ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年09月10日市民の森で自然観察!「わんぱくトライアル」・「ファミリーキャンプ」実施報告 【出水地域】

出水 本多孝成

 出水自然保護官事務所の本多です。

 今回は、出水市青年の家主催事業「わんぱくトライアル」(8月8日(木))および

「ファミリーキャンプ」(8月25日(日))のプログラムとして実施した自然観察活動の

様子をお伝えします。

 出水自然保護官事務所では、昨年度より上記の事業において講師として協力させて頂いており、

今年度は、「わんぱくトライアル」ではマウンテンバイクを使った自然観察、「ファミリーキャンプ」

では身近な自然と触れ合う活動のご依頼を頂きました。

※各事業の概要はこちらhttps://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/page/page_50035.html

(出水市HP、青年の家イベント情報ページにジャンプします)

*******************************************************

<わんぱくトライアル>

 「わんぱくトライアル」のマウンテンバイクを使った自然観察活動では、青年の家に隣接する

市民の森の遊歩道(計5.5km)をマウンテンバイクで移動しつつ、途中三か所で自然と触れ合う

アクティビティを行いました。

 

▲マウンテンバイクで移動中...

 子どもたちが上り坂を一生懸命に進む姿が印象的でした。私も一緒にマウンテンバイクで

 移動しましたが、想像以上に過酷な道のりでした。しかしその分、森のにおいや風の心地よさを

 堪能することができました。

(1)

 

(2)

 

(3)

 

▲各ポイントで実施したアクティビティ。

 (1):周囲の音を、線や記号等、自分なりの表現を用いて地図にするゲーム(サウンドマップ)を

     行いました。鳥の鳴き声や風の音を始めとする、様々な自然由来の音を聞きとることができ

     ました。

 (2):昆虫採集を行いました。昆虫が好きな子も嫌いな子もお互いに協力しながら採集していました。

     時折、大物を捕まえたときの歓声や昆虫が苦手な子どもたちの絶叫がこだまし、終始賑やかな

     時間になりました。

 (3):松かさ(松ぼっくり)を、チームで協力してできるだけ高く積み上げるゲーム

     (松ぼっくりタワー)を行いました。ただ積み重ねるのではなく、2つの松かさの「カサ」の

     部分をプラモデルのようにかみ合わせたり、他のチームの状況を確認する偵察係を設けたり

     する等、チームによって独自の創意工夫が見られました。

*******************************************************

<ファミリーキャンプ>

 「ファミリーキャンプ」では、身近な自然と触れ合う活動として、自然のモノや形をビンゴ形式で

発見するゲーム(ネイチャービンゴ)を実施しました。

(1)

(2)

 

(3)

 

▲(1):当日使用したビンゴカード。当日は雨が降っており、本来であれば野外活動に適さない

     状況でしたが、雨ならではの自然も楽しんで頂きたいと考え、「みずたまり」や

     「ぬれたはっぱ」等の項目を盛り込んだ雨天用のビンゴカードを使用しました。

 (2):ネイチャービンゴの様子。慣れ親しんだ場所である市民の森が、雨によってどこか神々しい

     雰囲気に包まれていました。子どもたちや保護者の方々は、最初は躊躇した様子でしたが、

     ゲームが終わる頃には多少の雨は誰も気にせず、雨ならではの自然観察を楽しんでいました。

 (3):ビンゴゲーム中、特に参加者の方々の視線を集めたのが、この大きなナメクジ(ヤマナメクジ?)

     です。縮んだ状態でも体長10cmはありそうな、一般的なナメクジ観(?)を覆すスケール

     でした。保護者の方々が苦笑いで眺める中、子どもたちは興味津々の様子でした。

 ゲーム終了後、マスの一つである「雨ならではの○○」について、何が見つかったかを子どもたちに

尋ねたところ、「雨水が地面を流れていて、小川のように見えた」や、「雨粒が木に生えたコケ類をつたう

光景が美しかった」との、素敵な発見を教えてくれました。

 一般的に雨の日は、ネガティブなものとして捉えられがちですが、一方で雨の日にしか見ることが

できない自然の光景や魅力があるように思います。

 市民の森においては、これまでにも野鳥観察会等の自然観察活動を実施してきましたが、その度に新しい

発見があり、いつもわくわくさせてくれる場所です。今後も沢山の方々に市民の森を好きになってもらえる

ような活動ができればと考えています。

 今回このような機会を下さった出水市青年の家の皆さま、そして参加者の皆さま、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2019年09月09日今年のサンゴのモニタリング調査

西表石垣国立公園 神保彩葉

こんにちは。石垣自然保護官事務所の神保です。

6月~8月が一瞬で過ぎていきました。

もう9月という事実が信じがたいですが、石垣の夏はまだまだ続きそうです・・・。

さて、今年もサンゴのモニタリング調査を行っております。

コドラート内のサンゴを調べる調査員

今年は、どの地点も調査は長期戦。

なぜなら新しい小さなサンゴがたくさん加入しているからです。

とても嬉しいことですね。

ただ、1つのポイントを平均2時間以上、水中でじっとしていると、

さすがの夏場でも、体が冷えるようです。

ところで、サンゴも病気にかかるということを知っていますか?

