ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年1月

12件の記事があります。

2017年01月31日ヨナグニマルバネクワガタの生息木調査【石垣地域】

西表石垣国立公園 アクティブレンジャー 仲本

沖縄気象台によると、沖縄地方の2017年1月の平均気温が1946年の統計開始以降、最高を更新したと発表がありました。今年の1月上旬は石垣地域もびっくりするほど暖かく、半袖シャツでも過ごせるほどの日もありました。

さて、今回は国内希少野生動植物に指定され、与那国島のみに生息しているヨナグニマルバネクワガタの調査について、ご紹介したいと思います。

与那国島は、小さな島ですが島固有の動植物が数多く生息する亜熱帯の大自然に恵まれた日本最西端の島です。与那国馬が放牧されている広大な牧場や岩肌むき出しの断崖、サンゴ礁と白い砂浜など島ならではの素晴らしい景観が広がっています。

▲与那国馬が放牧されている広大な牧場

近年は、台風が何度も与那国島を直撃して、一昨年は最大瞬間風速81mを記録した猛烈な台風が与那国島を襲来しました。このような強い台風が度重なり、ヨナグニマルバネクワガタが生息するスダジイが倒木しています。過去には、土地改変などによるスダジイ林の伐採で生息地が脅かされ、種の保存法で国内希少野生動植物種に指定される以前の販売目的の採集圧によって個体数もかなり減少しています。

今回の調査は、専門家の先生のご指導のもと、ヨナグニマルバネクワガタの生息環境や生息木の状況を把握するために行った調査です。調査は、地元の方に調査員となって頂き、まず調査の方法を学ぶ講習会を行いました。その後、2日間実際に山に入り、どれだけヨナグニマルバネクワガタにとって生息しやすいスダジイが生育しているのかを調べました。

▲生息木調査の様子

調査中、小さな沢に大きなアメンボが集まっていました。それは、トゲアシアメンボと呼ばれる日本では与那国島にしか生息していないアメンボでした。オスのほうがひとまわり大きく、あしにトゲがあることが名前の由来です。成虫は赤色の羽を広げて水面から直接飛び立ちます。最近では、農家の高齢化などが進み、生き物が棲みやすい水田などが減ってきているため、アメンボなどの水生昆虫が減少しています。

▲水面に浮かぶトゲアシアメンボ

たくさんの大きなキクラゲも発見しました。朝方に降った雨のおかげで大きくかさが開き、おいしそうでした。与那国島ではキクラゲのことを「みんぶる=耳たぶ」と呼ぶそうです。

▲自生したキクラゲ

鳥獣保護区の制札の建て替え作業も行いました。台風で根元から折れたり曲がったりしていたためです。時間のない中で、建て替え作業を行うのは一苦労でしたが、必要なすべての制札を建て替えることができました。

▲鳥獣保護区の制札の建て替え作業

今回の調査では、台風にも負けずにたくましく生育しているスダジイ林を確認することができました。今後の調査でも健全なスダジイ林とそこに生息するヨナグニマルバネクワガタがいつまでも確認できるよう島の皆さんと一緒に保全施策を考えていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2017年01月27日九州特産物リレー1月~ヤクスギ~【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

九州各地の特産物をアクティブレンジャー達がリレー形式でお伝えする九州特産物リレー!

今回は、屋久島の土地と歴史に深く関係する「ヤクスギ」をご紹介します。

 

縄文杉

▲代表的なヤクスギ「縄文杉」

 

ヤクスギなどの巨樹・巨木の天然林が広がる屋久島の自然の美しさは、世界自然遺産になった理由の一つでもあり、ヤクスギは屋久島の自然を語る上では欠かせないキーワードです。

とは言っても、「普通のスギと何が違うの??」と疑問に思う方が多いかもしれません。

  

