Tsushima Wildlife Conservation Center (TWCC)

対馬野生生物保護センター

ツシマヤマネコニュース

RSS

センター職員日誌

280件の記事があります。

2011年07月13日夏の交通事故キャンペーンに参加してきました

センター職員日誌 山中

7月11日~13日までの3日間行われたキャンペーンに参加してきました。

前回の春のキャンペーンと同じく、安全運転とヤマネコに優しい運転をドライバーの皆さんにお願いしてきました。

つばきちゃんも3日間駆けつけてくれ、この猛暑の中変わらぬ笑顔で安全運転をお願いしてくれていました。


安全運転よろしくね


おおおーい!!
さて、話は変わりますが、エコドライバー認定ステッカーがあることを知っていますか??

実はあるんです!
ヤマネコセンターでしか配布していないかなりレアものです。

こちらが、認定ステッカーです!
なかなか知られていないので、車で走っていてもあまりこのシールを貼っている車を見ません。
ぜひ、あなたも認定者になりませんか?

このステッカーを手に入れるのはとっても簡単です。
対馬のあちらこちらにおいていただいているエコドライバーズマニュアルのチェック項目にチェックし、センターにお持ちいただくだけです!
マニュアルはきっとステッカーの近くにあります、見逃さないで(+_+)

あるいは、センターに来て受付の人に認定ステッカーをくださいと言ってくださいね。

みなさんのおこしをお待ちしております。
なお、認定者になられた際には顔写真も貼れる認定証や、期間限定でヤマネコセンターホームページに登場できる特典も(希望者のみ)!!


ページ先頭へ↑

2011年07月11日ホコリ虫の正体

センター職員日誌 水崎

先日日誌で書きましたホコリ虫についてですが、地元の昆虫に詳しい先生(とそのお知り合い)から、
「クサカゲロウ」
という昆虫の幼虫ではないか、とのご連絡をいただきました。

何故、家の中にいたのかは不明ですが、次に見つけたらアブラムシをあげてみたいと思います。
気になる方は、「クサカゲロウ 幼虫」で検索してみてください!

教えていただき、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

2011年07月07日ホコリ虫

センター職員日誌 水崎

先日、洗面所で顔を洗っていたところ、洗面台にホコリがついていました。
ところが、つまもうとしたところ、そのホコリが動いていることに気がつきました。

よく見てみると…

虫の背中にホコリが乗っていました。
たまたまホコリがついたのかと思い、ホコリをつかんで虫を観察した後、センターに持って行こうと小ビンに入れたところ、なんと自分でホコリを背負い始めました!

本来は落ち葉とかを乗せてカモフラージュするのかもしれません。

先日のカマキリモドキに続き、最近は虫に縁があるようです。

正体を突き止めようと「ホコリ虫」で検索しましたが、正体は分かりません。
見たくもない方が大多数かと思いますが、↓の正体をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください!



虫と言えば、先日佐護小中学校で生き方講座に呼んでいただき、何故環境省に入ったのか、小中学校のころはどんなことを考えていたのかなどお話しさせていただきました。

小さい頃、ファーブルが好きで「何故この人は糞ころがしを追いかけているだけで生活できるのだろう」と疑問に思っていたことを思い出しました。
ちなみにファーブルさんはあまり小中学校の皆さんには知られていないようでした。

一方ムツゴロウさんは皆さんよくご存じのようで。
テレビに出なくなって久しいのにさすがですね。

ページ先頭へ↑

2011年07月06日動物園の対馬ツアー

センター職員日誌 山本

6月末に、日本各地の動物園から
ツシマヤマネコの飼育下繁殖に取り組む関係者が対馬に集合しました。

来シーズンのヤマネコの繁殖計画を立てたり
もっと繁殖成功率を上げるためにはどうすればいいのかなどを話し合う会議がメインですが、
もう一つの目的は「対馬を見ること」です。

動物園では、飼育下でヤマネコを繁殖させるだけでなく
展示して来園者に見てもらい
ツシマヤマネコが今どんな状況にあるのかや
対馬で行われている保護対策について普及啓発を行っています。

でも、自分でも見たことがないものを他の人に説明するのはとっても難しい・・・

だから、この機会に対馬のことをできるだけ知ってもらおう!と
見学ツアーを行いました。

何しろ総勢20名なので、バスを借りて移動。


センターの展示施設やヤマネコの飼育施設、
佐護のヤマネコ米たんぼ、森づくりに取り組む舟志の森、
交通事故現場などを回りました。

対馬の印象は?
「広い!とても島だとは思えない!」

一部動物園職員の間では「対馬病」(症状:対馬に来たくてたまらなくなる)が流行しているようです。





これからもヤマネコをよろしくお願いします☆


ページ先頭へ↑

2011年06月29日もうすぐ100日

センター職員日誌 山中

こんにちは、交通事故担当の山中です。

今日は、ゼロ記録看板についてお知らせします。

去る3月23日(水)に1頭の妊娠したメスが交通事故により命を落としました。
それから、早くも7月1日で100日がたとうとしています。

今は、あまり事故はおきにくい時期にですが、仁田では野生復帰したヤマネコが道路上で頻繁に目撃されていますし、交通事故の危険性が低くなっている訳ではありません。

これからも一日一日、ゼロ記録看板に日数を増やすことができるよう、
安全運転をお願いします。

次回ゼロ記録看板200日目の時にお会いしましょう。

200日目(10月9日(日))はいよいよ、仔ヤマネコが独り立ちをする時期に当たり、交通事故の発生件数が増え始める時期です。
さらなる注意をお願いするかと思いますがよろしくお願いします!!

