ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2018年1月

5件の記事があります。

2018年01月29日冬真っ盛りのくじゅう連山

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 小泉 敦

こんにちは。 

寒い日が続いていますね。

先週は過去最大級の寒波が日本を包みました。

くじゅう地域もマイナス4度~5度位の気温が続き、雪景色のまま、雪が溶けそうな気配がありません。

先週の木曜日に私達くじゅう管理官事務所の2人のアクティブレンジャーは、晴れ間を狙って、くじゅう連山にパトロールに行きました。

雪が積もったくじゅう連山は、息をのむほど綺麗にその姿を我々に見せてくれます。

 

               

◀雪で真っ白に被われたくじゅう連山 

◀霧氷も綺麗に見られます

冬の山は登山者の数は極端に減りますが、冬にしか見られない山からの景色があり、それはとても素晴らしいです。

是非、くじゅう連山に登山して、実際に体験してみて下さい。

なお、くじゅう分かれのトイレは現在閉鎖になっております。(12月~3月まで)

登山口でトイレを済ませ、必要とあれば、携帯トイレを携行するようにお願いいたします。

また、くじゅう分かれでは晴れていてもマイナス10度以下になることはしばしばで、風が吹いたり、天候が悪いと体感温度はさらに下がります。

雪は深く積もった場所では、30センチ程あります。

冬の登山の際には、寒さ対策の衣類やアイゼンなど、十分な装備も整えましょう。

しっかりと下調べを行い、余裕を持った計画をたてて、冬のくじゅう連山を楽しんで下さい。

ページ先頭へ↑

2018年01月29日国際サンゴ礁年2018【石垣地域】

西表石垣国立公園 神保彩葉

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

今年も石垣自然保護官事務所のHOTな情報をお知らせしたいと思います。

さて、突然ですが、2018年はなんの年だか知っていますか?

戌年?いやいや!

今年は国際サンゴ礁年です!

※国際サンゴ礁年とは

サンゴ礁生態系保全の国際協力の枠組みである国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が、2018年を3回目の「国際サンゴ礁年」に指定すると宣言したことに基づき、サンゴ礁生態系の価値やそれを取り巻く脅威について普及啓発し、一人一人の行動を促すための世界規模のキャンペーンのことです。

↓詳細はこちら

<国際サンゴ礁年2018に関する取組及びオープニングシンポジウムの開催について>

http://www.env.go.jp/press/104881.html

過去に1997年、2008年に行われており、今年は10年ぶりの国際サンゴ礁年となります。

日本でも、全国各地で様々なイベントが企画開催されておりますが、

サンゴ礁の現場である八重山でも、

国際サンゴ礁年のイベントを企画していきたいと思います。

みんなで、国際サンゴ礁年2018を盛り上げていきましょう♪

それでは、今年もよろしくお願いします。

国際サンゴ礁年イメージキャラクター

※キャラクターデータを使用する際には、

事前に環境省自然環境計画課まで連絡して頂き、使用の可否を確認願います。

ページ先頭へ↑

2018年01月16日冬にしか見ることできない阿蘇の景色

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 ウッド 亜也子

新年あけましておめでとうございます。といっても、早くも半月過ぎましたね~。

阿蘇にも寒波が来て、すっかり雪景色に覆われています。この時期にしか見られない阿蘇の風景をお届けします。 

▲雪景色の阿蘇五岳。阿蘇菊池スカイライン展望所にて

▲古閑の滝

外輪山の麓には厳しい冬の寒さが織りなす氷の滝を間近にすることが出来ます。夜はライトアップもされていますよ~。

▲阿蘇パノラマラインでは周年放牧されているので、雪景色の中のあか牛に出会うことができます。

また、現在阿蘇には伝統の草泊まり(秋の草刈りの時に草原で寝泊まりするための草のテント)や草小積み(秋の草原の草を乾燥させて束にまとめ積み上げたもので、昔ながらの草の保存方法)が再現されています。雪も積もり、風情があっていいですね~。