ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

やんばる

25件の記事があります。

2013年06月20日夏の海の渡り鳥 アジサシが飛来しています。【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。
やんばる自然保護官事務所アクティブレンジャーの上開地です。

沖縄は今年6月14日に梅雨が明け、熱い太陽が肌を射す日々が続いています。
沖縄に住む女性にとって、日焼け対策はとても大変な事だと思います。
(ちなみに私は日々日焼け対策を怠っているので、梅雨明け前から黒くなり始め、今も順調に日焼け進行中です。)

熱い日差しの合間にカタブイ(沖縄地方独特の通り雨の事)して、綺麗な虹が見れたりと夏らしい気候になってきました。

山からは様々なセミの大合唱が聞こえ、事務所の中からでも夏を感じさせてくれます。
そして海へ出かければ、青空を背景に、夏の渡り鳥であるアジサシ達の姿を見る事が出来ます。

エリグロアジサシ(2013年6月)

沖縄にやってくるアジサシの仲間のほとんどは、夏になると繁殖のために南の国からやってくる渡り鳥です。美しい流線型の体の形をしており、海上から小魚を狙ってダイブし、エサを獲ります。
やんばる地域では主に、エリグロアジサシとベニアジサシを見る事が出来ます。

ポットで休息するベニアジサシ(2012年7月)

5月頃から少数が飛来し始め、梅雨が明ける頃には本隊も到着し、海辺の岩礁で営巣します。
親鳥は岩礁のくぼみや草の上に卵を産み、日差しで卵が熱くならないように抱いて守ります。親鳥が卵を抱かないと、卵の温度が高くなり、中の雛が死んでしまうのです。

やんばる自然保護官事務所では、国指定屋我地鳥獣保護区においてアジサシ類の繁殖状況調査を行っています。
(国指定屋我地鳥獣保護区についてはセンターホームページをご覧下さい。http://www.ufugi-yambaru.com/torikumi/hogo_yakati.html

昨年はエリグロアジサシ約100羽、ベニアジサシ約120羽の飛来を確認しています。しかし、これらの中から繁殖に成功し、無事に雛が巣立てる数はごくわずかです。ベニアジサシについては過去2年間、巣立ち雛の確認がありませんでした。

これから沖縄は台風が来る季節。
岩礁で繁殖するアジサシたちは、風雨や荒波に耐えなければいけません。

厳しい自然環境を生き抜いているアジサシですが、夏は私達人間の夏のレジャーが盛んな時期でもあります。
ジェットスキーや釣りなどで、人が岩礁に近づいたり上陸してしまうと、親鳥が巣から離れてしまいます。そのまま親鳥が巣に戻れず、長い時間卵が太陽にさらされてしまうと、卵が焼け死んでしまうこともあります。

ここ数年のセンターの調査では、観察されたアジサシの飛来数に大きな変化は見られないものの、
昔の海を知る方に話を聞くと、もっと沢山のアジサシたちが訪れていたそうです。(群れの向こう側の景色が見えないくらい!)

鋭い爪もくちばしも持たないアジサシたちは、厳しい環境ではありますが、外敵の少ない岩礁で営巣します。また、群れで営巣する事で、カラスなどの外敵から巣を守ります。集団が大きくなれば巣を守る力もきっと強くなることでしょう。

夏と冬で、長距離を移動するアジサシ。
沖縄に来るベニアジサシはオーストラリア北部から渡ってきている事がわかっていますが、エリグロアジサシについては、どこで越冬しているのかわかっていません。

アジサシ達の数が過去に比べて少なくなってしまった原因も詳しいことは分かっていませんが、
今後も、営巣状況をモニタリングし、人間にとってもアジサシたちにとっても住み良い海(環境)でいられるように、いろいろな方と協力していきたいと思います。

私達一人一人が出来る事から実行していきたいですね。
海のレジャーの際には、アジサシだけで無く、他の海の生き物への配慮もよろしくお願いします!