近年、石西礁湖ではサンゴの病気が増えています。

病気にも様々なものがあり、詳しい原因は、未だ分かっていないのですが、

地球規模の環境悪化、それに伴うサンゴの免疫力の低下、

そして、私たち人間の活動とも無縁ではないと言われています。

(サンゴの病気:例)

  

病気①ホワイトシンドローム 

病気②腫瘍

病気③ブラックバンド

上の3つ以外にも、サンゴの病気はいくつかあり、いずれもまだまだ解明されていないことばかりです。

さて、調査中に真っ白な赤ちゃんサンゴを発見。

調査員に肩を叩かれ、指を指した岩場の裏をのぞいてみると、

真っ白サンゴのすぐ近くに、サンゴの天敵、オニヒトデを発見しました。

白かったのは、オニヒトデが食べた跡でした。

見つけたオニヒトデ

こんなに小さなサンゴも食べてしまうとは、恐れ入りました。

今年は台風も定期的にきているためか、海水温はさほど上がらず、

大規模な白化現象は起きていませんが、サンゴを脅かすものは、

単に白化現象だけではないようです。

八重山周辺の気になるサンゴの情報等がありましたら、

下記センターまで、是非お寄せ下さい。よろしくお願いします。

【国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター】

住所:沖縄県石垣市八島町2-27
TEL:0980-82-4902 FAX:0980-82-0279

Mail:coremoc@sirius.ocn.ne.jp

HP:http://kyushu.env.go.jp/naha/coremoc/index.html

ページ先頭へ↑

2019年09月06日知林ヶ島展望台など修繕しました 【錦江湾地域】

霧島・錦江湾国立公園 椎葉美香

指宿の現地確認と知林ヶ島の展望台の手摺などの修繕を行ってきました。

【ビオトープ池・野営場】

 7月の大雨の影響で、指宿園地ビオトープ池に隣接する休憩所横の枕木歩道が、ビオトープ池側に移動して落ちそうになっていました。また、野営場内トイレ・シャワー棟出入口の地面が周囲より窪んで水溜ができているところがあったのですが、確認すると依頼した工事が完了して安全に使用できるようになっていました。

休憩所横の木道歩道(2019年7月撮影)  石材を使用した補修(2019年9月撮影)

▲ビオトープ池休憩所横の枕木歩道        ▲石材を使用した補修

野営場トイレ・シャワー棟の水溜(2019年9月)  水溜及び雑草対策コンクリート打設(2019年9月撮影)

▲野営場トイレ・シャワー棟の水溜        ▲水溜及び雑草対策のためコンクリート打設

【知林ヶ島】

 知林ヶ島に渡るため、野営場の奥に進むと砂洲出現予測時刻の通りに砂洲が出現し、砂洲には砂浜に波の跡が残って綺麗でした。

砂洲から見た知林ヶ島(2019年9月撮影)

 知林ヶ島の展望台は南展望台と北展望台があります。

両方の展望台の手摺に触れるとぐらつきがあるため、支柱を金具で固定しました。

どう設置すれば固定されるのか試行錯誤しながらの作業となりました。

また、階段の踏板のたわみや釘が抜けている箇所にビスを打ち直すことで、

踏板を踏んだ時に安定するようになりました。

南展望台手摺修繕前(2019年9月撮影)

▲南展望台:ぐらつきのある柵

南展望台手摺金具取付作業(2019年9月撮影)

▲金具の取付作業

南展望台手摺金具取付後(2019年9月)

▲金具の取付後

次に北展望台に移動します。

途中の歩道では外れた柵があったので、その柵にも金具を付けることでしっかり固定されました。

歩道柵修繕前(2019年9月)歩道柵修繕後(2019年9月撮影)

▲歩道の柵が外れている             ▲金具取付後

北展望台でも南展望台同様に手摺の固定と階段のたわみを解消するため修繕を行いました。

北展望台手摺修繕前(2019年9月撮影)  北展望台手摺修繕後(2019年9月撮影)

▲北展望台:ぐらつきのある柵          ▲金具の取付後

北展望台階段修繕前(2019年9月撮影)  北展望台階段修繕後(2019年9月撮影)

▲階段の釘が抜けかけている           ▲釘を打ち直しビスで補強した

北展望台からは眼下に知林ヶ島の小島と奥には空気が澄んでいたため桜島も望むことができました。

残暑が厳しい中での作業でしたが、気持ちを切り替えて作業をすることができました。

北展望台から見た眺め(2019年9月撮影)

ページ先頭へ↑

2019年08月30日Photo Exhibition at Mt. Aso Visitor Center ~Aso-Kuju National Park~

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 ウッド 亜也子

Since opened in March 2019, Mt. Aso Visitor Center has been fully up and running. As of July 2019, over 150,000 people have already visited the center.

This center is used as a hub and first stop for visitors to gather up-to-date information about Aso. Also it is a perfect place to visit if you are looking for somewhere to go on a rainy day and when the access to Mt. Aso Nakadake crater is restricted.

In addition to existing permanent exhibitions, Ministry of the Environment Active Ranger Photo Exhibition is currently taking place here at Mt.Aso Visitor Center. All the photos are taken while Active Rangers are working in National Parks and conservation areas in Kyushu.

Hope you get to visit the exhibition and discover the beauty and diversity of nature in Kyushu.

Photo Exhibition Scheduled in Aso-Kuju National Park Area:

Place: Mt. Aso Visitor Center (within Aso Volcano Museum)

Dates: Now~ 16th September 2019

Place: Chojabaru Visitor Center, Kokonoe town, Oita Prefecture

Dates: 20th September 2019~20th November 2019

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