ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2020年3月

9件の記事があります。

2020年03月30日今年度を振り返って~登山道編~ 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

 こんにちは。次はくじゅう連山での活動の一部をご紹介したいと思います。

 まずは初夏。九州電力が主催で利用者の最も多い牧ノ戸登山口から登山道整備を行いました。4月に下見を実施、ぬかるみ箇所の水切りや木階段の補修をしました。

 

▲毎年たくさんボランティアが参加         ▲協力しながら登山道補修

 夏には大分県主催で久住分れのトイレ清掃イベントを行いました。このイベントは登山者の方にペットボトルの水を運んで頂き、その水を利用して山上のトイレ清掃を行うというものです。普段の維持管理では行き届かないところまでしっかり掃除できました。

 また、環境省管理路線の杭倒れを長者原VCと共同で行いました。標高1600メートル付近の歩道では、冬期の地面の凍上により、毎年杭倒れを起こしていました。応急処置の杭打ちではすぐに倒れている現状があったので、今年は凍上にて倒伏する箇所を中心に、しっかりと掘って打ち直し、突き固めました。

  

▲参加者に感謝状贈呈(トイレ清掃)         ▲突き固めて土壌を締める(杭打ち)       

 秋には遭難対策協議会の訓練やくじゅう地区管理運営協議会主催で地元高校生と登山道整備を行いました。老朽化ロープの交換や道迷いの発生しやすい箇所にロープを張り、また崩れやすい箇所へ階段を作成しました。

  

▲道迷い危険箇所でのロープ張り          ▲地元の高校生と共に汗を流しました

 冬は利用者の少なくなるシーズンですので、この時期は登山道の工事を行っています。一箇所は以前施工した木階段がハードル化しており、そちらの工事。2箇所目は雨ヶ池木道でぐらつきや沈下が起きておりそちらの工事を行いました。例年は雪が降り、工事が難航するのですが、今年は暖冬の影響でスムーズに工事が完了を迎えることが出来ました。

 

▲Before(ハードル化)               ▲After

 ▲ボルトの取り付け                ▲水平確認

  

▲Before(木道沈下)                ▲After

 一年を振り返りながら本当にたくさんの人が関わり、誰か一人の力ではなくみんなの力で維持されている山であり登山道だなと感じている所です。来年度もくじゅう連山に関わる一人としてみなさんと協力しながら、よりよい利用や保全のあり方を考えていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2020年03月30日令和元年度 出水ツルフェスタを開催しました 【出水地域】

出水 本多孝成

 出水自然保護官事務所の本多です。

 今回は、2月1日(土)~9日(日)に実施した「パーク&ライド出水ツルフェスタ」(以下、ツルフェスタ)についてお伝え致します。ツルフェスタとは、ツル渡来地をさらに魅力的な場所へと磨き上げていくために、様々な社会実験を通じて地元や観光客の方々にご意見を伺うイベントです。

※過去のアクティブレンジャー日記では、「なぜツルフェスタを行うのか」、「どのようなイベントなのか」についてご紹介しています。是非ご覧ください。

・2019年の記事 http://kyushu.env.go.jp/blog/2019/03/post-562.html

・2018年の記事 http://kyushu.env.go.jp/blog/2018/03/post-425.html

 

▲今年度のツルフェスタのチラシ画像。写真クリック(タップ)で拡大表示できます。

 ツルフェスタは今回で4回目の実施となりました。出水市との共催など、地元のご協力を頂きながら年々ステップアップしてきました。

 今回のツルフェスタの取り組みについて、当日の写真と共に紹介致します。

*******************************************************************************************************

<ガイド付きバスツアー>

 ツルフェスタの目玉の一つである、ガイド付きバスツアーを今回も地元のご協力のもと実施しました。

 ツアーでは、「ツルガイド博士」や、ツルや野鳥の生態に詳しい地元の専門家、地元の農家の方にガイドとしてご活躍頂きました。また、今回新たに地元ボランティアの方々が、ツアーの進行役としてそれぞれの経験を活かし、全体の雰囲気を盛り上げて下さいました。

 

