ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

西海国立公園 佐世保

14件の記事があります。

2016年08月29日高島清掃

西海国立公園 佐伯信吾

 九十九島の会の皆さん(16人)に同行させていただき、グリーンワーカー事業による高島海岸の清掃、動植物調査と遺跡、戦跡の学習をしてきました。

 高島は佐世保市の中心部から車で約30分走った相浦港からフェリーで約30分で着きます。前回の日記で取り上げた伊島よりもずいぶん近い場所にあります。

 高島も西海国立公園の特徴の一つである九十九島の多島海景観を構成しており、九十九島の中では黒島に次ぐ2番目に大きな島で陸繋島となっており、その陸繋砂州上の平地に集落があります。住人の多くが漁業関係者で水産加工業として「ちくわ」の製造所もあります。佐世保名産となっている高島ちくわの原料は、近くの海域で獲れるアジやエソがふんだんに使用され澱粉等のつなぎは使用されていません。大量生産ではなく工場でひとつひとつ大切に製造され、一般のちくわに比べて魚の量が多いため香りも味も濃厚でおまけに歯ごたえのある食感です。食べ方は、とろ火で焼いたり、加熱した温かい状態で豪快に丸かじりこれが最高です。この味でゆずやわさび醤油で食べると美味さが倍増します。

  

 島には、標高136mの番岳(ばんだけ)があります。この番岳は本土側から平戸五島列島まで見渡せる適地であったため昔より国防上の重要な役割として位置づけられていました。

 また、宮ノ本遺跡もあります。これは、弥生時代(2300年~1700年)の遺跡。最南端の番岳と北部の山間部をつなぐ間が平地になっており島の集落の中心部になっていました。ここでは散発的に人骨が出土しており、そのたびに現地の人々は「骨さま」と称した石塚に埋葬していました。最も重要な弥生時代の包含層からは、中央部の墓地から40基の墓と40体の人骨、多数の副葬品が出土しています。墓は箱式石棺、土壙(どこう)、甕棺(かめかん)が混在。石棺は男性が中心で土壙は女性が中心であることから、性別による埋葬法の差別化・区別化があったと推定されます。8体の女性は左手首にイモガイ腕輪をつけて埋葬されていました。弥生時代から宝物として珍重されていたイモガイは、南西諸島原産であるにもかかわらず、宮ノ本独自の加工が施された物が、北海道の有珠10遺跡でも発掘されており、宮ノ本が貝の東シナ海流通ルートの中継拠点だったことが実証されました。その一翼を船で担っていた宮ノ本弥生人は、内陸弥生人に比べ足よりも上腕が発達していたことが判明しています。

  

 そして、時代とともに地形から国防上の役割も強化されていきました。

 江戸時代の1640年には平戸藩により番所(警備の詰め所)がおかれ外国船発見など有事の際ここで火を立て(狼煙)小佐々の冷水岳を通して平戸城下に知らせたり、幕府直轄領の長崎にいち早く知らせるため高島から針尾へ早舟(6人漕ぎ)で通報したりしていました。さらに、1941年太平洋戦争が始まると日本海軍によって高島にも軍港防備のための高射砲台が建設されました。

 高島番岳砲台は佐世保市が初めて空襲を受けた1944年7 月以降たびたび飛来する敵機に対し砲撃を加え撃墜の記録も残っています。89 式12.7 センチ連装高角砲2 基、97 式聴音機、150 センチ探照灯を装備していました。砲座は解体されましたが、山頂に聴音機跡や探照灯跡、聴音照射指揮所跡や兵舎跡が良好な状態で保存されており、兵舎跡には風呂や発電機の跡がわかりますよ。

番岳山頂は現在公園として整備されており、2カ所の展望台と複数の説明板も設置されています。長尾半島から株分けしたトビカズラもすくすく生長しています。

  

 清掃では、ハマナタマメ、ハマヒルガオ、ハマオモト、ハマゴウ、ハマナデシコ、ハマダイコン等の海浜植物が自生する海岸の漂着物の回収を行いました。休憩に平尾会長の夫人がサービスされるキンキンに冷えたお茶が炎天下の作業にとっては命の水ように感じました。ありがとうございました。

   

高島集落

 

回収したゴミの量

   

狼煙を上げた場所

   

遺構説明

   

聴音照射指揮所跡

   

