ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年9月

6件の記事があります。

2019年09月30日パークボランティア研修「相ノ島調査」

西海国立公園 岡山桂

 こんにちは!

 佐世保自然保護官事務所の岡山です。

 8月3日-8月4日、パークボランティア研修のスタッフとして平戸市宮ノ浦港からチャーター船を利用して20数名の参加者と「相ノ島(新上五島町)調査・研修」に行ってきました。相ノ島は花崗岩がマグマによって持ち上げられてできた島であり、五島列島中通島の東に位置し、宮ノ浦港からは33kmほど離れた場所にあります。無人島の相ノ島ですが昔はヤギの放牧も行っていたそうで、現在も船着き場や神社が残っています。

左:相ノ島全景 / 右:御手洗神社

 写真の植物はモロコシソウとハマボッス。前者は海が近い山の木陰などに生え、黄色い花を咲かせます。後者は海岸などに生え、白い花を咲かせます。葉の付き方が互生と対生で異なっている点など、見た目では似ているようには感じないのですが、調べてみると実は両種ともオカトラノオ属に含まれており、近縁種であることがわかりました。

左:モロコシソウ / 右:ハマボッス

 1日目の夜、宿泊先の赤尾郷の公民館で五島有川小学校元教諭の吉居氏から、坂本龍馬ゆかりの慰霊碑についてのお話がありました。司馬遼太郎著『竜馬がゆく』には、坂本龍馬が結成した亀山社中の船「ワイル・ウエフ号」が五島の塩屋崎で暴風により沈没し、死者11名、生存者3名の事故があり、亡くなった同志の慰霊碑を建てるため龍馬が五島列島を訪れたという旨の記載があります。五島には塩屋崎という地名はないため、吉居氏を含む3名の教諭たちは潮合崎のことではないかと推測し、現地で偶然出会った老人から事故当時の様子が歌われた俗謡を聴き、ついには江ノ浜にて石碑を見つけることができたという小説のような体験を聞くことができました。吉居氏は最後に、「身近なところにも必ず何らかの研究に足る素材があるのではないか。それらに興味を示し、研究を続けたい。」と話を締めました。

左:坂本龍馬が建てた慰霊碑(新上五島町観光商工課提供) / 右:中通島地図

 翌日は、自然や歴史・文化などいくつかの班に分かれて上五島を調査することになり、私は自然観察班に参加しました。中通島の向山では、植物以外にも普段なかなか見られない動物などを見ることができました。

 林道で休憩しているとヒナカマキリという小さなカマキリがいました。本種は日本で最も小さいカマキリで、成虫でも20mm程度しかありません。秋に成虫になるので写真の個体はまだ大人になりきれていない高校生くらいといったところのようです。本州、四国、九州などに生息しているため分布域は狭くはないのですが、小さい上に落ち葉などに紛れているので見つけにくく、今回は運良く見つけることができました。

ヒナカマキリ

 さらに林道を歩いていると、斜面に白っぽいキノコが生えていました。もしかして、と思い掘ってみると思った通り、ツクツクボウシタケでした。一般的に冬虫夏草と呼ばれるものの一種である本種は、名前の通りツクツクボウシを宿主とする菌類です。国内では東北南部以南で広く確認されていますが、知らないと見逃してしまうので私も実際に見るのは初めてでした。調べるために持ち帰った後、九十九島ビジターセンターに提供し、生体展示コーナーで紹介してもらうことになりました。

左:ツクツクボウシタケ / 右:ビジターセンターでの展示の様子

 今回の研修では平戸・九十九島地区での調査では見られなかったものや気づかなかったことを発見することができました。参加者も、普段の活動地域とは離れた島での研修ということで、動植物や歴史、地質など様々な分野について多くの発見があったようで充実した研修になりました。

ページ先頭へ↑

2019年09月25日屋我地のアジサシたち2019 Part2【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。

