ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年11月20日屋久島の紅葉

屋久島国立公園 池田 裕二

屋久島の山間部でも巡視中に紅葉をよくみかけるようになってまいりました。

秋の山というと、やはり紅葉を思い浮かべる方が多いと思います。

一般的に紅葉というと、モミジ、カエデの仲間が赤や橙に色づくというイメージですね。

山が真っ赤に染まる姿は、感動的なものです。

モミジ、カエデなどの葉が広めで秋に紅葉し、冬に葉を落とす樹木を落葉広葉樹と呼んでいます。

これらは屋久島にも自生していますが、森を構成する樹種の割合からすると少ないグループです。

屋久島の森は一年中青々とした葉を茂らせる常緑樹といわれるものを中心に構成されています。

低地ではシイ、カシ、ツバキの仲間などの常緑樹が大半を占め、標高が高い場所ではそれらに加えてスギ、モミ、ツガなど常緑の針葉樹が混在します。

常緑樹が多い屋久島の森では秋に一斉に紅葉する、ということをしないため、屋久島では山一面が赤く染まった景色には出会えません。

その代わり、森の中にぽつりぽつり点在する落葉樹などが赤く色づく姿を見かけることができます。

縄文杉へ向かうまでのトロッコ道ではヤマザクラやヤクシマオナガカエデ、ハリギリなど、黄や赤みがかった落ち葉が足元を彩ります。

森を彩る落ち葉

▲林床を彩る落ち葉

屋久島の「着生植物」には秋に紅葉する落葉樹も多く、屋久杉のような大木をふと見上げると、そこに色づいた紅葉を見ることもできます。ヤマシグレやナナカマドといった樹種が見られます。着生植物が多い屋久島ならではの光景です。

屋久杉に着生し紅葉する木々

▲屋久杉に着生して紅葉する木々。

薄暗い屋久島の森の中で、ぽつりぽつりと点在する紅葉はとてもよく目立ちます。

そんな紅葉を見つけると珍しい花を見つけたような嬉しい気持ちになります。

山の朝夕は寒くなってまいりました。暖かい上着を準備してトレッキングをお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2017年11月14日根子岳の紅葉【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 大津 花

各地で紅葉シーズンを迎えていますね!

阿蘇の紅葉の様子をお知らせします。

阿蘇五岳のなかで末っ子とも呼ばれる根子岳(ねこだけ)に

登山道パトロールに行ってきました。

 △大観峰より (11月6日17時頃撮影)

根子岳は大観峰から見て一番左手、山頂はギザギザしています。

阿蘇五岳は涅槃像(ねはんぞう)とも呼ばれ、根子岳は顔の部分にあたります。

そして五岳のうち根子岳だけが紅葉します。

今回は根子岳の『前原牧野ルート』から登りました。

距離が短い分、急勾配で息もかなり上がりましたが、

道沿いにロープが整備されており、安心して登れます!

ふかふかの落ち葉や黒土の上を歩き、

約90分で山頂『東峰』へ到着しました。

標高1408m東峰からの様子がこちら!

 △東峰から眺めた天狗岩(11月7日撮影)

 △東峰から眺めた祖母山方面(11月7日撮影)

落葉まで終わっている木もあり、もうピークは過ぎたようにも感じられました!

紅葉はもう終わりがけですが、

阿蘇地域では、草原の輪地切り・輪地焼きが進められており、

白く輝くススキや、雲海などの景色も見られる季節となりました。

晩秋の阿蘇も見所満載です。ぜひお越しください!

ページ先頭へ↑

2017年11月06日くじゅう紅葉シーズン 秋の深まり

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 小泉 敦

くじゅうの秋も深まり、紅葉シーズンもあと残りわずかになってきました。

今回は先週末に巡視に行った沓掛山と、本日の男池の紅葉を皆さんにお伝えします。

沓掛山は標高1503メートルで他のくじゅう連山の頂上より少し低いですが、紅葉の色づきは終わりに近づいています。

     ▲沓掛山のからの様子(H29.11.4)

本日の長者原周辺の様子です。

標高1000メートル位の長者原はまさに今が見頃です。

 

                ▲長者原付近の様子(H29.11.6)▲

次に標高850メートル位にある男池の紅葉の様子です。

今年は赤の色づきが少し薄い様ですが、地面にも紅葉した落ち葉が広がり、とても幻想的な世界になっています。

男池は黒岳の原生林がある登山道で、他とは違った景観を私達に見せてくれます。

 

                ▲男池遊歩道の紅葉と男池(H29.11.6)▲

現在見頃の紅葉も刻々と色が移り変わってゆきます。

まさに、今が見頃のくじゅうエリアの紅葉ですので、今しか見られない紅葉を楽しんで下さい。

ページ先頭へ↑

2017年11月03日パークボランティアで口永良部島へ!②【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

 

1024日~25日に、屋久島国立公園パークボランティアの会の皆さんと口永良部島に行ってきました!

