ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年03月11日希少な野生植物アオイガワラビを追え!【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

 「種の保存法」で国内希少野生動植物種※に指定されているシダ植物、アオイガワラビの自生地調査を行いました。巨木の残る照葉樹林内で、イスノキやスダジイなどが多く生えています。

アオイガワラビ

▲アオイガワラビ

 アオイガワラビ(青毬蕨)は、環境省のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類に指定されている大変貴重な植物で、国内では屋久島にしか自生していません。絶滅危惧ⅠA類というランクは、イリオモテヤマネコやツシマヤマネコと同ランクで、希少な生物に当てはめられます。近年、アオイガワラビの減少率は著しく、100年後の絶滅可能性は100%とされています。

 ワラビと名がありますが山菜として食べることもできるワラビと近い仲間ではなく、容姿が似ていることからそう名付けられたのでしょう。イガという名の通り、葉柄には棘状の鱗片がついているのが特徴です。

 ヤクシカやヤクシマザルなどから身を守るためか、屋久島にはトゲのある植物が多く自生しています。アオイガワラビのトゲは野生動物たちが嫌うほどには鋭く発達していないため、防衛効果のほどはあまりないのかもしれません。

 また、屋久島の林床に生える植物には野生動物が嫌う化学成分を含む植物が多く、苦みや辛み、毒などで動物に食べられないよう身を守っています。屋久島で多くみられるナチシダやコバノシイカグマ、ホソバカナワラビなどはシカが食べることなく、きれいに育っています。よほど不味いのでしょう。植物の生存戦略は面白いですね。アオイガワラビは個体数が減少傾向とのことで、動物が嫌う化学成分が比較的少ないのかもしれませんね。

 通常の巡視では出会うことは稀なアオイガワラビ、今回の調査でその特徴を詳しく観察することができました。シダの同定(種を判別すること)は経験がものをいうので、図鑑を見ただけではわからないことが多いのです。アオイガワラビにはオニヒカゲワラビとの交雑種「ウスゲアオイガワラビ」が存在するそうです。絶滅危惧種を現場でパッと見分けることのできることも、レンジャーやアクティブレンジャーにとって大事なスキルです。

 アオイガワラビはその希少性から、自生地の一部では柵を設置して保護しています。

 絶滅危惧種、希少生物を保護することは生物多様性※の観点から、とても重要なことです。屋久島で見られるような独自の生態系や、今ある自然環境を大切に守っていくことが私たちの未来にとっても必要なことなのです。

アオイガワラビの葉の裏

▲アオイガワラビの羽片の裏側、ソーラスもシダの同定には重要ポイント。

=====

※昨年9月に国内希少野生動植物種ヤクシマソウについての記事を掲載しました。

こちらもどうぞご覧ください。

【参考:希少な野生植物ヤクシマソウを追え!】

http://c-kyushu.env.go.jp/blog/2018/09/05/

※生物多様性については屋久島国立公園だよりにも掲載しています。

詳しくはこちらをどうぞご覧ください。

https://www.env.go.jp/park/yakushima/ywhcc/np/np_tayori1807.pdf

=====

ページ先頭へ↑

2019年03月05日慶良間はひとつ!

慶良間 アクティブレンジャー 前山

はいたい!(こんにちは!)

3月3日(日)に国立公園指定5周年記念イベント「ケラマ諸島4島一斉ビーチクリ-ン」が

開催されました。開催場所は渡嘉敷島:阿波連ビーチ・座間味島:古座間味ビーチ・

阿嘉島:北浜ビーチ・慶留間島:垣尻ビーチ

4島が一斉にビーチクリーンを行うのはこの日だけです!

合い言葉は「慶良間はひとつ!」

午前中の豪雨から一転、すっかりお天気も回復して、たくさんの方が参加していました。

ずっと、きれいなビーチを目指したいですね♪

慶良間諸島国立公園指定5周年 ビーチクリーン 渡嘉敷島 ビーチクリーン 国立公園のお話し

↑古座間味ビーチ               ↑阿波連ビーチ

2日には渡嘉敷島で前夜祭。

3日には阿嘉島で後夜祭が行われ、慶良間自然保護官事務所も国立公園や生き物に関する説明や、

子供達向けの○×クイズを行ったりしました。

毎年、恒例になっているこの行事で多くの方に国立公園の事を知ってもらい、

未来に残すべき自然環境を大切にする心をつないで行けたらと思います。

慶良間諸島国立公園 阿嘉島 後夜祭

↑阿嘉島後夜祭での○×クイズ

来年は皆さん一緒に参加しませんか?

