ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年11月

9件の記事があります。

2017年11月30日思い出日記Part1:ハナシノブの検討会を開催しました!

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 古賀いずみ

皆さんこんにちは。

前回に引き続き、九州地方環境事務所、野生生物課より古賀です。

小学生の夏休みの終盤のように書き貯めをしております。

だいぶ逆上ること5ヶ月前、

6月の下旬に「ハナシノブ」に関する現地視察を含む検討会を行いました。

*ハナシノブについて→http://kyushu.env.go.jp/wildlife/mat/m_1_1_4.html

*検討会のメンバーの皆さんです。(ハナシノブ生育地にて)

前々日まで、梅雨の時期にも関わらず嘘のように晴天が続いていたのですが、

なんと検討会前日の夕方、急に黒い雨雲がやってきて雨が降り続き、開催が危ぶまれました・・・。

当日、少しずつ天気が回復し、何とか開催することができました!

皆さん「本当に今日はあるのだろうか・・・」と心配されながら遠方よりはるばるお来しいただきました。

*この日見られた「ハナシノブ」です。

雨に濡れて、晴れの日に見られるものとはまた違った表情をしてました。

しっぽりと咲いているといった感じでしょうか。

*「ツクシマツモト」もわずかですが咲いていました。この花も希少な草原性植物です。

*例年でしたら青々とした「緑」の草原の中に、ハナシノブの「青」とツクシマツモトの「赤」が点在し、

お花畑のような感じで見事なのですが、今年はツクシマツモトが極端に少なく華やかさに欠けました。

ツクシマツモト、どうしたのでしょうか・・・

検討会メンバーのお一人の方が、咲き誇るハナシノブを前に次のようなことをおっしゃってました。

    「昔、ここにハナシノブがあると発見したときは、ほんの数本しかなかった・・・

     それが草刈りや草除去を行うことで少しずつ増え、現在の状態までになった・・・」

                               (*現在1000本ないくらいです。)

ハナシノブが少なかった頃の記憶を確かな映像として持っていらっしゃる。

長年ハナシノブを見てこられたのだな・・・と感慨深いものがありました。

この後、別の生育地もまわり、場所を室内に移し検討会を行いました。

検討会では、皆さんから様々なご意見をいただきました。

多方面からのご意見は、どれも大変貴重です。

全てが終わったのは夕方4時半すぎくらいだったでしょうか・・・。

皆さんそれぞれに帰路へとつかれました。

当日は朝早くより本当にありがとうございました!!

ページ先頭へ↑

2017年11月29日草刈りとカダヤシ駆除

霧島・錦江湾国立公園 鹿児島 前平理恵

11月19日(日)、パークボランティア活動に参加してきました。パークボランティアの方々や休暇村指宿のスタッフの方々と一緒に、指宿市のビオトープ池周辺の草刈りを行いました。草刈り後には散策路もすっきりとして、隠れていたベンチも気持ちよく使える状態になりました!

鎌で丁寧に草刈りをしてくれました。

                    ▲鎌で丁寧に草刈り

また、草刈り作業の後に、特定外来生物「カダヤシ」の駆除にチャレンジしました。

特定外来生物とは、海外からやってきた外来生物のうち、特に生態系や人の生命・身体、農林水産業へ大きな被害を与える可能性のあるものとして指定されたものです。最近では特定外来生物の「ヒアリ」が大きな話題を呼んでいますね。

「カダヤシ」は、蚊の幼虫であるボウフラを食べてくれるし、なおかつどんな環境でも生き延びやすい、さらに強力な繁殖力を持っていることから、蚊の駆除を目的として台湾などから意図的に持ち込まれた生物です。しかし、そのタフさと繁殖力の強さが仇となり、また攻撃性も強いことから、もともと日本にいた生きもの達を生態系から追い出してしまう危険性を持ち合わせています。同じ生息環境で生きる日本古来のメダカを例にとると、メダカを攻撃する→メダカの繁殖率が下がる→しかしカダヤシの繁殖率は下がらない→結果的にカダヤシばかりが増えてメダカがいなくなってしまう、という状況になってしまいます。また、カダヤシは水面に浮く動物を食べるため、水面近くを泳ぐメダカの赤ちゃんも食べてしまいます。

メダカとカダヤシのちがい。見た目が似ていますが、尻びれや尾びれの形が違います。

▲メダカとカダヤシの違い

「カダヤシ」も「ヒアリ」も、飼ったり生きたままどこかへ持って行ったりすることは法律で禁止されています。違反したら罰金を払わなくてはならない可能性もあるのですよ!

