ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2018年09月05日国内希少野生植物調査 ヤクシマソウを追え! 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 国内希少野生動植物という名称をご存知でしょうか。

★★★★★

 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)に基づき、国内に生息・生育する絶滅のおそれのある野生生物のうち、人為的な影響により減少が見られる種等を環境省が「国内希少野生動植物種」に指定しています。

 また、新種、初確認種(日本に生息していることが初めて確認された種)、再発見種(絶滅したと思われていた種が見つかった場合)のうち、特にその保存を緊急に図る必要があると認められる種を「緊急指定種」に指定しています。

 平成30年2月現在、国内希少野生動植物として、鳥類39種、哺乳類9種、爬虫類7種、両生類11種、魚類4種、昆虫類44種、陸産貝類19種、甲殻類4種、植物122種の全259種が指定されています。また、緊急指定種として爬虫類1種が指定されています。

 詳細URLはこちら▼

 http://www.env.go.jp/nature/kisho/domestic/index.html

★★★★★

 平成30年1月には屋久島の植物種4種が新たに指定されました。4種とはタブガワヤツシロラン、ヤクシマヤツシロラン、ヤクシマヒゴタイ、ヤクシマソウです。いずれも島内での生育地は限られています。

 先日、こちらの国内希少野生植物ヤクシマソウ生育調査のため、森に入りました。ヤクシマソウはホンゴウソウ科という聞きなれない植物の仲間です。地上からの高さは数cm。花や実のひとつひとつの大きさは直径約1mm、花茎は細く髪の毛のような細さです。全体的に赤紫色をしており、薄暗い林床では見つけることが難しく、地面をじっと見つめながら探します。葉緑素を持たず、光合成をしない植物で、土の中の菌に寄生して栄養をとって生きるという、とても変わった生態です。

 菌に寄生するヤクシマソウが自生しているということは、その環境が、私たちの目には見えない豊かな菌類の生育地とも言えます。枯れ葉や枯れ木が何百年もの間、菌類に分解され循環を繰り返している古い森にこうした生態系が形作られています。

 このような環境はいまや貴重となっており、なおかつ生育地やその周囲の伐採など開発の危機に瀕していることが多いのです。ヤクシマソウは2016年に新種として記録されたものですが、その希少性によってわずか2年ほどで国内希少野生植物に指定されました。

ヤクシマソウ

▲ヤクシマソウ。あまりに小さく、そして不思議な形に職員一同驚きを隠せませんでした。

林床のヤクシマソウ

▲落ち葉の中からひょっこり。

 ヤクシマソウは屋久島でもごく限られた地域でしか見つかっておらず、株数も多くはありません。今回の調査は湿度の高い林内で地面にしゃがみ込みながら、およそ3時間の探索を行いました。汗だくになりながらも努力の甲斐あって全員がヤクシマソウを見つけることができました。みな調査に夢中になり、見つけるたびに「あった!あった!」と歓喜の声をあげていました。ヤマビルやマダニ、マムシなどに遭遇しなかったのも幸いでした。

 まだまだ詳しい研究が期待されるヤクシマソウ、環境変化に弱いとされ、生育地そのものを保護していくことが大切です。

ページ先頭へ↑

2018年08月24日夏の夜はシカウォッチング 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの 廣澤 順也

霧島錦江湾国立公園「霧島」地域を担当するえびの管理官事務所です。

夏休み真っ最中の8月8日の夜、えびの高原で、小中学生向け「第11回さわやかサマースクール」

(主催:さわやかサマースクール実行委員会)の一環である「星空アドベンチャー~星と動物と昆虫と」に講師兼ガイドとして参加してきました。

この教室は、環境省えびの管理官事務所、えびの市観光商工課、自然公園財団えびの支部の3団体で担当する珍しい形式です。

今回は、「えびの高原の野生動物を見てみよう!えびの高原のきれいな星空を見ながら、どんな生物が生息しどんな活動をしているのか体験してみましょう。今年はライトトラップもあるよ」と題する3時間コース

例年、宮崎・鹿児島県内からの参加者がほとんどなのですが、今年はなんと東京都三鷹市から!

なんでも夏休みはずっとえびの市のおばあちゃんの家に遊びにてきているとか。

スケジュールは、まずえびのエコミュージアムセンター館内で、自然解説員から国立公園とえびの高原の成り立ちについて解説を聞き、火山について新燃岳から飛んできた噴石の実物を見ながら30分ほど学習しました。

そして20分間は私の担当で、プロジェクターで写真と動画を見せながら、高原に生息する動物についてのお話をしました。その一部はこんな感じです。

プロジェクターでシカ解説

さて、シカはどの位の大きさでしょうか?

