ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年09月01日特定外来生物「カダヤシ」

霧島・錦江湾国立公園 前平理恵

突然ですが、『蚊』ってブーンと飛んでくるから『虫』に『文』と書くとご存知でしたか?

夏の夜にあの音に悩まされた経験、どなたにもあるのではないでしょうか。

そんな蚊を薬を使わずに退治できる方法があるんです!と聞いたらみなさんどう思われるでしょうか。


実は、蚊の幼虫であるボウフラを食べてくれる魚がいて、しかもその魚は数匹ポンっと池や川に放すだけでどんどん増えてくれます。そして、あっという間にボウフラも減っちゃいますよー。

なんて耳寄りな情報でしょう!薬で水を汚さずにすむし、即効性もありそうですね~。


と、そんな理由でアメリカから日本に持ち込まれた魚が『カダヤシ(蚊絶やし)』です。

私達になじみ深いメダカも雑食性なのでボウフラを食べるのですが、『カダヤシ』の方が繁殖力が強く、ボウフラ退治力が高いぞ、ということで導入されたのですね。マングースがハブを食べるから・・・というのと同じような発想でしょうね。


繊細なメダカに比べ、比較的どんな環境でも生きていけるカダヤシは、川や水路などを通じてどんどん生息地を広げていき、今やメダカの生息地を乗っ取ってしまった地域もあるほどです。メダカとカダヤシは見た目もよく似ているため、「メダカがいる池」と思っていた所が、実は「カダヤシがいる池」だった、ということもよくあるそうです。メダカとカダヤシはよく似ていますが、尻びれと尾びれの形が違います。

 

メダカは環境省第4次レッドリストで絶滅危惧Ⅱ種に、カダヤシは特定外来生物に指定されています。

 

メダカの数が減った理由は、カダヤシ増殖だけではありません。カダヤシが影響を与えているのもメダカだけではありません。しかし、ボウフラ退治としては強みだったカダヤシの「繁殖力」と「環境適応力」が、生態系保全としては裏目に出てしまったのは確かです。

 
鹿児島自然保護官事務所では、指宿市にあるビオトープ池でカダヤシ駆除を始めました。とても小さいこの池でさえも、全てのカダヤシを駆除することは難しいです。一度水を抜いてしまえばいいのですが、それではヤゴやカエル、カニなど他の生物も死んでしまいます。せっせと地道に網でカダヤシをすくうしかありません。カダヤシ捕獲中。地道に網ですくいます。 網ですくったカダヤシ。

 

私達の生活は、様々な自然の知恵や力を応用して、進歩したり改善されたりしています。

新しい技術を見つけること。見えない負の影響を予測すること、またはそれにいち早く対処すること。

どちらかに偏ることなく両立するのは簡単なことではありません。

 

今年の夏は雨が少なく、池も干上がりかかっています。しかし、ピンチはチャンスです!今しかないと、池の水が少ないうちに連日カダヤシをすくっています。

 

【!注意!】特定外来生物を生きたまま持ち帰ることは、外来生物法により禁止されています。

      カダヤシを持ち帰って飼育することは絶対にしないでください!

      個人で実行した場合、懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金という罰則があります。

 

            1. ※1
          1.  この地域の在来個体群は「ミナミメダカ」あるいは「メダカ南日本集団」です。メダカ類の放流による遺伝的攪乱に関してはwikipedia「メダカ」「ミナミメダカ」の記事や魚類学雑誌57(1) 「日本の希少魚類の現状と課題」(wikipediaからサイト移動可能)がわかりやすいです。その他、個人で発信されている淡水魚関係のHPやブログにも非常に参考になるものがいくつもあります。当日記に登場する個体群に関しては、捕獲して形態等からの同定をしていないため、ここではすべて「メダカ」と標記しています。

※2

 魚類の放流は、同種間における遺伝的多様性の攪乱(亜種や近縁種間の交配も含む)、カダヤシとメダカに見られるような他種への影響、コイヘルペスに代表される病原菌の拡散など非常に多くの問題があります。

 →日本魚類学会による「生物多様性の保全をめざした魚類のガイドライン」など。

ページ先頭へ↑

2016年08月29日春の野焼きに向けて ~その① 輪地切り~

阿蘇くじゅう国立公園くじゅう 兒島音衣

こんにちは。

春の色は?の問いに、「くじゅうの春の色は黒なんです」と投稿して早4ヶ月。

なぜ黒なのかというと、「野焼き」を行うからでしたね。(413日の投稿参照!)

その野焼きをするために、実は、今の時季から準備が始まります。

野焼きでは山すべてが燃えず、草原として維持したいところだけ焼くことができるのはなぜでしょうか?
考えたことはありますか?

私もくじゅうに来たばかりの頃は不思議でたまりませんでした。

・草原との境で人が火を消しているから?