この「カダヤシ」、見た目はメダカそっくりで、池にいるカダヤシをメダカと間違えてお家に持って帰ってしまう人がいるほどです。

国立公園から特定外来生物が拡がってしまう!これはいけない!ということで、カダヤシの駆除を試みようとしたところです。

(※外来生物の3原則は、「入れない」「捨てない」「拡げない」です!)

居合わせた親子も一緒にカダヤシ採集。兄弟そろって夢中。 ボランティアのおじさんも負けじと網をふります。

   ▲兄弟そろって生きもの採集に夢中           ▲おじさんも負けないよ~

今回は、たまたま居合わせた親子と一緒にカダヤシを捕まえました。寒いせいか夏に比べて捕まえるのが難しかったですが、30匹ほど駆除することができました。「駆除」と言っても、勝手に連れてこられて勝手に駆除されているカダヤシにとってみれば、人間に振り回されているとしか言いようがありませんよね。駆除しながらいつも悶々と考えることがありますが、「何かにとっての良いことの裏には、別の何かにとっての悪いことがあるかもしれない」ことを忘れてはいけないなあと思う日々です。

その他にもいろいろな生きものに出会い、ついでに生きもの観察もすることができました。

他にもツチガエルやヤゴ、ゲンゴロウの仲間に会いました。

みなさん、メダカと思っているそのお魚、カダヤシだったりしませんか??

ページ先頭へ↑

2017年11月27日ゴイシツバメシジミの生息地も色づきました!

九州地方環境事務所 野生生物課 古賀いずみ

みなさんお久しぶりです!

九州地方環境事務所、野生生物課の古賀です。

先日、たった1円玉ほどの小さなチョウに関する調査に同行してきました。

このチョウ、「ゴイシツバメシジミ」というチョウで、白地に黒の斑点が碁石のように並んでいるのが特徴で、「原生林」の中で暮らしています。

(参考:ゴイシツバメシジミについて http://kyushu.env.go.jp/wildlife/mat/m_1_1_2.html )

   

*原生林とは、ほとんど人の手が加えられたことのない自然のままの森林です。

秋も終盤ですが、木々はまだ美しく色づいていました。

    

*このチョウを長年研究していらっしゃる先生方です。

 チョウが好む植物の状態を確認されています。

 チョウを探すのもチョウが好む植物を探すのも双眼鏡でとなります。

 とても根気のいる作業です。

調査を終えたのは、夕方5時前だったでしょうか・・・。

今日は寒さが凍みる1日でした。

ここら辺一帯は地震の影響で崖崩れが多く、冷や冷やしながら現地にやっと辿りつくといった状況にあります。

今日も調査に入られる先生方が無事に1日を終えられほっとしました。

来年度もゴイシツバメシジミがチラチラと舞ってくれるでしょうか・・・。

*帰り道、ヤマドリが道案内をしてくれました♪

ページ先頭へ↑

2017年11月20日屋久島の紅葉

屋久島国立公園 池田 裕二

屋久島の山間部でも巡視中に紅葉をよくみかけるようになってまいりました。

秋の山というと、やはり紅葉を思い浮かべる方が多いと思います。

一般的に紅葉というと、モミジ、カエデの仲間が赤や橙に色づくというイメージですね。

山が真っ赤に染まる姿は、感動的なものです。

モミジ、カエデなどの葉が広めで秋に紅葉し、冬に葉を落とす樹木を落葉広葉樹と呼んでいます。

これらは屋久島にも自生していますが、森を構成する樹種の割合からすると少ないグループです。

屋久島の森は一年中青々とした葉を茂らせる常緑樹といわれるものを中心に構成されています。

低地ではシイ、カシ、ツバキの仲間などの常緑樹が大半を占め、標高が高い場所ではそれらに加えてスギ、モミ、ツガなど常緑の針葉樹が混在します。

常緑樹が多い屋久島の森では秋に一斉に紅葉する、ということをしないため、屋久島では山一面が赤く染まった景色には出会えません。

その代わり、森の中にぽつりぽつり点在する落葉樹などが赤く色づく姿を見かけることができます。

縄文杉へ向かうまでのトロッコ道ではヤマザクラやヤクシマオナガカエデ、ハリギリなど、黄や赤みがかった落ち葉が足元を彩ります。

森を彩る落ち葉

▲林床を彩る落ち葉

屋久島の「着生植物」には秋に紅葉する落葉樹も多く、屋久杉のような大木をふと見上げると、そこに色づいた紅葉を見ることもできます。ヤマシグレやナナカマドといった樹種が見られます。着生植物が多い屋久島ならではの光景です。

屋久杉に着生し紅葉する木々

▲屋久杉に着生して紅葉する木々。

薄暗い屋久島の森の中で、ぽつりぽつりと点在する紅葉はとてもよく目立ちます。

そんな紅葉を見つけると珍しい花を見つけたような嬉しい気持ちになります。

山の朝夕は寒くなってまいりました。暖かい上着を準備してトレッキングをお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2017年11月14日根子岳の紅葉【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 大津 花

各地で紅葉シーズンを迎えていますね!