この質問、意外と答えるのは難しい! 野生動物は間近で計ることはできないですから。

頭胴長130~160cm、肩高約83~86cm、体重:オス約85kg、メス約50kgと言われていますが、

背の高さ(肩高)なら自分の背の高さと比べられるので紹介してみるとホンシュウシカ

ホンシュウシカ(本州・中国・九州地方)背の高さ80センチ、体重90キロ

エゾシカ
エゾシカ(北海道)背の高さ100センチ、体重120キロ

ホンシュウシカより一回り大きいです。(C)J.Hirosawa

ヘラジカ

ヘラジカ(アラスカ)背の高さ200センチ、体重500キロ

世界最大のシカ。(C)J.Hirosawa

ずいぶんと大きさ違いますね、では、シカの仲間は、こんなに大きさが違うのはどうして?

角が生えるのは、オスor メス? シカの足跡は?シカの得意技は?食べ物?

それから霧島山周辺には、シカ以外にも、アナグマ、イノシシ、タヌキ、ネズミ等たくさんの野生動物が暮らしていることを、えびの高原で撮影した写真を通して紹介しました。

最近は写真よりも動画の方が子供たちの反応がいいです。(撮るのは大変なんですが!)

館内での説明が終わって、ふと外を見ると、久しぶりの真っ赤な夕焼け空!

今年の夏はえびの高原ではあまり星空が見られなかったのでなんだか期待できそう。

7時40分、いよいよ二班分かれて探検開始!

暗闇の中恐る恐る付いてくる子供たち。5分ほどのところにある木道の上でライトを消してもらいます。

ほんのしばらくすると、「あれっ、ライトがなくても見えるよ!」

ライト付けて
そうなんです、暗くても見えるんです。

「そのまま耳を澄ませてごらん、どんな音が聞こえるかな?」遠くから「ゴー」と硫黄山の噴気の音が聞こえます。まさに地球の鼓動です。足下からは「チョロチョロ」と小さな湿地の中を流れる、、水の音が...暗闇では、聴覚がフル活動していろいろな音が見えてきます。

シカ探し開始
さて、いよいよシカウォッチング! 

ライトをススキの原っぱに向けてみると、小さな二つの目が光りました、シカさんの目にライトが反射しました!「いた!いた!」小さな歓声があがります。でもシカさんはびっくり慌てて逃げ出します、でももう2頭、ススキの原っぱの中で草を食べていました。

暗闇に目が慣れてきたら、もう怖くないですが、けがをしないようゆっくり歩いて芝生の広場にやってきます。今度は真上を見てみます。さっきまで見えていなかった星の輝き、星空の中を飛ぶ飛行機の点滅が見えます。「飛行機って結構早く飛ぶんだね!」。普段灯りが多い所で生活していると気づかない事です。

おどろきはまだ続きます。駐車場の草地、ここはよくシカの群れがいるところなので期待できそう。

ライトを照らすと3頭発見!シカたちは慌てて奥に走っていきます。そ~と近づいてみると、

暗闇の中に光る目が一杯!1,2,3,4...7頭、いや8頭いました!大感激!


写真の赤丸のあたりにいるんです!

シカたちは暗闇の中でモグモグタイム。突然現れた人間を気にしつつも食べ続けてました。

たくさんのシカを見て大満足のうちに、エコミュージアムセンターに戻ってくると

なにやら明るい電灯が輝いてその周りをたくさんの虫が飛んでいます!これがライトトラップ!

ライトトラップ

昆虫博士の職員の解説。夜に飛ぶカゲロウや蛾だけでなく、セミ、トンボも集まっています。えびの高原はアカマツが多く虫の種類は少なく、もう少し山を下ると原生林の森が広がるのでもっとたくさん集まるそうです。といってもライト周りに集まり飛び回る蛾に子供たちは悲鳴をあげるも、そのうち女の子は、職員が差し出す昆虫を触っているけど、男の子はライトから離れて見てるだけ...頑張れ男子!

時間はあっという間に9時になり、3時間のエコツアー「星空アドベンチャー~星と動物と昆虫と」が終了!良い天気(暗闇?)に恵まれタイトル通りに、星と動物と昆虫とすべて見る事ができました。霧島錦江湾国立公園では、こうした自然体験ツアーを季節毎に提供できるよう関係者が準備中です、ご期待ください!

*最後に夜のシカは写真ではよく分からないので、8月11日の山の日に撮影した一枚を公開。

 まだ小さな子鹿の側にぴったりついて離れない若い雄のツーショット。しっかりもののお兄さんです。

若い雄と子鹿

ページ先頭へ↑

2018年08月23日黒島~星空観察会のお誘い~【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 山田 駿

