ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2019年5月

9件の記事があります。

2019年05月29日永田岳の登山道を整備しています② 【屋久島地域】

屋久島国立公園 池田 裕二

▲永田岳から九州最高峰宮之浦岳を望む     ▲永田岳とヤクシマシャクナゲ

 登山道整備を実施している永田歩道の様子です。

 ヘリで運搬した資材を人肩運搬で各現場に運び、設計に従って道の洗掘防止の工事を行っています。

 (工事区間:焼野三叉路~永田岳~鹿之沢小屋)

 20195月1819日の大雨災害を受け、屋久島の山間部ではがけ崩れが多数発生いたしましたが、永田歩道は幸いにも影響は受けずに済みました。


▲施工例:木製の骨組みと、石詰めによる洗掘防止

 今回の整備では、洗掘防止工を主として、雨水が川のように流れることを防止するための水切り工、植生保護のための木製橋の設置なども行っています。

 引き続き登山をされる皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ページ先頭へ↑

2019年05月28日ヤクシマザルの仔ザルに出会いました 【屋久島地域】  

屋久島国立公園 池田 裕二

 5月13日、山へ向かう林道の途中で、胸のあたりに仔ザルを抱えたメスに出会いました。

 ヤクシマザルの出産シーズンは3月頃から5月頃、普通1回に1頭の仔を産みます。木々の新緑や、昆虫の活動期と重なるため、子育てには良い時期なのでしょう。

 この時期の母ザルは神経質になっているので、観察をする際はできるだけ距離を置き、刺激を与えないようにしましょう。

 カメラは望遠機能を使い、サルとの距離を十分とって撮影を行いました。

ヤクシマザル

▲仔を抱えるメス。

 屋久島ではサルに対し餌付けを禁止しています。そのおかげもあり、サルは人をあまり気にせず自然なふるまいを見せてくれます。餌付けをしてしまうと、人の持っている食べ物を奪うようになってしまうおそれがあります。

 人とサルとの良好な関係を崩さないためにも、マナーを守って動物観察をしましょう。

ページ先頭へ↑

2019年05月22日タデ原の看板撤去 【くじゅう地域】

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 神代拓馬

初めまして!

今年度からアクティブレンジャーに配属されました、

くじゅう管理官事務所の神代拓馬です。

どうぞ、よろしくお願い致します。

今回は看板の撤去をしました。

最初に、この写真を見て下さい。

これは、タデ原の道の分岐点を撮影したものです。

この写真だけでも撤去したのもあわせ、6個も看板がありました。(②は撤去済み)

このように、看板が1ヶ所にいくつも設置されていたり重要性がなかった看板は、撤去を行うことがあります。

 くじゅう連山は、登山者が独自に登山道を開拓して、新しい道を作ってしまうことがあります。

そのため、見晴らしが良くても、突然できた登山道に迷い込んで遭難してしまうことが問題になっています。

この対策として、遭難対策協議会や地権者と相談しながら、開拓された登山道をロープで立ち入り禁止にしたり、新しい案内看板の設置、また今回行ったような不要看板の撤去を行っています。

 この日は、毎年の野焼きに耐え続けた結果、根元が焼けて劣化していた冒頭写真②の看板を1つ撤去しました。

 この看板は細いため、容易に撤去できました。