ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年4月

11件の記事があります。

2019年04月25日4月のお散歩観察会 【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。

やんばる自然保護官事務所アクティブレンジャーの上開地です。

前回のお散歩観察会特別編に引き続き、通常編もとっても楽しい観察会だったので、

その様子を紹介します。

4

センター集合

▲大雨が降った朝一番、8時半にウフギー自然館に集合です。

湿度たっぷりな朝でした。真ん中の紫の上着が私です。

長尾橋

▲降ったりやんだり、小雨の中をいつもの観察場所の橋を渡ってみると...。

虹

▲こんなに間近で虹が見られました!

虹観察

消えてしまう前にみんなで鑑賞&撮影会...。

見つけて10分ほどで虹は消えてしまいました。

その後は定例の1分間の鳴き声調査をしました。

この日は、やんばる固有の鳥3種のアカヒゲ、ノグチゲラ、ヤンバルクイナが頻繁に鳴いていました。

鳴き声を聴いた後は、舗装路をテクテクあるいて道沿いの生き物を観察します。

雨の日の樹幹

 

 

イイギリ花

冬に真っ赤なブドウのような実をつける"イイギリ"。

新緑と一緒に蕾が出てきて、4月には満開になります。

花びらが緑なので見た目は地味ですが、花らしい良い香りがします。

ヤクシマドクガ

春先に森でよく出会う"ヤクシマドクガ"の幼虫。

頭の横の毛が長―く伸びているのでまるでツインテールの髪型みたいです。

可愛くて私の好きな毛虫の1つです。

名前が"毒蛾"だし、今にもかぶれそう...。と思われるかもですが、実は毒が無い毛虫です。

手に乗せる

なので、手のひらの上を歩かせても大丈夫です。私もよく手に乗せて観察します。

※それでも肌が弱い体質の人は毛を強く触るとかぶれることもあるので、自分の体質をしっかり見極めましょう。

マツカレハ

一方、こちらは触ってはいけない"マツカレハ"。

下が頭になっているんですが、ちょうど水滴が付いている部分の青い毛が毒毛です。

刺激すると、この毒毛をすりつけるように頭を振ってきます。

仕草は可愛いですが、間違っても触らないように注意です!

他にも集水マスをのぞくとヒメハブがいたり、

集水マスにいるヒメハブ

巨大なオオハシリグモがいたり...

オオハシリグモ

◀巣を張らないクモで日本一大きいといわれるクモ。

この子は、私が見てきた中でも最大サイズでカッコいいです!

写真で伝わらないのが残念...。

 

 

 

 

 

 

ヤンバルキヌランが小さな花を咲かせていたり...。

ヤンバルキヌラン

たくさんの動植物に出会いました。

 

その中で、私の一押しはこの子です。

イチモンジカメノコハムシ

"イチモンジカメノコハムシ"の幼虫。

本体は下の白っぽい部分で、上のトゲトゲした部分は、自分の脱皮殻やウンチなんだそうです。

なぜそんな物を乗せているんでしょうか?

 

イチモンジサルハムシ横 

横から見るとこんな感じ。(参加者の人が撮ってくれました。指は私。)

右が頭、左がお尻です。 ちょっとつついてみましょう。

 

「えいっえいっ...」

 

前倒し横倒し

 

おお......。

分かりますか?お尻の茶色いトゲトゲを盾にして身を守っているんです。

本や図鑑で読んで知っていましたが、実際に動いているのを見るのとでは、感動が大違い!けっこう力強く押し返してきます。

この子の食草はムラサキシキブで、道沿いの小さな幼木に5匹も付いていました。

ここは一般の人も車で通れる林道ですが、車を降りてちょこっと歩くだけでいろいろな生き物と出会えます。

他にも見つけた生き物はいるのですが、長くなってしまうので今日はこの辺でおしまいにします。

みなさんも身近な場所でよーく観察してみたら、面白い出会いがきっとありますよ。

今週の1枚「キカイキセルガイモドキ」

キカイキセルガイモドキ

ソフトクリームのような形のカタツムリの仲間。

雨の日に海沿いの石灰岩地を歩いていたらたくさん出てきていました。

晴れだけじゃなくて雨の日のお散歩も良いですね。

ページ先頭へ↑

2019年04月25日永田岳の登山道を整備しています 【屋久島地域】

屋久島国立公園 屋久島 池田 裕二

九州最高峰宮之浦岳に次いで2番目に高い山「永田岳」。(標高1,886m)

