ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2021年02月12日やまはくうみはく 【若僧と歩く鎮守の森】

阿蘇くじゅう国立公園 神代拓馬

皆さんこんにちは!

間が空いてしまいましたが、以前話した「やまはく うみはく」の続きを話したいと思います!

次に話すイベントは、【若僧と歩く鎮守の森】です。

このイベントは、国東半島にある両子寺の法嗣、寺田さんから国東の歴史や魅力と両子の山になにを残していくべきなのかを語って頂きながら、両子寺境内を散策しようというプログラムです。

▲最初に寺田さんからの国東の歴史や自身の経歴などを聞きます。

両子寺がある国東半島は、約1300年前に「六郷満山」という宇佐・国東半島の中央にそびえる山々から海岸へ向かって続く、6つの郷一帯にある寺社が開かれ、神様と仏様、自然信仰をどちらも大切にした「神仏習合」という文化を現在まで地域住民が大切にその文化を受け継いでいることを聞きました。

寺田さんは、海外に仏教の伝導師として行ったことも話されて、英語に翻訳されたお経を皆さんで読みました!

話が終わり、寺田さんの案内で両子寺境内を回って行きました。

 

       ▲仁王門                 ▲奥の院