九州地域のアイコン

九州地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記

トビカズラの島 トコイ島へ(その2)【平戸・九十九島地域】

2021年04月13日
西海国立公園 溝口恵美

 こんにちは!佐世保自然保護官事務所の溝口です。

 前回グリーンワーカー事業でトコイ島のトビカズラ調査のお話しをしました。

 今回は、生きもの観察と海岸清掃についてお話しします。

 九十九島の会の皆さんは、海の植物や生きものが大好きな人の集まり。

 自然に海の生きもの観察も始まりました。

 まず初めに発見されたのは"ヒカリウミウシ"。

 行きたい方向がわからず、じたばた体をくねらせているように見えてとても可愛らしい!

2021.4.7トコイ島

 海がどんどん満ちてきていたので、クラゲやゴマハゼなどの生きものたちもすぐ近くで

観察でき、夢中になっていました。

2021.4.7トコイ島

▲ゴマハゼ(絶滅危惧種Ⅱ類に指定)

 全長2センチ程度で日本最小クラスの脊椎動物。

 そんな中、突然珍客が!!!

 アカエイです!

2021.4.7トコイ島

 集まってきている生きものを狙ってか,すぐ近くまで寄ってきて

優雅に泳ぐ姿を見せてくれました。

 最後に漂着物などの海岸清掃を行いました。

 ほとんどが燃えるゴミで、プラスチックや発泡スチロールなどの軽いものでしたが、

35口の54.97キログラムのゴミを30分程で集めました。

2021.4.7トコイ島 2021.4.7トコイ島

 

 九十九島の会が行う、当グリーンワーカー事業では、調査の後必ず海岸清掃作業を行います。

 九十九島の美しい海や多くの生きものたちを守るために、自分に出来ることは何か考え、

今後も環境保全活動に取り組んでいきたいと思います。