ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年1月

4件の記事があります。

2019年01月30日冬の風物詩「草小積み」を探してみませんか 【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大津 花

 こんにちは、阿蘇くじゅう国立公園管理事務所の大津です。

1つ前の阿蘇地域の記事「阿蘇の草原を楽しもう!」にも写っていた冬の風物詩についてお話しします。

▲「草小積み(くさこづみ)」です!

 阿蘇では今も昔も、野草は大切な資源であり、冬の牛馬のエサや、野菜を育てるための堆肥にします。刈った草を山から牛舎や畑のある人里まで運ぶのですが、60年ほど前まではトラックなどはあまり普及していませんでしたので、とても運びきれませんでした。そこで、草小積みが刈草の保存のために作られていました。

草小積みの形にも理由があります。

・空気のとおりがよく、痛まない

・雨に濡れても腐らない

・運ぶときや使う時に少しずつ分けられる

長年、試行錯誤しながら培われてきた形だと感じます。

 今この草小積みは、減ってきていて、反比例するように普及しているのがこちらです。

▲野草ロール

見たことがある方も多いはずです。草小積みと同じく、草をまとめて保存するためのものです。野草ロールは草小積みに比べて、平坦な草原では機械で一気に作れます。またトラックを使えば一度にいくつも運ぶことができるようになりました。

「草小積み」の現代版が「野草ロール」ともいえますね。

 このような背景があって、草小積みは減少していますが、昔の手法の継承のため、「草小積み再生プロジェクト」が立ち上がっています。

▽草小積みマップ▽

(PDF拡大)http://www.giahs-aso.jp/files/uploads/2018/12/kusakodumimap.pdf

2月末(野焼きの前)ごろまで、阿蘇くじゅう国立公園内の主要道路沿いに再現されているものもありますので、ぜひ探してみてください!地域による違いもあるので、草小積み巡りをしても楽しそうです♪

関連記事:阿蘇地域世界農業遺産推進協会

http://www.giahs-aso.jp/2018/12/11/%e3%80%8c%e8%8d%89%e5%b0%8f%e7%a9%8d%e3%81%bf%e3%80%8d%e3%80%81%e3%81%94%e5%ad%98%e3%81%98%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f/

ページ先頭へ↑

2019年01月30日北部JPR活動(第五回~第七回)【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 山田 駿

アクティブレンジャー日記をご覧の皆さんこんにちは。

石垣自然保護官事務所の山田です。

さて今回は北部子どもパークレンジャー(以下JPR)活動が無事に終了いたしましたので、その第五回~第七回の様子をお伝えしたいとおもいます。

11月の第五回北部JPR活動の舞台は石垣島北東部平久保半島。

ここには国立公園にも指定されている未舗装路の平野―明石エコロードがあり、ここを自転車で走ろうというもの。

題して「平野―明石エコロード凸凹サイクリング」です。

まずは安全にゴールまでたどり着けるように、自転車に乗る際の注意点のレクチャーをうけます。

そして凸凹道を一生懸命こいで約8㎞先の明石のゴールを目指します。

ここ平野―明石エコロードは一度、明石集落で途切れていますが、伊原間までこの未舗装路はつづいています。全体的には市道平久保半島東線(通称平久保半島エコロード)と呼ばれます。

なんといっても牧野景観越しに望むリーフ景観は絶景で、また海風が心地よく非常に気持ちいいサイクリングを楽しめました。

途中ハンドルがずれたりなどのトラブルもありつつも、なんとか全員ゴールすることができました。

第六回の舞台も再び平久保半島。

第五回は平久保半島を縦断しましたが、第六回は平久保半島の平久保地域から山を越えて安良地域に向かう安良越地として横断しました。

この道はかつて平久保半島東側に存在した安良村と西側にある平久保集落の重要な交通路として利用され、馬車も通っていたそうです。

そんな歴史あふれ、自然があふれる道を通ろうと子ども達だけではなく、子ども達の親御さんも多く集まりました。

しかし、この安良越地、一筋縄にはいきません。

道の至る所にヒルが生き血(!?)を求めて這いつくばっています。

ですので、長靴の上にストッキングを装着し、完全防備で安良越地に臨みます。

このヒルはなぜか人によって多く集まる人と、そうじゃない人がいるらしく、多い人ではゴールするまで100匹以上のヒルを取り除くヒルからモテモテ(!?)の人もいました。

