九州地域のアイコン

九州地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記

小浜島の巡視【石垣地域】

2022年04月28日
石垣

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

西表石垣国立公園の巡視を小浜島にて行いました。

小浜島は八重山のほぼ中央に位置し、島全域が国立公園に指定されています。

赤瓦の民家が残る集落やサトウキビ畑、マングローブ群落などの多彩な風景が凝縮され、沖縄らしさをゆったりと満喫できます。

▲一面に広がるマングローブ群落(石長田海岸)

島の最高地点、標高99mの大岳(うふだき)は国立公園内の第2種特別地域です。

急な角度の階段が多くありますが10分ほどで頂上にたどり着くことができます。

頂上からはサトウキビ畑が広がる島の風景が見渡せ、竹富島や新城島や黒島、天気の良い日は波照間島も望めます。

▲大岳から石垣島を撮影

大岳の隣にある西大岳(いりうふだき)も国立公園内の第2種特別地域です。

大岳よりも気軽に5分ほどで登山することができます。

頂上からは美しい海と大岳を望むことができ、2001年度に放映された朝の連続ドラマ「ちゅらさん」の石碑が設置されています。

巡視を行った日も多くの観光客が訪れていました。

▲西大岳の展望台にある「ちゅらさんの碑」

国立公園は、日本を代表する優れた自然の風景地を守り、将来へと受け継いでいくための場所です。しかし、自然を守るだけでなく、その地域ならではの多様な自然とふれあい、その自然を活かしたアクティビティを楽しみ、そこで暮らす人々の独自の文化や歴史を知るなど、さまざまな体験や発見ができる場所でもあります。

ぜひ、お近くの国立公園にも足を運んでみてください。

国立公園に、行ってみよう!

https://www.env.go.jp/nature/nationalparks/