ノシラン

   

ハマナタマメ

   

ハマゴウ

   

高島の場所:地図の左端の細長い島。

ページ先頭へ↑

2016年08月15日長崎県西海国立公園 九十九島地区 伊島海岸清掃と生き物調べ

西海国立公園 佐世保 佐伯信吾

九十九島の会の皆さん(22人)に同行させていただき、グリーンワーカー事業による伊島の清掃、動植物調査をしてきました。

グリーンワーカー事業は、地域の自然や社会状況を熟知した地元の住民団体等により、地域の実情に対応した迅速できめ細やか自然環境保全活動を推進し、国立公園の管理のグレードアップを図ることを目的に行われています。

今回は、北九十九島の玄関口である臼ノ浦港から出港。伊島まで約30分。浅瀬に囲まれるため接岸するのが大変困難な瀬渡し船泣かせの島です。大小2隻の船で近くまで行き、接岸する時は、小さな船を使います。人にとっても、足場となる岩に海藻やフジツボが着生しているため滑りやすく上陸には危険を伴います。

伊島紹介:佐世保市にある南北に細長い無人島。海岸を歩いて一周するのに約2時間。島の南西側は、強い風の影響を受け低木ばかりで、この下には一面コシダ(シダの仲間)が繁茂していて歩くのが大変です。樹高は、北側に行くに従い高くなっています。

また、島では、カラスバトを春から夏にかけ確認していますが、繁殖の確認はありません。南側の海岸は、大きな岩が重なりあい洞ができています。平成6年、クロサギの3ペアが、この洞を利用し繁殖したことがあります。

伊島

※カラスバト:ハト科。全長約40センチ。本州中部以南の限られた島嶼に分布しています。全身黒色で頭部には紫赤色、嘴は暗青色で、先端は緑色。足は赤色。島での開発や頻繁な人の出入りが生息環境を悪化させ生息数が減少しています。

カラスバト

※クロサギ:サギ科。全長約62cm。本州以南に分布しています。こちらでは、黒色型が殆どですが、南西諸島では白色型が多くなってきます。他のサギに比べくちばしが、太くて長いため頑丈そうに見えます。確認される場所は、海岸の岩場を好みますが、干潟や海岸に近い湿地で見ることもあります。

クロサギ

清掃では、漂着物の回収をしましたがペットボトル、漁業関係の発砲スチロールが殆どでした。昼食時には、炎天下の作業で皆さん日焼けした中、冷やしてわざわざ持って来た素晴らしく美味しいスイカを頂き充実した一時でした。

 

冷えたスイカ美味しかった 

ハネビロトンボ

 

ハマオモト

 

ヒトモトススキ

伊島の場所:地図の中心の付近に小さな島が2つ並んでありますがその一つ。

ページ先頭へ↑

2016年06月23日九州特産物リレー 西海国立公園編

西海国立公園 佐世保 佐伯信吾

テーマは地元の特産物

海産物 トビウオ(アゴ)

西海国立公園の特産物と言えばまずアゴでしょう。平戸から生月の瀬戸では、トビウオ漁が行われますが、地元の風物詩にもなっています。漁は、盆北(地元で言う強い北風)が吹く8月中旬から10月頃にかけてトビウオが北上して来るこの時期に行われます。中でも9月が最盛期。以前は、入ってくるトビウオを数隻の船で海面を竹竿で叩きながら湾内へと追いやり網で獲っていたそうです。最近は、2隻の船で網を引く漁法だそうです。余談ですが、このトビウオを追いかけて大型のシイラ(カナヤマ)も群れをなしてやって来ます。これを狙ってルアーを盛んに投げ出す若い太公望で周辺の突堤等が賑やかになります。

話を元に戻して、生食も美味なのですが殆ど干物として加工され市場に出回っています。用途は、酒の肴、ごはんの友、出汁取りとして利用されます。干物は、一夜干しと保存が利くようにしっかり乾燥させた2種類があります。後者の方が主流となっています。おそらく、昔の長旅にも対応できるようにとの理由でしょう。当方の好みとしては、だいぶん歯も弱ってきていることから前者の方が好みです。出汁取りのため焼きアゴに加工されお正月の雑煮の出汁として、欠かせないものの一つです。また、九州では豚骨ラーメンですが、アゴ出汁ラーメンが密かなブームになり、うどんやちゃんぽんにも使用されています。トビウオ漁は、西日本以西で特に行われているようです。干物にしたトビウオのことを日本海側ではアゴと呼ばれています。なぜアゴと呼ぶのか地元の方に聞きましたが分かりませんでした。

