Tsushima Wildlife Conservation Center (TWCC)

対馬野生生物保護センター

ツシマヤマネコニュース

RSS

センター職員日誌

292件の記事があります。

2011年09月26日秋の交通事故防止キャンペーンに参加してきました。

センター職員日誌 山中

毎年恒例の交通事故防止キャンペーンに参加してきました。

今回は厳原にも参加し、計4箇所でキャンペーンを行ってきました。

厳原にて!!



どきどき・・・。


これから、秋が深まるにつれ今年産声を上げたヤマネコたちが親の元を離れ
独り立ちする時期です。

初めての場所へと乗り込む時は、わからないことがいっぱい。
道路が危険なこともおそらく成獣たちよりは分かっていないでしょう。

そんなヤマネコたちが交通事故により命を落とすことのないよう安全運転でお願いします。

もちろん、ヤマネコのための安全運転はドライバーひとりひとりのための安全運転にもなります。よろしくお願いします。



「安全運転で郵便配達お願いしまーす!!」



また、今年は春に2頭の生まれて間もないヤマネコが衰弱死をしています。
さらに、最近になってさまざまなところでの目撃情報も相次いでいます。
もしかしたら今年はヤマネコが例年よりも多く産まれているのかもしれません。
その分、交通事故の危険も増えます。

昨年は非常事態宣言を出しましたが、今年は出さないでもいいようみなさまのご協力をお願いします。

ページ先頭へ↑

2011年09月20日ヤマネコ観察

センター職員日誌 水崎

今年の3月にも佐護でヤマネコを観察しましたが、昨日も佐護でヤマネコを見ることができました。

若そうなヤマネコが2頭と、もっと若そうなヤマネコが1頭いました。
しかも2頭は同じ畦に現れ、繁殖期でもないのにこんなに近くで2頭が出てくることもあるのだなと驚きました。


こちらが若そうなヤマネコのうちの1頭です。
畦を向こうからこちらに歩いて来て、稲刈りをした早米の田んぼを横切って、まだ稲刈りをしていない遅米の田んぼに入って行きました。


こちらが一番若かったヤマネコです。
親は見かけませんでしたが、もう一人立ちしているのか、親は警戒して出てこなかったのか、わかりません。

佐護では農家が中心となった佐護ヤマネコ稲作研究会が、減農薬や冬期湛水、ビオトープづくりなど様々な生きもの配慮の米作りをしています。
今回観察した田んぼの畦も、佐護ヤマネコ稲作研究会による「佐護ツシマヤマネコ米」の認定田の横の畦でした。
佐護の田んぼの4分の1~5分の1くらいがヤマネコ米の認定田となっていますが、こうした田んぼが佐護全体に、対馬全体に、さらには日本全体に広がっていけばよいなと思います。
センターもそのためのサポートを引き続き実施していきたいと思います。

佐護ツシマヤマネコ米は遅米なので、これから収穫です。
もうしばらくはヤマネコ米の田んぼに潜むヤマネコを楽しめそうです。

ページ先頭へ↑

2011年09月19日わんにゃんフェスティバル2011

センター職員日誌 山本

今週は動物愛護週間です。

対馬では9月24日に「わんにゃんフェスティバル2011」を開催します。

まず、午前中には動物愛護社会化推進協会による「犬の飼い主検定」。
どんな問題が出るのでしょうね?

午後からは、
・市内の小中学校から募集した動物愛護絵画展
・ヤマネコの飼育員によるヤマネコ講演会
・ふれあい動物園
・対州馬曳き馬体験
・スタンプラリーとオリジナルエコバッグづくり
などなど、盛りだくさん。

今年は、ツシマヤマネコを飼育している
福岡市動物園と西海国立公園九十九島動植物園(佐世保市亜熱帯動植物園から名称変更)に
ご協力いただいて、ふれあい動物園に参加するウサギ・モルモット・ヘビを
連れてきていただく予定です!

場所は厳原町の厳原体育館と清水が丘グラウンドです。

ぜひ遊びに来てくださいね~




最近の福馬くん。涼しくなってきて、過ごしやすくなったかな?




No.1じいちゃんも元気です。じいちゃんの鼻はまだらなんだ。




最近紹介していませんでしたが、昨年8月にトラバサミにかかって保護されたオス。
まだ傷が癒えずに療養中です。収容期間が1年を越してしまいました。

食べているのは鶏頭です。


ページ先頭へ↑

2011年09月02日認定ドライバーの仲間が増えました(No.2)。

センター職員日誌 山中

みなさまこんにちは、交通事故担当の山中です。
もう、早いもので9月ですね。

さて、またまたスーパーエコドライバーの仲間が増えました。
すこし前になりますが、協働隊の松野さんと木村さんが認定ドライバーになってくれました。

お二人は、
ヤマネコのために、優しい運転をしようと心がけてくれるそうです。

協働隊の松野さん(左)と木村さん(右)です。


その後ヤマネコセンターにて学生実習が行われました。
前期と後期に分かれ計10名の学生その他の方がそれぞれ10日間センターに滞在し、ヤマネコについていろんなことを体験し学んでいきました。



そこに参加してくれた学生たちもヤマネコのために安全運転をすると誓ってくれ、認定ドライバーになりました。

↑この日は、曇っていたのにも関わらず韓国がくっきりと見えるという奇跡が起きました!!
写真では、わかりずらいですね・・・。

参加した学生たちはみな島外なので地元ではヤマネコがいないため認定してもという気持ちもあるかと思いますが、

ヤマネコのために安全運転することは、自分のための安全運転をすることと同じことであり、自分を身を守ることを誓ってくれたと解釈しています。

また、ヤマネコはいないものの多くの野生生物が本州にも生息しています。
その動物たちを引かないためにもこの認定書が役に立ってくれればと思っています。

学生さんたち、ぜひ安全運転でドライブしてください!!



