡ください。撮影画像を添付の上、撮影場所、日時をお知らせください。 重要な生存確認情報として記録させていただきます。

連絡先 カンムリワシ・リサーチ

Mailkresearch526@yahoo.co.jp

<カンムリワシの救護連絡先>

○石垣島

環境省石垣自然保護官事務所 0980-82-4768

石垣市教育委員会文化課   0980-83-7269

○西表島

西表野生生物保護センター  0980-85-5581

カンムリワシの救護情報はカンムリワシ・リサーチHPをご覧ください。

http://kanmuriwasi.web.fc2.com/

ページ先頭へ↑

2017年05月23日縄文杉北側展望デッキオープン!

屋久島国立公園 池田 裕二

 2017年4月より屋久島自然保護官事務所アクティブレンジャーに着任いたしました池田と申します。アクティブレンジャーの活動と、屋久島の自然の面白さを発信してまいりますので、よろしくお願いおいたします。

縄文杉北側デッキ。森の中でひっそりと佇む神秘的な姿を見ることができます。

 

 

 さて、縄文杉発見から50周年を迎えた今年2017年、新しい縄文杉展望デッキが4月1日、ついに完成いたしました!

 新しいデッキ「縄文杉北側デッキ」からは今までの南側デッキとは異なる角度の縄文杉を見ることができます。まず目に飛び込んでくるのが南側に張り出した太い枝。圧倒的な迫力です。こちらの枝だけでも、1000年以上の時が経っているのかもしれませんね、

 昭和41年に縄文杉が発見された当初は、周囲が鬱蒼とした藪となっており、森の中に生き続けてきた神秘的な姿をしていたそうです。南側デッキからは縄文杉周囲の灌木の樹高が低いために、縄文杉全体像を観察することができます。そして今回オープンした北側デッキからは縄文杉発見当時のように、森に隠れてひっそりと佇む幽玄な世界を感じることができます。森からぬっと伸びる縄文杉の太い枝や、灌木の合間から覗く、岩のような迫力のある幹を観察することができ、私たちの想像力を掻き立ててくれます。

 さらに今年は50周年記念特別イベントがいくつも用意されており、屋久島の観光も例年以上に盛り上がることでしょう。

 縄文杉に会いに行きたい!とお考えの方は、今年旅行計画を実行に移すチャンスですね。もちろん事前の準備や、十分な筋力、持久力トレーニングもお忘れなく!

 屋久島自然保護官事務所が運営する、屋久島世界遺産センターのホームページ上では縄文杉快適登山日カレンダーを公開しております。

http://www.env.go.jp/park/yakushima/ywhcc/tozan/kaitekic.htm

混雑日をなるべく避け、快適な登山をお楽しみください。

縄文杉南側デッキ。縄文杉の全体像を観察することができます。

ページ先頭へ↑

2017年05月18日今年もミヤマキリシマシーズンへ

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

くじゅうでは、今年もミヤマキリシマのシーズンがせまってきました。

今回はシーズンの先頭を切って咲いていたミヤマキリシマの情報をお届けしたいと思います。

今回ミヤマキリシマが見られたのが、

「立中山」

こちら「たっちゅうさん」と読みます。

標高は1464.6mと平治岳や大船山など、くじゅう連山の主峰と比べると低いこともあり、所々で花を見ることができました。

開花を待つ、つぼみ達

そんなミヤマキリシマの足下にはイワカガミが咲いています。

ピークのシーズンはもう少し先ですが、開花を待つつぼみ達や足下に咲くイワカガミを楽しめるのも今だけですね。

さて、そんなミヤマキリシマ、今年はどんな顔を見せてくれるでしょうか。

ミヤマキリシマシーズン目前のくじゅうをお届けしました。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