独特の荒々しい地形から人気の高い山です。

永田岳屋久島永田岳のローソク岩

▲晴れた日の永田岳             ▲永田歩道のフォトスポット「ローソク岩」

近年、永田岳周辺の登山道の荒廃が目立ってきているため、現在整備を行っています。

作業は6月14日まで予定しています。

登山をされる皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

まずはヘリで荷揚げした場所の現場確認を実施しました。

屋久島の山間部は上昇気流が起きやすく、ヘリでの作業が難しいようです。無事に終わりますように。

ヘリで荷揚げした資材

▲ヘリで荷揚げをして、仮置き場に保管します。

洗掘した登山道

▲雨水で崩れた登山道。こうした場所に洗掘防止として石を詰めたカゴなどを設置します。

下山時に、ジネズミ(ヤクシマジネズミ)に出会いました。

ネズミではなくモグラに近い仲間です。よく見るとモグラ顔。

ジネズミ全体像

ジネズミ頭部アップ

▲ジネズミの眼はとても小さい。

ページ先頭へ↑

2019年04月22日慶良間諸島国立公園の海開き!

慶良間 アクティブレンジャー 前山

はいたい!(こんにちは!)

慶良間諸島国立公園では、両村で海開きが行われました。

いよいよ海のシーズンがやってきます♪

まずは4月13日(土)座間味村、阿真ビーチにて「座間味村の海開き」が

開催されました。

代表者による「海開き」座間味村では自生するグンバイヒルガオの蔓を結んで

つくられたテープをカット!・・ではなく、ほどきます。

座間味村の海開き 海開きの準備体操

子供達は準備体操をして、準備万端!元気に海に飛び込みました!!

今年も座間味の海で安全にたくさんの方が楽しめますように願いを込めて海開きは終了しました。

この後は、子供達のお楽しみ!

魚のつかみ取りです。島の有志の方が追い込み漁で捕まえてきた魚を子供達がつかみ取りします!

どちらかというと、興奮しているのは、大人でしょうか??おいしそうな魚を捕るように熱血指導です。

魚のつかみ取り 座間味村 海開き

たくさん魚をつかめて、夕飯はみんなおいしいお魚だったのではないでしょうか?

海からの恵みを頂きつつ、共に生きていることを実感して育っていく子供達がステキだなと思いました。

そして!翌週の4月20日(土)渡嘉敷村の海開きが開催されました。

あいにくのお天気で体育館での開催になりましたが、村民、観光客の皆さんがたくさん集いました。

渡嘉敷村海開き  渡嘉敷村海開き 祝詞

沖宮神職による安全祈願が厳かに行われ、「海開き宣言」で渡嘉敷村の海開きは、無事に終了しました。

テープカットならぬ昆布でつくったテープで行われる昆布カット・魚のつかみ取りは雨の合間を見て

阿波連ビーチで先に行われました。

雨は恵みの雨でとても縁起が良いことだと言う宮司さんのお話しが心に残っています。

この後は、イベント!

慶良間太鼓に空手、ハワイアンフラ、コーラウマ飲み大会、ゲストアーティストライブ!

盛りだくさんでした。

渡嘉敷 ハワイアンフラ 海開き 慶良間太鼓

慶良間諸島国立公園の海開きは盛大に開催されました。

楽しく安全に!サンゴなどの海の生物を守りつつ、この海を楽しんでいきたいですね。

さぁ!慶良間諸島国立公園に夏がやってきます!

ページ先頭へ↑

2019年04月19日えびの高原に♪春がきた♪♪ 【霧島地域】

霧島錦江湾国立公園 えびの 池田美樹

お久しぶりの投稿です。

日中の気温も暖かくなってきたえびの高原。

4月18日(木)午前11時より韓国岳~獅子戸岳間が開放されました!

2018年4月19日に硫黄山が小規模噴火をし、2019年4月19日(金)で一年経ちました。

    『韓国岳~獅子戸岳間が開放になった日に、貼り替え作業を行った際の写真』

                 ↓↓↓

          

            看板貼り替え作業場所から見えた新燃岳の様子です!

                       ↓↓↓

ちょうどその作業を見ていた登山客の方々が、え?え?え?

と驚くように、今日から行けるんですか~!!!と喜んでおられました。

その方々は、夷守台の方から獅子戸岳まで登ってこられた様でした。

それを聞いてしばらく、琵琶池まで行くかを検討されていたようで、

「今から行ってみます!」とまた先のゴールを目指して行かれました。

なんだかこちらの方まで、ワクワクしました。

          4月18日(木)の春がきた♪♪をいくつかご紹介いたします。

  ↑

            仲良く並んでました。『オオカメノキ』&『キリシマミズキ』

                       ↑↑↑

             『シロモジ』という植物 黄色い花が咲くんですよ。

黄色い花を撮影するとき、ブルーをバックに撮影すると色が映えるんですって!!