▲ツルガイド博士による解説。自作のイラストや、ツルの生態についてびっしり書かれたノートを活用したり、また、持ち前の明るさやまぶしい笑顔、様々な魅力を持つ子どもガイドは大変好評でした。

 ツルの渡来地は、ただツルが沢山集まる場所ではなく、様々な農作物や海苔等、豊かな自然環境に恵まれた地域です。このような魅力を余すことなく発信するため、バスツアーでは①バードウォッチングコースと②出水ご当地産物コースの二つのコースを用意しました。

 バードウォッチングコースではお馴染みのナベヅル・マナヅルや、15年ぶりに飛来したアネハヅル、ヘラサギ等の貴重な野鳥を見ることができました。参加者の方々が、興和光学株式会社の協賛により無償でお借りした双眼鏡を手に、アネハヅル等の「お目当て」を探す真剣なまなざし、そして見つけたときの感動的な雰囲気が印象に残りました。農業コースでは、農業や海苔養殖の現場で農家の方々と合流し、農業・海苔養殖の苦労話や、地元の魅力、幼少期からのツルとのかかわりについてお話を伺いました。現場の空気感等、言葉だけでは伝わらない情報を得ることができ、非常に貴重な体験となりました。

 

▲(左):バスツアーの様子。バスは、高い車高から見下ろすようにして観察できるため、ツルの家族の様子や、カナダヅル、クロヅル等の「(大多数のナベヅルに比べて)見た目が少し白っぽく見える」という感覚を共有しやすい点もメリットだと思いました。

 (右):15年ぶりに飛来が記録されたアネハヅル。写真クリック(タップ)で拡大表示できます。

<PHV車の試乗体験>

 今回新たな取り組みとして、トヨタプリウスPHV(プラグインハイブリッド)車の試乗体験が行われました。これは、出水市が事務局となり、鹿児島トヨタ自動車株式会社の協賛のもとで実現したメニューです。前述のバスツアーよりも移動・ツルの観察に自由が効くことから、同ツアーのデメリットを補う観光体験が可能になり、大変好評だったようです。

 私も試乗させて頂きましたが、ツル等の野鳥を間近で観察できると共に、風の音やにおい、道端の草花の質感等、バスツアーでは味わえないツル渡来地の魅力を満喫することができました。加えてPHV車は動作が非常に静穏であるため、エンジン音などによるツルへの刺激(環境負荷)が最低限に抑えられる点においても、ツル渡来地に非常にマッチした魅力的な観光スタイルであると感じました。

 

▲ツルフェスタで貸出が行われたPHV車。同車およびツアーバスは立入規制エリア内への進入可とし、東干拓を走行する際は運営スタッフが手動でゲートを開閉して対応しました。

<その他>

▲昔の生活様式やツルとのかかわりについて、地元の歴史に詳しい方が解説する特別ブースを、観察センター内に設けました。

 

▲地元の義務教育学校、鶴荘学園の生徒による「ツルラップ」のPV撮影(Youtubeに公開されていますhttps://www.youtube.com/watch?v=3Pc-xQrw3n4)や、「ツル科」の研究発表が行われました。

 

▲クレインパークいずみでは、出水の干潟の野鳥を紹介する企画展や地元の飲食店による出店が行われました。

*******************************************************************************************************

 ツルフェスタを通じて、出水は、ツルガイド博士や地元のボランティア等の素晴らしいスキルや才能・熱意を持った人々に加え、ツル以外の貴重な野鳥や農作物・海苔、豊かな自然環境等、大きな可能性を秘めた場所であると改めて気付きました。そうした地域のポテンシャルを、今後もツルフェスタ等の機会を通じて多くの人に知って頂けたらと思いました。

 一方で、ツル渡来地は、農地であると共に生活道路として利用される等、地元の方々の日常生活に欠かせない土地です。ツル観光あるいはツル保護のどちらかに偏るのではなく、地元の方々が納得できるようなツル渡来地のあり方について考えたいと思いました。

ページ先頭へ↑

2020年03月30日今年度を振り返って~長者原園地編~ 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

