ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

西表石垣国立公園 石垣

128件の記事があります。

2021年03月17日カンムリワシ交通事故防止の活動【石垣地域】

西表石垣国立公園 アクティブレンジャー 仲本

最近の石垣地域は、夏目前の過ごしやすい気候が続き、天気の良い日は、少しの間で日焼けしてしまう3月となりました。

また、カンムリワシにとっては、求愛や巣作りなどで行動が活発的になるシーズンを迎えています。特に雨が降った後は、カンムリワシのエサとなるカエルやミミズなどが道路上に轢かれて死んでいることも多く、轢かれて死んでいるエサを求めて道路沿いに現れたカンムリワシが交通事故に遭うケースが、例年多発するシーズンでもあります。

令和2年(2020年)のカンムリワシの交通事故件数は石垣島で5件、西表島で5件、合計10件でした。そのうち7件(石垣島3件、西表島4件)が死亡しています。新型コロナウイルスの影響で観光客が減少し、交通量も減少した時期もありましたが、近年のカンムリワシの交通事故件数は、ほぼ同数で推移しています。

▲令和2年(2020年事故件数)石垣島におけるカンムリワシ運転注意マップ

今回は、地元でカンムリワシの保護活動や普及啓発活動を行っている民間団体のカンムリワシ・リサーチさんや関係機関と協力しながら、カンムリワシの交通事故が多発する道路で、カンムリワシの交通事故を1件でも減らしていけるように、通行するドライバーさんに注意喚起する活動を2回に分けて実施しましたので、報告したいと思います。

▲1回目の注意喚起活動(名蔵湾沿いの県道)

1回目の活動は、警察署や石垣市役所の方など関係機関と協力しながら、青空の下、ドライバーさんに呼びかけを行いました。

▲2回目の注意喚起活動(於茂登岳に近い県道)

2回目の活動は、長年野鳥観察を続けている小学校の児童や先生と協力して実施しました。「いきもの注意」「いそがず」「ゆっくり走ろう」と書かれたメッセージボードを掲げ、車を運転されるドライバーさんの中には、スピードを控えてくれるドライバーさんもいました。

現在、カンムリワシ交通事故多発地帯「あぶない!」と書かれた移動式の看板をカンムリワシの多発する道路にも設置して注意喚起を行っています。

▲カンムリワシの交通事故防止移動式看板

カンムリワシは、低空飛行で道路を横断することもあるので、野生動物の急な飛び出しがあっても安全に事故を避けることができるよう、余裕をもったゆとりのある運転にご協力お願いします。

ページ先頭へ↑

2021年03月01日国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター20周年記念WEB配信イベントのお知らせ【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

今回は、どなたでも参加できるWEB配信イベントのお知らせです。

以前にもご紹介したとおり、環境省「国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター」は2000年5月12日の開所より20周年を迎えました。

国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター20周年【石垣地域】

これを記念して3月6日(土)、イベント「サンゴSHOWおうちでカフェ~サンゴ礁と歩んできた20年~」を無料WEB配信します。

国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで行われてきた20年の取組み紹介や、サンゴに詳しい琉球大学名誉教授の土屋先生&サンゴ・サポーターのきいやま商店によるトークセッション、水産技術研究所の名波さんによる講演「サンゴは魚とお友だち!?~サンゴと生き物のつながり~」、きいやま商店によるミニライブ「サンゴSHOW TIME」など内容は盛りだくさん!

おうちでお好きなドリンクでも飲みながら、カフェ気分でご参加ください。

地元小学校の児童が、サンゴ礫を使って作成した当センターのリニューアル看板も披露します。

▲現在の当センターの看板

開所3周年から、強い日差しや台風に耐えてきたので少々年季が入っておりますが、修復を重ねて使用してきました。

さて、どんなステキな看板に生まれ変わるのでしょうか。楽しみです。

みなさまのご視聴お待ちしております!!

