適切な観光管理の実現

 多くの方に奄美群島の魅力を楽しんでもらいつつ、その魅力そのものである自然環境を守るためには、適切な観光利用とは何かを考えていく必要があります。

 そこで、関係行政機関、地域住民、民間企業・団体、エコツアーガイド等の様々な関係者が、自然環境の適切な利用のあり方について話し合い、奄美群島の豊かな自然を未来に残すためのさまざまな取組を行っています。

奄美群島で行われている、さまざまな取組

奄美大島

金作原林道の利用適正化について(鹿児島県ホームページ)

三太郎線周辺の夜間利用適正化について(奄美野生生物保護センター)

徳之島

山クビリ線の利用適正化について(徳之島町ホームページ)

適切な観光管理の実現 共通目次

適切な観光管理の実現

三太郎線周辺の夜間利用ルールと事前予約のお願い

夜間の野生動物観察ルール

予約方法

予約状況の確認

当日の利用の仕方

三太郎線ってどんな場所?

夜間利用ルール設定の背景と目的

奄美大島三太郎線周辺における夜間利用適正化連絡会議

夜間利用ルールの効果

過去の資料

環境省
奄美野生生物保護センター

郵便番号 894-3104
鹿児島県大島郡大和村思勝551

電話: 0997-55-8620
FAX: 0997-55-8621

【開館時間】
     9:30 ~ 16:30

【休館日】 
     毎週月曜日(祝日の場合、翌日)
     年末年始(12月29日~1月3日)

【入館料】
     無料