九州地域のアイコン

九州地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記

穏やかな初日の出と阿蘇の道路状況【阿蘇地域】

2017年01月04日
阿蘇

謹んで初春のお慶びを申し上げます。阿蘇事務所の藤田です。

今年の元旦は、阿蘇山上にも雲がかからず、スッキリ快晴!

現在、唯一阿蘇山上(草千里)に登ることができるパノラマライン『県道111号線』は、通常7:30~18:00までとなっていますが、元旦のみ6:00から通行が可能だったので、草千里まで登ってみました。

この日は、中岳火口からの噴煙も少なく、風もなく穏やかだけどキーンとする冷たさの中、日の出の瞬間を待ちました。

左手に中岳火口 右手に草千里

昨年、熊本では甚大な震災が発生し、復興に向けて進んでいる中、このように穏やかなご来光を臨むことができ、「今年は穏やかな1年になるように・・・」と、多くの方が手を合わせられたことと思います。

また、『阿蘇神社』には毎年お参りをしていますが、熊本地震により倒壊した拝殿は撤去され、普段見ることができない『神殿』を拝むことができるまたとない機会となっています。

元旦の阿蘇神社

しかし、道路状況を懸念される方も多いのか、参拝者も例年よりもやや少なめのようです。ミルクロードも渋滞が心配されていましたが、年末の俵山トンネルの開通や二重の峠の交差点の左折ラインができたことが功を奏したのか、正月3ヶ日は大きな渋滞は見られませんでした。

こんなあたたかい正月はめったにありません。どうぞお気軽に阿蘇にお越しくださいね。

私たちも阿蘇の復興に向け、志も新たに取り組んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。