ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月01日自然の恵みを楽しもう!「ヤマモモジャムづくり」

西海国立公園五島 竹下洋子

 こんにちは!五島自然保護官事務所の竹下です。6月26日(日曜)鎧瀬ビジターセンターで開催された「ヤマモモジャムづくり」にスタッフとして参加しました。この時期になると、道路沿いや公園が赤い絨毯のようになっている光景を目にしたことはありませんか?きっと、ヤマモモです。見上げるとそこに常緑高木の赤い実があるかもしれません。幹は直立し、高さ25m程に生長する木もあるそうです!

 

左:ヤマモモの木。もこもこっとした枝振りが特徴のため、慣れると遠方からも確認できます。

右:生でも食べられる甘酸っぱいヤマモモの実

 参加者も収穫体験から実施するほうがより楽しめると思いますが、雑菌処理等に時間がかかるため、今回は事前にスタッフで準備しました。西海国立公園に位置する七嶽神社へ向かう登山道入口や玉之浦湾に面した自然林で収穫作業を行いました。

 

左:完熟した実だけを選び、つぶさないよう、1個ずつ収穫

右:野生のヤマモモは、指先ほどの大きさです。

 高い枝に実るヤマモモを上向き姿勢で摘み取るため、休憩を取り周囲を見渡すと美しい自然に出会えます。今の時期は、ネムノキが心を躍らせます。


根元が白く先端が淡い虹色のグラデーションが可愛らしいネムノキの花

 収穫した実はまず真水で埃やゴミを洗い、次に実の中に潜んでいる虫を取り出すため塩水に一晩漬けます。塩分を抜くために何度か水洗いした後、傷んでいる果実がないか選別します。ここまでが下準備です。

 
左:何度も水洗いするスタッフ

右:木べらで裏ごしをし、種を取り出す参加者

 9名の参加者は、主婦の方が多く手作りに興味がある方ばかりでしたが、年齢層も幅広くジャム作りに手慣れた人もいればスタッフに1つ1つ手順を確認しながら進める参加者など様々でした。今回のような講座や、自然の中で活動するイベントがあれば参加したいという声を聞くことができました。
   

 
左:スタッフのアドバイスを受けながら和やかな雰囲気のヤマモモジャムづくり

右:自分好みの砂糖を加えた「ヤマモモジャム」の完成

 完成した瓶詰のジャムと大量に残ったヤマモモの実を持ち帰っていただき、参加者に喜ばれました。私も、自宅でヤマモモをジャムにしてみました。1個ずつ種を取り除く作業に手間がかかりましたが、野趣あふれる風味豊かな香りが家じゅうに広がり、美味しかったです。地元の方の話によると、ヤマモモはヤマモモ酒にすることが多いそうですが、コンポート(シロップ煮)にするのもおススメとのことです。果期は6月から7月頃までのようですので、皆さんも自然の恵みを楽しみませんか!

ページ先頭へ↑

2016年06月29日九州特産物リレー6月 ~雨による賜り物・チョウザメをピックアップ!~【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 アクティブレンジャー 橋之口

梅雨の時期ですね。

えびの高原は年間平均4400㎜もの雨が降り、その量は東京の約3倍で、屋久島などと並ぶ日本有数の多雨地域です。ちなみに平成5年には年間洪水量8670㎜という、アメダス設置地点では最多となる記録があります。

 

※その雨水は川となって地表を流れたり、霧島山に多くある火口湖にたまったりもしますが、大部分は山の地面にしみ込んで地下水になります。地下水は火山の内部を通って崖や谷間などから湧き水として出てきます。(※霧島ジオパーク公式ガイドブックより)

 

霧島山山麓の湧き水スポットの一つである小林市にある出の山公園の湧水は名水百選に選ばれています。

▲小林市出の山公園

 

小林市では豊富な湧き水を活用して、めずらしいいきものが養殖されています。

それがこちらチョウザメです。今回の特産物リレーはチョウザメについて紹介します。

▲水槽の中を泳ぐチョウザメ(出の山淡水魚展示館)

 

チョウザメという名前からサメの仲間かと思われがちですが、生きた化石シーラカンスと同じ古代魚の残存種といわれています。

体表にあるかたい鱗(うろこ)が蝶のかたちに似ており、全体的な形がサメに似ていることから蝶鮫(チョウザメ)と名付けられたそうです。

チョウザメの卵は、世界三大珍味のひとつであるキャビアとして有名ですが、海外ではチョウザメの魚肉が高級食材として扱われているようです。

 

小林市内の飲食店では、チョウザメの魚肉のお刺身やお寿司、コラーゲン鍋、軟骨唐揚げなどのメニューを提供しているお店があります。また、チョウザメ炙り弁当を販売しているお店もありますよ。クセがなく食べやすくて美味しいです♪