<会場URL・QRコード>

https://www.fmishigaki.jp/

※外部サイトに移行します

ページ先頭へ↑

2021年01月28日ツルヒヨドリ駆除活動【石垣地域】

西表石垣国立公園 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

さて、12月19日(土)に、西表石垣国立公園パークボランティア活動として特定外来生物「ツルヒヨドリ」の駆除作業を行いました。

ツルヒヨドリは、南北アメリカの熱帯地域を原産地とするツル性の植物です。

驚異的な繁殖力を持ち、生態系や農作物にも大きな被害を及ぼす可能性があり、世界の侵略的外来種ワースト100にあげられているほどです。

▲ツルヒヨドリ

葉は4から13㎝ほどの細長いギザギザのハート形で、平行な葉脈が特徴です。

ツルヒヨドリの駆除の際には、茎や葉を取り除いても根が残っていると再生してしまう可能性があるため、注意が必要です。丁寧に手作業で株全体を確実に抜き取ります。

今回の活動では、宮良川沿いに花の咲いたツルヒヨドリが確認されたため、駆除を行いました。

花を咲かせた後はタンポポのような綿毛のついた種子をつくり、風で遠くへと飛ばされ、広範囲に定着します。このように拡散しないためにも、確認した花はしっかりと除去する必要があります。

▲ツルヒヨドリの白い小さい花(11から12月に開花)

宮良川のツルヒヨドリは根茎が他のツル性の植物と絡まり、広範囲に繁茂している状態でした。

▲ツルヒヨドリ駆除活動の様子

今回、雨が降る中、1時間ほどの作業でしたが、約21袋分のツルヒヨドリを駆除することができました。

ツルヒヨドリは特定外来生物です。

この特定外来生物は、飼育、栽培、保管や生きたままの運搬等が原則として禁止され、これらを行う場合は許可が必要になります。また、ツルヒヨドリは土砂の運搬などに伴って拡散している可能性があります。このような拡散を防ぐため、土砂運搬の際にも注意が必要且つ、適切な方法で防除しなければいけません。

現在、石垣島では、今回の宮良川沿いとバンナ公園スカイライン沿いで確認しています。

他の場所で見つけた方は、可能な限り詳しい場所と写真を下記までご連絡お願いいたします。

【環境省石垣自然保護官事務所】

住所:沖縄県石垣市八島町2-27
TEL: 0980-82-4768 FAX:0980-82-0279

Mail:coremoc@sirius.ocn.ne.jp

今後も継続してモニタリングし、ツルヒヨドリの防除に努めたいと思います。

拡散防止のため、皆さまのご協力よろしくお願い致します。

ページ先頭へ↑

2020年12月18日スノーケルレスキュー講習会【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

11月7日(土)に真栄里海岸にて、西表石垣国立公園パークボランティア活動としてスノーケルレスキュー講習会を行いました。石垣自然保護官事務所では例年、「海の自然教室」と題したスノーケル観察会を開催しており、パークボランティアさんにも安全補助としてご参加をお願いしています。

今回は、新型コロナウイルス感染防止のため、室内マスク着用、少人数開催などの対策を徹底して実施しました。一般社団法人沖縄ライフセービング協会八重山担当理事の小山豊さんを講師に迎え、室内講義と海洋実習に分け、安全に観察会を行うため、特に重要な安全管理の知識・技術の向上を目的とした講習会を行いました。

始めに行った室内講義では、スノーケルでの事故とは何か、安全管理をする上でのリスクマネジメントの考え方、人形を使った一次救命処置の手順についてお話いただきました。

復習をかねてより実践的に一次救命措置、起こりうるリスクを学べる良い機会だったと思います。

▲CPR(心肺蘇生法)実技の様子

海洋実習は、実際にいつも「海の自然教室」で観察している場所で行いました。まずは観察ルートの危険個所を確認しながら2人1組のバディになって泳ぎます。

真栄里海岸は市街地からすぐ近くの場所であるにもかかわらず、ユビエダハマサンゴ群落が広がり、石垣島の中でもサンゴ被度の高い場所です。

▲真栄里海岸での危険箇所の共有の様子

実際に泳いだ後は、バックボードを用いた救助方法を学びました。バックボードとは、要救助者の全身を固定して運搬する板のことです。布製の担架とは違い、水に浮くので水辺の救助の際に役立ちます。

要救助者の運び方や海岸から引き上げて回復体位を行う方法など、一連の流れを確認しました。

▲バックボードを用いた救助の様子

室内講習でのCPR実技から、海洋講習でのバックボードを使った運搬方法まで、内容の濃い講習会となりました。

ご参加ありがとうございました!