ページ先頭へ↑

2019年02月26日草原キッズにゅーす「第2回草原ぬりえ・草原絵画コンテスト」作品展示のお知らせ 【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 アクティブレンジャー 藤田

 阿蘇地域では、「野焼き」が始まりました。日に日にあたたかくなってきました。もうすぐ春ですね。

 さて、草原保全活動の一環として、阿蘇草原再生協議会の草原学習小委員会が取り組まれている活動を紹介します。

 子どもたちに阿蘇の草原に興味を持ってもらうきっかけづくりとして、昨年12月に「草原キッズにゅーす」を発行し、阿蘇郡市内の各小学校等を通じて配布しました。合わせて「第2回草原ぬりえ・絵画コンテスト」も行いました。

 今回のテーマは、「阿蘇の植物と昆虫」で、阿蘇に生息するオオルリシジミとブルービー(ルリモンハナバチ)が、花の蜜を集めたり、草原を飛んでいる様子が描かれています。かわいいイラストを描いて頂いたイラストレーターの財津 さんは阿蘇郡高森町出身で、オオルリシジミをテーマにした絵本『草原の小さなたからもの』も書かれています。

 阿蘇郡市内の18の小学校から応募総数410点もの参加があり、創意工夫いっぱいの力作揃いでした。厳選な審査の結果、金・銀・銅賞に9名、入選12名、佳作62名が選ばれました。すべての応募作品を、以下の施設にて展示しています。

展示場所・期間 :

 2月15日(金)~ 2月26日(火)南阿蘇ビジターセンター(高森町高森3219)

 3月 1日(金)~ 3月15日(金)阿蘇草原学習館(阿蘇市小里656)

南阿蘇ビジターセンターでの展示の様子です。

上記の写真は、展示のほんの一部です。お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄りください。

ページ先頭へ↑

2019年02月24日慶良間諸島国立公園の成り立ちを学ぼう

慶良間 三石裕弥香

こんにちは。慶良間諸島国立公園は、来る3月5日で国立公園に指定され5周年を迎えます。その記念イベントとして2月23、24日の二日間にわたり、沖縄県立博物館・美術館主任学芸員の宇佐美賢氏を講師にお招きし、慶良間諸島の地形と地質をテーマに講演会と観察会がさんごゆんたく館で開催されました。

 講演会では、慶良間諸島と沖縄の他の島々を比較しながら、島の成り立ちや地形の特徴などを分かりやすくお話して頂きました。

慶良間諸島の成り立ち講演会

沢山の質問が飛びかい、活気ある講演会となりました。

沖縄島の成り立ち・地質

琉球列島の地図と共に各島の特徴的な石や砂が展示され、参加者は手に取り見入っていました。

石の実物展示

慶良間の島々をつくる石は4つあります。

その中で代表的な、砂岩(砂が押し固められて出来た岩石)と

泥岩(泥が押し固められて出来た岩石)が変成した黒色千枚岩です。

さて、2日目は阿嘉島・慶留間島をフィールドに観察会の開催です。参加者は島内のみならず、渡嘉敷島や沖縄本島からも幅広い年齢層の方に参加頂き、小雨がちらつく中でしたが元気に出発しました。

地質観察会 阿嘉島 ゆんたく館裏 泥岩 黒色千枚岩 砂岩 互層

まずはゆんたく館のすぐ裏から観察です。    こちらは泥岩と砂岩が交互に層になっています。   

主に砂岩で出来た地層です。

琉球石灰岩の壁 阿嘉島のケラマジカ

普段余り気にした事がなかった石塀やアスファルトも、ルーペで見ると新しい発見が沢山ありました!

途中ケラマジカとも遭遇。

阿嘉大橋から見えるビーチロック

午後からは雨も上がり、阿嘉大橋を渡り慶留間島へ向かいました。

慶留間 地質 緑色岩 慶留間 露頭 緑色岩

迫力ある露頭に到着。

この辺りは、緑色岩類(海底火山で噴出した溶岩や火山灰が、

その熱と海水との作用によって出来た岩石)が多くなります。

慶良間諸島をつくる3つ目の石です。その名の通り、暗緑色の岩です。

慶留間島ビーチロック

最後は海岸沿いのビーチロック(海水中の炭酸カルシウムなどによって

海浜の砂礫が自然に固化したもの)を観察しました。

まるで誰かが並べたようにみえますね。

さて、慶良間諸島をつくる4つ目の石、何だと思いますか?

答えは、今回の観察会では見る事が出来ませんでしたが、琉球石灰岩です。(渡嘉敷島の一部では琉球石灰岩を見る事ができます。)慶良間諸島の琉球石灰岩は海底80メートル前後の地層の中にあるといわれています。

 今回は陸も海も含めた大きな視点で見る観察会となりました。慶良間諸島国立公園の成り立ちを知ることで島の魅力や自然の大切さを改めて感じ、美しい島を守るために私達が出来る事を考えるきっかけになったと思います。参加者の皆さん、お疲れ様でした!

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