勿論ヒルがいるのはごく自然の事で、自然あふれる証拠かもしれません。

この日は、ナナホシキンカメムシの群れや、国の天然記念物でもあるヤエヤマセマルハコガメ、そして非常に大きなガジュマルやギランイヌビワなど、多くの生き物たちに出会え、八重山特有の自然に触れることができました。

しかし、終わって感想を聞くとやっぱりヒル・・・!

印象が強い記憶は残りやすいですが、ヒルに懲りずまた平久保半島の自然に触れて欲しいものです。

そして2018年度最後、第7回の活動の舞台は私たちアクティブレンジャーやレンジャーが普段勤務している石垣自然保護官事務所と併設している国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターにて行いました。

第7回は「北部子どもパークレンジャー実験室:プランクトンをつかまえろ!」と題しまして、身近な海の中にいる小さな生物プランクトンを採取して観察しようというものです。

プランクトンという言葉はよく聞くけれど、実際はどういうものか、考えるところからはじめました。

各々が考えるプランクトンを実際にかいてもらいます。

そして答え合わせ。

プランクトンという言葉に大きさは関係なく、水の中を漂う生き物のことです。

プランクトンについて学んだところで、今度はプランクトンを捕まえるプランクトンネットを自作していきます。

白いバンダナ、植木鉢の底敷、小瓶など市販されている身近なものを組み合わせて作っていきます。

そして完成したプランクトンネットを使い、センターからすぐ近くの漁港にてプランクトンの採取を試みます。

捕まえたプランクトンをシャーレやスライドガラスに移して顕微鏡やマイクロスコープを使って観察しました。

慣れない細かい作業に疲れてしまう子どももいましたが、みんなで色々なプランクトンを観察することができて良かったです。

これにて今年度の北部JPR活動は終了いたしました。

自然のなかで思いっきり身体を動かしてくたくたになるものから、じっくり生き物を観察

するものまで様々な活動を行ってきました。

この活動を通して普段から遊び場や学び場として国立公園を利用してもらえたらと思います。

そして大人になってたとえ石垣島や北部地域を離れてしまったとしても、この時の活動を思い出して素晴らしい自然に囲まれた場所に住んでいた事を誇りに、豊かな心を育んで貰えたら幸いです。

この活動は来年度も行う予定なので、今からどんな活動になるか楽しみです。

ページ先頭へ↑

2019年01月28日国際サンゴ礁年2018 クロージングイベント報告【石垣地域】

西表石垣国立公園 神保彩葉

こんにちは。

石垣自然保護官事務所の神保です。

早いもので、もう1月も終わりを迎えようとしていますが、

前回告知させていただいた、国際サンゴ礁年2018クロージングイベント@石垣島の

ご報告をさせていただきます。

このイベントは、国際サンゴ礁年2018の一連の取り組みを共有するとともに、

サンゴ礁の恵みや保全、地球温暖化対策について広く周知するため、

主催:環境省、石垣市、共催:沖縄県、協力:WWF-Jによって、開催されたものです。

ステージプログラムでは、「やえやまサンゴカフェ」でおなじみ(?)のハカセと助手が再登場し、

全国各地で行われた国際サンゴ礁年2018の取り組みの振り返りをしてくれました。

ハカセと助手が再登場!

新ネタも披露!