 こんにちは。今年度も残すところあとわずかとなりました。毎年この時期、阿蘇くじゅうでは野焼きのシーズンを迎えています。野焼きが終わるとキスミレが草原に顔を出し、春を感じさせてくれます。そして、野焼き後の黒色の草原が新緑に変わる頃には、山開きを迎え登山シーズンに入っていきます。来年度は大分県で山の日記念イベントが予定されており、各機関準備を進めているところです。

 そんな来年度を迎える前に、今年度くじゅうではこんなことありましたというのを振り返ってみたいと思います。

 まずは、タデ原湿原。

 タデ原湿原では特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウの駆除活動を行っています。

 過去記事 http://c-kyushu.env.go.jp/blog/2017/08/post-359.html

 環境省としては平成22年度からグリーンワーカー事業でこちらの支援を行っているのですが、今年は抜根、野焼きの効果が成果を見せ始め、駆除活動に一筋の光が差した一年でした。既に来年度に向けた話し合いも行い、少しずつ動き出しています。駆除活動では、根絶と見られる箇所でもモニタリングを続けており、息の長い活動ですが今後も地域と協力して活動を行っていきたいと思います。

 

▲持ち出さない用に長靴の清掃            ▲調査区を設けて比較検討

 

 もう一つは、タデ原湿原における松の木の伐採です。野焼きによって保たれている草原ですが、松やクヌギの中には野焼きに負けず成長していく木が出てきます。昔はそういった樹木を焚き物や炭に利用していましたが、現在その利用は減少しています。今回は園地利用者の眺望を確保すると共に、湿原の森林化の進行を防ぐことを目的とし、大きくなった松の伐採を行いました。

   

▲Before                      ▲After

  

▲Before                      ▲After

 次に、長者原園地の施設についてです。トイレ、歩道の補修、看板の多言語化を行いました。

 トイレについては洋式化、配管の交換、ペーパーホルダーの増設を行いました。配管の関係で臭気が上ってくる状態でしたが、便座交換、配管の変更により改善されました。

  

▲Before                      ▲After(トラップ付便器で臭気の改善)

 

▲Before                     ▲After

 園地の舗装については、陥没箇所の修繕、点字ブロックにも破損が見られたため補修を行いました。

 

▲Before(一部陥没が見られます)           ▲After

 

 

▲Before(全体に欠損が見られます)         ▲ After

 

 今回記事にしたことはほんの一部で、実際には草刈りや清掃等、地域の方々の協力によって長者原園地は保たれています。来年度も地域の方々と協力しながら長者原園地の維持管理につとめていきたいと思います。

 次回は、くじゅう連山の登山道について振り返ります。

ページ先頭へ↑

2020年03月26日西表石垣PVのみなさんとアンダーパス清掃を行いました

西表石垣国立公園 西表 光森 康祐

みなさんこんにちは。西表自然保護官事務所の光森です。

西表島では「うりずん」(潤い初め)の訪れを告げるアカショウビンが渡ってきました。

もう冬も終わりのようですね。

3月14日に西表石垣国立公園パークボランティア(PV)のみなさんと一緒に「アンダーパス」の清掃活動を行いました。

アンダーパスとは、イリオモテヤマネコなどの野生動物が道路によって生息地が分断されるという悪影響を軽減する目的に作られ、道路を横断せず安全に道路の向こう側へ行くことができる、野生動物のためのトンネルです。このアンダーパスは西表島内には123基が整備されています。

しかし一部のアンダーパスは維持管理されておらず、繁茂した草木によって動物が通りづらくなっているという現状です。

▲作業前

上の写真は今回清掃活動を行ったアンダーパスの一つです。

この場所のアンダーパスには「ネコ走り」と呼ばれる、トンネルから周辺林内への導線が整備されています。

(どこがアンダーパスでどこがネコ走りかわかりますか?)

作業にあたっては、ヒトのにおいを残さないよう短時間、ヒトの気配を残さないようにきれいにしすぎない、県道への導線を作らない、を意識して作業を行います。

▲作業後

 

▲ネコ走りから山への導線作業前      ▲ネコ走りから山への導線作業後