ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年12月

4件の記事があります。

2017年12月18日みんなで守ろう、カンムリワシ!【石垣地域】

西表石垣国立公園 神保彩葉

みなさん、こんにちは。石垣自然保護官事務所の神保です。

ここ数日、南の島の石垣島でも北風が吹き、寒い日が続いています。

さて、先日石垣島北部子どもパークレンジャーのみんなと一緒に、

カンムリワシの交通事故防止のための看板づくりを行いました。

  1. 【まずは知ろう!カンムリワシって、とても希少な生き物なんだよ。】

  1. 【カンムリワシがよく出現する場所に行ってみよう!】

  1. 【分かりやすくて、目立つ看板を考えて作ります。】

  1. 【看板が完成しました!】

  1. 【カンムリワシの事故が多い場所に設置します。】

  1. 【設置完了。なかなか考えさせられる言葉ですね。】

【寒い中、みなさんお疲れ様でした!】

子どもパークレンジャーのみんながつくった個性豊かな看板を見に、

ぜひ北部地域までドライブに行ってみてくださいね。(全部で15種類あります。)

12~2月頃の寒くなる時期、カンムリワシは子育てシーズンに入り、動きが活発になります。

交通事故が発生しやすい時期でもありますので、みなさん、よんな~(ゆっくり)運転でお願いします!

ページ先頭へ↑

2017年12月07日カンムリワシ放鳥とミサゴ救護中

西表石垣国立公園 関東準之助

みなさん、こんにちは。西表自然保護官事務所の関東です。

 11月22日に長らく救護していたカンムリワシ西17-03を放鳥しました。この個体は、9月6日に交通事故に遭い瀕死の状態で救護されました。救護時は体へ触れても目を閉じたままグッタリとしており、呼吸が浅く耳からの出血も見られるなど、とても助かりそうもない状態でした。また、収容し搬送している途中に意識を回復しましたが診察中に吐血するなど数日間、予断を許さない状態が続きました。

救護後、意識を回復した西17-03

 数日かけて体調は改善傾向にあったものの、事故の影響で右翼の初列風切り羽をほぼ失うという鳥にとっては致命的な状態に・・・。過去の救護例から初列風切り羽は先端部分が4枚なくても飛翔に問題はありませんでした。しかし、西17-03のように9枚もなくなってしまうと上昇に必要な推進力を得られずピョンピョンと地面を飛び跳ねることしかできませんでした。

正常な翼(左)・初列風切り4枚無(中央)・西17-03の右翼(右)

飼育中に羽が伸長していく様子

それから2か月半あまり飼育した結果、上写真のように羽が生えそろったため放鳥できました。箱からさっと飛び立ち近くの立ち木へ留まって周囲を確認したのち大空へ・・・。上昇気流に乗って旋回を繰り返し無事にもとの生活圏へと戻っていきました。

放鳥の様子

 ・・・と、カンムリワシの飼育で四苦八苦していた1021日にカンムリワシではない鳥が水田にいて飛べないとの連絡が入りミサゴを1羽救護しました。

 救護個体は、翼や尾羽にオイル(廃油)がべっとりと付着していました。これが原因の衰弱か?と思いましたが収容して各部の状態を確かめると右翼内側を負傷していることがわかりました。

救護・飼育中のミサゴ

オイルで汚れた翼と負傷箇所

 負傷箇所は、皮膚が裂け筋肉が露出していました。考えられる原因としては、魚を捕らえるため着水したときに海面をただようオイルに突っ込んでしまい、うまく飛べなくなったところでどこかに引っ掛けて負傷というところでしょうか。負傷箇所については、いつもお世話になっている野生動物救護獣医師の飯塚先生(NPOどうぶつたちの病院沖縄)に手術をお願いしました。

患部を治療した写真(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄 飯塚獣医師提供)

患部は壊死した筋組織を取り除いて縫合、翼や尾羽、脚などに付着していたオイルも洗い流してきれいになりました。

オイルが取れてきれいになった翼や足

 鳥の筋肉がどのように使われているのかは謎ですが、術後も翼をきれいに広げることができ室内である程度の飛翔は可能なことから、現在は広い外のケージへ移して元の生活へ戻れるよう訓練中です。

休憩中のミサゴ 

※ミサゴは主に魚を狩って食べるワシの仲間です。西表島では夏の終わりから冬に目撃が多くなります。

ページ先頭へ↑

2017年12月04日みんなで楽しく外来種駆除イベント!【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。

やんばる自然保護官事務所アクティブレンジャーの上開地です。

12月になりましたが、やんばる地域ではまだまだセミが鳴いています。

そのセミの名は「オオシマゼミ」。"ケーン、ケーン"という甲高い声で鳴く秋のセミで、日本で一番最後まで鳴いているセミと言われています。

このオオシマゼミが山中で大合唱する11月に、やんばるの森を外来種から守るべく、駆除イベントが行われました。

イベントチラシ

 

国頭村森林組合が主催する駆除イベントは今回が初めてです。やんばる野生生物保護センターウフギー自然館も協力して一緒に取り組みました。

 

今回駆除をした外来種はタイワンカブトムシとアメリカハマグルマ。

どちらも県内のあちこちで見かける外来種で、やんばるの森でも見かけることがあります。

実は、私たちの身の回りには沢山の外来種がいるのですが、その中でも生命力が強く、繁殖や成長スピードの速いものは、在来生物がすみにくくなったり、私たちの生活に悪影響を及ぼす事があり、駆除の対象になる種類も少なくありません。

 

そんな外来種について、楽しく学びながら駆除のお手伝いを参加者の皆さんにしていただきました。

室内での講話

▲まずは部屋の中で外来種のお話。 

右の荒谷先生からクワガタ・カブトムシを中心に昆虫の楽しい世界をお話してもらいました。その後、私から外来植物について話した後はいよいよ外に出て駆除に向かいます。

駆除場所

▲駆除場所。

真ん中の堆肥にタイワンカブトムシ、その周りをアメリカハマグルマが繁茂しています。

アメリカハマグルマ駆除の様子

▲まずは周囲のアメリカハマグルマを抜き取ります。

幼虫掘り起こし

▲その後にタイワンカブトムシの幼虫を掘り起こします。

幼虫

▲いっぱい出てきました。

  

出てきたタイワンカブトムシは全部で57匹 !

