ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

雲仙天草国立公園 雲仙

32件の記事があります。

2011年11月25日平成新山防災登山に参加してきました! 【雲仙地域】

雲仙天草国立公園 雲仙 アクティブレンジャー 中薗

11月21日(月)、平成新山防災登山に参加してきました。
1990年(平成2年)から始まった普賢岳の噴火活動。この時に形成された溶岩ドームは、それまで長崎県最高峰であった普賢岳(1359m)の山頂を超える高さまで発達し、平成新山(1483m)と命名されました。

この噴火活動は、1995年(平成7年)にはほぼ終息しましたが、現在もなお、溶岩ドームには崩落の危険性があるため、平成新山およびその周辺は警戒区域として、立ち入りが厳しく規制されています。
今回は安全確認、防災のために、特別に許可を得ての登山です。



当日、午前中は冷え込みが厳しく、登山道沿いでは、霜柱やつららが見られました。また、溶岩ドーム周辺には、現在も水蒸気が噴出している箇所がいくつもありますが、その付近では霧氷も観察されました。

警戒区域内では全員、ヘルメット着用です。写真を見ていただけると、一帯がどれほど危険な場所であるかがお分かりいただけるかと思います。



今回の登山で、溶岩ドームの噴気の温度は徐々に下がっていることが確認されましたが、一方、崩落の危険性は依然として高いことが確認されました。
上の写真は山頂部から島原方面を写したものですが、巨大な岩が今にも崩れ落ちそうです。



「平成新山へはいつ登れるようになるのか?」という質問をよく受けます。しかし、登山に参加して、当分の間は、崩落の危険性が高く、一般利用は難しいということをあらためて確認しました。
しかし、来年度の供用を目指し、普賢岳の新登山道の整備が進められており、これが完成すれば平成新山を間近で見ることができるようになります。また、新登山道は有明海や雲仙の山々の眺望も素晴らしく、今から楽しみです!

ページ先頭へ↑

2011年10月26日仁田峠セイタカアワダチソウ除去活動 【雲仙地域】

雲仙天草国立公園 雲仙 アクティブレンジャー 中薗

10月20日(金)、雲仙地域パークボランティアの皆さんと共に、仁田峠で外来植物「セイタカアワダチソウ」の除去活動と清掃活動を行いました。
セイタカアワダチソウは繁殖力が旺盛で、また、周辺に生える植物の生育を阻害するため、生態系に与える影響が大きく、要注意外来生物に位置づけられています。



仁田峠は、雲仙天草国立公園の雲仙地域の中でも、特別保護地区と第2種特別地域との境界領域にあります。特別保護地区は国立公園の中でも最も重要な区域ですが、このような場所にまで外来種は迫っています。



早速、セイタカアワダチソウを根元から引き抜き、目についたゴミと一緒に回収します。
まだ仁田峠では侵入してからそれほど経っていないのか、セイタカアワダチソウは小さな群落が数カ所で確認されただけでした。



今回、活動範囲内で目についた株は全て除去しましたが、まだ地中に根や種が残っている可能性があるため、みんなで話し合って、数年間は活動を継続する事にしました。

参加して下さった皆さん、お疲れ様でした!!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