ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年01月16日正月行事~鬼火(おにび)たき~【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 アクティブレンジャー 水川

明けましておめでとうございます。

屋久島自然保護官事務所の水川です。

2017年も、アクティブレンジャー日記【九州地区】をよろしくお願いします!

 

さて、私の2017年最初の日記は1月7日に屋久島で行われたお正月の伝統行事「鬼火たき」についての紹介です。

鬼火たき(焚き)とは九州地方に伝わる正月の伝統行事で、正月飾りなどを燃やして悪霊を払い、無病息災や一年の幸せを願うものですが、「どんど焼き・とんど焼き・左義長」など様々な呼び名で全国各地でも行われていることでしょう。

屋久島では毎年1月7日に行われており、今年は私も朝の準備から参加してきました。

屋久島の鬼火たきは集落ごとに行われ、モウソウ竹やコサン竹(布袋竹)を組んで、てっぺんに鬼の顔が描かれた旗を掲げて燃やすのですが、中でも原(はるお)集落の鬼火たきはとても手が込んでいます。

なんと十数メートルのスギの木を鬼火の芯に使うのです。

 

バックホーでスギの木を持ち上げる様子

▲芯になるスギの木。原集落の鬼火の準備はバックホーまで出動する大仕事となります。

 

スギの周囲には十数本ものモウソウ竹を取り付け、モウソウ竹の周囲にはコサン竹を取り付けます。

 

スギにモウソウ竹とコサン竹を取り付ける様子

▲スギにモウソウ竹とコサン竹を取り付ける様子。太く大きな竹がモウソウ竹、細く小さな竹がコサン竹です。

 

まだ終わりません。外側にコサン竹がびっしりと取り付けられた柱に、今度はウバメガシの枝を一本一本手で刺し込んでいくのです。

 

スギにコサン竹とウバメガシの枝を取り付ける様子

▲コサン竹を取り付ける右側の人達とウバメガシを刺していく左側の人達。

 

ウバメガシを刺していく様子

▲柱にウバメガシの枝を刺し込む様子。柱を立てた時に枝が飛び出ていると格好が悪いので、枝の傾きが柱の中央に向くように刺していきます。根気の要る作業です。

 

ウバメガシの枝を柱全体に刺し終えたら、いよいよ柱を立てます。

 

バックホーで柱を立てる様子

▲柱を立てる様子。バックホーでゆっくり引っ張り、徐々に柱を立ち上げていきます。

驚くのはそのバランス!

巨大な柱を支えるのは四方向に張った細い番線のみで、柱は地面に固定されていないのです。

こうして鬼火の柱は立ち、あとは根元に竹や各家庭の正月飾りを積み上げて完成です。

 

▲完成した鬼火。てっぺんには鬼の顔が描かれた旗がついています。

火入れの時を待ち、静かにたたずんでいます。

 

夕方、人々が集まりいよいよ火入れです。

通常は七草祝いをした集落の子どもの役目ですが、今年は強風で危険だったため青年団が火をつけました。

 

火をつける様子

▲火をつける様子。

 

鬼火たきの様子

▲鬼火たきの様子。バチバチ、ゴーゴー、パンパンと、ものすごい音と勢いで燃えました。

この音と火で悪霊(鬼)を退治するのです。

 

そして各家庭は、ウバメガシや竹の葉、割木を束にしたものをこの火で半分焼いて持ち帰ります。

持ち帰った束を家で再度燃やすことで、まだ家に残っているかもしれない悪霊を払います。

魔除けとして玄関に置いたりもします。

  

各自で葉と木の束を燃やす様子

▲葉と割木の束を燃やす様子。

 

こうして集落からも家庭からも鬼はいなくなり、一年の無病息災と一家の幸福を願い、新たな年が始まるのです。

 

鬼火たきを終えた夜は、子どもや青年が各家庭を回り、大きな声で祝い歌を合唱します。

「祝い申そう」や「くせもんいい」や「門回り」といいます。

小班に分かれて家々を回るので、集落内のあちらこちらに、太くたくましい青年の歌声と活き活きと若さあふれる子どもの歌声が縁起良く響きます。

今年も皆さんにたくさんの幸福が訪れることでしょう(^^)

古くから受け継がれる地域の伝統行事、大切にしたいですね。

みなさんの地域にはどんな行事がありますか?

ページ先頭へ↑

2017年01月04日穏やかな初日の出と阿蘇の道路状況【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 アクティブレンジャー 藤田

謹んで初春のお慶びを申し上げます。阿蘇事務所の藤田です。

今年の元旦は、阿蘇山上にも雲がかからず、スッキリ快晴!

現在、唯一阿蘇山上(草千里)に登ることができるパノラマライン『県道111号線』は、通常7:30~18:00までとなっていますが、元旦のみ6:00から通行が可能だったので、草千里まで登ってみました。

この日は、中岳火口からの噴煙も少なく、風もなく穏やかだけどキーンとする冷たさの中、日の出の瞬間を待ちました。

左手に中岳火口 右手に草千里

昨年、熊本では甚大な震災が発生し、復興に向けて進んでいる中、このように穏やかなご来光を臨むことができ、「今年は穏やかな1年になるように・・・」と、多くの方が手を合わせられたことと思います。

また、『阿蘇神社』には毎年お参りをしていますが、熊本地震により倒壊した拝殿は撤去され、普段見ることができない『神殿』を拝むことができるまたとない機会となっています。

元旦の阿蘇神社

しかし、道路状況を懸念される方も多いのか、参拝者も例年よりもやや少なめのようです。ミルクロードも渋滞が心配されていましたが、年末の俵山トンネルの開通や二重の峠の交差点の左折ラインができたことが功を奏したのか、正月3ヶ日は大きな渋滞は見られませんでした。

こんなあたたかい正月はめったにありません。どうぞお気軽に阿蘇にお越しくださいね。

私たちも阿蘇の復興に向け、志も新たに取り組んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2016年12月16日えびの高原、冬景色が綺麗ですよ♪ 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの アクティブレンジャー 橋之口

こんにちは!