▲参加者集合写真

皆さんも、海や山へ出かける際には、万が一の時のために知識を身に付け、事故を未然に防ぐため、予防しながら、楽しいレジャーをお楽しみください!

ページ先頭へ↑

2020年10月23日オニヒトデの見つけ方【石垣地域】

西表石垣国立公園 神保彩葉

ご無沙汰しています。石垣自然保護官事務所の神保です。

石垣島も朝晩、風が涼しくなり、秋らしくなってきました。

さて、今日はオニヒトデのお話しです。

オニヒトデは、熱帯・亜熱帯に生息する大型のヒトデで、成体はサンゴを食べることで有名です。

▲サンゴを食しているオニヒトデ

時折、大発生し、サンゴを食べ尽くしてしまい、問題になることがありますが、

オニヒトデの生態は未だ、ナゾに包まれており、解明されていないことが多くあります。

八重山では、2008年~2014年頃にかけて、オニヒトデが大発生しました。

近年は、収束傾向にありましたが、

ここ最近、再び石垣島沿岸で、オニヒトデが確認されつつあります。

  • ▲引き揚げられたオニヒトデ

今回は「オニヒトデの見つけ方」のコツをご紹介します。

オニヒトデを見つけるには、まず海中で食痕を探します。

下の写真のような食痕をいくつか見つけたら、近くに潜んでいる可能性大です。

▲比較的新しい食痕          

  • ▲比較的新しい食痕(赤丸)と時間が経った食痕(黄丸)

 

  • ▲時間が経った食痕

食痕近くの岩陰を探すと...。いました。オニヒトデです。

  • ▲発見しました!

オニヒトデは基本的には夜行性なので、岩陰に隠れていることが多いです。

  • ▲管足を伸ばして元気いっぱい!

オニヒトデの大発生を防ぐには

より多くの目で、モニタリングしておくことが大切です。

八重山の海を利用している皆様、

オニヒトデが複数いた等の目撃情報がありましたら、下記までぜひお寄せください。

【国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター】

住所:沖縄県石垣市八島町2-27
TEL;0980-82-4902 FAX:0980-82-0279

Mail:coremoc@sirius.ocn.ne.jp

HP:http://kyushu.env.go.jp/naha/coremoc/index.html

ご協力、どうぞよろしくお願いします!

ページ先頭へ↑

2020年08月14日黒島清掃活動【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

先日、黒島にて海岸清掃があり、私も参加してきたのでその様子をお伝えします。

黒島は、島全域が西表石垣国立公園に指定されており、北部を除く周囲の海が海域公園地区に指定されています。そして、人よりも牛が多い「牛の島」でもあります。

今回、清掃した場所は宮里海岸です。

黒島ビジターセンターの脇から海岸へと続く道があります。

黒島ビジターセンターは、国立公園である黒島の自然や島の生活様式、民俗資料を展示した環境省の施設です。

砂浜には遠くからでもみえるほどの漂着ゴミがあります。

あまりにもゴミの量が多いので、まずは1か所に集めてから分別をしていきます。

どんどんゴミが集まっていきます。そして、強力な助っ人が!

重機の力も借りて、一気に運びます。

猛暑の中での作業でしたが、地域の方をはじめ多くの方々の協力で、本来の姿を取り戻せました。

皆様、お疲れ様でした!!

宮里海岸はそのままの自然が残されており、古くから島民に愛されている海岸です。

その自然の中に、外国からのペットボトルや漁業で使われた網やブイ、人間が捨てていったビニール袋などのゴミはいりません。

今回、一掃し、ゴミのない美しい砂浜をみることができて良かったです。

皆さんのお近くの海岸にも漂着ゴミがあると思います。多くの地域で海岸清掃・美化清掃は実施されているので、地域の清掃活動に参加していただければと思います。

ページ先頭へ↑

2020年08月14日北部JPR活動第1回・第2回【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 田村彰帆