(一齢幼虫~終齢幼虫、サナギ、成虫の全ての成長ステージがいました。)

 

1齢~終齢幼虫

▲荒谷先生がタイワンカブトについて詳しく解説(左から、1齢、2齢、終齢)

 

アメリカハマグルマ33袋

▲そして抜き取ったアメリカハマグルマは大きなゴミ袋に33袋!

 

アメリカハマグルマをちぎることなく長―く抜き取れたり、タイワンカブトムシを沢山見つけたトップ3のみんなには、国頭村森林組合から素敵なプレゼントがありました。

 

タイワンカブト幼虫トップ3

▲「いっぱい見つけたよー」

 

▲プレゼントは、国頭村の木材で作った"ヤンバルクイナの卵"や"ドングリストラップ"でした。

 

多くの方が参加してくれたおかげで、楽しみながらたくさんの外来種を掘り起こす事が出来ました。

ですが、きっとまだまだ取り残した個体がいるはずです。

外来種を完全に除去するためには、いなくなるまで何度も駆除を続けることが大切です。

 

今回のイベントは"第1回目"。今後も駆除イベントが行われていくと思いますので、もし皆さんの参加できるイベントがありましたら、ぜひご協力をよろしくお願いします。

 

そして、普段の生活の中で心がけて欲しい事は、今以上に外来種を増やさないようにする事です。例えば、飼っているペットや育てている植物を野外に逃がしたり、捨てたりしないで最後まで飼うことも1人1人ができる大事な事です。

 

外来種被害予防三原則 "入れない" "捨てない" "拡げない" の3つを心がけてみてください。

より詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

(環境省HP外来種問題についてhttps://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/

(パンフレットhttps://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/files/05_rist_zentai_c.pdf

 

ヤッコソウ

今月の一枚「ヤッコソウ」

イタジイの根から栄養をもらっている寄生植物。11月頃の秋~冬にかけて、花の部分だけが地上に出てきます。やんばるの森はイタジイの森。あちこちの林床で可愛いヤッコさんが顔を出していますが、外来植物が森の中まで侵入してしまうとこんな光景も見られなくなってしまうかも知れません。

ページ先頭へ↑

2017年12月01日沖縄で開かれる講演会のご案内【やんばる地域】

やんばる 皆藤琢磨

やんばる自然保護官事務所の皆藤です。

今年も残すところあと一ヶ月となりました。

やんばるでは20度を下回る日も多くなってきており、肌寒い日が続いております。

今回は、12月に沖縄本島で開かれる、やんばる関係のシンポジウム・講演会のご案内をさせて頂きます。

◇「世界自然遺産登録に向けたやんばるの森の生態系管理」(那覇)

演者:正木 隆 先生(森林総合研究所)ほか5名

日時:12月10日(日) 14時~16時30分

場所:沖縄県青年開館 2階大ホール(那覇市久米2-5-13)

内容:環境研究総合推進費「奄美・琉球における森林地帯の絶滅危惧種・生物多様性保全に関する研究(H27~H29)」の研究を通してわかった花粉を運ぶ虫たちや、木の生長と動物の利用、オキナワトゲネズミの現状といった研究成果を、地域や行政の方々に還元します。

「世界自然遺産登録に向けたやんばるの森の生態系管理

◇「ゆ~っくり気長に暮らすヒメハブの生き方」(国頭)

演者:森 哲 准教授(京都大学理学部)

日時:12月16日(土)18時~19時30分

場所:ウフギー自然館(やんばる野生生物保護センター)(国頭村比地263-1)

内容:やんばるのヒメハブについて20年間研究を続けてきた森先生が、研究を通してわかったヒメハブの暮らしぶりを地元の方々にご紹介します。

「ゆ~っくり気長に暮らすヒメハブの生き方」



◇「やんばるの不思議な生き物たち ~世界自然遺産と絶滅危惧種保全~」(国頭)

演者:城ヶ原 貴通 先生(宮崎大学フロンティア科学実験総合センター)・宮城明正さん(国頭村世界自然遺産対策室長)ほか5名

日時:12月23日(土) 14時~17時

場所:国頭村保健センター(国頭村辺土名1437)

内容:オキナワトゲネズミ・ヤンバルクイナ・希少クワガタ類に関する保全研究と、世界自然遺産登録に向けた取り組みを、地元の方々に広く知って頂くことを目的としたシンポジウムです。

「やんばるの不思議な生き物たち」

どれもやんばるで長年研究されてきた方々が一般の方向けにわかりやすく説明する講演会となっており、やんばるの生き物や生態系に関する最新の知識が得られるのではないでしょうか。たくさんのご参加お待ちしております。お問い合わせは各主催機関もしくは以下まで。

環境省やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)

〒905-1413 国頭村比地263-1

TEL:0980-50-1025 / FAX:0980-50-1026

http://www.ufugi-yambaru.com/news/event29.html#event171216

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