やんばる自然保護官事務所アクティブレンジャーの上開地です。

何かと忙しくなってしまう夏が終わり、沖縄もミーニシ(新北風)と共に

アカハラダカの渡りが始まり、冬鳥のサシバがやって来る季節になってきました。

冬鳥の訪れと共に沖縄で繁殖を終えた夏鳥達も南の国へ戻っていきます。

沖縄のアジサシ達も、子育てを終えて、今頃は海の上を旅している頃でしょうか。

6月に、屋我地鳥獣保護区でのアジサシの保全活動の始まりを紹介してから間が開いてしまいました。

タイムリーに紹介出来なかった事がちょっと悔しいですが、今年の結果を紹介します。

(ぜひ前回の日記6/26"屋我地のアジサシたち"も合わせてお読み下さい。)

http://kyushu.env.go.jp/blog/2019/06/26/

【7月11日の調査】

前回の6月調査では、エリグロアジサシは早めに繁殖に入っていましたが、

ベニアジサシ達は梅雨明けを待っていた様子で、まだどこを繁殖岩礁に選ぶか分かりませんでした。

事前情報で、ベニアジサシが繁殖岩礁に降りた事と「今年の群はかなり大きい」と聞いていたので、

期待を胸に調査の船に乗り込みました。

 

  取材を受けながら、ベニアジサシの繁殖岩礁の近くまでくるとアジサシ達の声が賑やかに聞こえてきました。

みなさん、アジサシ達の姿が見えますでしょうか?

ベニアジサシの群

 

ベニアジサシの群2 

▲約300羽(繁殖個体では過去最高数)ものベニアジサシ達がコロニーを作っています。

(飛んでいる様子を、ウフギー自然館FBに掲載しています)

この群は、陸地から肉眼でも見えるぐらい大きくて、これまでの調査で過去最高の大きさです。

船を使った繁殖調査の他に定期的にアジサシパトロールを行っているのですが、

その時に区長さんが「昔はこれぐらいの群が他の岩礁にいくつも来ていたよ。」と言っていました。

なんてすごい時代でしょう。羨ましいです。

この日のベニアジサシの群も見とれてしまうぐらい美しかったです。

ですが、安心できる事ばかりではありませんでした。

群を眺めていると大きな鳥が急降下してきました。

ハヤブサ

▲ハヤブサです。

本来は沖縄では冬鳥ですが、時折繁殖に参加しない個体が夏もいることがあります。

鳥類を専門に捕食するので、アジサシの天敵です。

(ハヤブサは、ヤンバルクイナと同じ国内希少野生動植物種に指定されている絶滅危惧種です。)

急降下と共にあっという間に親鳥が捕まってしまいました。

この試練はアジサシ自身が乗り越えなくてはいけない事なので、私達は見守る事しか出来ません。

観察中、ずっとベニアジサシ達は警戒して飛び回っていました。

他の岩礁では、一足先に産卵に入っていたエリグロアジサシ達のヒナが船からでも分かるぐらいにすくすくと育っていました。

トゥイヌシ エリグロアジサシヒナ

▲羽地内海のトゥイヌシ。毎年エリグロアジサシが繁殖に使っています。

夫振岩 夫振岩エリグロアジサシヒナ

▲外海(源河川沖)の夫振岩。毎年釣り人の上陸が多く、なかなかアジサシたちが来てくれませんでしたが、

今年は20羽ものエリグロアジサシが繁殖に来てくれました。

このまま順調にいってくれる事を祈りながら7月の調査は終了しました。

【8月16日の調査】

シーズン最後の8月の調査で、無事に巣立った幼鳥がどれだけ見られるかが、

その年が成功か失敗かの判断基準になります。

先月のハヤブサの様子が気がかりですが調査に出発します。

 

▲7月にベニアジサシで賑わっていた岩礁にアジサシの気配がほとんどありません。

岩礁の上空には小魚を持ったまま旋回するベニアジサシが4羽ほどいました。

岩礁のカラス 

▲見ていると、カラスが2羽、岩礁に降りてうろうろ何かを探しまわっています。

 草むらに入った後、何かを持って飛び立ちました。

▲巣立ち直前のヒナです。

カラス1羽がヒナを持ち去った後も、もう1羽のカラスがずっと執拗に岩礁の上で

残りのヒナを探していました。

おそらく、7月にハヤブサに襲われる前の300羽のコロニーだったら

カラスを追い払う事が出来たはずですが、今年は運悪くハヤブサに襲われて

親鳥が減ってきた所をカラスに襲われてしまったのだと思います。非常に悲しい瞬間でした。

その後も屋我地島を一周して調査を続けたところ、古宇利大橋の橋桁で休む幼鳥たちが見られました。

幼鳥ベニとエリグロ

▲一番左がベニアジサシ、右2羽はエリグロアジサシの幼鳥。

今年は幼鳥がベニアジサシで10羽、エリグロアジサシで25羽確認出来ました。

この数は、センターの調査の中では2番目に多い数です。

なので、本来は喜べる結果ですが、7月のベニアジサシ300羽が順調に繁殖していれば、もっと多くの幼鳥がいたはず...、と思うと残念でなりません。

他にも、羽地内海のトゥイヌシでは釣り人が上陸したり、カラスに食べられたヒナと思われる死体も見られました。

 