ご協力よろしくお願いします。

ページ先頭へ↑

2011年10月07日身近な生き物展示in クイナ(917)の日まつり!【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

10月に入り、昼はまだまだ日差しが厳しいやんばるですが、明け方は暖かい毛布が欲しくなるほど涼しくなってきました。
内地で夏を過ごしたアサギマダラやキセキレイ、サシバも続々とやってきています。
やんばるもいよいよ秋です。

10/6の國吉アクティブレンジャーの記事の続編(追加)になりますが、
9月17日は国頭村議会が2004年に宣言したヤンバルクイナ(917)の日です。
今年はヤンバルクイナ発見(新種認定)30周年という事で、「クイナ(917)の日まつり」が国頭村やんばる学びの森で9月17日(土)に行われる予定でした。

が、台風15号接近の予報のため、10月1日に延期となってしまいました。
今年の台風はどれも週末を狙ってやってくるので「週末台風」と皆さん呼んでいます。

待ちに待ったお祭り当日。
早朝、外にはどしゃ降りの雨音が鳴り響き、私はこのまま中止になってしまうのではと、ドキドキ心配していましたが、開催準備の時には雨も上がり、雲のおかげでほどよく涼しいお天気となりました。

今回の私のメインの担当はウフギー自然館でも行っている『身近な生き物展示』です。
ヤンバルクイナも多く生息しているやんばる学びの森は、とても豊かな自然にかこまれており、ウフギー自然館周辺とはまた違う生き物たちが沢山見られます。
前々日から生き物を採取して準備したところ、オキナワキノボリトカゲ・シリケンイモリ・リュウキュウカジカガエル・ナナフシ3種・ヤンバルクロギリス・クチキゴキブリ・ナナホシキンカメムシ・ヤンバルマイマイなど全部で約40種類の生き物を展示することができました。


すべて生きている物を展示しましたのでお客さま達は手に取ったり、動いている所を眺めたり、とても興味をもっていただきました。

特に人気があったのはオキナワキノボリトカゲです。
初めてオキナワキノボリトカゲを見る子供達は、
最初はおそるおそるさわっていましたがすぐに慣れて一緒に遊んでいました。


そんな楽しい雰囲気にヤンバルクイナの「クイちゃん」もやってきてくれました。
クイちゃんは環境省のロードキル防止キャンペーンキャラクターで、
クイナの日まつりのために特別出演です。
身近な生き物たち以上に人気いっぱいのクイちゃんでした。

お祭りは他にもウフギー自然館でおこなった、やんばる写真展2011の作品の展示や
國吉さん担当のクイズラリー、マングース探索犬のデモンストレーションなどのイベントや野生生物と共存していくための取り組みの紹介など盛りだくさんで、
お客さんからは「来て良かった。楽しかったよ。」という嬉しい言葉を沢山いただきました。

今回、『身近な生き物展示』で紹介した約40種類の生き物たちは、やんばるに生きる生物たちのほんの一部分に過ぎません。
やんばるの森の面積は狭いですが、様々な野生生物の宝庫です。そんな森にヤンバルクイナや、やんばるの人々は暮らし、自然の恵みをもらっています。

皆さんも来年の9月17日はヤンバルクイナを思いながら自然に親しんでみてはいかがですか?

ページ先頭へ↑

2011年07月06日アクシデントを乗り越えて~ノグチゲラの巣立ち~【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

今年、やんばるにはもう既に3つの台風がやってきました。
5月に1号・2号が上陸し、そして6月末には5号が、上陸はせずとも強風を伴い、やんばるの近くを通り過ぎました。この時期に台風が3つもやってくるのは異例のようで、塩害や例年にない多大なる農作物の被害をもたらしました。

台風の被害に遭ったのは人間だけではありません。


6/29
ここはやんばるの国頭村内の森です。
画面中央にイタジイの枯死木が倒れています。
アップでみてみましょう。


枯死木の樹洞入り口からクチバシが出ています。

もうしばらく待っていると…


シダの葉で隠れていますが真っ赤な頭のノグチゲラのヒナが見えますか?(写真の取り方が下手ですみません)
左側の幹に隠れているのは、給餌にきた雌です。

そう、台風の影響でノグチゲラの営巣木が倒れてしまったのです。

台風2号(5/29)の影響で、既に営巣木の幹は折れていましたが、隣りの木に寄りかかり、なんとか立っていました。

台風2号によって幹が折れている様子。(渡久地豊氏撮影)

しかし、今回の台風5号(6/25)によって完全に倒れてしまったのです。

その様子の確認のため、この日は調査に同行させていただきました。
1つの巣が2回の台風に遭うのは、とても珍しい事のようです。

ノグチゲラの生態調査を長年していただいている渡久地豊さんによると、前日は樹洞内には2羽のヒナがいたそうですが、この日は1羽しかおらず、もう1羽は通常よりも早く先に巣立ち、近くの幹にとまっていました。


