ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2020年12月

4件の記事があります。

2020年12月18日スノーケルレスキュー講習会【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

11月7日(土)に真栄里海岸にて、西表石垣国立公園パークボランティア活動としてスノーケルレスキュー講習会を行いました。石垣自然保護官事務所では例年、「海の自然教室」と題したスノーケル観察会を開催しており、パークボランティアさんにも安全補助としてご参加をお願いしています。

今回は、新型コロナウイルス感染防止のため、室内マスク着用、少人数開催などの対策を徹底して実施しました。一般社団法人沖縄ライフセービング協会八重山担当理事の小山豊さんを講師に迎え、室内講義と海洋実習に分け、安全に観察会を行うため、特に重要な安全管理の知識・技術の向上を目的とした講習会を行いました。

始めに行った室内講義では、スノーケルでの事故とは何か、安全管理をする上でのリスクマネジメントの考え方、人形を使った一次救命処置の手順についてお話いただきました。

復習をかねてより実践的に一次救命措置、起こりうるリスクを学べる良い機会だったと思います。

▲CPR(心肺蘇生法)実技の様子

海洋実習は、実際にいつも「海の自然教室」で観察している場所で行いました。まずは観察ルートの危険個所を確認しながら2人1組のバディになって泳ぎます。

真栄里海岸は市街地からすぐ近くの場所であるにもかかわらず、ユビエダハマサンゴ群落が広がり、石垣島の中でもサンゴ被度の高い場所です。

▲真栄里海岸での危険箇所の共有の様子

実際に泳いだ後は、バックボードを用いた救助方法を学びました。バックボードとは、要救助者の全身を固定して運搬する板のことです。布製の担架とは違い、水に浮くので水辺の救助の際に役立ちます。

要救助者の運び方や海岸から引き上げて回復体位を行う方法など、一連の流れを確認しました。

▲バックボードを用いた救助の様子

室内講習でのCPR実技から、海洋講習でのバックボードを使った運搬方法まで、内容の濃い講習会となりました。

ご参加ありがとうございました!

▲参加者集合写真

皆さんも、海や山へ出かける際には、万が一の時のために知識を身に付け、事故を未然に防ぐため、予防しながら、楽しいレジャーをお楽しみください!

ページ先頭へ↑

2020年12月15日くじゅう式タイバックアンカー工法とは【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 大島 将貴

こんにちは。

本日朝からぱらぱらと雪が降り、ようやく冬本番を感じさせる寒さとなってきました。

前回、玖珠美山高校の登山道整備について紹介しましたが、今回は平成30年度に玖珠美山高校が行い、今年の豪雨にも耐えた登山道整備方法について紹介したいと思います。

2年前、玖珠美山高校の高校生、私の担当の班はラグビー部の生徒達が多かったのですが、生徒達と共に4点結束タイプの土留め整備をしました。この工法はくじゅう式タイバックアンカー工法と呼んでおり、地元の自然保護団体、九重の自然を守る会より指導頂きました。

水の通り道になり、登山道側面から崩れていた箇所ですが、4点結束タイプの土留めを2段整備することで崩落を防ぎました。

▲まずは整備の全体像を説明

▲設置した板の後ろに石を敷き詰めていきます

▲リーダーの指示に従いながら、高校生達が石を運びました。ラグビー部の生徒達が頼もしかったです。

今年は7月に豪雨もありましたが、崩れることなくがっちりと止まっています。

こうして比較すると、土留めにはほとんど変化がなく、また、笹の活着も見られます。

この2年間には豪雨や台風、積雪もありましたが、その全てに耐えました。すばらしい耐久性です。

 

▲平成30年度整備                  ▲令和2年度状況

ここで、そもそも「4点結束タイプとは??」

ということで、通常のタイプと、4点結束タイプの比較をまとめています。

▲アンカーとロープも大切ですが、石を詰めて水抜きの確保と設置箇所の選定も重要です

この2つのタイプを、作業の人員や現場の状況などを見て使い分けていますが、使用する資材も異なるため、下見や事前の計画が重要な要素となっています。

そして、先月、熊本、阿蘇事務所から4点結束タイプの視察に来られました。

▲構造の説明

実際に登山道の整備箇所を見た後に、長者原園地にて、解説を行いながら1段制作しました。

アンカーで後ろに引いた後に石を積めていきます。今回は石が多くない場所でしたので足りない部分には木の枝を敷いて対応します。

▲水抜きのため石を詰めていきます

▲石が現場になく、試行的に木の枝を敷いていきます

▲足で圧をかけてもビクともしません。今回の視察を機に熊本や阿蘇などにも広がっていけばと思います。

くじゅうでは7月豪雨で登山道が被害に遭いましたが、地元協議会を通じて、関係機関で連携を行い早期の登山道復旧を行うことが出来ました。

この復旧作業にも今回の4点結束タイプの整備方法が活躍しました。

▲2020年7月30日                 ▲2020年12月10日

これも、普段から団体の枠を越えて、共に作業を行い、連携を取って技術の交流や情報交換などを行っていたからではないかと感じています。

今回はくじゅうで行っている登山道整備について紹介しましたが、こういった技術や事例がくじゅうだけではなく、他地域の参考になり、繋がっていければと思います。

ページ先頭へ↑

2020年12月14日パークボランティアと約340㎏のゴミを回収しました!

阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇 姥原悠

11月16日(月)阿蘇山仙酔峡で阿蘇地区パークボランティアと、阿蘇市に協力いただき清掃活動を行いました。

廃屋のロープウェイ駅舎の破損した一部が飛散して好ましくないと一般の方から声が届きました。ここはミヤマキリシマの名所でもあり、開花時期には多くの観光客が訪れます。観賞の妨げにならないよう清掃活動を実施しました。

急な山道を登りながら、飛散物を収集しました。

 

▲11月の阿蘇は平均気温12度ですが、       ▲1メートルを超えるものもありました

半袖になる人も

 

ゴミは想定より重く、身体的にかなり厳しい活動でした。

次回実施する際は負担を軽減すべきだと感じました。