Tsushima Wildlife Conservation Center (TWCC)

対馬野生生物保護センター

ツシマヤマネコニュース

RSS

センター職員日誌

275件の記事があります。

2018年01月19日くくりわなに掛かったヤマネコを保護

ツシマヤマネコニュース 蔭浦

あけましておめでとうございます。

アクティブレンジャーの蔭浦です。

少し遅い報告となりましたが、昨年末は箱わな・くくりわなによるヤマネコの錯誤捕獲(誤ってヤマネコを捕まえてしまうこと)が相次ぎ、12月下旬だけで3頭ありました。

※こんなに多いのは近年では珍しいです。

 

↑12月18日 上対馬町鰐浦にて。この個体は12月26日にも同じわなに掛かってしまった。

 

 

1228日 峰町三根にて。鶏小屋付近の箱わなに掛かった。

 

 

 

どの個体も健康状態はよく、2頭はすぐに山へ返しました。

 

 

錯誤捕獲で救護されたうち1頭は、1223日に山林内で足くくりわなに掛かってしまいセンターに保護されました。朝のわな見回りでヤマネコを発見したハンターさんが通報をくださり、センター職員が現場にてわなから外しました。

 

右前足がくくられて宙づりになっていたため保護後しばらくは麻痺したような状態でしたが、経過は順調で、今では足を着いて歩けるようになりました。

(宙づりになっていたのは足がくくられた状態で木に駆け上り、踏み外してしまった可能性が考えられます)

元気はあるので、あとは足のケガの回復を待っています。

 

 

このヤマネコ、通報者の方に「豪(ごう)」という愛称をつけていただきました(^^)

勇ましくまた山で暮らせるように、センターにて治療とリハビリを進めていきます。

豪の様子は、職員日誌にも随時掲載していきたいと思います。

 

くくりわなにヤマネコが掛かる事例は、平成27年度から今回で3件目となりました。

幸いにもどの事例も、発見したハンターさんの小まめな見回りのおかげで傷は浅く、

みんな野生に帰っています。

 

一方で、わなに掛かった後すぐに発見されなかった場合にはその動物に大きなダメージを与えてしまうことがあります。

 

 

 

↑昨年4月に美津島町黒瀬(城山)で定点自動撮影カメラに写ったヤマネコ。前足が大きく腫れていますが、捜索時には既にその場から移動していたようで保護できず。

 

 

 

↑昨年12月7日美津島町大山にて保護されたヤマネコ。右後肢が腐り落ちて骨がむき出しになった状態で発見され、保護した2日後に死亡。

 

 

これらの個体のケガの原因は不明ですが、傷の様子からはくくりわなに掛かっていた可能性が考えられました。

 

今やヤマネコは上県町、上対馬町だけでなく峰町、豊玉町、美津島町にも確実な生息が確認されています。

時には、庭先にまでヤマネコがくることがありますよ!

もしくくりわなや箱わなにヤマネコが掛かった場合、適切にわなを使用しており、かつ故意にヤマネコを捕まえたようなものでなければ罪には問われません。

 

もしヤマネコがわなにかかっていたら早急にヤマネコセンターまでご連絡をお願いします(転送電話で24時間対応しています)。ヤマネコセンター職員がわなからのヤマネコの取り外しと治療のための保護を行います。

★またヤマネコやテンによる鶏小屋被害でお困りの方のご相談も受け付けています。

★もしヤマネコ以外の野生鳥獣(ツシマテン、イタチなど)が掛かってケガをしていた場合でも、お電話いただければ各担当機関へお繋ぎします。

蔭浦

 

 

ページ先頭へ↑

2018年01月11日福馬の小屋

センター職員日誌 小宮

みなさん、こんにちは(^^)

普及啓発担当の小宮です。

平成30年が始まりましたね!今年もよろしくお願いします。

今年もたくさんの方にヤマネコセンターに足を運んでもらえるように

展示等も工夫をしていきたいと思います!

