ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年05月21日野鳥のヒナを拾わないで!【屋久島地域】

屋久島国立公園 アクティブレンジャー 水川

みなさん、こんにちは!

屋久島自然保護官事務所の水川です。

先日、友人から「巣から落ちていたヒナを保護したから飼育の仕方を教えてほしい。」と電話がかかってきました。

 

落ちていた野鳥のヒナ

▲落ちていたヒナ。

 

私はすぐに元の場所に戻すよう伝えました。

野生鳥獣を無断で捕獲・飼育することは鳥獣法で禁止されています。

ただ、元に戻すよう伝えたのは他にも理由があります。

 

春から初夏、まさに今の時期は、野鳥の子育てシーズンです。

この時期、巣立ち直後のヒナが地面に落ちていることがあります。

まだうまく飛べず、じっとしているので、巣から落ちてしまったのか、親鳥とはぐれたのかと心配になる方がいるかもしれませんね。

でも、「元気になるまで家で育ててあげよう!」と、家に連れて帰ってはいけません。

 

実は、野鳥のヒナは、ある程度大きくなると、巣から出て兄弟や親鳥と飛んだり餌をとる練習をします。

もちろんまだ上手に飛べないので、地面に落ちてしまうこともあります。

でも大丈夫。必ず親鳥が近くにいます。

親鳥は一緒にいる時間を徐々に減らして自立を促すので、ヒナが一羽でいることも多いですが、ヒナの元にちゃんとエサも運んできます。

仮に人の手で育てたら、そのヒナはどうなるでしょうか?

野生動物を育てるのは想像をはるかに超えて難しいです。

1日に何度も何度も餌を与えなければなりません。

人間よりも体温が高い動物は温める必要があるかもしれません。

また野生動物にとって人間に捕まえられることは大きなストレスです。保護されて嬉しいと感じることはありません。

 

また、人に育てられた生き物は、野生に復帰できるでしょうか?

人は、餌のとり方、飛び方、天敵を教えてあげることができません。

その子は厳しい自然界で生き延びる術を備えることなく育ちます。

人に慣れてしまった生き物は、人間との適度な距離が保てず、問題を引き起こしたり、トラブルに巻き込まれることもあります。

最終的に、その生き物にとって不幸なことになることもあるのです。

 

野生動物は自然の中で生きるのが原則です。

厳しい自然界では失われる命もたくさんあります。

ケガや病気をした野生動物を人が助けたいと思う気持ちもよく分かりますが、失われる命は食物連鎖によって他の命の助けになることもきちんと理解しましょう。

 

これからの時期、野鳥のヒナを見かけることがあるかもしれませんが、大人になるための大切な訓練期間なので、そっと見守ってください。

 

もし羽が生えていない生まれたばかりのヒナが巣の下に落ちていたら、巣に戻してあげてもいいでしょう。

人の臭いがついても親鳥がヒナを見捨てることはないと言われていますが、安全面や衛生面から手袋は必ずはめましょう。

 

保護対象になっている希少種が傷ついていたり、人間のイタズラや虐待など事件性が疑われる傷病鳥獣を発見した場合は、各都道府県に相談してみましょう。

 

日本野鳥の会HPに詳しい情報が掲載されています。

【日本野鳥の会HPhttps://www.birdfan.net/about/faq/find_hina.html

 

友人がヒナを元の場所に戻しに行くと、ヒナが大きな声で鳴き、親鳥がすぐに駆け付けたそうです。

ページ先頭へ↑

2018年05月18日ヤマネコの仔猫を保護しました

西表石垣国立公園 関東準之助

みなさん こんにちは。西表自然保護官事務所の関東です。

 西表島も5月になり暑い季節に入りました。イリオモテヤマネコも母ネコの後をついて仔猫が動き回る時期になったため目撃情報がちらほらと入ってきています。そんな中、島北西部の集落町道でヤマネコの仔猫が頻繁に出てきているとの情報が入りました。

 西表野生生物保護センターでは、ヤマネコの目撃情報が多発している場所へ移動式看板を立てて注意喚起を行っています。

 今回も看板を立て、林内にはモニタリング用のカメラを設置しました。

 目撃情報が続々と入ってくる中、5月13日未明に「仔猫がうずくまって動かない」と通行者から連絡が入り職員が現場へ向かい無事保護しました。センターへ収容し診察したところ顔面に衝撃を受けた痕があり、左目が縮瞳、下顎に小さな割れがあり犬歯が前方へ折れ曲がっていました。また、血液検査の値に異常が見られたことと削痩していたため収容となりました。