アクティブレンジャー日記をご覧の皆様、こんにちは。

石垣自然保護官事務所の田村彰帆です。

石垣島北部地域に住んでいる子ども達を対象に行った、子どもパークレンジャー(略称JPR:Junior Park Ranger)の第1回と第2回の活動を紹介します。

今年度第1回の活動では、野底崎にてコーステアリングを行い、海岸探索による自然・地形観察をしました。

コーステアリングとは、イギリス発祥の新しいスポーツで、普段は行くことができないと思っている海岸線の岩場を、徒歩や遊泳しながら進みます。

ライフジャケットと膝当て、そしてヘルメットを装備して野底崎の完全攻略を目指します。

砂浜から歩いてスタートします。

足のつかない深さの海もどんどん泳いでいきますが、泳いでばかりだと疲れてしまうので、岩場からも進みます。

陸側から探索、海側から探索。

かなり高い場所まで、自らの力で進みます。

飛び込みポイントでは大はしゃぎでした。

第2回の活動では、西表石垣国立公園に指定されている野底林道沿いで、「アコークロー」に生き物調査をしました。

アコークローとは、沖縄の方言で、明るい(あこう)暗い(くろう)を意味し、日が沈んでもまだ明るい夕暮れ時のことを言います。

夜の生き物の鳴き声に耳を傾け、寝ているところを起こさないように注意しながらライトを照らして生き物を見つけます。

見つけた生き物をまじまじと観察している様子。

特定外来生物であるオオヒキガエルも捕獲することができました。

水たまりのそばでハブを発見。やってくるカエルを狙っていたようです。

どの回も無事に活動を終えることができました。

まだまだ北部JPR活動は続きますので、随時お伝えしていきます。

これからも、石垣島の自然環境に触れ、自然体験等を通して環境保全に対する意識を高め、地元の素晴らしい自然に親しみをもって欲しいと思います。

ページ先頭へ↑

2020年05月12日国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター20周年【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 大嶽若緒

アクティブレンジャー日記をご覧の皆さん、はじめまして。

今年度新しく石垣自然保護官事務所のアクティブレンジャーとして着任いたしました、田村 彰帆(たむら あきほ)と申します。

八重山諸島の魅力を伝えられるよう精一杯頑張ります。これからどうぞよろしくお願いいたします。

さて本日、2020年5月12日、環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターは、開設20周年を迎えました。近所の子どもたちや地域のみなさんからは、親しみを込めて「サンゴセンター」と呼んでいただくことが多いようです。

記念すべき日記1ページ目は、そんなサンゴセンターについて紹介をしようと思います。

国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター 白い壁と赤瓦屋根が目印です!

▲ 国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター 白い壁と赤瓦屋根が目印です!

サンゴ礁の保全や自然再生を進めていくため、サンゴ礁に関する情報の収集や提供、研究や学校教育への支援も行っています。

例えば、モニタリング調査では、石垣島周辺や石西礁湖を中心に、様々な影響を受け、絶えず変化しているサンゴ礁の現状を継続して把握しています。その結果をもとに、オニヒトデの大発生や大規模白化などいろいろなダメージから復活しようとするサンゴの自然回復力を補助する取組や、関係機関などと協力して行う活動について、どうしたらサンゴ礁をより力強く保全できるのか見直しながら実施しています。

さらに、最新の調査結果や自然再生に関する取組などをわかりやすく発信することもサンゴセンターの重要な役割のひとつです。サンゴセンター内にある石垣自然保護官事務所が事務局を務める石西礁湖自然再生協議会でも、得られた情報が発表されています。

<石西礁湖自然再生協議会ニュースレター>

http://www.sekiseisyouko.com/szn/entry/newsletter.html

また、多様な生物に「食」と「住」を提供し、癒しや観光資源、天然の防波堤など私たち人間の生活にも多くの恵みをもたらしてくれているサンゴ礁の重要性、保全の必要性についてより深く理解していただくため、特別展示などを行うとともに、学校や地域の方の協力を得て実施するサンゴ学習の支援や、「海の自然教室」など西表石垣国立公園をはじめとする各フィールドを利用した普及啓発活動も行っています。

国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターは、地域の方や関係機関、団体など、たくさんの方に支えていただき、20周年を迎えることができました。この場をお借りして感謝いたします。

秋頃に20周年イベントとして楽しめる企画ができたらと考えておりますのでお楽しみに!