ではでは、次回までしばらく失礼します!

今日(29日)は98日です。

ちょっと気が早いですが、100日にしてみました。

ページ先頭へ↑

2011年06月27日エコカーテン(アサガオカーテン)

センター職員日誌 水崎

田代です。

まず、3月11日の東北太平洋沖地震で被災されました皆様、お見舞い申し上げます。
連日のメディア等で報道されているように、今年は梅雨明け前だというのに日中の気温が最高で40°近くを記録している地域もあります。
全国的にいわれているように、電力不足です。
本年度、センターでも初めての試みで、九州電力のご厚意でエコカーテン(アサガオカーテン)を導入しました。
今は、まだ観察室からはみえませんが、7月の上旬から中旬にかけて観察室からアサガオが見れると思います。タイミングがよければ「福馬くん」が小屋の上で涼をとっているところが見れると思います。


ページ先頭へ↑

2011年06月24日ステッカー

センター職員日誌 山本

昨年7月から、対馬では飼いネコの登録条例ができています。

市内でネコを飼っていらっしゃる方、ネコの登録はお済みですか?

「うちのネコは登録してあるよ」という方は動物病院に行ってみて下さい。
写真のステッカーがもらえます☆

未登録のネコも、動物病院で登録してもらえます(要予約)。









NO.1じいちゃんは、いつも目がうるうるしていましたが

定期検査で詰まっていた涙の腺を掃除したら、少しうるうるしなくなりました。




ページ先頭へ↑

2011年06月23日豆知識!!納豆ってもやしのおじいちゃん?

センター職員日誌 山中

知ってました??

もやしが年取ったら枝豆で、さらに年取ったら大豆で、さらに年取ったら納豆ってこと!!

つまり、全部同じだってこと!

実は、恥ずかしながら全然知らなかったんです。
全く別物だと思っていたので、まさに目から鱗です。

意外と農作物って、スーパーに並んでいる形であればわかるんですけど、
畑になっているのを見てもいまいちわからないんです。

最近の子供たちは、魚を見て「これは生きていたの?」と聞くぐらい
生き物と食べのもが離れている現実を嘆いていた自分に反省です。

自分自身もまだまだ知らないことが多いんだなと思いました。

これまで、自然の奥深さに目がいきがちでしたが、身近にある物も
意外と奥深いことを再認識させられた一日でした。

ページ先頭へ↑

2011年06月09日たれ福馬

センター職員日誌 山本

掃除に入ったら福馬くんは定位置の丸太の上に座っていました。

(どうしてヤマネコ(ネコも)はくつろぐ時に片方の前足だけ出すのでしょう?)





その後姿勢を変えて丸太の上に座った福馬くん。

展示室のガラスは、ヤマネコ側から見るとマジックミラーになっています。




振り返ると誰かいる・・・




「シャー!」

ページ先頭へ↑

2011年05月27日ヤマネコの健康診断

センター職員日誌 山本

センターのヤマネコたちは1年に1回、健康診断をしています。

救護が増える秋~冬を避け(救護があると忙しくなってしまうので)、
だいたい春~夏頃にかけて週に1頭のペースで行います。

検査の時、ヤマネコは普通の犬や猫のようにおとなしくしてくれないため
麻酔をかけなければなりません。

麻酔をかけることで、人にもヤマネコにも安全に検査を行うことができます。

体の各部位の大きさを測るのも検査の一部です。

体重、体長(全長、頭胴長、尾長)、後足長、耳長、頭幅、頭骨長、
胸囲、胴囲、腰囲、首周囲、脂肪の厚さ(背側・腹側/胸部・腹部・腰部)、
オスは精巣の大きさ(縦横)、メスは乳頭の大きさ(縦横)、犬歯の長さ、を
どんどん測っていきます。

写真は頭幅をノギスで測っている様子。

計測で得られた情報も貴重なデータになります。


血液検査、レントゲン、エコー検査(胸部・腹部)、尿検査、糞便検査と続きます。

写真はレントゲン(胸部を横から撮影)。
背中にある白い米粒のようなものはマイクロチップです。

健康診断の時はヤマネコも人も大変ですが
異常がないことを確認したり、異常があっても早く発見して対処するために
大切な検査なのです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