さて、年末年始の閉館の間に、飼育員が福馬の部屋に新しい小屋を入れました☆

小屋を入れた直後には、小屋にのってくれたものの・・・

まだ慣れていないからか小屋でリラックスできていないようで、

丸太から小屋をみるように座っている姿もいられます。

今後、福馬が安心して小屋で眠ってくれますように☆

実はこの小屋、平成29年度のセンターの夏季実習生に

一部手伝ってもらったので、実習生の名前が入っています(^^)

実習生のみなさん、実際に見に来てくれるとうれしいな~☆待ってるよ~

みなさ~ん!冬のモフモフしている福馬に会いに来て下さい☆

福馬とみなさんの来館をお待ちしておりまーす(^^)/

ページ先頭へ↑

2017年12月28日100頭目の死亡事故~12月24日に交通事故発生!~

ツシマヤマネコニュース 沼倉 真帆

こんにちは!アクティブレンジャーの沼倉です。

12月24日に豊玉町貝口にて今年生まれだと思われる亜成獣♀ヤマネコが交通事故にて死亡していました・・・。

AM7時頃に通報してくださった方が死体を回収してくださり、そのときはまだ体温が暖かそうで、交通事故にあってから間もない状態だったと思われます。

今年度の交通事故はAM7時、PM6~7時と車が多い時間帯でも事故がおきておりますので、通勤途中にヤマネコが道路にいることがあるかもしれません。

また、貝口付近でヤマネコの交通事故が起きたのは今回が初になります。上県町南部でも道路上での目撃が最近増えているので安全運転にご協力をお願いします。

センターが統計を取り始めた平成4年以降、今回の事故の個体が100頭目の交通事故の犠牲になったヤマネコになってしまいました。(交通事故自体は109件発生)

いま対馬全島で生息しているヤマネコの推定数は「70または100頭」とされている中、センターが回収しただけでも25年間で100頭の命が交通事故によって失われております。(回収できていない個体も他にいると思われます)

今後交通事故が少しでも減少するように対策に取り組みますが、ヤマネコが気分によっては道路を横切ることもあります!

事故を防ぐためには地域の方のお力添えが必要です。

もし「今のヤマネコかも!?」と思ったらセンターにご連絡ください!TEL:0920-84-5577

みなさまからいただいた情報を参考にして交通事故対策に取り組みます^^

今後とも対馬野生生物保護センターにご協力よろしくお願いいたします!

ページ先頭へ↑

2017年12月20日クリスマスイベント開催しました!

イベント情報いろいろ

こんにちは、普及啓発担当の堺です。1216日に対馬野生生物保護センターにてクリスマスの工作イベントを開催しました。

粘土のようなワックスシートを使って、対馬の生き物のキャンドルを上手に作っていただきました♪

対馬の生き物はツシマヤマネコとツシマウラボシシジミが人気でしたが、中にはアゲハモドキという蛾やイヌタデという植物を作ってくれる子もいました。イベントを通して、あまり注目していなかった生き物もよ~く観察してくれたので、とっても嬉しかったです。

↑とっても上手なツシマウラボシシジミを作ってくれました!!

対馬には他にも面白い生き物たくさんがいるので、そんな生き物たちの魅力を伝えられるように、私ももっと勉強していきたいなと思いました(`・ω・´)!!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!


ページ先頭へ↑

2017年12月05日

イベント情報いろいろ

こんにちは、普及啓発担当の堺です。

対馬に来てから、初めての冬になりますが、とっても寒くて驚いています。

これからも寒い日は続きますが、皆様も体調にお気を付けてお過ごし下さいね。

さて、対馬野生生物保護センターにてクリスマスの工作イベントを開催します。

12月16日(土) 13:00~15:00
粘土のようなワックスシートを使って、対馬の生き物のキャンドルを作ってみましょう♪
定員は先着10組なので、お早めにお申し込み下さい(*^_^*)

詳しくは下記のチラシをご覧下さい♪
お問い合わせ、お申し込みはお電話にて承ります。

イベントを開催するにあたって、試作品を作ってみました。

粘土のようにこねて作った形を自由にキャンドルに貼り付けられるので、とっても面白いですよ!!

世界に1つだけのキャンドルを作って、クリスマスの日に灯してみませんか?

皆様のご参加をお待ちしております♪

ページ先頭へ↑

2017年11月24日10月後半~11月中旬までに事故多発しています

センター職員日誌 沼倉 真帆

こんにちは!

アクティブレンジャーの沼倉です。

ツシマヤマネコの交通事故が立て続けに発生しています。

10月下旬から11月18日にかけて4件も起きてしまいました・・・。

11月8日の職員日誌に書いた後は2件の事故が発生し、発生個所は以下の通りです。

11月16日 峰町三根国道382号のゆくみ一号橋上

11月18日 上県町瀬田の国道382号上

10月以降の4件中3件、今年生まれの若いヤマネコです。

このように対馬で運転の際はヤマネコやツシマテン、ツシマジカなどの野生動物がいきなり飛び出してくることもありますので十分に気を付けてください!