屋久島の標高500m以上の山地に自生する樹齢1000年以上のスギのことを、「ヤクスギ」と呼びます。

一般的にスギの寿命は500年程とされています。

ところが、屋久島のスギの寿命は1000年をはるかに超えます(縄文杉の推定樹齢20007200年)。

屋久島で育つスギが長寿である秘訣は、「年輪」と「樹脂」です。

屋久島は花崗岩でできているため土の中の栄養が乏しく、スギの成長が遅くなります。

そのため年輪が緻密になり丈夫で倒れにくく長生きできるのです。

 

普通のスギの年輪とヤクスギの年輪

▲普通のスギの年輪                ▲ヤクスギの年輪

 

また、多雨・多湿の気候の中で育つヤクスギには、普通のスギの6倍以上の樹脂が含まれています。

豊富な樹脂のおかげで腐りにくく害虫にも強くなるのです。

 

屋久島の特異な環境が生み出したヤクスギは、美しい杢目と独特の色艶、濃厚な香りが特徴の工芸品に形を変えます。

ヤクスギはその特性から加工が難しく、工芸品の製造には高度な職人技を必要とします。

熟練された職人の手によって最大限に魅力を引き出されたヤクスギの工芸品は、鹿児島県の伝統的工芸品にも指定されており、屋久島の重要な産業の一つとなっています。

 

ヤクスギ工芸品

▲ヤクスギ工芸品(写真提供:屋久島町立屋久杉自然館)

 

しかし、世界的に貴重なヤクスギは保護されていて、1980年代以降伐採は禁止されています。

一体どうやって工芸品の原料となるヤクスギを入手していると思いますか?

 

実は、現在のヤクスギ製品には「土埋木(どまいぼく)」が使われています。

土埋木とは、強風などで倒れたヤクスギや江戸時代に伐採されたヤクスギの切り株、伐倒後利用されず山に残されたヤクスギです。

丈夫なヤクスギは数百年山中に放置されても腐らないため、工芸品の原料として利用できるのです。

 

屋久島の山中にある土埋木

▲屋久島の山中に残る土埋木

 

世界自然遺産である屋久島の森は手つかずの原生林だと思われがちですが、林業の島であり、古くからヤクスギも伐採されてきました。

江戸時代にはヤクスギ材は年貢として定められ、以来幕末までに5~7割のヤクスギが伐採されたといわれています。

 

江戸時代に切られたスギの切り株

▲江戸時代に切られたスギの切り株

 

戦後復興の時代には、チェーンソーも導入されてヤクスギや広葉樹の皆伐が一挙に進みました。

現在生木として残るヤクスギは、凸凹が激しく利用に適さないとして切られずに残ったものなのです。

  

縄文杉と仏陀杉と弥生杉

▲縄文杉              ▲仏陀杉             ▲弥生杉

 

伐採の時代に残された土埋木を有効活用しようと生産が始まったのは1966年(正規の生産事業開始は1975年)。

土埋木の生産は、トロッコで搬出できるようにトロッコ道に近い箇所から架線集材によって行われてきましたが、徐々に集材箇所が奥地化するとともにヘリ集材に依存するようになりました。

作業は危険で大変難しく、土埋木の特殊な性質や急峻で特異な屋久島の地形、変化しやすい気候を十分に理解した人にしかできないそうです。

 

トロッコ道脇に集材される土埋木と造材の様子

▲架線集材でトロッコ道脇に集材された土埋木と造材の様子(2009年)

 

トロッコで搬出される様子

▲トロッコで搬出する様子(2009年)

 

トロッコからトラックに土埋木を積み直す様子

▲トロッコからトラックに積み直す様子(2009年)

 

この後貯木場に運ばれ入札にかけられます。

2015年の入札会での最高落札額は1立方メートルあたり580万円だったとか!!

 

しかし、長年続いた土埋木生産もいよいよ生産可能な土埋木※を取り尽くし、トロッコによる搬出は2009年に終了し、2016年のヘリ搬出を最後に大規模生産は終了しました。

(※生産可能な土埋木:国立公園の特別保護地区や第1種特別地域、森林生態系保護地域の保存地区や自然休養林など、土埋木の採取が禁止されている地域外にあってかつ生産コストに見合った土埋木。)

今後増々厳しい状況になりますが、継続していくために生産や加工など各方面で工夫や検討がされています。

最近ではお手頃価格の製品も増えて、キーホルダーやアクセサリーなどのかわいい小物も充実しています。

屋久島にお越しの際は、お土産店やヤクスギ加工工場をのぞいてみてくださいね!

