ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年11月

6件の記事があります。

2019年11月29日屋久島でマーキングしたアサギマダラが台湾で見つかる!【屋久島地域】

屋久島国立公園 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは。

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

10月初旬、京都を訪れていた知人が、アサギマダラがいたと写真を送ってくれました。

 

京都の祇王寺に飛来したアサギマダラ

▲京都、祇王寺のフジバカマに飛来していたアサギマダラ。(10月5日撮影)

 

この時期、暖かい場所を求めて南へ移動しているアサギマダラ。

屋久島で姿を確認できるようになったのは25日後の10月30日でした。(調査:久保田義則氏)

 

屋久島への飛来数が増えてきた11月17日、令和元年度第二回自然に親しむ集い~アサギマダラマーキング会~を開催しました。

講師は、2003年からマーキングを続けている鹿児島昆虫同好会の久保田義則氏です。

 

アサギマダラのマーキングの仕組みについては、昨年のバックナンバーをご覧ください↓↓

http://kyushu.env.go.jp/blog/2018/11/post-545.html

 

そしてこの度、とても嬉しいニュースが舞い込んで(チョウだけに...)きました!

マーキング会で参加者がマーキングしたアサギマダラが、なんと台湾で再捕獲されたのです!

 

9才の男の子が室内レクチャーの際練習でマ-キングした1頭が、11月26日に台湾の澎湖島という島で、台湾の方によって再捕獲されました。

 

屋久島と台湾の位置図

▲屋久島と台湾の澎湖縣西嶼西堡壘の位置図。約1305kmの距離をわずか9日間で移動していました。

 

今回のマーキング会は、例年通り最初に室内で久保田氏によるアサギマダラのレクチャーを行い、外に出る前にマーキング練習を行いました。

 

室内レクチャーの様子。

▲室内レクチャーの様子。

 

マーキングのお手本を見つめる参加者

▲マーキングのお手本を真剣に見つめる参加者の皆さん。

 

マーキング練習の様子

▲マーキング練習の様子。ここで男の子がマーキングしたアサギマダラがこの後台湾に飛んでいくのです。

 

マーキングしたアサギマダラ

▲マーキングしたアサギマダラ。

 

野外で参加者がマーキングする様子

▲実際に外へ出てアサギマダラを捕まえてマーキングしました。

 

マーキングしたアサギマダラを放す様子

▲マーキングしたアサギマダラをそっと放す男の子。

 

このマーキング会の後、久保田氏から参加者の標識情報をアサギマダラのメーリングリストで発信していました。

そしてこのほど台湾の方から再捕獲情報が発信され、移動情報が分かったのです。

この会でマーキングされたアサギマダラが台湾で再び見つかるなんて、驚きと感動とロマンでいっぱいです。

地道な調査がこうして実を結び、謎が多いアサギマダラの生態を解明する手がかりとなっていきます。

今回の結果は大変貴重なアサギマダラの移動情報となることでしょう。

ページ先頭へ↑

2019年11月27日座間味幼稚園自然探索に行ってきました

慶良間 アクティブレンジャー 前山

はいたい!(こんにちは!)

すっきりとよく晴れた水曜日、座間味幼稚園の自然探索に行ってきました。

高月山からの景色 

もう11月末ですが、景色は秋といった感じでしょうか。

すがすがしいお天気の中、子供達は2チームに分かれて園を出発しました。

私の担当はつつじさんチームかわいい年少さん6名です。

年中年長さんチームと総勢18名。

お友達と手をつなぎ、高月山までの道で事前に教えてもらった植物やチョウチョを

探しながら2時間弱かけて歩きます。

高月山で見られる生き物

この他にもモクマオウの実やリュウキュウマツのまつぼっくり、オオムラサキシキブのきれいな紫色の実。

自然の中にあふれる色に包まれながら、楽しく歩いていくと、

チョウチョも多く、ハイビスカスを見上げるとツマベニチョウやオオゴマダラも見ることができました。

何があるのかな? コモウセンゴケ 食虫植物

法面にはコモウセンゴケも。初めて見る食虫植物におっかなびっくり。

わたしも食べられちゃうの?ってかわいい質問もありました。

高月山 オジギソウを観察する園児たち 

山頂ではオジギソウを観察です。触ると葉をたたむオジギソウに興味津々大興奮でした。

たくさん歩いていろいろな物を観察した後は、山頂でお昼ご飯を食べて

今年の自然探索は終わりです。

慶良間諸島国立公園は海の公園として注目されていますが、陸の散策もとても楽しいですよ。

特に、涼しくなるこの時期から初夏までの間がおすすめです!