 保護した個体の性別はメスでした。

 メス個体を治療中の(13日)日中にも保護現場近くで、仔猫がうろうろしているとの連絡が入ってきたため兄妹がいる可能性が出てきました。

 そして15日の夕方、帰宅途中の私に「庭に仔猫がいると連絡がきたので確認してほしい」と連絡が入りました。ちょうど近くに居たため現場へ向かうとお庭に積んであったガラス玉の間に入っていったとのことで住民のかたとしばらく様子を観察することにしました。

 その間に職員と専門家の相談の結果、一時的に保護して健康診断を行うことになりガラス玉の山から出てきた仔猫を無事捕まえました。

 捕獲時に鳴き声をあげて威嚇し、かなり元気でしたがグローブ越しに伝わる感触は13日に保護した個体と似ていました。また、尻尾の形に違和感がありました。

 保護センターへ持ち帰り診察の結果、13日のメス個体と同様に痩せていて血液検査の値も正常値ではなく尻尾には裂傷がありハエに産卵され孵化した幼虫に食べられていたことから、そのまま収容ということになりました。

 今度の個体の性別はオスでした。

 尻尾の傷。結構痛そう。

 空腹なのに「絶対食べないぞー」と強制給餌を拒むオスの仔猫。このあと、ケース内に戻して落ち着いたころにしっかりと食べました。

 2頭の仔猫たちは、現在も治療継続中です。順調に回復すれば野生復帰を目指した訓練へ移行する予定です。

 ゴールデンウィーク前からヤマネコやカンムリワシの交通死亡事故が立て続けに発生しました。この中には今回、保護された母ネコの可能性がある個体も含まれています。来島される方は生きものに配慮した走行をお願いいたします(西表島の法定速度は集落内30㎞、集落外40㎞です)。

ページ先頭へ↑

2018年05月18日ミヤマキリシマツツジが咲き始めました!【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの 廣澤 順也

えびの高原は、標高1,200メートルにあるため、今は新緑の季節です。

また霧島を代表する花である、ミヤマキリシマツツジのシーズンが始まりました。

今年は、ミヤマキリシマスポットの硫黄山や不動池といった絶景は、

硫黄山の噴火で規制エリアとなっているため見ることができません。

ですが、高原のあちらこちらで、小さな紫赤の花を咲かせるツツジの群落を見ることができます。

 

硫黄山の斜面では、火山の影響を受けてもミヤマキリシマは咲いています!

高原内、よくよく見ると濃い色のツツジがあります。

今年は入ることができないですが、素晴らしい絶景がえびの高原にはあります。

【霧島錦江湾国立公園・霧島地区 えびの管理官事務所】

ページ先頭へ↑

2018年05月17日◎西表島の身近な野鳥の観察会@後良橋(しいらばし)ロードパーク◎

西表石垣国立公園 西表 光森 康祐

こんにちは!

西表自然保護官事務所の光森です。

5月12日(土)に西表島の小学生を対象とした身近な野鳥観察会を実施しました。

身近な野鳥の観察を通して、野鳥観察や自然観察の最初の一歩になればと思い開催しました。

観察会を始めるにあたり、初めて双眼鏡を使う参加者も多かったので、

まずは双眼鏡の使い方からレクチャーです。↓

ピントの合わせ方や観察の仕方など一通り説明を受け、実際に使ってみると「大きく見える!」や

「近くに見える!」といった声が上がり、初めて使う双眼鏡で楽しそうに周りを観察していました。

そしていよいよ野鳥観察開始です!↓

観察ルートは西表野生生物保護センターから後良橋ロードパークまでの約1キロです。

この日はとても蒸し暑かったせいなのか、野鳥は姿どころか鳴き声もなかなか上げてくれませんでした。

しかし道中、鳥の鳴き声が聞こえると、全員で声の主を探すなど熱心に観察をしていました。↓

中でも一番盛り上がったのが、オサハシブトガラスがフンをした時でした。

「あーっ!うんちした!」とすぐにフンが落ちた場所に行き、フンを観察していました。

やっぱり小学生はうんち好きなのかな?(笑)

正解者にはシールをプレゼントする野鳥クイズも好評で、

参加者からは「次のクイズまだー?」と言われるほどの人気でした。

ぜひ次回の観察会でも実施を考えていきたいと思います。

イリオモテヤマネコは何を食べているでしょうか?↓