振り返りの後は、石垣島内小学校によるサンゴ礁保全の学習成果を発表。

今回は、新川小学校、川平小学校、野底小学校、平久保小学校、八島小学校の5校が発表してくれました。

新川小学校

八島小学校

各校発表後の琉球大学土屋先生からの愛の詰まった(!?)質疑&講評に、

発表する子どもたちは、ハラハラドキドキな様子でした(^^;)

小学校の発表の後は、

琉球大学土屋先生と気象予報士・気象キャスター、井田寛子さんのトークショー!

土屋先生からは、「サンゴ礁の恵みと保全、わたしたちにできること」というテーマで、

サンゴ礁の重要さや自分たちにできることをわかりやすく説明いただきました!

井田キャスターからは、「2100年未来の天気予報」をご紹介!

データベースをもとに、未来の予想最高気温や台風の進路等もお話してくれました。

2100年全国の予想最高気温。

また、メインステージ以外にも、国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーター企業や様々な団体が

展示ブースで取り組み報告を行っておりました。

展示ブースの様子

↓詳細はこちらをご覧ください。

(オフィシャルサポーター企業)

ダイビングと海の総合サイト・オーシャナ記事

https://oceana.ne.jp/infomation/89230

そして!今回はゆるキャラがなんと3体も登場!

なかなかこの3体が揃うことはない!と会場では大人気!

ゆるキャラ撮影会のほかにも、各ブースを回るプレゼント付きのクイズラリーもあり、

子どもたちは喜んで参加していました。

左からWWFのコパンダ、石垣市のぱいーぐる、

つなげよう支えよう森里川海アンバサダーのアヒル隊長。

さらに、国際サンゴ礁年2018アンバサダーさかなクンから、ビデオメッセージが届きました!

さすがは人気者さかなクン!みなさん画面に見入っていました~。

これからもサンゴがあり続けるために、一人一人の想いを強く持ちましょう!

ラストは環境省自然環境局自然環境計画課の植田明浩課長が、

小学生とともにクローズ宣言をして、終了となりました。

「1・2・サンゴー!」の掛け声で終了です。

国際サンゴ礁年2018は終了しましたが、

この1年で広がったつながりを、さらに今後のサンゴ礁保全に活かしていきたいと思います。

以上、イベントのご報告でした!

ページ先頭へ↑

2019年01月22日池巡り&白紫池の昔の姿? 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの 池田美樹

 こんにちは。初めまして。

 12月より、霧島錦江湾国立公園えびの管理官事務所のアクティブレンジャーとして、勉強中の池田です。よろしくお願いいたします。

 結構寒い時期となってきたえびの高原ですが、今回の冬は、例年と比べると暖かいようです。寒いけど、空気が澄んでいるこの時期にこそ池巡やトレッキングが実は、おススメなんです!

今月16日(水)13:30より、池巡りに行ってきた時の写真です。↓

えびの高原 天気良く景色もばっちり撮影できた池巡り (2019年1月16日撮影) えびの高原 天候が良く景色も楽しめた池巡り(2019年1月16日撮影) 
天気も良くて白紫池、六観音池、韓国岳、甑岳、硫黄山が綺麗に姿を見せてくれました。

えびの高原 天気が良くて撮影するにはバッチリな日だった池巡りコース (2019年1月16日撮影) えびの高原 天気も良くて撮影するには最高なひでした 池巡り (2019年1月16日撮影)

 そこで今回は白柴池で行われていたある歴史をお伝えします。ワクワク♪

 実は、【白柴池】昔は、本物の天然アイススケート場として、今とは違った形でにぎわっていたんですよ!

 そのときの貴重な写真を発見しました!

       ↓これです↓

えびの高原 昔は白紫池で天然アイススケート??  (昭和45年頃撮影)

 この写真、白柴池で滑っている光景なんです。よーく見てみると、ほらっ!人がたくさん。この写真の時代にタイムスリップできるのなら、私も天然の水が凍ってできた、氷の上で滑ってみたいな。

 昔はこの天然アイススケート場、滑れるか、滑れないかを石を投げて、音で判断していたという話もあるんですよ!

 面白いですよね。そんな白柴池を間近で見られる、池巡りに来てみてください。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