▲チョウザメ炙り弁当

 

飲んでおいしい湧き水、そしてその水が田畑を潤し美味しい作物ができ、焼酎などの加工品も生み出されています。霧島山へ降り注ぐ雨が様々な恵みとなり、わたしたちの生活に密着しているのですね。

▲小林市から見た霧島山

 

次は屋久島の菊地さんにバトンタ~ッチ(^^)

ページ先頭へ↑

2016年06月29日Let's外来種駆除!オオハンゴンソウの駆除活動

阿蘇くじゅう国立公園くじゅう 兒島音衣

こんにちは!梅雨に入り毎日雨続きですね。

そんな中、梅雨の晴れ間となった6月19日(日)に、くじゅう地区パークボランティアの会が主催する外来種駆除活動があり、くじゅうのパークボランティアをはじめとするボランティアの方々と一緒に、タデ原湿原横の湿地に生育している【オオハンゴンソウ】という特定外来生物の駆除活動を行いました。

このオオハンゴンソウ、鑑賞用や緑化のために導入されたのですが、繁殖力と生命力がとても強く生態系に悪影響を与えるため、栽培、飼育、保管、運搬、販売が原則禁止されている「特定外来生物」に指定されています。もともとは北アメリカ原産の多年生草本(キク科)で、畑、道ばたや水路沿い、河川敷など湿った場所を好み、一度定着してしまうと根絶がとても難しいです。

タデ原の上流部にオオハンゴンソウの大群落があり、水の流れによって種がタデ原湿原内部にも広がってしまうかもしれない、という心配があるため、毎年駆除活動が行われています。

オオハンゴンソウの生命力は非常に強く、2.4gの根の破片から再生します。

本来ならば根っこから引き抜いてしまうのが一番良いのですが、今回作業に当たった場所はものすごい数のオオハンゴンソウが生育していたため、根の引き抜きではなく花芽(花になる部分)の摘み取りを行いました。

花芽を摘み取ることで種ができるのを防げるので、分布拡大を防ぎます。また次に実施する予定の草刈りで、刈られた個体に種がつく心配がなくなります。











(左)オオハンゴンソウの花芽  (右)もくもくと作業が進みます

みなさん何度も外来種駆除活動に携わっていることもあり、手慣れた様子で次々に摘み取っていきました!

休憩してからは一列に並んで一気に攻めていきました!! いざ進め!オオハンゴンソウバスターズ!

なんとこの日は2時間ちょっとの作業で、ゴミ袋51袋分のオオハンゴンソウを摘み取りました。

1袋に600~700本入っていたので、3万本以上ものオオハンゴンソウを摘み取ったことになります。

このように軽トラいっぱいになりました。一作業終えてみなさん良い笑顔♪

まだ余力があるということで、別の場所に移動し、【オオキンケイギク】という特定外来生物の駆除もおこないました。

オオキンケイギクもオオハンゴンソウ同様に繁殖力が強く、大群落を形成して在来種を駆逐します。

今回は範囲が狭かったため、オオキンケイギクは根っこから引き抜きました。











梅雨が明けると、ヒゴタイを始めとするたくさんの夏の花が見られるようになります。

外来種はその旺盛な生命力と繁殖力でどんどん増えていきますが、在来種や特にその地域特有の種はそうはいきません。今ある景色をこの先ずっと守っていくためにも、外来種駆除活動のような地道な活動がとても大切になります。

今回作業に参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました!

一人でやるには大変なことでも、大人数でやると早いし楽しいと思います。これからもたくさんのみなさんのご協力をお願いします!

ページ先頭へ↑

2016年06月28日アマミノクロウサギ分布域確認調査

奄美 木元侑菜

うがみんしょ~らん(こんにちは)!

このところ、アマミノクロウサギの生息分布域が少しずつ拡大してきています。

奄美野生生物保護センターではそんなアマミノクロウサギの生息域を確かめるための調査を

2週間に1回程度行っています。

マングース捕獲用のワナルートや林道、沢沿いの道を歩いて痕跡を探したり

自動撮影カメラを設置したりして生息地が拡大している地域を調べます。

これまで生息が確認されていない場所で痕跡を探すため、調査地選びもなかなか難しいです。

IMGP2117 

昨年度の調査では、島の南西部にあたる宇検村でアマミノクロウサギの糞や葉を食べた痕を発見し

生息地が拡大していることを確かめることが出来ました。

葉を食べた痕は、写真のように不自然にちぎられたようになります。

このほかにも地元の方からの目撃情報や、残念ながら車に轢かれてしまった死体の発見位置から新たな分布を確認できることもあります。
マングースの数が減ってきたこともあり、奄美の生きものたちの数や分布域が少しずつ回復してきています。

多くの生きものが安心して暮らしていける奄美の森がこれからも残されていくと嬉しいですね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