先に巣立っていたヒナです。地面に降りてしまっています。
一見親とそっくりですが、頭頂部は雄雌共に鮮やかに赤く、幹に捕まる脚力はまだ弱く、尾羽も短くて顔つきは幼い印象があります。
よたよたと危ない足取りで幹を登っては落ち、地面を歩いてはまた登るを繰り返していました。

危なっかしい足取りで心配ですが、1番心配なことはこの営巣地周辺には人の手によって持ち込まれたマングースやノネコが確認されていることです。ノネコとは、人の手で飼われていた猫が野生化したものをいいます。
マングースやノネコはハンティング能力に優れており、このようなノグチゲラのヒナなど簡単に食べてしまうでしょう。

樹洞に残っているもう1羽も地面から数センチほどの高さにいるため、ヘビなどの他の天敵から狙われやすくなっています。
無事に巣立つか心配です。

この日、巣立ちは確認出来ないまま観察を終えて戻りました。
後日、私は確認に行くことが出来ませんでしたが、調査員の渡久地さんから連絡を頂き、7/2に無事に巣立ったそうです。
7/2の巣立ちは、1999年に始まった環境省の調査の中でもっとも遅く、また、倒木からの巣立ちは例が無いそうです。

ノグチゲラは様々なピンチを乗り越えて巣立って行きました。
今頃は親の後をついて回りながら、初めてのやんばるの森を探索していることでしょう。

今回の巣のペアは6才オス・7才メスで2007年と2009年に繁殖が確認されています。
環境省のこれまでの調査では、13年連続で繁殖が確認されている個体もおり、相手のどちらかがいなくなってしまうまで毎年同じペアで繁殖する事が分かってきました。

ノグチゲラは国指定特別天然記念物・国内希少野生動植物種(種の保存法)・環境省レッドリスト絶滅危惧IA類(CR)に指定されています。
分布域は、昔は名護岳でも確認されていたそうですが、マングースの侵入やノネコの影響で今は北部3村(国頭村、大宜味村、東村)内という狭い地域に限られています。
本来、肉食性ほ乳類のいないやんばるの森で、独自の進化を遂げてきたノグチゲラはやんばるの宝物です。
そんなノグチゲラをこれからも温かく見守っていきたいと思います。

※ノグチゲラを観察するときは近づかないようにしましょう。巣に近寄ると子育てを放棄してしまう事があります。

ノグチゲラについてもっと知りたい方はウフギー自然館HPへどうぞ!!
http://www.ufugi-yambaru.com/yanbaru/yanbaru_tyourui.html


*私のコンパクトデジカメではうまく撮影出来ませんでしたので、渡久地さんが撮影されました写真をご覧下さい。


巣穴から顔を出すヒナ。

メス親に給餌されるヒナ。

綺麗な写真ですね。私も1眼カメラを早く買って腕を磨きたいです。

ページ先頭へ↑

2011年05月19日*ヒメアマガエル変態中*【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。
やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」の 上開地です。
皆さん、この生き物が何か分かりますか?


体が半透明で内蔵が透けています。魚でしょうか…?




何と、実はオタマジャクシです。



3匹がカメラ目線でこちらを見ています。


このオタマジャクシらしからぬ風貌の持ち主は、ヒメアマガエルという日本最小のカエルで、
南西諸島や中国、台湾をはじめ東南アジアに広く生息しています。
アマガエルという名前がついていますが、緑色のアマガエルとは全く異なるジムグリガエル科に属しています。
日本に生息するジムグリガエル科はこの1種のみです。


ウフギー自然館では、ただいまこのオタマジャクシが変態中です。

え?変態?

……

変態とは、簡単に説明しますと、生き物の成長の過程で姿形が著しく変化することをいいます。
イモムシ幼虫が蛹になり蝶に変わるのも変態の一つです。
ここではオタマジャクシがカエルになる事を指します。
(皆さん知ってました??)


