ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2021年2月

4件の記事があります。

2021年02月22日ツシマヤマネコの放獣をおこないました!

対馬 清家日向

こんにちは!

対馬自然保護官事務所の清家です。

先日、ケガの治療をおこなっていたツシマヤマネコを放獣しましたので、ご報告します。

このツシマヤマネコは1月16日に錯誤捕獲の通報をうけ、保護したヤマネコになります。

センターでの検査の結果、錯誤捕獲される前に負傷したと思われる傷が背中に見つかり、

治療をおこなっていました。

↑保護された、オスの成獣。入院室での様子。

そして、2月3日に無事治療が終了し、保護した場所の近くで放獣することができました!

↑放獣当日の様子。治療のために背中の毛を刈っているため背中が白くなっています。

放獣の際は、元気よく走っていったので安心しました!

↑勢いよく飛び出すヤマネコ。

しかし、放獣したからといってすべてが終わった訳ではありません。

このヤマネコが野生に帰った後も無事に過ごせているかを調べるため、

現在、追跡調査をおこなっています。追跡調査は、ヤマネコに首輪型発信機をつけ、発信機から発信される電波をもとに追跡する、ラジオテレメトリー調査という方法でおこなっています。

対馬野生生物保護センターでは、24時間ツシマヤマネコの通報対応を行っています。

対馬野生生物保護センター(0920-84-5577)

「道路で倒れていたのはヤマネコじゃないか」、「仕掛けていたワナにヤマネコがかかってしまった」、

「今朝ヤマネコを見かけたが、ケガをしているようだ」、「〇〇でヤマネコを見かけた」などなど、、、

みなさまの通報がツシマヤマネコを助ける大きな情報減になります。

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2021年02月19日上段の野の野焼き作業を手伝ってきました!【平戸・九十九島地域】

西海国立公園 溝口恵美

 こんにちは!佐世保自然保護官事務所の溝口です。

 平戸島の南にある上段の野では、毎年2月に地元の方々により野焼き作業が行われています。今年は2月14日(日)にパークボランティアの皆さんとお手伝いを行ってきました。

 上段の野の野焼きは、元々は放牧地の管理として行われていました。しかし、放牧の利用がなくなった今では草原性の植物の維持や、地元の方々の繋がりを保つ、地域の一大イベントとして今も続けられています。

2021.2.14野焼き3 2021.2.14野焼き4
  作業説明を聞くパークボランティアの皆さん          野焼き前の上段の野

 次々に火入れが行われ、初めはどんどん燃え移っていく炎と煙に圧倒されましたが、地元の方の指示に従い、火が周囲に延焼するのを防ぐため、クロキやトベラなどの枝を利用した火消し棒で、周りをたたきながら火を消す作業のお手伝いをさせていただきました。

 

         火入れ作業                   燃え広がる炎

2021.2.14野焼き5                      火消しの様子                  

 どんどん燃え広がっていく中、空を見上げると数羽のトビが何かを探すように上空を旋回しています。火に追い詰められた虫や小動物を狙っているのでしょうか、急降下していく姿を何度も目撃しました。

 2021.2.14野焼き6

    急降下しようとするトビ                 避難したバッタ

 今回の野焼き作業には、約80名の方が参加されお天気にも恵まれ、スムーズに作業が進んで行きました。

 一面焼け野原になったこの場所にも、暖かくなるにつれ、草原性の美しい花が季節ごとに見られるようになるそうです。

2021.2.14野焼き7                  焼け野原となった上段の野

 今回初めて野焼き作業を体験させていただき、人の手が加わることで維持されていく自然環境があり、植物や生きものが多く存在することを学びました。

 今後もこのような作業のお手伝いは続けていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2021年02月12日やまはくうみはく 【若僧と歩く鎮守の森】

阿蘇くじゅう国立公園 神代拓馬

皆さんこんにちは!

間が空いてしまいましたが、以前話した「やまはく うみはく」の続きを話したいと思います!

次に話すイベントは、【若僧と歩く鎮守の森】です。

このイベントは、国東半島にある両子寺の法嗣、寺田さんから国東の歴史や魅力と両子の山になにを残していくべきなのかを語って頂きながら、両子寺境内を散策しようというプログラムです。

▲最初に寺田さんからの国東の歴史や自身の経歴などを聞きます。

両子寺がある国東半島は、約1300年前に「六郷満山」という宇佐・国東半島の中央にそびえる山々から海岸へ向かって続く、6つの郷一帯にある寺社が開かれ、神様と仏様、自然信仰をどちらも大切にした「神仏習合」という文化を現在まで地域住民が大切にその文化を受け継いでいることを聞きました。

寺田さんは、海外に仏教の伝導師として行ったことも話されて、英語に翻訳されたお経を皆さんで読みました!

話が終わり、寺田さんの案内で両子寺境内を回って行きました。

 

       ▲仁王門                 ▲奥の院