阿蘇の紅葉の様子をお知らせします。

阿蘇五岳のなかで末っ子とも呼ばれる根子岳(ねこだけ)に

登山道パトロールに行ってきました。

 △大観峰より (11月6日17時頃撮影)

根子岳は大観峰から見て一番左手、山頂はギザギザしています。

阿蘇五岳は涅槃像(ねはんぞう)とも呼ばれ、根子岳は顔の部分にあたります。

そして五岳のうち根子岳だけが紅葉します。

今回は根子岳の『前原牧野ルート』から登りました。

距離が短い分、急勾配で息もかなり上がりましたが、

道沿いにロープが整備されており、安心して登れます!

ふかふかの落ち葉や黒土の上を歩き、

約90分で山頂『東峰』へ到着しました。

標高1408m東峰からの様子がこちら!

 △東峰から眺めた天狗岩(11月7日撮影)

 △東峰から眺めた祖母山方面(11月7日撮影)

落葉まで終わっている木もあり、もうピークは過ぎたようにも感じられました!

紅葉はもう終わりがけですが、

阿蘇地域では、草原の輪地切り・輪地焼きが進められており、

白く輝くススキや、雲海などの景色も見られる季節となりました。

晩秋の阿蘇も見所満載です。ぜひお越しください!

ページ先頭へ↑

2017年11月06日くじゅう紅葉シーズン 秋の深まり

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 小泉 敦

くじゅうの秋も深まり、紅葉シーズンもあと残りわずかになってきました。

今回は先週末に巡視に行った沓掛山と、本日の男池の紅葉を皆さんにお伝えします。

沓掛山は標高1503メートルで他のくじゅう連山の頂上より少し低いですが、紅葉の色づきは終わりに近づいています。

     ▲沓掛山のからの様子(H29.11.4)

本日の長者原周辺の様子です。

標高1000メートル位の長者原はまさに今が見頃です。

 

                ▲長者原付近の様子(H29.11.6)▲

次に標高850メートル位にある男池の紅葉の様子です。

今年は赤の色づきが少し薄い様ですが、地面にも紅葉した落ち葉が広がり、とても幻想的な世界になっています。

男池は黒岳の原生林がある登山道で、他とは違った景観を私達に見せてくれます。

 

                ▲男池遊歩道の紅葉と男池(H29.11.6)▲

現在見頃の紅葉も刻々と色が移り変わってゆきます。

まさに、今が見頃のくじゅうエリアの紅葉ですので、今しか見られない紅葉を楽しんで下さい。

ページ先頭へ↑

2017年11月03日パークボランティアで口永良部島へ!②【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

1024日~25日に、屋久島国立公園パークボランティアの会の皆さんと口永良部島に行ってきました!

今年の7月に第一回目の活動があり、今回は二回目の活動です。

↓↓7月の活動については下記バックナンバーをご覧ください↓↓

2017年7月21日・アクティブレンジャー日記】http://kyushu.env.go.jp/blog/2017/07/post-348.html

 

前回に引き続き、今回も口永良部島の海岸清掃が目的です!

前回取り切れなかったゴミや台風などで打ち上がった新たなゴミを回収しました。

   

島についてすぐ、島民の方が台風21号の影響で大量のゴミが流入した西之湯温泉を清掃していたので、そちらに向かいました。

駆け付けると、ちょうど作業が終わった頃だったようで、大量のゴミが集められていました。

  

西之湯の清掃を終えた島民と回収した西之湯のゴミ

▲西之湯の清掃を終えた島民の皆さん(左)と集められたゴミ(右)。

前回と同じく西之湯周辺の海岸清掃を予定していましたが、波が高く海岸に降りられなかったため断念しました。代りに、島民の方が集めた漂着ゴミをパークボランティアで回収・処理することにしました。

 

予定していたもう一つの海岸、岩屋泊は予定通り清掃することができました。

  