今年の7月に第一回目の活動があり、今回は二回目の活動です。

↓↓7月の活動については下記バックナンバーをご覧ください↓↓

2017年7月21日・アクティブレンジャー日記】http://kyushu.env.go.jp/blog/2017/07/post-348.html

 

前回に引き続き、今回も口永良部島の海岸清掃が目的です!

前回取り切れなかったゴミや台風などで打ち上がった新たなゴミを回収しました。

   

島についてすぐ、島民の方が台風21号の影響で大量のゴミが流入した西之湯温泉を清掃していたので、そちらに向かいました。

駆け付けると、ちょうど作業が終わった頃だったようで、大量のゴミが集められていました。

  

西之湯の清掃を終えた島民と回収した西之湯のゴミ

▲西之湯の清掃を終えた島民の皆さん(左)と集められたゴミ(右)。

前回と同じく西之湯周辺の海岸清掃を予定していましたが、波が高く海岸に降りられなかったため断念しました。代りに、島民の方が集めた漂着ゴミをパークボランティアで回収・処理することにしました。

 

予定していたもう一つの海岸、岩屋泊は予定通り清掃することができました。

  

岩屋泊の海岸清掃の様子

▲岩屋泊の海岸清掃の様子。

ちょうど台風21号が過ぎた頃で、またすぐ22号が接近中だったためか、強風が吹き海もしけていました。

しかし気温が低かったので作業ははかどりました。

 

海岸に打ち上がったゴミ

▲大量のペットボトルやウキ、発泡スチロールが漂着していました。

 

最終的に、8人で1t用フレコンバック8袋分のゴミを回収しました。

 

集合写真

▲回収したゴミと記念撮影♪お疲れ様でした。

 

最終日、出航まで少し時間があったので、口永良部島の里めぐりをしました。

 

商店に入るボランティアのみなさん

▲島に2店舗しかない商店のうちの一つ。店主の方が作って販売している夜光貝細工がとても繊細で美しい!

 

金岳小中学校の校庭で児童が遊ぶ様子と校舎にいるネコ

▲金岳小中学校。昼休み、児童のみなさんと先生は校庭でサッカーをしていました。

校舎にはネコのたまこさんも(^^)

校内には口永良部島の歴史資料コーナーがあり、事前に連絡して見学させてもらうこともできます。

 

金峯神社の写真

▲金峯神社。夏には伝統行事も行われる絶景の神社。

 

本村港と新岳の写真

▲本村港と2015年5月に噴火した新岳。この日は火口から白い噴煙が少し出ていました。

 

今回の活動で、取っても取ってもまた流れ着く大量のゴミと、被害のたびに片付ける島民の方々を目の当たりにして、離島の漂着ゴミ問題の深刻さを痛感しました。

また、回収したゴミのほとんどがウキやペットボトル、洗剤容器などのプラスチックや発泡スチロールだったこともあり、マイクロプラスチック(※)などによる生物への影響も心配になりました。

 

※マイクロプラスチック...紫外線や熱、波などで微細になった5mm以下のプラスチック片や化粧品に含まれる「スクラブ剤」。有害な化学物質を吸着する性質があり、海洋生物がマイクロプラスチックを摂食することで有害化学物質が生物組織に移行・蓄積するとして、近年、海洋生態系への影響が懸念されている。

 

まずは私たち一人ひとりができることを実行しましょう!

①環境中にゴミを出さない。

洗顔料や歯磨き粉に入っている「スクラブ剤」もマイクロプラスチックです。下水処理施設を通過して海へ流出しています。

②海岸清掃。

海洋に流出したマイクロプラスチックの回収はほぼ不可能です。マイクロ化する前にゴミを回収しましょう。

③3R(スリーアール)。

・リデュース(Reduce)...物を大切に使い、ゴミを減らす

 【必要ない物は買わない、もらわない、マイバックを使う】

・リユース(Reuse)...使える物は繰り返し使う

 【詰め替え用製品を選ぶ、いらなくなった物を譲り合う】

・リサイクル(Recycle)...ゴミを資源として再び利用する

 【ゴミを正しく分別する、ゴミを再生して作られた製品を利用する】

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