昨日、霧島山では初冠雪が確認されました!霧がかかっていることが多く、山の姿があまり見られなかったのですが、今日は快晴となり白く雪化粧をした山々が綺麗に見られました♪

▲韓国岳、硫黄山を眺める利用者。雪景色を楽しみに来られたとのことです♪(えびの高原展望台より)

▲霧氷と雪で白い景色が広がっています❄(白鳥山より)

12月12日に、えびの高原(硫黄山)周辺に火口周辺規制が発表されました。硫黄山から半径1㎞内は立ち入りができませんが、えびの高原内の国民宿舎、お土産屋などの施設や、スケート場は変わらず営業しておりますので、空気が澄んだ、冬のえびの高原を楽しめますよ(^^)

登山もできますので、えびのエコミュージアムセンターに立ち寄り、火山や登山の情報などを収集してから登られることをおすすめします。

▲えびの高原安全利用マップ(えびの市発行)

▲景色も楽しみながら滑ることが出来、気持ちよさそうですね♪(えびの高原スケート場より)

※えびの高原(硫黄山)周辺の火山情報、規制状況について、詳しくは下記のHPをご覧ください。

****************************************

○気象庁HP【霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山状況】

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/505.html

○宮崎県HP【霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺の噴火に関する情報提供】

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/kirisima.html

○えびの市HP【えびの高原(硫黄山)火口周辺警報発表に伴う規制について】

http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=141025113634

****************************************

えびの高原までの道路ですが、宮崎県小林市方面(県道1号小林えびの高原牧園線)からは通行止めになっていますが、宮崎県えびの市方面(県道30号えびの高原小田線)、鹿児島県霧島市方面(県道1号小林えびの高原牧園線)からは通行できます。道路が凍結をしてチェーン規制がかかっている場合もありますので、道路状況をご確認の上、お越し下さいね。

※道路状況について、詳しくは下記のHPをご覧ください。

****************************************

○宮崎県道路規制情報

http://roadi.pref.miyazaki.lg.jp/roadinfo/public/

○鹿児島県道路規制情報

https://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/Index

****************************************

ページ先頭へ↑

2016年12月14日360°のパノラマ絶景!辻岳&野首岳

霧島・錦江湾国立公園 鹿児島 前平理恵

またひとつ霧島錦江湾国立公園のおすすめの場所を見つけました!

大隅半島南側に位置する辻岳と野首岳。

このふたつの山は阿多カルデラ壁の一部で、登山道を含む稜線付近は国立公園の中でも最も重要度の高い特別保護地区に指定されています。

まずは辻岳(標高773m)。

いくつか登山口がありますが、どのルートからでも山頂までは約30分。登山というよりはピクニックです♪

今回のスタート地点は南側登山口。ここから見る辻岳はまるで丘のようです。

辻岳の頂上には大きな花崗岩の岩があり、登山口からも見えるのでモチベーションUPです!

南側登山口から見た辻岳

辻岳山頂には花崗岩の巨岩があり、登山口からも見ることができます。

登山道の前半はシイやカシなどの照葉樹林です(左下写真)が、途中から草地になってきます(右下写真)。

登山道前半は照葉樹林です。  登山道は途中から草地になります。

登山道では、色とりどりの花や実を見ることができ、ただ歩くだけではない楽しい道でした。サザンカの白い花びらがじゅうたんのように落ちていたり、季節外れのツツジの花が咲いていたり。不思議な形の実も見つけました。

赤や白、紫など色とりどりの花や実を見ることができました。

冬の彩りに感激していると、あっという間に巨岩のもとに辿り着きました。

岩の前には鳥居があり、奥の岩の隙間には観音様が祀られていました。

山頂の大岩の前には鳥居が祀られていました。

巨石を横目にちょっと進むと、そこはもう360°のパノラマ絶景!

山頂では360°のパノラマ絶景を楽しめます。

         ↓西側には開聞岳や知林ヶ島。

西側には開聞岳や知林ヶ島。

         ↓北側には南大隅町市街地。運が良ければ桜島や高隈山系も見えるのでしょうか。

北側には南大隅町市街地。

         

         ↓南側の野首岳。右手奥には立目崎も見えます。

南側の野首岳。右手奥には立目崎も見えます。

         ↓南東側には木場岳の照葉樹林。

南東側には木場岳の照葉樹林。

         ↓東側には木場岳から続く自然環境保全地域の稲尾岳。

東側には木場岳から続く自然環境保全地域の稲尾岳。

山頂にはベンチもあるので、お弁当を持ってのピクニックに最適ですよ♪

絶景を楽しんだ後は、辻岳山頂からも見えていた野首岳(標高897m)へ。

北側登山口から山頂までは約30分。こちらもお手軽登山です。

勾配もゆるく、イノシシがどこかしこも掘り返しているので、土がふかふかしてとても歩きやすいです。

途中、何カ所かツバキの花のじゅうたんが現れ、テンションが上がります!

落ちたツバキの花びらのじゅうたんにテンションが上がります!

辻岳と同様、色とりどりの花や実を楽しめます。山頂からは南西の眺望しか見られませんが、南大隅ウィンドパークの風力発電地域が間近に見えます。

山頂からの南西の眺望では、立目崎と錦江湾が見えます。

山頂からは南大隅ウィンドパークの風車群が間近に見えます。

辻岳・野首岳ともに登山口は林道根占中央線沿いにあります。

きつい登山は嫌だけどきれいな景色を楽しみたい!という方。おすすめですよ!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