岩屋泊の海岸清掃の様子

▲岩屋泊の海岸清掃の様子。

ちょうど台風21号が過ぎた頃で、またすぐ22号が接近中だったためか、強風が吹き海もしけていました。

しかし気温が低かったので作業ははかどりました。

 

海岸に打ち上がったゴミ

▲大量のペットボトルやウキ、発泡スチロールが漂着していました。

 

最終的に、8人で1t用フレコンバック8袋分のゴミを回収しました。

 

集合写真

▲回収したゴミと記念撮影♪お疲れ様でした。

 

最終日、出航まで少し時間があったので、口永良部島の里めぐりをしました。

 

商店に入るボランティアのみなさん

▲島に2店舗しかない商店のうちの一つ。店主の方が作って販売している夜光貝細工がとても繊細で美しい!

 

金岳小中学校の校庭で児童が遊ぶ様子と校舎にいるネコ

▲金岳小中学校。昼休み、児童のみなさんと先生は校庭でサッカーをしていました。

校舎にはネコのたまこさんも(^^)

校内には口永良部島の歴史資料コーナーがあり、事前に連絡して見学させてもらうこともできます。

 

金峯神社の写真

▲金峯神社。夏には伝統行事も行われる絶景の神社。

 

本村港と新岳の写真

▲本村港と2015年5月に噴火した新岳。この日は火口から白い噴煙が少し出ていました。

 

今回の活動で、取っても取ってもまた流れ着く大量のゴミと、被害のたびに片付ける島民の方々を目の当たりにして、離島の漂着ゴミ問題の深刻さを痛感しました。

また、回収したゴミのほとんどがウキやペットボトル、洗剤容器などのプラスチックや発泡スチロールだったこともあり、マイクロプラスチック(※)などによる生物への影響も心配になりました。

 

※マイクロプラスチック...紫外線や熱、波などで微細になった5mm以下のプラスチック片や化粧品に含まれる「スクラブ剤」。有害な化学物質を吸着する性質があり、海洋生物がマイクロプラスチックを摂食することで有害化学物質が生物組織に移行・蓄積するとして、近年、海洋生態系への影響が懸念されている。

 

まずは私たち一人ひとりができることを実行しましょう!

①環境中にゴミを出さない。

洗顔料や歯磨き粉に入っている「スクラブ剤」もマイクロプラスチックです。下水処理施設を通過して海へ流出しています。

②海岸清掃。

海洋に流出したマイクロプラスチックの回収はほぼ不可能です。マイクロ化する前にゴミを回収しましょう。

③3R(スリーアール)。

・リデュース(Reduce)...物を大切に使い、ゴミを減らす

 【必要ない物は買わない、もらわない、マイバックを使う】

・リユース(Reuse)...使える物は繰り返し使う

 【詰め替え用製品を選ぶ、いらなくなった物を譲り合う】

・リサイクル(Recycle)...ゴミを資源として再び利用する

 【ゴミを正しく分別する、ゴミを再生して作られた製品を利用する】

ページ先頭へ↑

2017年11月03日今年も出前授業を実施しました!【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

9月から10月にかけて、屋久島町立小瀬田小学校5年生と神山小学校4年生を対象に、教室と野外で出前授業を実施しました。

 

教室授業の様子

▲教室授業の様子。(神山小学校)

国立公園や世界遺産、屋久島の自然環境やレンジャーの仕事について話をしました。

 

野外授業は、小瀬田小学校の皆さんは島の東部にある田代(たしろ)海岸に出かけました。学校から車で20分弱と近場ですが、屋久島国立公園にもなっている自然豊かな海です。

田代海岸に流れ込む田代川で生き物や水質を調査したり、海でビンゴゲームをしながら生き物を探しました。

 

川で生き物調査する様子

▲川で生き物採集をする様子。中には全身水に浸かって泳ぐ子もいました。

 

採集して生き物

▲採集した川の生き物。写真には写っていませんが、トビケラやカゲロウなどの指標生物(水質を判定するときに探す生き物)もたくさんいました。

 

指標生物を観察して水質を調べる様子

▲生き物を観察する様子(左)と指標生物の数を数えて水質を判定している様子(右)。

 

神山小学校の皆さんは、島の南西部にある栗生塚崎(くりおつかさき)海岸に出かけました。ここも屋久島国立公園です。

海岸ではたくさんの生き物を見つけることができました。

 

海岸で生き物を探す様子

▲タイドプール(潮だまり)で生き物を採集する様子(左)。大きなカニを捕えようと大奮闘!