園児のみんな!また、来年たくさんの"なぜ?"を聞くのを楽しみにしています。

ページ先頭へ↑

2019年11月22日くじゅう連山(冬)の見所紹介します 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

こんにちは。

くじゅうでは秋の紅葉シーズンも終わりぐっと寒くなる日が増えて来ました。

冬山シーズンを前に、今回は冬のくじゅうの見所を紹介したいと思います。

冬のくじゅうで一番有名な景色といえば凍る御池

 

▲御池(初夏)


▲御池(冬)

冬の間は凍結した御池の上を歩く登山者が見られます。

こちらは毎年見られるものではありませんが、凍る暮雨の滝

▲暮雨の滝(初夏)

▲暮雨の滝(冬)

そして、最後が冬のくじゅう連山。

冬にしか見られないこの景色、是非、くじゅう連山で登山して体験してみて下さい。

また長者原園地駐車場では冬山シーズンを前に陥没箇所の修繕やラインの引直しを行いました。

  

▲BEFORE

▲AFTER

冬の登山の際には、寒さ対策の衣類やアイゼンなど、十分な装備も整えましょう。

また、しっかりと下調べを行い、余裕を持った計画をたてて、冬のくじゅう連山を楽しんで下さい。

↓冬のくじゅう連山情報はこちら↓

http://kujufanclub.com/

ページ先頭へ↑

2019年11月22日「秋を感じながら大浪池を歩こう」大盛況 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 池田美樹

こんにちは。約1ヶ月ぶりの投稿です。

えびの高原は、先週木曜日の朝、気温が0度でした。

本格的な冬が近づいているのが、日に日に感じられます。

先月、10月26日に行われた、「秋を感じながら大浪池を歩こう」は大盛況でした。

定員人数20人を超えるほどの、応募があり大変うれしかったです。

ご応募頂いた方々、ご参加ありがとうございました。

今回は、地元の広報誌にも情報を載せて頂いた効果もありました。

出発前の説明をしている様子 ↓ ↓ ↓  

                       

環境省のパークボランティア会員の方、3名がガイド役として、活躍してくださいました。

毎回ご協力をいただけて、大変助かっております。

今回の歩こう月間イベントは、初めてえびの高原荘お手製の登山弁当500円を

作って頂きました。おにぎりのサイズが大きく、驚きました。値段以上の満足でした。

 

天気の良い青空の真下、みんなでお昼です。

ガイドを担当した2名の方々がお弁当を食べて、何か語り合ってます。

この日は、本当に天気が良く登山日和でした。

また季節に合わせたイベントを企画予定ですので次回もお楽しみに。

ページ先頭へ↑

2019年11月13日12/7対馬から発信!野生生物との交通事故を考えるシンポジウム 【対馬地域】

対馬 沼倉 真帆

こんにちは!

アクティブレンジャーの沼倉です。

2019/12/7にツシマヤマネコをはじめとする野生生物のロードキルという問題をいろいろな角度から

考えてみるシンポジウムを長崎県対馬市で開催致します。

地域が 行政が わたしができることを一緒に考えてみませんか?

『対馬から発信!野生生物との交通事故を考えるシンポジウム

 ~地域が 行政が わたしが できること~』

詳細はチラシをご覧ください。

問合せ先:

 環境省九州地方事務所対馬自然保護官事務所

 (対馬野生生物保護センター)

担当:沼倉

電話:0920-84-5577(受付時間は、8:3017:15まで)

ご関心をお持ちの方は、ぜひ、ご参加いただければと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2019年11月08日希少種の持ち出しに関する普及啓発活動 その2

西表石垣国立公園 関東準之助

みなさん こんにちは 西表自然保護官事務所の関東です。

 10月27日に希少種の持ち出しに関する普及啓発活動を西表島へ来島した採集者向けに関係機関と合同で実施しました。

 近年、10月はヤエヤママルバネクワガタの採集者が非常に多く来島します。それは、マルバネクワガタ類の採集規制が進んでおり、生息する島で採集ができるのは西表島のみとなっているためです。

マルバネクワガタ類の規制状況

・アマミマルバネクワガタ  市町村による条例

・ウケジママルバネクワガタ 国内希少野生動植物種

・オキナワマルバネクワガタ 国内希少野生動植物種

・ヤエヤママルバネクワガタ(石垣島個体群)市の条例

・ヨナグニマルバネクワガタ 国内希少野生動植物種

 上記の通り、西表島の個体群について採集規制はかかっていませんが、一部の採集者による他の生き物の持ち出しや採集できる場所のほとんどが国有林で西表島森林生態系保護地域にもなっているため、規制区域内で採集等の問題も見られます。このことから規制区域の周知も含め採集者の多く集まる5地点で行いました。

周知の様子

 結果、ピーク時は過ぎていたものの25名近い採集者へパンフレット類を配布することができました。西表島は全島が国立公園に指定されているほか大部分が国有林となっています。調査等で来島される方は各機関の規制等について今一度ご確認をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