ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年3月 3日

2件の記事があります。

2017年03月03日春の訪れ~猪の瀬戸湿原野焼き~【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 兒島音衣

先日、猪の瀬戸湿原の野焼きに参加してきました。ARとして参加したものでは今年初めてです。猪の瀬戸湿原では野焼きを毎年2月の終わり頃に行なっており、例年天気の心配だけでなく残雪の心配もあるのですが、今年は暖かく、好天が続いたおかげで、草はよく乾いていてよく燃えました。

たくさんのボランティアが持ち場につき、トランシーバーで連絡を取り合いながら作業を進めていきました。


夏に作った輪地がしっかりと防火帯の役目を果たします。燃え残った小さな火はボランティアによって消し止められます。その時に使うのが背中に背負ったジェットシューター(水の入ったリュック)です。


▲ものすごい炎があっという間に草を燃やしていきます。最初は無風だったのが、炎によって上昇気流が発生して風が吹いてきました。写真はありませんが、上空には猛禽類が飛んでいて、慌てて飛び出してくる小動物を狙っていました(去年はイノシシが飛び出てきたそうです)

みなさんは猪の瀬戸湿原をご存知でしょうか?

国道11号線・やまなみハイウェイ沿いの、由布岳と鶴見岳の山間にある小規模な湿原です。北西側に見える由布岳、北東の鶴見岳から水が流れ込んでいて、豊富な水量から湿原内にも何筋も川が流れています。湿原という繊細な環境で生息する貴重な植生を有するため、国立公園の中でも重要な場所として位置づけられています。

草原や湿原を維持するためには野焼きが重要なのですが、この場所での野焼きは一時中断されていました。


▲野焼きには多くの人の手が必要。事前に何度も話し合いをし、作業の確認を行います。一歩間違えれば死亡する可能性もある危険な作業だからです。

1960年代までは地域の住民らが放牧を行っていたため、昔から野焼きが行われていました。しかし様々な理由によって野焼きが行われなくなり、森林化がすすんでいました。

1995年頃に湿原の保全、野焼きの復活をしようという動きがあり、2005年から野焼きの実施に向けた調査や準備が進められてきました。その中心となっているのが「猪の瀬戸湿原保全の会」と「城島高原オペレーションズ」です。湿原内に進入してきた樹木の伐採、大量の不法投棄のゴミの撤去、外来種の駆除活動などに加え、植生調査、野鳥調査などを行い、野焼きを行うことの効果についてもデータとして蓄積、研究しています。

猪の瀬戸湿原で野焼きが復活して今年で6年目になります。少しずつ焼く範囲が広がっており、昔のような湿原の姿を取り戻しています。


▲野焼きのあとは真っ黒な大地となります。しかしよく見てみると、草の根までは焼けていません。

自然観察ができるトレッキングルートもあるので、野焼き後の湿原の散策をしてみてはいかがでしょうか。灰の下から新芽が顔を出しているかもしれませんね。

猪の瀬戸湿原保全の会では自然観察会を行っていますので、興味のある方はそちらもどうぞ!

黒い大地に、緑が増えていく、これからの季節が楽しみですね♪

ページ先頭へ↑

2017年03月03日出前授業に行ってきました!【石垣地域】

西表石垣国立公園 神保彩葉

突然ですがみなさん、日本最大のサンゴ礁はどこにあるか知っていますか?

 

日本最大のサンゴ礁は、西表島と石垣島の間にあります。

 

その名も"石西礁湖(せきせいしょうこ)"と呼ばれており、

世界的にもとても貴重な場所と言われています。

 

※ちなみに日本は世界のサンゴ礁の北限にあたります。

 

 

そんな石西礁湖ですが、昨年の夏、大規模なサンゴの白化現象が起き、

環境省の調査の結果、石西礁湖内の約7割のサンゴが死亡してしまいました。

 

この事は、沖縄県内だけでなく、

全国のニュースや新聞等で大きく取り上げられました。

 

そんなニュースや新聞を見て、石垣島内にある、とある小学校より、

「サンゴやサンゴの白化現象について知りたい」「自分たちに何かできることはないか」との声が多数あがったということで、出前授業の依頼をいただき、先日、子どもたちの前でお話させてもらいました。

 

授業の中で、まずはサンゴについてどれだけ知っているか、

テストとしてサンゴクイズを行いました。

 

 

クイズは大盛り上がり!

 

 

~どれくらい知っていますか?~

【クイズ一覧】

  1. サンゴは石?いきもの?

  2. サンゴは動物?植物?

  3. サンゴは浅いところに住んでいる?深いところに住んでいる?

  4. サンゴは温かい海が好き?冷たい海が好き?

  5. サンゴはクラゲの仲間?ウニの仲間?

  6. サンゴは卵で増える?分裂で増える?それとも両方?

  7. サンゴは動き回る?岩にくっついて動かない?それとも両方?

  8. サンゴ礁とは?サンゴがたくさんある場所のこと?それとも地形のこと?

    ※ここでのサンゴは「造礁サンゴ」を指します。

     

    【答え】

  1. いきもの

  2. 動物

  3. 浅いところ

  4. 温かい海

  5. クラゲ

  6. 両方

  7. 両方

  8. 地形

     

     

     

     

    クイズの後は、サンゴの白化現象のお話。

     

     

    今年度環境省で行った、サンゴの白化調査の結果をお話しました。

    少し難しいかな・・と思いきや、真剣にメモを取り、熱心に聞く子どもたち。

    子どもたちの想いになんだか心打たれました。

     

     

    出前授業の様子

    昨年、石西礁湖のサンゴの7割は死亡してしまいました。

    しかし、裏を返せばまだ3割は生き残っています。

    生き残った3割を左右するのは私たちです。

    みなさん、"島の宝"を残してくために、まずは節電(地球温暖化防止)、節水(生活排水抑制)など、身近にできることへのご協力をお願いします。

    そして、何より大切なことは、

    サンゴについて知ること、興味を持つことだと思います。

    私たちもこれまで以上に連携し合い、

    サンゴを守る方法や対策を考えていきたいと思います。

    石垣島内で出前授業をご希望の学校は、

    国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター(環境省石垣自然保護官事務所)までご連絡下さい。

    TEL 0980-82-4768 (平日8:30~17:15)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