ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう

176件の記事があります。

2019年06月05日パークボランティアで登山道沿いの草刈りを行いました 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

ミヤマキリシマが見頃を迎え、多くの登山者が賑わうくじゅうですが、先日くじゅう地区パークボランティアの会で登山道沿いの草刈りを行いました。

くじゅう地区パークボランティアの会では、事前に主担当と下見をし、活動場所や活動時の注意事項等確認、また関係機関との調整を行った上で活動を実施しています

▲下見を行った日は、登山口付近で27度を記録しており、活動当日も熱中症が心配されたのですが当日は曇り空

活動当日は、作業前に主担当の会員より鎌を使用する際の注意点、登山者が通行する際の声かけ、移動時には必ず鎌をケースに入れて持ち運ぶ等説明があり、作業を行いました。

▲主担当より説明

▲作業風景

 

▲下見の際の登山道                ▲作業後の登山道

笹に覆われてわからなくなっていた登山道がはっきりと認識出来るようになりました。

最後に今日の振り返りを行い、無事活動を終えることが出来ました。

現在、くじゅう連山ではミヤマキリシマのシーズンを迎えています。道路、駐車場等混み合っておりますので十分に注意して安全に登山を楽しんで下さい!

▲平治岳より5/27撮影

ページ先頭へ↑

2019年05月22日タデ原の看板撤去 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 神代拓馬

初めまして!

今年度からアクティブレンジャーに配属されました、

くじゅう管理官事務所の神代拓馬です。

どうぞ、よろしくお願い致します。

今回は看板の撤去をしました。

最初に、この写真を見て下さい。

これは、タデ原の道の分岐点を撮影したものです。

この写真だけでも撤去したのもあわせ、6個も看板がありました。(②は撤去済み)

このように、看板が1ヶ所にいくつも設置されていたり重要性がなかった看板は、撤去を行うことがあります。

 くじゅう連山は、登山者が独自に登山道を開拓して、新しい道を作ってしまうことがあります。

そのため、見晴らしが良くても、突然できた登山道に迷い込んで遭難してしまうことが問題になっています。

この対策として、遭難対策協議会や地権者と相談しながら、開拓された登山道をロープで立ち入り禁止にしたり、新しい案内看板の設置、また今回行ったような不要看板の撤去を行っています。

 この日は、毎年の野焼きに耐え続けた結果、根元が焼けて劣化していた冒頭写真②の看板を1つ撤去しました。

 この看板は細いため、容易に撤去できました。