ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2020年2月

2件の記事があります。

2020年02月20日カンムリワシ交通事故防止の注意喚起活動【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 アクティブレンジャー 仲本

カンムリワシは、冬から春先にかけて繁殖期を迎えるため、求愛や巣作りで行動が活発的になります。例年この時期はカンムリワシの交通事故が多発しています。

カンムリワシの交通事故を防ごうと、新たな取り組みとして近年交通事故が発生している地点付近の交差点で、通行するドライバーさんに注意喚起する活動を216日(日)に実施しましたので、お伝えします。

▲横断幕やのぼりを持ってカンムリワシの交通事故防止をPR

今回は、石垣自然保護官事務所とカンムリワシの自然保護活動を行っているカンムリワシ・リサーチが主催して、警察署、市教育委員会、西表石垣国立公園パークボランティア、地元の小学校の児童や先生、保護者のみなさんにご協力いただき実施しました。

子どもたちは、「カンムリワシをひかないで」「カンムリワシのエサをひかないで」と思い思いに作成したメッセージボードを掲げて、ドライバーさんに注意を呼びかけました。

▲児童が作成したメッセージボード

今年は、元旦にカンムリワシの交通事故が発生し、事故のダメージが大きく、残念ながら数日後に死亡が確認されました。現在、「カンムリワシ運転注意マップ」を作成し、市や関係団体等の協力を得て、交通事故の注意喚起を呼びかけています。

▲カンムリワシ運転注意マップ

カンムリワシは、森の近くの水田など見晴らしのよい樹木や道路脇の電柱によく止まり、エサとなる小動物が出てくるのをじっと待ち伏せしています。

エサを求めて、車に轢かれた小動物を食べに道路上に度々出現することや低空飛行で道路を横断することもあるため、車を運転されるドライバーのみなさんは法定速度を守ってスピードを控えていただき、野生動物の急な飛び出しがあっても安全に事故を避けることができるよう、余裕をもった運転にご協力お願いします。

これからも地域のみなさんに石垣島の生き物の現状を知ってもらうため、普及啓発に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2020年02月12日上段の野における野焼き作業 【平戸・九十九島地域】

西海国立公園 岡山桂

 こんにちは!

 佐世保自然保護官事務所の岡山です。

 2月2日(日)、パークボランティア会員や九十九島ビジターセンター職員の計8名で朝9時から始まった上段の野での野焼き作業のサポートに参加しました。平戸島内の代表的な草原である川内峠、佐志岳、上段の野の3ヶ所では毎年この時期に野焼きが行われており、今年は3ヶ所同日に行われました。上段の野の野焼きは、以前放牧のために行われていましたが、草原の利用がなくなった現在では、地域住民同士のつながりや、草原景観、草原性植物の維持などを目的に野焼きが行われています。

 私たちは地元の方の指示に従い、火入れ作業員の後を追いながらクロキの枝の火消し棒で飛び火や残り火を消す役割を担いました。

左:火消し棒(クロキの枝) / 右:火を見守る様子

 火が入ると草に紛れていたノウサギが驚いて逃げ出し、猛スピードで林の中へ消えていきました。まさに「脱兎の如く」という表現の通りの素早さで、撮影を試みるも画面内に収めるのがやっとでした。

逃げ出すノウサギ

 火から逃げ出すのは虫たちも同じで、炎が近づくと安全な所へ避難していきます。野焼きの影響を理解しているのか、どこからともなく集まった数十羽のトビたちが空から狙いを定めます。

左:焼き終えた場所へ避難したバッタの仲間 / 右:虫や小動物を狙うトビ

 作業当日は天候に恵まれ日程通りに行うことができましたが、直前に2週間近く続いた雨の影響もあり、一部の草はまだ湿っていました。そのため、燃え残った部分は地元の住民のみで午後から再度焼き直すこととなり、他地区から援助に来た方々と私たちは一足先に解散しました。

山頂付近より 左:野焼き前 / 右:野焼き途中

 

 今は焼け野原となった上段の野も暖かくなるにつれまた草原風景を取り戻します。季節ごとにフデリンドウやワレモコウなど美しい花も見られ、秋には九十九島ビジターセンターが開催する自然観察会もあります。利用のため長年に渡り手入れされていた環境には、里山林や水田と同様、人の手が入るからこそ生息環境が維持されている生物も多く存在するため、今後もこういった作業のサポートを続けていきたいと思います。

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