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様こんにちは

先週は雨が続きましたが、今週は夏らしい晴れとなった石垣島からお送りしております。

さて、今回は先日黒島に訪れた際の様子をお伝えします。

黒島は八重山諸島の中の一つで、人口よりも牛の数の方が多いという、牛の牧畜が盛んな島です。

高低差が少なく、島全体に放牧地や牧草地が広がっており、一日もあれば自転車で島を一周できるくらいの大きさです。

黒島は全域が西表石垣国立公園に指定されており、北部を除く周囲の海は海域公園地区に指定されています。

中でも仲本海岸は黒島でも数多くの人が訪れる人気の海岸です。

人気の理由のとしては、ビーチからスノーケリングで泳いで行くとすぐに美しい海中景観が広がっているからでしょう。

コモンサンゴの仲間などの多くの種類のサンゴを観察することができ、それに併せて多くの魚たちも観察することができます。

但し、仲本海岸は満潮から干潮に向かうときや干潮から満潮に向かうときに強い潮の流れが発生するため、スノーケリングをする際はライフジャケットの着用や2人1組で泳ぐなどの安全対策をよろしくお願いします。

また、日によっては遊泳禁止の場合もありますので、詳しくは竹富町HPをご覧下さい。

<竹富町 黒島仲本海岸遊泳情報:https://www.town.taketomi.lg.jp/topics/1531796930/

そんな黒島指折りの人気スポットである仲本海岸より北に位置する宮里海岸の手前には、黒島ビジターセンターがあります。

この黒島ビジターセンターは、国立公園の自然を守りながら、自然とのふれあいの場として広く利用していただくため、黒島の自然や歴史、文化などの資料を展示する等の利用拠点施設として設立しました。

環境省を事務局とし、竹富町、沖縄県と地元の方々等を含めた"黒島ビジターセンター運営協議会"が運営を行っています。

今回、黒島ビジターセンター運営協議会では、9月1日(土)に「星空観察会in黒島」を開催します。

八重山は、本土では見ることの出来ない数多くの星を見ることができ、今年の3月に西表石垣国立公園は、「ダークスカイ・パーク(星空保護区)」に国内で初めて認定を受けました。中でも黒島は、周囲にさえぎるものがなく明かりも少ないため、星空を観察することにとても適しています。

今回の観察会では、前石垣島天文台所長の宮地竹史氏を講師としてお招きします。専門家の解説を聞きながら、星や星座について学ぶとともに、黒島ビジターセンターの展示も楽しんでいただければと思います。

多くのみなさまのご参加、お待ちしております。

この機会に黒島に宿泊して、黒島の魅力を満喫して頂ければ幸いです。

ページ先頭へ↑

2018年08月23日身近な生き物観察会~身近な外来種を探してみよう!~【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 アクティブレンジャー 仲本

こんにちは。「身近な生き物観察会~身近な外来種を探してみよう!~」と題して、身近な在来の生き物や外来種を観察する観察会を811日(土)に開催しましたので、お伝えします。

今回の観察会は、バンナ公園(沖縄県緑化種苗協同組合)、八重山地区小中学校理科教育研究会と共催で、西表石垣国立公園パークボランティアの方にもご協力いただき、一般参加者31名のみなさんにご参加いただきました。

はじめに室内で、身近な生き物の鳴き声クイズを行いました。似たような鳴き声のヤエヤマニイニイとイシガキニイニイのセミの鳴き声を言い当てられたお子さんもいたりして、すごくびっくりでした。また、石垣島で増えてしまい生態系に悪影響を及ぼしている特定外来生物のオオヒキガエルの説明を行いました。ペットを飼う前には、しっかりと家族で話合って飼うことなどをお伝えして、外来種を増やさないためにみんなができることについてお話をしました。

▲身近な外来種について事前学習

その後、講師の案内のもと、野外に出て公園内を散策して、見つけた生き物を触ったり、鳴き声を聞いたりしながら、みんなで生き物を探して歩いていきました。

▲野外に出て、公園内を散策

散策コースには、あいうえお順に答えて回るクイズラリーを各ポイントに設置して、身近な生き物のクイズを行いながら、散策しました。

▲各ポイントに設置したクイズラリーの問題を読む子どもたち

公園内に流れる小川には、特定外来生物のボタンウキクサが繁茂していました。参加者のみなさんにはボタンウキクサの葉っぱの感触を調べてもらい、クイズラリーのクイズの問いに答えていただきました。また、子どもたちが石垣島の固有種であるオオハナサキガエルを発見して、みんなで観察しました。大人が歩いても普段見つけられない生き物も子どもはすぐに見つけ、色んな生き物を観察することができ、面白かったと感想をいただきました。

▲見つけたオオハナサキガエルの解説時の様子

▲子どもたちが、大きなナナフシも発見していました。

班になって、侵略的外来種と呼ばれているアメリカハマグルマの根っこ取り競争を行いました。参加したみなさんは、一生懸命にアメリカハマグルマの根っこを引き抜いていただきました。おかげさまで、短い時間でしたが、ゴミ袋3つ分のアメリカハマグルマを抜き取っていただき、楽しく駆除体験を行うことができました。

▲各班でアメリカハマグルマの根っこ取り競争

今回は、親子でたくさん自然にふれあって楽しんでいただき、身近な外来種のことも考えるきっかけになり、すごく有意義な観察会となりました。

夏休みももうすぐ終わりですが、夏休みの思い出に、お子さんを連れてご家族で、身近な自然を楽しんでほしいなと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