ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう

179件の記事があります。

2020年12月01日玖珠美山高校卒業記念 登山道整備【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

こんにちは。
くじゅうでは紅葉も終わり、朝晩の冷え込みも厳しくなってきたところです。

11月9日に、大分県立玖珠美山高等学校3年生の卒業記念作業として、登山道の整備を行いました。玖珠美山高校3年生を主体に、環境省、大分県、九重町、大分県山岳遭難対策協議会、くじゅう地区管理運営協議会、九重の自然を守る会、くじゅうネイチャーガイドクラブ、大分森林管理署のグリ-ンサポートスタッフのサポートのもと、指山登山道の整備を行いました。5班に分かれ、班のリーダー指導のもとで、土留めによる浸食の防止、木階段の設置、劣化したロープの張り替え等を行いました。

▲7月豪雨による土石流に驚きの様子

▲背負子を使って生徒達が資材の運搬を行います

▲先生の指導にも熱が入ります

▲生徒達も階段の杭を打ち込みます

▲完成~!!

生徒、先生、指導するスタッフみんな一緒になり、石を運んだり、杭を打ち込んだり汗を流しました。休憩をまじえながら、作業の途中には生徒達のこれからの進路や高校生活、将来の夢などを語り合い、スタッフも高校生に戻った様な懐かしい気持ちになりました。
昼食を取った後は指山山頂にて記念撮影。

▲三俣山をバックに写真撮影

▲帰り道、きれいに出来上がった道を見て驚きの様子

▲閉会式。玖珠農業高校OBでもある九重の自然を守る会 高橋理事長より温かい挨拶を頂きました


みんな積極的に作業に取り組んでいて、本当に楽しく、良い作業ができました。

玖珠農業高校の時から続くイベントですが、今後もこのような形で地元の若い世代と一緒にくじゅうを守り続けていけたらと思います。

また、これから地元を離れることがあっても、戻ってきたときには、くじゅうの山を見て今日の日を思い出してもらえたらいいなと思います。
玖珠美山高校の皆様、本当にお疲れ様でした!

ページ先頭へ↑

2020年09月30日駆除活動をするわけ 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 神代拓馬

こんにちは。

今回は「ある植物」が環境省の所管地内に生えていることを今年初めて確認したため、駆除を行った話をします。

▼その植物があった場所です▼

事務所全員で早急に「その植物」の駆除に行きました。

その植物はこれです。

答えは、オオハンゴンソウです。

皆さんは、オオハンゴンソウという植物を知っていますか?

オオハンゴンソウは、7月~9月頃大きな黄色い花を咲かせます。

北アメリカ原産の植物で、外来生物法により特定外来生物に指定されています。

生命力は非常に強く、一株当たり1000個以上の種をつけ、主根が2グラム残るだけでそこから再生可能と言われています。

そのため、草刈り機での切り取りだけでは駆除は難しく、手作業でスコップなどでの抜き取り作業で根から取り除かなければなりません。

この時の作業では、約2300㎡の中に7本見つかりました。