・森は燃えにくいから火が燃え移らない?

・風向きが森や道路に向かない日に野焼きを行うから?

春の野焼き風景

いえいえ。野焼きはこの時季に「防火帯」を作ることで、延焼を防いでいるのです。防火帯のことを「輪地」と言います。

野焼きを行うところと行わないところの境を、幅510mほど、草を刈ります。それも、野焼きを行うところの周りをぐるりと1周。燃えるものが無ければ、火は広がりませんよね。ぐるりと1周、輪を描くから「輪地」と言うのだそうです!

今回は坊ガツル湿原の輪地切り(輪地を作るために草を切ること)を、総勢140人のボランティアの方々と行いました。坊ガツル湿原は約53haある、ラムサール条約に登録されている湿地です。

↓ボランティアのみなさん。気合い十分!      ↓坊ガツル湿原










ロープで幅を計りながら、湿原を切りすぎないように...











昔は鎌で刈っていたのかもしれませんが、現代は刈払い機で刈っていきます!!!

坊ガツル湿原は広いため、140人で刈払い機を使って2時間半かかりましたが、おかげさまで無事作業終了しました。

野焼きは人の手がかかっているというのを、ひしひしと感じます。


さて、今回は【春の野焼きにむけて ~その① 輪地切り~】でした!

その②に乞うご期待ください♪

ページ先頭へ↑

2016年08月29日高島清掃

西海国立公園 佐伯信吾

 九十九島の会の皆さん(16人)に同行させていただき、グリーンワーカー事業による高島海岸の清掃、動植物調査と遺跡、戦跡の学習をしてきました。

 高島は佐世保市の中心部から車で約30分走った相浦港からフェリーで約30分で着きます。前回の日記で取り上げた伊島よりもずいぶん近い場所にあります。

 高島も西海国立公園の特徴の一つである九十九島の多島海景観を構成しており、九十九島の中では黒島に次ぐ2番目に大きな島で陸繋島となっており、その陸繋砂州上の平地に集落があります。住人の多くが漁業関係者で水産加工業として「ちくわ」の製造所もあります。佐世保名産となっている高島ちくわの原料は、近くの海域で獲れるアジやエソがふんだんに使用され澱粉等のつなぎは使用されていません。大量生産ではなく工場でひとつひとつ大切に製造され、一般のちくわに比べて魚の量が多いため香りも味も濃厚でおまけに歯ごたえのある食感です。食べ方は、とろ火で焼いたり、加熱した温かい状態で豪快に丸かじりこれが最高です。この味でゆずやわさび醤油で食べると美味さが倍増します。

  

 島には、標高136mの番岳(ばんだけ)があります。この番岳は本土側から平戸五島列島まで見渡せる適地であったため昔より国防上の重要な役割として位置づけられていました。

 また、宮ノ本遺跡もあります。これは、弥生時代(2300年~1700年)の遺跡。最南端の番岳と北部の山間部をつなぐ間が平地になっており島の集落の中心部になっていました。ここでは散発的に人骨が出土しており、そのたびに現地の人々は「骨さま」と称した石塚に埋葬していました。最も重要な弥生時代の包含層からは、中央部の墓地から40基の墓と40体の人骨、多数の副葬品が出土しています。墓は箱式石棺、土壙(どこう)、甕棺(かめかん)が混在。石棺は男性が中心で土壙は女性が中心であることから、性別による埋葬法の差別化・区別化があったと推定されます。8体の女性は左手首にイモガイ腕輪をつけて埋葬されていました。弥生時代から宝物として珍重されていたイモガイは、南西諸島原産であるにもかかわらず、宮ノ本独自の加工が施された物が、北海道の有珠10遺跡でも発掘されており、宮ノ本が貝の東シナ海流通ルートの中継拠点だったことが実証されました。その一翼を船で担っていた宮ノ本弥生人は、内陸弥生人に比べ足よりも上腕が発達していたことが判明しています。

  

 そして、時代とともに地形から国防上の役割も強化されていきました。

 江戸時代の1640年には平戸藩により番所(警備の詰め所)がおかれ外国船発見など有事の際ここで火を立て(狼煙)小佐々の冷水岳を通して平戸城下に知らせたり、幕府直轄領の長崎にいち早く知らせるため高島から針尾へ早舟(6人漕ぎ)で通報したりしていました。さらに、1941年太平洋戦争が始まると日本海軍によって高島にも軍港防備のための高射砲台が建設されました。

 高島番岳砲台は佐世保市が初めて空襲を受けた1944年7 月以降たびたび飛来する敵機に対し砲撃を加え撃墜の記録も残っています。89 式12.7 センチ連装高角砲2 基、97 式聴音機、150 センチ探照灯を装備していました。砲座は解体されましたが、山頂に聴音機跡や探照灯跡、聴音照射指揮所跡や兵舎跡が良好な状態で保存されており、兵舎跡には風呂や発電機の跡がわかりますよ。