山に登る際は、林内に残る土埋木を探してみましょう。

土埋木の採取が禁止されている保護地域ではたくさんの土埋木が眠っています。

ヤクスギや土埋木が残る森の風景は、屋久島の自然環境や歴史を物語っている...そう考えると屋久島の山歩きも一味違った角度から楽しめるのではないでしょうか(^^)

 

▼ヤクスギ製品店一覧

(公社)屋久島観光協会HP

http://yakukan.jp/souve/shop.html#sugi

 

▼ヤクスギの博物館

屋久島町立屋久杉自然館HP

http://www.yakusugi-museum.com/

 

▼参考文献

佐藤政宗・寺岡行雄(2012)ヤクスギ土埋木生産の変遷と現状について.

屋久杉自然館(2000)屋久島やくすぎ物語.

ページ先頭へ↑

2017年01月26日冬山くじゅう【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 兒島音衣

寒波襲来によりどこも冬らしい寒さを感じていると思いますが、寒さに負けてはいませんか?

くじゅう自然保護官事務所の兒島です。

くじゅうもこの度の寒波により、雪景色につつまれております。

そして待ちに待った青空!

さっそく山の様子を見に巡視へ行ってきました。御池(みいけ)の様子も気になります......!

ちなみに昨日(1/25)の長者原の朝の気温は-12℃。肌を刺すような寒さです!

こんなに寒いというのに、たくさんの方が登山に来られていました。九州にいながらにして、手軽に雪山登山ができるのもくじゅうの魅力のひとつではないでしょうか。みなさん、ちゃんと軽アイゼンをつけてらっしゃいます(^^)b

登山道を歩いていると様々な冬の芸術作品に出会います。繊細なものからダイナミックなものまで。暖かくなって消えてしまう前に、自分のお気に入りの作品を見つけてみてはいかがでしょう?

 









         ↑樹霜                         ↑霧氷

さてさて登山道の様子はというと、積雪が約30cm、深いところは50cmくらいあると思いますが、すでにトレース(踏み跡)があり、足元さえしっかりしていれば歩けるといった感じでした。





そして目的の御池(みいけ)はというと...............
              じゃーーーーーーーん!全面凍結していました!

最初は恐る恐る、ちゃんと凍っているか確認しながらでしたが、端から端まで歩ききりました。

1/25時点では凍っていましたが、気温の変化により氷が薄くなる場合があります。よく確認してから足をのせるようにしましょう。

この御池(みいけ)はすぐ下にある空池よりも標高が高いのに、水をたたえているのは御池だけであり、昔から不思議がられています。
 

       空池(奥は久住山)            御池(人が渡っています)

 
         中岳                   ペンギン岩(冬期限定)

これからまだ寒い季節が続きます。寒い日でも、勇気を出して外へ出てみると色んな景色に出会えます。歩き回っていると体もポカポカしてきて、とっても気持ちが良いですよ!

そして阿蘇の山口ARの日記にもあるように、外へ出た後の温泉も最高です(*^o^*

※雪山へ行かれる際は、軽アイゼン、防寒具などをしっかりと準備してください。また路面凍結のためチェーン規制がかかっている場所があります。車でお越しの際はチェーンや冬用タイヤの準備と、道路の情報収集を行ない、安全運転でお越しください。




***くじゅうの情報発信中!***

くじゅう地区の様々な団体からなるくじゅう地区管理運営協議会(くじゅうファンクラブ)は、くじゅうの自然環境を守るために様々な活動をしています。

【くじゅうファンクラブ】

http://kujufanclub.com/

また長者原ビジターセンターも随時情報発信しているので、情報収集の参考にされてください。

【くじゅうファンクラブ(長者原ビジターセンター)Facebookページ】

https://www.facebook.com/choujabaruvisitor/



ページ先頭へ↑

2017年01月25日自然がつくりだす氷の芸術 古閑の滝【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 山口佳子

みなさんこんにちは~!阿蘇自然環境事務所の山口です!