元気なヤマネコを見かけた場合でもヤマネコの事故を防ぐためにのぼり旗や看板を設置したりして交通事故対策に取り組みます。今後とも情報提供にご協力よろしくおねがいいたします!

ページ先頭へ↑

2017年11月12日ツシマヤマネコの交通事故発生状況について(11月8日に事故が発生しました)

飼育ツシマヤマネコ 沼倉 真帆

こんにちは!アクティブレンジャーの沼倉です。

ツシマヤマネコの交通事故が10月下旬から立て続けに交通事故が起きてしまいました・・・。

11月8日(水)夜に御嶽公園付近のカーブで、亜成獣のオスが事故にあってしまいました。

交通事故が起きてしまったのは残念ですが、死体を回収に行ったときはまだ体が温かく、発見して迅速に連絡してくださった住民の方ありがとうございました!

「今飛び出したのがヤマネコかも!?」と思ったらヤマネコセンターにご連絡ください!

電話番号は0920-84-5577です。

対馬の宝ツシマヤマネコの「いのち」ひとつひとつを一緒に守っていきましょう。

今後とも情報提供にご協力をよろしくお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2017年11月08日ツシマヤマネコの最新交通事故状況&亜成獣ヤマネコ目撃多発

飼育ツシマヤマネコ 沼倉 真帆

こんにちは!アクティブレンジャーの沼倉です。

秋から冬にかけては、ヤマネコにとっては子ヤマネコの独り立ちの季節、そしてオスはメスを求めて行動範囲を広げる季節で、ヤマネコが活発に行動するため、交通事故に遭うヤマネコも多い傾向になります。

そして今年親離れしたばかりと思われる亜成獣メスの交通事故が十月三十一日に上県町佐須奈にて発生しました。

国道、県道ではなく集落内にて発見され、このようなところにヤマネコ出てくるんだ・・・!と発見者と共に驚きでした。

 

十月下旬から「豊玉町仁位~曽」「美津島町濃部」「上県町樫滝」の道路上でもヤマネコが目撃されています!

目撃情報があった場所はいずれも過去の事故発生場所に近く、今後の事故発生が心配されます。

みなさまからの情報で事故に遭う前にヤマネコたちの命を守ることができるかもしれません!

今後ともお気軽に情報提供にご協力ください!

ページ先頭へ↑

2017年10月31日「田んぼで遊ぼう」を行った田んぼは今...

イベント情報いろいろ

こんにちは、普及啓発担当の堺です。

6月に神宮自然農園の神宮さんの田んぼをお借りして行った「田んぼで遊ぼう」というイベントを行い、田植えをしました。しかしイベントから数日後、せっかく植えた稲はシカに食べられてしまい、もうお米は実らないかもしれない、と残念に思っていました。今回のようなシカによる農作物の被害をよく耳にします。シカも生きるために食べ物は必要ですから、あまり責めることもできませんね...。

とても残念に思っていた田んぼですが、先日その田んぼに行ってよく見てみると、アワなどの雑草の中に、しっかりと稲が育っていました!!

↓シカの足跡もたくさんありました

シカに食べられてしまってから、そのままにしていた田んぼですが、沢山の生き物たちの住処になり、稲も人知れずちゃんと育っていたのですね♪

改めて、自然の強さを実感しました。

さて、続いてイベントの紹介です。

11月4,5日に上県地区公民館で「上県町文化まつり」が開催され、センターからも出品をしています。

食べ物の秋、芸術の秋とも言われますが、皆様にとってはどんな秋でしょうか?

お時間ある方は、是非公民館へ足を運んで、芸術の秋を堪能してみてはいかがですか♪

最近はすっかり寒くなってきましたが、皆様体調には十分気を付けてお過ごしくださいね(*^_^*)

ページ先頭へ↑

2017年10月24日HAPPY HELLOWEEN☆ミ

センター職員日誌

こんにちは、普及啓発担当の堺です。

10月といえばハロウィンですね♪

ヤマネコセンターでは、仮装して来館してくれた方に缶バッチかシールをプレゼントする、というハロウィンイベントを開催しています!!

遊びに来てくれた方々のご紹介です☆

ご来館、ありがとうございました☆

お写真はセンターにて展示もさせていただいています(*^_^*)

HAPPY HALLOWEEN!!一緒に盛り上げていきましょう♪

ハロウィンイベントは10月31日までです。皆様のお越しをお待ちしております!!

最近はすっかり寒くなりましたが、どうぞお体に気をつけてお過ごし下さいね(^^)/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