▲左が岩礁の上に乗ったサンゴの岩。右はヒナの骨や羽軸です。

このサイズの岩が岩礁に乗るほどの荒波は起きていません。おそらく人が乗せたのだと思います。

右の写真はペレットといって、消化出来ない骨や羽などをフクロウやカラスがはき出した物です。

岩礁の上なのでおそらくカラスだと思われます。

巣立ちの結果はまずまず良かったと思えど、まだまだ安心できる状況ではありません。

アジサシ達はとても長生きする事が分かっています。

(過去の標識調査でベニアジサシ,エリグロアジサシともに最長23年11か月)

しかし、1回の繁殖期に巣立たせられるヒナの数は1羽か2羽ほどです。

巣立ち後の幼鳥がその後繁殖に参加できるまでの生存率は、

他の鳥類を参考にするときっと半分以下でしょう。

7月に見た美しいアジサシたちの群が、

屋我地島含め他の繁殖地でも当たり前の様に見られるように、

もっともっと多くの人に知ってもらえるようになって欲しいと思います。

ぜひ、皆さんも出来る事から御協力いただけると嬉しいです。

「昔も今も沖縄は綺麗だねー。」を目指して一緒によろしくお願いします。

来年もたくさんのアジサシたちが来てくれますように...。

★アジサシについてもっと知りたい方は★

○ウフギー自然館HP 各種資料

・沖縄のアジサシ ・アジサシが繁殖に来ています

http://www.ufugi-yambaru.com/shiryou/panfu.html

○名護市広報"市民の広場"2019年6月号でもアジサシについて紹介してくれました!

http://www.city.nago.okinawa.jp/municipal/2018071300163/file_contents/shiminnohiroba201906all.pdf

今月の1枚「アジサシグッズはいかがでしょうか?」

今年、試作してみたアジサシの缶バッチ。

知り合いの方に差し上げたら早速お子さんが付けてくれました。

皆さんも何かデザインに悩んだら、ぜひ"アジサシ"をモチーフにして、生活の中にアジサシを取り入れてみませんか?

ページ先頭へ↑

2019年09月24日体験型交通安全啓発キャンペーンに参加してきました 【対馬厳原地域】

対馬 近藤 由佳

 こんにちは。対馬自然保護官事務所厳原事務室の近藤です。

 夏の暑さも一段落してきて、秋の気配が感じられる気温になりました。そう!秋と言ったら秋の全国交通安全運動!今年は9月21日~30日の期間に行われます。一足お先に対馬南署が体験型交通安全啓発キャンペーンを行うというので、つばきちゃんと参加してきました。

 会場では、飲酒運転をした時と同じ視野になるゴーグルや、俊敏性がわかる機械があり、みんな楽しく、安全運転について学べるコーナーがありました!

 つばきちゃんも体験!

▲飲酒運転時の視野になるゴーグル

▲俊敏性テスト(光が上から順に降りてくるので、手を置いているところに来たら握る)

 俊敏性テストでは、つばきちゃんは5回とも失敗...俊敏性の年齢は実年齢プラス10歳という判定でした...(実年齢はヒミツ)

 俊敏性を鍛えないとね、つばきちゃん!

 秋から冬にかけて、ツシマヤマネコの移動が活発になる時期になります。中にはつばきちゃんのように俊敏性があまり高くないヤマネコもいるかも!?これからの時期、特にヤマネコの道路への急な飛び出しに気をつけた安全運転をお願いします。

ページ先頭へ↑

2019年09月10日市民の森で自然観察!「わんぱくトライアル」・「ファミリーキャンプ」実施報告 【出水地域】

出水 本多孝成

 出水自然保護官事務所の本多です。

 今回は、出水市青年の家主催事業「わんぱくトライアル」(8月8日(木))および

「ファミリーキャンプ」(8月25日(日))のプログラムとして実施した自然観察活動の

様子をお伝えします。

 出水自然保護官事務所では、昨年度より上記の事業において講師として協力させて頂いており、

今年度は、「わんぱくトライアル」ではマウンテンバイクを使った自然観察、「ファミリーキャンプ」

では身近な自然と触れ合う活動のご依頼を頂きました。

※各事業の概要はこちらhttps://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/page/page_50035.html

(出水市HP、青年の家イベント情報ページにジャンプします)

*******************************************************

<わんぱくトライアル>

 「わんぱくトライアル」のマウンテンバイクを使った自然観察活動では、青年の家に隣接する

市民の森の遊歩道(計5.5km)をマウンテンバイクで移動しつつ、途中三か所で自然と触れ合う

アクティビティを行いました。

 

▲マウンテンバイクで移動中...