阿蘇は本格的な冬の季節となり、室内で過ごすことも多くなりましたが、

実は冬にしか見ることができない、阿蘇の美しい景色が色々あるんですよ~

今回ご紹介するのは、阿蘇市坂梨地区の古閑(こが)の滝です。

駐車場から少し坂を登って林を抜けると、突如大きな岩山と凍った滝がみえてきます。

近くで見ると迫力があります!

(▲ダイナッミックな氷の芸術 古閑の滝) 

古閑の滝は阿蘇カルデラの東部外輪山に位置します。絶壁はカルデラが形成された約27万年~9万年前の火山活動以前の地層がむき出しの姿となっています。滝の上流の大地は火砕流などが蓄積して平らになっており、あまり水があつまりません。そのため水量が少なく、氷の柱が100mもの高さになることもあります。

見上げるとふたつの滝が流れており、左側が雄滝(おだき)80m、右側が雌滝(めだき)100mです。

先阿蘇火山の溶岩崖を流れ落ちるままの凍滝(いてたき)は、寒さがもっと厳しくなると、

氷瀑の姿になることもあります。

地球温暖化が進んでいくと古閑の滝に流れる水量が多くなり、氷の柱がみれなくなってしまうことも

危惧されています。

太古に形成された表情豊かな岩、そして氷にあたる陽の光の輝き。

日中、気温の上昇によって谷に落ちる「カーン」という氷の音も趣があります。

春には、その音が冬の終わりを告げる風物詩として、地元の方に親しまれているそうです。

例年では12月下旬から2月末までが見頃です。

 

日に日に姿を変える古閑の滝。

一瞬一瞬の奇跡のアートを、ぜひ皆さんにも見ていただきたいとおもいます。

■古閑の滝 (阿蘇ユネスコジオパーク内33カ所あるジオサイトのうちのひとつです)

http://www.aso-geopark.jp/geosites/geosite10.htm

さらに、古閑の滝から南(高森方面)に向かうと箱石峠があります。

峠の上から景色を見渡すと冠雪した阿蘇山の稜線が映え、美しく雄大な姿を眺めることができます。

(▲草小積みと雪景色の阿蘇山 箱石峠)

手前の草原にあるのは、農業の機械化とともに見られることが少なくなった草小積み。

刈り取った野草を乾燥させて稲の茎で結び積み上げ、雨から守るためにススキを上から被せたもので、

冬の間の牛のえさなどに利用されてきました。

草小積みの牧歌的な風景は、通気性がよく草が傷みにくい貯蔵法として、

阿蘇に暮らしてきた先人たちの文化的草原資源の知恵が守られている姿なのです。

 

季節ごとに、新しい発見と感動を与えてくれる阿蘇の自然。

ちょっとコタツから抜け出して、防寒具を身にまとったら、

冷たく凛とした阿蘇の空気と冬の魅力を感じに遊びにきてみませんか?

雄大な冬の景色を堪能した後の温泉はまた、格別ですよ~♫

■阿蘇温泉町村湯マップ

http://onsen.aso.ne.jp/map/index.html

http://minamiaso-onsen.jp/access.html

■阿蘇地域アクセスルートマップ

http://www.qsr.mlit.go.jp/bousai_joho/tecforce/pdf/asoaccess

 

■阿蘇地域の積雪・凍結に伴う道路情報

http://www.pref.kumamoto.jp/kenhoku/kiji_8808.html

ページ先頭へ↑

2017年01月23日野草堆肥づくりのための採草・草集め ~草原に暮らすカヤネズミ発見!~【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 山口佳子

みなさんこんにちは~!阿蘇自然環境事務所の山口です!

今回は阿蘇の草原が、人々の暮らしにどのように利用されているのか、

集草作業に参加してきましたので、みなさんにご紹介したいとおもいます。