ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう

152件の記事があります。

2011年04月14日国東半島の魅力発見!【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう アクティブレンジャー 指原

4月12日(火)、仏の里として有名な国東(くにさき)半島の北部にある鷲巣岳へ巡視に行ってきました。
ここでちょっと「?」と思いませんか。
なぜ、くじゅうのアクティブ・レンジャーが国東へ行ったのか。

実は鷲巣岳周辺は、瀬戸内海国立公園であり、大分県内の国立公園はくじゅう自然保護官事務所が担当しているのです。
当日は、鷲巣岳の登山道の確認をしました。


登山道は道幅も広く、勾配も緩やかなので、非常に登りやすいです。
周囲を見渡すと、ヒサカキの小さくて可愛らしい花が盛りを迎えていました。


登山口から約30分ほどで到着する山頂付近には、巨石や仏の里の名の通り、石仏などがあり、背筋が自然と伸びるような厳かな空気が漂っています。

そして、山頂を通り過ぎ、少し進んだその先に…
素晴らしい絶景が待っていました!


断崖絶壁の上にせり出した岩からの眺めです。

くじゅうとはまた違った、起伏の激しい山々の斜面に山桜がパッチ状に咲いています。
しばらくこの景色に感動し、その美しさに魅せられていました。

往復1時間の間に、森の新鮮な空気を感じ、神仏文化に触れ、絶景を楽しめる。
国東半島の山の魅力に心を射抜かれた、そんな巡視になりました。

ページ先頭へ↑

2011年04月13日くじゅうの春の衣替え 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう アクティブレンジャー 指原

4月からくじゅうのアクティブ・レンジャーに着任した指原(さしはら)です。これから、くじゅうの新鮮な情報を皆々様にお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします!

さて、アクティブ・レンジャーに着任早々、人生初の野焼きに参加してきました。
3月末には坊ガツルで野焼きが行われましたが、今回、私が担当したのは、ラムサール条約に登録されているタデ原、泉水山、そして一目山の3か所です。

私は、延焼を防ぐ「ジェットシューター部隊」=水かけ部隊として活動しました(写真左)。みんな水袋を背負っています。
飛び火を防ぐため、防火帯(歩いている箇所)に沿って配置します。
防火帯は、野焼きでは非常に重要なもので、輪地切りと呼ばれる草刈と、刈った場所に火を入れる輪地焼きをして出来上がります。
これを造るのが重労働で大変な作業だそうです。

そして、火入れです。
地形を把握し、風をよみ、火の動きを熟知した火入れ係が次々と枯れ草に火をつけていきます。(写真右)
すると…

ゴォーゴォーという轟音と自分の身長をはるかに超える火柱が辺り一面に上がり、一帯はまるで戦場と化します。

野焼きは草原が森林になるのを防ぎ、草原を好む生き物たちのすみかを守るために行われます。また、草原景観を楽しんだり、牧草地としての機能、山火事が起きた場合の防火帯として私たちの身を守る役割もあるそうです。

初めて野焼きを体験して、改めて野焼きの文化を未来につなげていく必要があると感じました。


野焼き前と野焼き後の写真です。
上の2枚はタデ原、下の分は一目山です。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