 子どもたちが上り坂を一生懸命に進む姿が印象的でした。私も一緒にマウンテンバイクで

 移動しましたが、想像以上に過酷な道のりでした。しかしその分、森のにおいや風の心地よさを

 堪能することができました。

(1)

 

(2)

 

(3)

 

▲各ポイントで実施したアクティビティ。

 (1):周囲の音を、線や記号等、自分なりの表現を用いて地図にするゲーム(サウンドマップ)を

     行いました。鳥の鳴き声や風の音を始めとする、様々な自然由来の音を聞きとることができ

     ました。

 (2):昆虫採集を行いました。昆虫が好きな子も嫌いな子もお互いに協力しながら採集していました。

     時折、大物を捕まえたときの歓声や昆虫が苦手な子どもたちの絶叫がこだまし、終始賑やかな

     時間になりました。

 (3):松かさ(松ぼっくり)を、チームで協力してできるだけ高く積み上げるゲーム

     (松ぼっくりタワー)を行いました。ただ積み重ねるのではなく、2つの松かさの「カサ」の

     部分をプラモデルのようにかみ合わせたり、他のチームの状況を確認する偵察係を設けたり

     する等、チームによって独自の創意工夫が見られました。

*******************************************************

<ファミリーキャンプ>

 「ファミリーキャンプ」では、身近な自然と触れ合う活動として、自然のモノや形をビンゴ形式で

発見するゲーム(ネイチャービンゴ)を実施しました。

(1)

(2)

 

(3)

 

▲(1):当日使用したビンゴカード。当日は雨が降っており、本来であれば野外活動に適さない

     状況でしたが、雨ならではの自然も楽しんで頂きたいと考え、「みずたまり」や

     「ぬれたはっぱ」等の項目を盛り込んだ雨天用のビンゴカードを使用しました。

 (2):ネイチャービンゴの様子。慣れ親しんだ場所である市民の森が、雨によってどこか神々しい

     雰囲気に包まれていました。子どもたちや保護者の方々は、最初は躊躇した様子でしたが、

     ゲームが終わる頃には多少の雨は誰も気にせず、雨ならではの自然観察を楽しんでいました。

 (3):ビンゴゲーム中、特に参加者の方々の視線を集めたのが、この大きなナメクジ(ヤマナメクジ?)

     です。縮んだ状態でも体長10cmはありそうな、一般的なナメクジ観(?)を覆すスケール

     でした。保護者の方々が苦笑いで眺める中、子どもたちは興味津々の様子でした。

 ゲーム終了後、マスの一つである「雨ならではの○○」について、何が見つかったかを子どもたちに

尋ねたところ、「雨水が地面を流れていて、小川のように見えた」や、「雨粒が木に生えたコケ類をつたう

光景が美しかった」との、素敵な発見を教えてくれました。

 一般的に雨の日は、ネガティブなものとして捉えられがちですが、一方で雨の日にしか見ることが

できない自然の光景や魅力があるように思います。

 市民の森においては、これまでにも野鳥観察会等の自然観察活動を実施してきましたが、その度に新しい

発見があり、いつもわくわくさせてくれる場所です。今後も沢山の方々に市民の森を好きになってもらえる

ような活動ができればと考えています。

 今回このような機会を下さった出水市青年の家の皆さま、そして参加者の皆さま、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2019年09月09日今年のサンゴのモニタリング調査

西表石垣国立公園 神保彩葉

こんにちは。石垣自然保護官事務所の神保です。

6月~8月が一瞬で過ぎていきました。

もう9月という事実が信じがたいですが、石垣の夏はまだまだ続きそうです・・・。

さて、今年もサンゴのモニタリング調査を行っております。

コドラート内のサンゴを調べる調査員

今年は、どの地点も調査は長期戦。

なぜなら新しい小さなサンゴがたくさん加入しているからです。

とても嬉しいことですね。

ただ、1つのポイントを平均2時間以上、水中でじっとしていると、

さすがの夏場でも、体が冷えるようです。

ところで、サンゴも病気にかかるということを知っていますか?