廣澤アクティブ・レンジャー(AR)に教えてもらいました。

左の写真は、廣澤AR撮影 右の写真は池田が撮影したものです。廣澤ARさすがです。

         ↑↑↑

この場所は日当たりが良いのか、ミヤマキリシマが1つ咲いてました。

         ↑↑↑

      もう少しで開花ですね~。

このような感じで春を見つけて、楽しみながら登山が出来ますよ。

つい最近のノカイドウの蕾の写真です。4月23日(火)午後14時

           ↓

もう開花間近!最初の咲き始めは、可愛いピンク色の花が咲き、終盤は、白い色の花になります。

是非、10連休の際にえびの高原まで遊びにきて、登山や観察をしに足を運んでいただけたらうれしいです。

私も、GW中えびの高原春の観察をテーマに計画をしてます。

正しい情報を得て、なおかつルールを守って登山、池巡りを楽しみましょうね。

ページ先頭へ↑

2019年04月19日韓国岳・獅子戸岳間の登山道が開放されました!【霧島地域】

霧島錦江湾国立公園 廣澤 順也

霧島錦江湾国立公園霧島地域担当からのお知らせです。

2011年(平成23年度)の新燃岳噴火以降、通行を規制しておりました韓国岳・獅子戸岳間の登山道について、藪の刈り払い等の整備作業が終了したこと、また、平成31年4月5日(金)に新燃岳の噴火警戒レベルが2から1に引き下げられたことから、平成31年4月18日(木)通行規制が解除されました。

霧島山といえば、えびの高原・韓国岳・獅子戸岳・新燃岳・中岳・高千穂河原の霧島山縦走線が親しまれてきましたが、今回その一部である獅子戸岳までの3.1キロが通れるようになります。8年ぶりになりますので、そのコースをご紹介します。

  1. 韓国岳山頂より東に向かいます。

    途中火口壁に近づく場所がありますので、強風時は帽子を飛ばされないようご注意を!

    韓国岳火口に飛んでいきます。

  2. 200m程歩くと看板から見えてきます。ここからが開放されるルートです。

    新燃岳に近づいていく登山道です。事前に火山情報を確認されていない時は、看板のQRコードをスマートフォンで読み取り、火山の状況をご確認ください。

    また火山は急変するときもありますので、ヘルメット等の装備もご持参ください。

    ここから獅子戸岳を往復すると3時間掛かります(片道3.1キロ)

    復路の韓国岳への登りはキツいです。体力と時間に余裕をもった登山を心かげてください。

  

  1. ミヤマキリシマの中を通りガレ場に出ます。霧の時は道迷いの危険もありますので、ロープを目印にしてください。

    そして下りに入ります。こぶし大の石がゴロゴロと重なっていますので足下にご注意を! 

    復路はここを登るのがキツいです!