「写真」左が平戸港  右は黒子島と呼ばれる小さな島ですが、特別保護地区です。

ページ先頭へ↑

2016年06月23日世界環境デー西海国立公園編

西海国立公園 佐世保 佐伯信吾

「大バエ清掃」

 

 世界環境デーに併せて西海国立公園の最北端にある生月島大バエ海岸の清掃を行いましたので、この時の様子、周辺で確認された鳥そして開花していた植物の紹介をします。九州本土と平戸島は平戸大橋でつながり、生月島は、平戸島の北に位置し、両島は生月大橋でつながっています。この場所は、更に生月島を縦走するように北上した最先端にあり、火山地形と海蝕崖から自然のエネルギーの大きさを感じることができる西海国立公園第2種特別地域です。この地形を利用した大バエ灯台(海上保安庁の呼び名は大碆鼻灯台)の螺旋階段を上がると目の前は大海原が広がる絶景が楽しめますが、全国でも上れる灯台は多くはありません。また、太公望にとっては、豊かな漁場として人気のスポットです。また、貴重な昆虫や植物の分布はもちろんですが、鳥の観察適地としても興味ある場所です。ボトルネックのような場所であることと北と南を行き来する渡り鳥達のルートになっているため春秋の時期は、本土では遠くの飛翔や声だけでしか確認されない種がここでは間近に姿を確認することができます。

「写真」美しい灯台です。歩道は、バリアフリーになっているので先端まで行く事ができます。

「写真」戦時中の砲台跡。大バエには南と西の2カ所にありました。実際使用もしたそうです。これはその中の一つの14センチ砲台跡。

「写真」東シナ海に面しているためかコバルトブルーの美しい色です

※「これからは清掃の様子」

「写真」この日は、曇天だったため作業がはかどりました。初めてのいない棒(てんびん棒)、うまいもんですね。板についてますね?(後方が、灯台下です)

「写真」学生さん達の応援もあり大変たすかりました。

「写真」こうなればプロですね。本業は漁師さんです。海を大事にしょうという気持ちが感じられます。この日は、風が強かったので変に重く足下が不安定になり危なかった。

「写真」

トラックに乗せた漂着物が落下しないようにと漂着物の漁網をかぶせています。

この日、軽トラック2台が、4往復しました。

参加された方々の内訳

・平戸観光ウェルカムガイド

・平戸の自然文化研究会

・九十九島ボランティアガイド

・九十九島の会

・パークボランティア

・長崎県立大学国際ボランティア学生協会

・平戸市役所

各団体の皆様ご協力ありがとうございました。お疲れ様でした。

※「これからは、確認された鳥類の一部」                           

イソヒヨドリ♂

イソヒヨドリ♂

♂は瑠璃色で美しい鳥ですが、♀は大変地味な体色です。鳴き声も透き通るようなきれいな声です。特に春の繁殖期のさえずりは格別。

ホオジロ

聞きなしで、「てっぺん巣掛けたか」と鳴いているように聞こえます。

※聞きなし:鳥の鳴き声を人の言葉に置き換えて覚えやすくしたもの。

ミサゴ

魚を主食にしている猛禽類です。方言でビシャゴと呼ばれています。魚めがけてダイビングしたときのビシャという音にちなんで名付けられたようです。

ハヤブサ♂

断崖絶壁のキングです。

王者にふさわしい目つきですね。

ハシブトガラス

近くにこんな顔の持ち主がいませんか?

※「これからは、開花していた植物の一部」

「かしわだんご」:お盆が近づくとアカメガシワの葉(で米粉を包み蒸して仏様にお供えします。おやつ代わりにも食べます。葉を集めるのは子どもの役目。出来るだけ大きい葉を探すのが大変でした。

スイカズラ

最初、花は白色ですが、黄色になっていきます。開花する時期が、ゲンジボタルの発生時期と重なります。花の臭いがするとホタルを思い浮かべます

※長崎県西海国立公園の情報発信をどんどんアップしていきますので、これから宜しくお願いします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