近年、石西礁湖ではサンゴの病気が増えています。

病気にも様々なものがあり、詳しい原因は、未だ分かっていないのですが、

地球規模の環境悪化、それに伴うサンゴの免疫力の低下、

そして、私たち人間の活動とも無縁ではないと言われています。

(サンゴの病気:例)

  

病気①ホワイトシンドローム 

病気②腫瘍

病気③ブラックバンド

上の3つ以外にも、サンゴの病気はいくつかあり、いずれもまだまだ解明されていないことばかりです。

さて、調査中に真っ白な赤ちゃんサンゴを発見。

調査員に肩を叩かれ、指を指した岩場の裏をのぞいてみると、

真っ白サンゴのすぐ近くに、サンゴの天敵、オニヒトデを発見しました。

白かったのは、オニヒトデが食べた跡でした。

見つけたオニヒトデ

こんなに小さなサンゴも食べてしまうとは、恐れ入りました。

今年は台風も定期的にきているためか、海水温はさほど上がらず、

大規模な白化現象は起きていませんが、サンゴを脅かすものは、

単に白化現象だけではないようです。

八重山周辺の気になるサンゴの情報等がありましたら、

下記センターまで、是非お寄せ下さい。よろしくお願いします。

【国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター】

住所:沖縄県石垣市八島町2-27
TEL:0980-82-4902 FAX:0980-82-0279

Mail:coremoc@sirius.ocn.ne.jp

HP:http://kyushu.env.go.jp/naha/coremoc/index.html

ページ先頭へ↑

2019年09月06日知林ヶ島展望台など修繕しました 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

指宿の現地確認と知林ヶ島の展望台の手摺などの修繕を行ってきました。

【ビオトープ池・野営場】

 7月の大雨の影響で、指宿園地ビオトープ池に隣接する休憩所横の枕木歩道が、ビオトープ池側に移動して落ちそうになっていました。また、野営場内トイレ・シャワー棟出入口の地面が周囲より窪んで水溜ができているところがあったのですが、確認すると依頼した工事が完了して安全に使用できるようになっていました。

休憩所横の木道歩道(2019年7月撮影)  石材を使用した補修(2019年9月撮影)

▲ビオトープ池休憩所横の枕木歩道        ▲石材を使用した補修

野営場トイレ・シャワー棟の水溜(2019年9月)  水溜及び雑草対策コンクリート打設(2019年9月撮影)

▲野営場トイレ・シャワー棟の水溜        ▲水溜及び雑草対策のためコンクリート打設

【知林ヶ島】

 知林ヶ島に渡るため、野営場の奥に進むと砂洲出現予測時刻の通りに砂洲が出現し、砂洲には砂浜に波の跡が残って綺麗でした。

砂洲から見た知林ヶ島(2019年9月撮影)

 知林ヶ島の展望台は南展望台と北展望台があります。

両方の展望台の手摺に触れるとぐらつきがあるため、支柱を金具で固定しました。

どう設置すれば固定されるのか試行錯誤しながらの作業となりました。

また、階段の踏板のたわみや釘が抜けている箇所にビスを打ち直すことで、

踏板を踏んだ時に安定するようになりました。

南展望台手摺修繕前(2019年9月撮影)

▲南展望台:ぐらつきのある柵

南展望台手摺金具取付作業(2019年9月撮影)

▲金具の取付作業

南展望台手摺金具取付後(2019年9月)

▲金具の取付後

次に北展望台に移動します。

途中の歩道では外れた柵があったので、その柵にも金具を付けることでしっかり固定されました。

歩道柵修繕前(2019年9月)歩道柵修繕後(2019年9月撮影)

▲歩道の柵が外れている             ▲金具取付後

北展望台でも南展望台同様に手摺の固定と階段のたわみを解消するため修繕を行いました。

北展望台手摺修繕前(2019年9月撮影)  北展望台手摺修繕後(2019年9月撮影)

▲北展望台:ぐらつきのある柵          ▲金具の取付後

北展望台階段修繕前(2019年9月撮影)  北展望台階段修繕後(2019年9月撮影)

▲階段の釘が抜けかけている           ▲釘を打ち直しビスで補強した

北展望台からは眼下に知林ヶ島の小島と奥には空気が澄んでいたため桜島も望むことができました。

残暑が厳しい中での作業でしたが、気持ちを切り替えて作業をすることができました。

北展望台から見た眺め(2019年9月撮影)

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