  1. ガレ場を下りると柵と看板があります、ここで新燃岳と大幡山の方面の大パノラマを見ながら小休止。

以前はここから、琵琶池に向かって下りていきましたが、登山道が雨によって流される危険があるということで、右側に迂回路が整備され、少し距離が伸びています。

迂回路には新しいタイプの木階段が設置されており、歩きやすくなっています。

所々、展望が開けるところがあり新燃岳が綺麗に見えます。

ミヤマキリシマが群生しているのでのこれからの季節が楽しみです。

標高1400m程のところまで下ります。300m下ったことになります。

ミズナラの森の中を歩きながら、小さな沢を3本渡ります。

木漏れ日の中を歩くので、緑の季節は気持ちよさそうです。


  1. 少し登ると琵琶池近くで以前の登山道に合流します。

  2. この後は、尾根沿いに獅子戸岳の鞍部に向かって緩い下り。

    ミヤマキリシマの株の中を歩いたり、ミズナラの森の中を歩いたり、変化があります。

    ここは雨上がりや霜が降りると登山靴に泥が付き重くなるほどです。

    途中一カ所ガレ場に出ます。ここからは大幡山が正面に見え、近づいてきたのが分かります。


  3. そして、獅子戸岳のガレ場の下にでるので、ここからは登りです。

    登りながら振り返ると、韓国岳の東側斜面がよく見えます。

    琵琶池が火口である事がよく分かります。歩いてきたルートもよく分かります。


  4. 登り切ると獅子戸岳の山頂部に出ます。登山道には、新燃岳噴火時に飛んできた噴石の破片があちらこちらに...活きた火山であることをひしひしと感じます。

  5. そして、360度の展望が開ける山頂展望地に到着です。正面に新燃岳、その後方に高千穂峰の山容が迫ります。天気がよければ、桜島と錦江湾も望めます。

噴火前の新燃岳は、火口が大きな口を開けていましたが、現在は溶岩で埋まり、右側からはあふれ出しています。ここからは火口の噴気が手に取るように見えます。

以前はここから急な斜面を下りると、三叉路に出て、右に進めば新湯、左に進めば大幡山、

直進すれば新燃岳に行けましたが、現在は登山道が噴石と火山灰に覆われ消失しているため、

通行止めが継続されますので、立ち入らないでください。

獅子戸岳からは、大幡山・大幡池・ひなもりオートキャンプ場まで約240分掛かるロングコースです。

オートキャンプ場に下りても、そこからの公共交通機関がありませんので、事前に車を回しておく等の計画が必要になります。

このルートは、キリシマミズキ、シロモジ、オオカメノキ、リンドウの花が咲いています。

これから5月に入るとミヤマキリシマが咲き出します。

良い計画と準備をして霧島山をおいでください。

ページ先頭へ↑

2019年04月09日野鳥の旅は命懸け 【やんばる地域】

やんばる アクティブレンジャー上開地

こんにちは。

やんばる自然保護官事務所アクティブレンジャーの上開地です。

春は旅立ちの季節。

沖縄の冬鳥達も、繁殖のために北へ移動していく時期になりました。

毎月開催「森のお散歩観察会」ですが、

4月7日は春の特別編として辺戸岬から旅立つ渡り鳥の群れを観察してきました!

(※一部写真を参加者の西尾さんからお借りしました。写真右下にクレジット有り)

 

0407観察会チラシ

1観察会日和

▲晴天の辺戸岬 観察日和です!

リーフ

▲海をのぞくと、リーフがはっきりと見えて綺麗でした。

ヒヨドリの群れ

▲到着早々、早速渡りの群れを発見。

さて皆さん、この鳥の種類は何でしょう?

沖縄の冬鳥といえば、"サシバ" "シロハラ"が代表的ですよね。

ですが、この群れの正体はこの鳥です↓

 

ヒヨドリ

そう、"ヒヨドリ"です。

 

「"ヒヨドリ"って1年中いるんじゃないの!?」

とお思いの人もいるのではないでしょうか。

それも正解です。

日本全国に生息している"ヒヨドリ"ですが、実は北から南までの地域で8亜種に分けられています(日本鳥類目録第7版より)。

やんばるで1年中見られるのは、沖縄島を中心に生息する亜種"リュウキュウヒヨドリ"。

ですが冬になると、北海道や内地の冬の環境が厳しい地域から、亜種"ヒヨドリ"(北海道から九州(屋久島)にかけて生息)の一部が群れとなって沖縄にやって来ます。

実は、そういった生態をしているのはヒヨドリだけでなく、メジロやウグイスなども同じように冬にやって来る内地の個体がいます。

4月頃になると、沖縄で暖かい冬を過ごした鳥たちが繁殖地へ向けて旅立つ様子が見られるようになります。

ですが、野鳥にとって長距離の渡りは様々な危険を伴います。

群下へ

▲上空を飛ぶ群れが一気に急降下を始めました。何が起きたのでしょうか。

群れの中のハヤブサ

▲海面スレスレを飛ぶヒヨドリたち。その中にひときわ大きな鳥が混じっているのが見えますか?

"ハヤブサ"です。

(沖縄では冬鳥。環境省の種の保存法で、ヤンバルクイナと同じ国内希少種に指定されています、)

野鳥の中で世界最速の飛翔スピードを持つハヤブサは、上空から獲物を蹴り落とすように襲うので、ヒヨドリたちは海面スレスレを飛んで逃げます。

1羽はぐれる

▲何度も群れが攪乱されるうちに、1羽が群れから外れてしまいました。

そして...