オタマジャクシからカエルへの変化はまず後脚から始まります。
小さな後脚がひょろっと伸びはじめ、だんだんとしっかりした脚になります。
その後、前脚が皮膚を破っていきなり生えてきます。(その瞬間はなかなか見られません…。)

前脚が生えるといよいよ陸に上がる準備が出来てきます。


前足が生えてきたので別の容器に移してあげました。
まだまだ尻尾が長いです。時々ジャンプしますが、水の中は尻尾を使って泳いでいます。


オタマジャクシとカエルの中間。

下ぶくれ顔がかわいいです。


さぁ、いつ頃カエルになるのかなぁと楽しみにしながら、翌日見てみると…



たった12時間で顔つきがカエルに!!



尻尾も短くお腹から見るともう立派なカエルです。

あまりの早変わりに驚きです。
明日にはもっと完全なカエルになっている事でしょう。

他のオタマジャクシ達の成長も楽しみです。


ウフギー自然館では今、他にも沢山の身近な生き物を展示しています。



ミナミヤモリの卵。2ヶ月ほどで孵化予定。ピンクがかっているのは中で成長している証拠です。


ガラスヒバァの幼蛇。脱皮前なので眼が白く濁っています。


どの生き物も毎日成長し、様々な変化を見せてくれます。
私も負けずに成長していきたいと思います。

皆さんも是非ウフギー自然館へ、この子達の成長を観察しに来てください。

ページ先頭へ↑

2011年05月08日『ウフギー自然館』 リニューアル1周年記念企画展【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

はじめまして、こんにちは。
ご挨拶が遅れましたが、國吉さんと同じく4月からやんばる地区アクティブレンジャーに着任しました上開地(かみがいち)です。

やんばるに到着した日から毎日新しい生き物との出会いの連続で、
あっという間に1ヶ月が過ぎ、気がつけばゴールデンウィークも終りの日を迎えました。
今年は梅雨入りが早いそうで、せっかくの連休も大雨に見舞われましたが
カエル好きな私には良い天気でした(^^)

大雨の日に林道に出てきたイシカワガエル(県指定天然記念物、レッドリスト絶滅危惧ⅠB類)


イシカワガエルと同じ日に出てきたイボイモリ(県指定天然記念物、レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類)
この子の隣にはロードキルに遭ってしまった個体もいました…



さて、やんばる野生生物保護センターは、昨年2010年4月29日に公募で決まった新たな愛称『ウフギー自然館』(ウフギー=大木)と共にリニューアルオープンしました。
おかげさまで今年は1周年を迎え、ゴールデンウィークに合わせリニューアル1周年の記念企画展を行いました!

企画展示担当の私の初めてのお仕事…。
気合いが入ります!

内容は
・ウフギー自然館1年間の活動報告
・ストップロードキル情報(2010)
・身近な生き物展示
・やんばる・ロードキルクイズ

です。


特に力が入ってしまったのが『身近な生き物展示』。
やんばるの方達にとっては身近でも、
千葉県から来た私にとっては珍しい生き物ばかりで、
センターの周りを散策しては毎日図鑑とにらめっこです。


企画展が始まると沢山のお客様が来館してくださり、
皆さん熱心にクイズに挑戦してくれました。

やんばる・ロードキルクイズ
皆さん解けますか??

子供達もロードキルの現状に思わず「かわいそう…」
とつぶやいています。

採点は赤ペンで一問ずつ◎をつけていったのですが
大人も子供も花丸満点をもらうと嬉しそうなとっても
いい表情になってくれて、頑張って作ったかいがありました(^^)

身近な生き物展示で特に人気があったのは、ガラスヒバァやアカマタの幼蛇です。
大きくなるとちょっと怖い人も、小さなヘビには「可愛い~」と言っていただけました。



『ウフギー自然館』は連日大賑わいで、ゴールデンウィークだけで
何と500人以上のお客様にご来館いただきました。

沖縄県内の方はもちろん、北海道や東日本大震災の被災を受けた茨城からいらした方もいました。
アンケートには
「身近な生き物についてもっと知りたくなった」
「固有種の多さに驚いた」
「外来種も多いことに驚いた」
「やんばるの自然はすごいなぁと改めて思った。何とが自分たちで絶滅を防ぎたい」
などのご意見を頂き、涙が出そうなくらい嬉しい私です。

これからも皆さんにやんばるのすばらしさを発信していけるように日々努力・勉強していきます。

この記事を読んでくれたみなさまも是非一度、いや、何度でも
やんばるの自然を満喫しにいらしてください。
車の運転はゆっくりのんびり(^^)

やんばるはいつでも皆さんをお待ちしています。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