番岳山頂は現在公園として整備されており、2カ所の展望台と複数の説明板も設置されています。長尾半島から株分けしたトビカズラもすくすく生長しています。

  

 清掃では、ハマナタマメ、ハマヒルガオ、ハマオモト、ハマゴウ、ハマナデシコ、ハマダイコン等の海浜植物が自生する海岸の漂着物の回収を行いました。休憩に平尾会長の夫人がサービスされるキンキンに冷えたお茶が炎天下の作業にとっては命の水ように感じました。ありがとうございました。

   

高島集落

 

回収したゴミの量

   

狼煙を上げた場所

   

遺構説明

   

聴音照射指揮所跡

   

ノシラン

   

ハマナタマメ

   

ハマゴウ

   

高島の場所:地図の左端の細長い島。

ページ先頭へ↑

2016年08月24日九州特産物リレー8月 ~島原半島のそうめん流し~

雲仙天草国立公園 羽澄美枝子

 8月になってしまいましたが初めまして。雲仙自然保護官事務所のアクティブレンジャー 羽澄 美枝子です。九州特産物リレーの今月の担当となり、アクティブレンジャー日記をやっとスタートする事ができます。

 島原半島は長崎県の中でも特に農産物の生産量が多い場所です。それは島原半島を形成してきた火山の歴史があり、その恵みのおかげです。それらの話はまた改めてお伝えしますね。今回は島原半島の流しそうめんをご紹介します。これもまた火山の恵みのたまものです。

 まず、島原半島のそうめんの歴史からお話しします。有名な島原・天草の乱の結末を、私はこちらにに来てから知りました。一揆軍は、約37000人で原城に立てこもり、最後には全滅してしまったそうです。その結果島原半島の千々石断層より南部の集落のほとんどの住民がいなくなり、天草の一部とともに無人地帯が現れました。

 そこで政府は日本各地から人を移住させようとし、全国から同じ文化風習を持った人々が地区ごとに入植し、多様な文化がモザイク状に分布する風土が形成されました。その中の小豆島から移住した人々が、素麺製造技術を持ち込んだようです。もう一つ、中国の福建省から渡ってきた技術者によって伝えられたという説もあります。どちらにせよ、湧水が沢山有り、きれいな水が豊富・雲仙岳から吹き下ろす乾燥した風・有明海の塩・肥沃な土地で栽培される小麦等、素麺製造に適した土地柄であったため、島原素麺は沢山作られるようになりました。そして、豊富にある湧水を利用した流し素麺が始まったのは自然の流れですよね。そう、島原半島には湧水が沢山あるのです。山の上の方から町中までいたるところに湧き出ています。

   

 ← 北千本木湧水

 ← 焼山湧水

 

 焼山湧水は、江戸時代の噴火(このときの溶岩は粘度が低いタイプであったそうです。今のハワイにあるキラウエアみたい。25年前の新しい平成新山噴火の溶岩は、粘度が高いタイプです。)で流れ出た溶岩の一番先端部分の下から湧き出ています。ここの水温は13度位で、湧水の中でもかなり冷たい方です。平成新山の噴火前はこの水をそのまま使って、自然の流しそうめんをしていたそうです。

 

 

そうめん流しのお店               丸テーブルの周りを水が回っています。

                        下にゆず胡椒。 

 

 そして今こちらの流し素麺屋さんの方式は、真ん中にある丸テーブルのまわりが丸く囲まれていて、いつのまにかそこに湧水がわき出てきて回り始めます。そこに素麺を流して食べるのです。湧水とテーブルをつないでいるのでしょうね。お店の池ではニジマスも沢山泳いでいます。薬味はネギとわさびだけでなく、島原半島特産のゆず胡椒もでてきます。ゆず胡椒の中身も知らなかった私ですが、こちらの新鮮な手作りの味を知ってはまっています。ゆず胡椒と流し素麺ははじめて食べましたが、最高に合います。この組み合わせ新しくないですか?

 

  

一枚岩の斜面を登ります。 

       

  

先端はこんな感じです。   

        

      

 焼山湧水から山道を登って行くと、途中には小さな風穴がいくつかあって、穴からは涼しい風が吹き出てきます。そんな山道を登る事15分位で一枚岩と呼ばれる場所に到着します。ここは先ほどの流れ出た溶岩の上側先端部分です。そこからの眺めは絶景ですよ。海まで一気に見渡せます。

 私もここに来てみてはじめて分かったダイナミックな自然と歴史、国立公園に最初に指定された訳がわかります。これからも意外と知られていない島原半島の魅力を伝えていきますね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