豊かで美しい八重山の、日本の、世界のサンゴ礁をずっとずっと守っていけるよう、これからも多くの方とともに一歩一歩進んで行けたらと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

コロナが収束したら是非遊びに来てくださいね!

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在臨時休館しています。

再開時期につきましては、地域での状況等を踏まえ、沖縄奄美自然環境事務所ウェブサイトで改めてお知らせします。

<環境省沖縄奄美自然環境事務所ウェブサイト>

http://kyushu.env.go.jp/okinawa/index.html

ページ先頭へ↑

2020年04月30日<遊べる!学べる!サンゴブックのご紹介> 【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 山本 以智人

こんにちは!

石垣自然保護官事務所の神保です。

大型連休に入りますが、今年は新型コロナウイルスの影響で外出は自粛。

ほかの事務所からも、自宅で楽しめるアイテムが続々と挙げられていますが、

国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターからも、ひとつ紹介させてください。

その名も「サンゴブック for kids」!

対象は、主に小学生向けとなっていますが、小学生以下の小さなお子さまや、

大人の方も楽しく一緒に学ぶことができます。

内容は、サンゴやサンゴ礁の生きもののぬりえやクイズ、すごろく、工作など、

20項目がギュッと詰まった一冊です。

ちょっと中をのぞいてみましょう...!

ぬりえ・サンゴの海

どんな生きものがいるかな?サンゴの海を探けんしよう!

すごろくゲーム サンゴのだいぼうけん

サンゴになった気持ちで、遊んでみよう!

つくってみよう マンタひこうき

八重山の海のにんきもの、「マンタ」を思いっきり空にとばしてみよう!

などなど、他にもたくさんのコンテンツがありますので、

海の生き物が好きな方、サンゴに興味のある方はもちろん、

八重山地域の方々には、この機会に地域の自然を学ぶきっかけに、

また、今回旅行を自粛していただいているみなさまには、

このワークブックを通して、八重山の自然に想いを馳せていただければと思います。

以下をダウンロードしてご活用ください。

(3部に分けて掲載しています。)

newサンゴブック1.pdf

newサンゴブック2.pdf

newサンゴブック3.pdf

おうち時間を少しでも有意義なものにしましょう!

ページ先頭へ↑

2020年02月20日カンムリワシ交通事故防止の注意喚起活動【石垣地域】

西表石垣国立公園 石垣 アクティブレンジャー 仲本

カンムリワシは、冬から春先にかけて繁殖期を迎えるため、求愛や巣作りで行動が活発的になります。例年この時期はカンムリワシの交通事故が多発しています。

カンムリワシの交通事故を防ごうと、新たな取り組みとして近年交通事故が発生している地点付近の交差点で、通行するドライバーさんに注意喚起する活動を216日(日)に実施しましたので、お伝えします。

▲横断幕やのぼりを持ってカンムリワシの交通事故防止をPR

今回は、石垣自然保護官事務所とカンムリワシの自然保護活動を行っているカンムリワシ・リサーチが主催して、警察署、市教育委員会、西表石垣国立公園パークボランティア、地元の小学校の児童や先生、保護者のみなさんにご協力いただき実施しました。

子どもたちは、「カンムリワシをひかないで」「カンムリワシのエサをひかないで」と思い思いに作成したメッセージボードを掲げて、ドライバーさんに注意を呼びかけました。

▲児童が作成したメッセージボード

今年は、元旦にカンムリワシの交通事故が発生し、事故のダメージが大きく、残念ながら数日後に死亡が確認されました。現在、「カンムリワシ運転注意マップ」を作成し、市や関係団体等の協力を得て、交通事故の注意喚起を呼びかけています。

▲カンムリワシ運転注意マップ

カンムリワシは、森の近くの水田など見晴らしのよい樹木や道路脇の電柱によく止まり、エサとなる小動物が出てくるのをじっと待ち伏せしています。

エサを求めて、車に轢かれた小動物を食べに道路上に度々出現することや低空飛行で道路を横断することもあるため、車を運転されるドライバーのみなさんは法定速度を守ってスピードを控えていただき、野生動物の急な飛び出しがあっても安全に事故を避けることができるよう、余裕をもった運転にご協力お願いします。

これからも地域のみなさんに石垣島の生き物の現状を知ってもらうため、普及啓発に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