ハヤブサ狩り

▲その次の瞬間、あっというまにハヤブサがヒヨドリを捕らえました。

まるで、シマウマを襲うライオンのような弱肉強食の世界が、私たちの身近で繰り広げられているのです。

この日、このヒヨドリの群れはハヤブサ3羽に度々襲われ、9時前から見ていましたが11時頃に観察会を解散するまで、北へ旅立つ事はありませんでした。

ヒヨドリたちは、天敵に襲われるリスクを減らす為に、大きな群れで渡りをすると考えられます。この日、最後に撮った群れの写真を数えてみたら200羽以上の群れでした。

ハヤブサなどの天敵から身を守るのは、自分で乗り越えなければならない試練です。

ですが、沖縄を含む、琉球列島はこういった渡り鳥たちが体力を付けるための中継地点になって、小さな島のちょっとした緑地が実は重要だったりします。

みなさんの地域の緑地にも、いつもと違う鳥たちが来ているかも知れません。

春のお散歩で新しい出会いを探しに、観察に出かけてみてはいかがでしょうか。

今月の一枚「満開のハマボッス」

満開のハマボッス

日本は北海道から沖縄県、東南アジア、太平洋諸島まで広く分布する海岸植物で、各地域で遺伝的な特徴を持っているそうです。

開発されていない場所では、群落になっていてこの時期とっても美しいです。

どうか持ち去らないで、その場所で大切にみてあげてください。

ページ先頭へ↑

2019年04月09日春のはじまり~阿蘇の草原だより~ 【阿蘇地域】

阿蘇くじゅう国立公園 アクティブレンジャー 藤田

 こんにちは、阿蘇事務所の藤田です。新年度の始まりと同時に、新元号は『令和(れいわ)』との発表があり、ワクワク感溢れる阿蘇から【春の芽生え♪】のお知らせです。

 今年の野焼きは、週末ごとに悪天候のため延期続きでしたが、早めに野焼きが終わっている草原では、春の訪れを告げる『キスミレ』が咲いていました。大陸系の植物で、朝鮮半島や西日本の草地に点在しているそうですが、一面に広がる様が見られるのは、この時期の阿蘇くじゅうだけの光景なので貴重ですよ!


野焼き後のススキの中に咲くキスミレ

ヒメスミレ

ツクシショウジョウバカマ

 また、4月1日より、熊本地震で通行止めだった『仙酔峡道路』も開通しました。

5月頃には、仙酔峡のミヤマキリシマも見られそうです♪

 4月11日(木)には菊池渓谷の山開きもあり、27日(土)には南阿蘇ビジターセンターに隣接する野草園での観察会を開催予定です。春の花はこれからが見頃です。情報をチェックしてくださいね。

ページ先頭へ↑

2019年04月07日流れ舟(ながりぶに)旧暦3月3日

慶良間 アクティブレンジャー 前山

はいたい!(こんにちは!)

旧暦の3月3日に行われる流れ舟の様子をお伝えします。

慶良間諸島国立公園では、各地域によって異なる行事があります。

座間味島では旧暦3月3日は午前中にお墓参り、午後からは「浜下り」(ハマウリ)が行われます。

本州で行われる「ひな祭り」と似ています。

「浜下り」は女性が健やかに健康で暮らせるようにと、海に足をつけるのですが、

最近では、みんなで潮干狩りを楽しむことが風習となっています。

その後に、舟を出して安慶名敷沖に集合した舟が一列に並び、内海を右回りで2周して、

港に入る前に連結し、港の中も2周します。

五穀豊穣と海の安全を願うこの行事を「流れ舟」と呼びます。

舟の上や港で見ているお年寄りや子供達もカチャーシーを踊ります。

島人総出の賑やかな夕方です。

流れ舟(ナガリブニ)流れ舟

   今日は初夏のような穏やかな一日でした。

高月山ギーマ 花

この行事が終わると来週は海開きです!いよいよ慶良間諸島国立公園に夏がやってきます!

 

ページ先頭へ↑

2019年04月05日Mt. Aso Visitor Center newly opened on 17th March 2019!!!

阿蘇くじゅう国立公園 ウッド 亜也子

This new visitor center is one of the four visitor centers in Aso-Kuju National Park.

It is located within Aso Volcano Museum.

(Others are Minami Aso Visitor Center, Aso Grassland Concervation Center and Chojabaru Visitor Center)

Each visitor center is unique and offers different information and exhibitions. Mt.Aso Visitor Center is designed to be used as a hub and starting point of your trip with full range of information on Aso-Kuju National Park, volcano, native habitats, trekking, local culture and tourist information of Aso area. The exhibitions are interactive and multilingual. You can also book a tour by Geo Guide here.

▲Projection mapping about four seasons of Mt. Aso

▲See the world from a rabbit's point of view

For those who would like to learn about volcano the more in details, visit the second and the third floor. The exhibitions have been renewed and now you can even see active Nakadake crater through a live camera. There is no other museum which specialize in volcanos. (Aso Volcano Museum Website http://www.asomuse.jp)