ナマコに触ることをためらう子どもたち(右)。触れてみると「あっ、つるつるで気持ちいいね!」と、新たな発見があったようです。

 

見つけた生き物

▲①イソカニダマシ(左のカニのような生き物。ヤドカリの仲間)とカニと魚②ムラサキクルマナマコ

③シャコ④ウデフリクモヒトデ⑤オウギガニ⑥トビ「騒がしいなぁ...」

 

レンジャーの仕事も体験しました。

 

看板清掃をする様子

▲レンジャーの仕事体験(看板清掃)の様子。雑巾でゴシゴシ!とてもきれいになりました。

 

貝殻採集もしました。たくさんの貝殻が打ち上がっているのも、この海が豊かな証拠です。

 

貝殻採集の様子

▲採集した貝の見せ合いっこ(左)。「こんなにきれいな貝があったよ!」

学校に持って帰る貝を厳選中(右)。

 

この海岸はウミガメもやってきます。

産卵・ふ化シーズンは終了しましたが、母ガメが産卵のために掘った穴や卵の殻は浜に残っているので、そちらも観察しました。

 

ウミガメの上陸跡を見学する様子

▲母ガメが掘った跡を観察する様子(左)と卵の殻(右)。

 

学校に戻ってから、採集した貝の標本と、海岸で見つけた生き物の地図を作りました。

授業の最後は一人ずつ子どもレンジャー認定証を授与しました!

 

認定証授与式の様子

▲認定証授与式の様子。

 

また、今年も神山小学校でふるさと先生として授業をする機会を頂きました。

ふるさと先生授業は、神山小学校の学校自由参観週間における授業の一コマで、地域で活動する人を講師に招き、話を聞いたり物作り体験をしたりし、保護者や地域の方は自由に授業を参観することができます。

私たちは昨年から4年生のふるさと先生授業に呼んで頂いています。

授業では、児童が作った海岸の生き物地図を使って生き物どうしのつながりを学びました。

 

児童が作成した生きものどうしのつながり

▲班ごとに作成した生き物どうしのつながり。

生き物とそのエサになる生き物を糸でつなぎました。一見関係なさそうな生き物どうしも、複雑に関わり合っていることが分かりました。

 

今年度の出前授業も無事終了しました。学校の先生方には大変お世話になりました。

ふりかえると、屋久島の自然の豊かさゆえに「あれも見せたいこれもやりたい!」と授業ネタが尽きず、授業時間内にプログラムを収めることに苦労するという、贅沢な?悩みもありました。

屋久島は本当にすごい環境だなぁと改めて実感しています。

しかし、このような日本を代表する素晴らしい自然や世界レベルの自然があるのに、屋久島の自然のことを知らない子や、自然と触れ合う機会が少ない子が多いのが現状です。

この貴重なフィールドを生かして、これからも屋久島の自然に興味関心をもってもらえるような授業に取り組んでいきたいと思います(^^)

ページ先頭へ↑

2017年11月01日IUCN視察が終わりました!【徳之島地域】

徳之島 奄美管理者

徳之島自然保護官事務所・アクティブレンジャーの立尾です。

みなさま、どんな秋をお過ごしでしょうか?

わたしは楽しみにしていた全島一闘牛大会を、連日のハードワークもあって(⁉)寝過ごし、見逃しました。前夜には闘牛を乗せているのであろうトラックがにぎやかに通る音も響き、お祭り前夜の楽しさが満ちていたのですが、、残念です。

翻って徳之島の夜の林道は、アマミノクロウサギやアマミハナサキガエルの赤ちゃんが続々と生まれ、活況を呈しています。薄暗くなってきた頃にはぴょんぴょんジャンプして移動するトクノシマトゲネズミも多く見られており、いつも以上にゆっくりした走行を心掛けています。

そしてそして!!!とうとう世界自然遺産候補地・徳之島のIUCN視察が終わりました。

IUCNとは、International Union for Conservation of Nature and Natural Resourcesの略で、国際自然保護連合のことです。本部はグラン(スイス・ジュネーブ郊外)にあります。この度、徳之島が世界自然遺産にふさわしいかを決めるための調査に来られました。

(※そもそも世界遺産は、ユネスコ(United Nations Educational , Scientific and Cultural Organization)の、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録されたものを指します。"顕著で普遍的な価値"を有し、未来に残すべき、国境を超える人類の宝であるものが登録されるのですね!)

視察当日の朝には、強風雨の影響で木が倒れて道が塞がれるというハプニングも起こりしましたが(地元関係者の協力もあってすぐに対応することができました)、今年最大のヤマ場が恙なく終了し、一同胸をなで下ろしています。

生きもの大好きなお二人が来徳されました。