そして、またいつかセンターにも遊びに来てください。
楽しみに待っています。



ページ先頭へ↑

2011年08月30日野生復帰個体のその後

センター職員日誌 茂木

昨年10月に舟志で保護され今月16日に野生復帰したヤマネコのその後の様子を報告します.




野生復帰後はまず五根緒方面に移動していきましたが,五根緒の海岸に行き当たりそこから先には行けないと思ったのか(はたまた単に気が変わっただけなのか)一度舟志の方へ戻り,今度は北上を始めました.
この際,五根緒の天頭山付近の海岸沿いから一気に一晩でオメガ塔のある半島まで移動したのでもしかしたらこの時は舟志湾を泳いでいたのかもしれません!
(残念ながらこの時は24時間体制で観察していなかったので詳細は不明です)

オメガ塔の半島に行った後も北上を続け,玖須から津和,網代と移動していきました.
網代集落の裏山で2~3日過ごした後,姿が見えなくなりましたがその2日後,今度はなんと大浦湾沿いの鰐裏側の山で発見しました!
2日間であっという間に東海岸から西海岸まで島を横断して行くなど,野生復帰からこれまでの行動パターンを見ていると過去に野生復帰したヤマネコたちの中では一番大きく移動しているようです(^^)/

ちなみに昨晩様子を確認しに行ったときは,大浦湾沿いの道路の法面の上からこちらを見下ろしていました.
まるで「また来たのかよ?!」的な視線を向けて:-)

このヤマネコがどこまで移動していくのかまだ全然予想がつきませんが,早くどこかで良い場所を見つけて定住してくれるといいな~(^o^)

ページ先頭へ↑

2011年08月25日ヤマネコ野生復帰しました☆

センター職員日誌 山本

ヤマネコニュースにあるように、昨年10月4日に上対馬町舟志で保護されたオスのツシマヤマネコが野生復帰しました。

野生復帰したのはこの個体です↓



10ヶ月前に保護されたときは、ダニまみれ・ウジまみれ↓



自力でエサを食べることもできず、点滴と、経鼻カテーテル、強制給餌で栄養や水分を補給しました。




とても小さなヤマネコでした。




それでも少しずつ回復し、1ヶ月も経たないうちにすっかり顔色は良くなりました。




でも、栄養状態がよくなった後も、ウジにかじられた尾の傷の治療のために入院。
数日に1回の傷の処置にもがんばって耐えてくれました。




(しょうがない・・・)と思っていたのかどうか・・・




結局、尾はケガがもとで普通のヤマネコの半分くらいの長さになってしまいましたが、
どうにか傷もふさがり入院室から外のケージへ出ることができました。

野生復帰に向けての訓練では、ネズミやハトを上手に捕まえる様子が観察でき、
さらに今まで飼育したヤマネコが登ったことがない高さまで登るなど、活発なところを見せてくれました。




暗かった上にアクリル越しなのでよく見えませんが、野生復帰直前の様子です。
この後、元気に森に帰っていきました。

センターでは、この個体が野生でしっかり生活しているかどうか、追跡調査を行っています。

今のところ、舟志、五根緒、舟志、玖須、津和、富ヶ浦、網代・・・と移動を続けています。
今後、安心してすめる場所が見つかれば定住すると考えられます。

みなさんのお宅の近くを通っているかもしれませんよ!

しっぽの短いヤマネコがいたら、多分この個体です。
見かけた方は、元気に暮らしていたかどうか、ぜひセンターまで教えて下さい♪

ページ先頭へ↑

2011年08月19日学生実習♪(前期)

センター職員日誌 一條

気付けばあっという間に立秋を過ぎています。
お久しぶりの投稿となってしまいました…。

さて、8月に入り、センターでは実習生の受け入れを行っています。
前期と後期、それぞれ10日間です。
今回は前期実習の様子をお伝えします♪
今回の実習生は全部で5名。専門学校生に大学生、社会人と、様々な背景を持った人達が集まりました!!


センター内では職員達がそれぞれ担当する業務についてのレクチャーをしたり…


厳原のアリラン祭りで、ペットにもヤマネコにも優しい対馬になるよう、「捨てペット防止キャンペーン」でペットの適正飼養についての呼びかけを行ったり…。


センターの普及啓発について、体験してもらったり…



NPO法人どうぶつたちの病院の「対馬動物医療センター」で、獣医さんに対馬の野犬、野良猫たちの話を聞かせてもらったり…


「ツシマヤマネコと共生する地域社会づくり」でモデル地区に指定されている舟志区の皆さんと一緒に、「舟志の森」に自然観察歩道を作る作業のお手伝いをしたり…


ツシマヤマネコ応援団の皆さんと、道路の下を通る水路「カルバート」を清掃して、道路の下にヤマネコの通り道を作ったり…


ヤマネコの自動撮影カメラのデータ交換に連れて行って貰ったり…

まだまだ書ききれていない事は沢山ありますが、とにかく沢山の体験をして頂きました!!
対馬の人の温かさに触れ、対馬の素晴らしさを感じる一方で、ツシマヤマネコを取りまく問題も目の当たりにする機会も同じくらいあり…
人とヤマネコ、両方に暮らし良い対馬を実現するには何をすればいいのか…答えの無い問題を、五人五様に考えた10日間になったと思います。
今回の5人が、5人なりの答えを見つけ、いつの日か対馬やヤマネコのより良い未来の為に何らかの行動を取ってくれたら、それだけでもこの実習を行った意義があるのではないでしょうか。
5人の今後に期待です!!


最終日、笑顔でフェリーに乗り込み、旅立って行った皆さん、まだまだ伝えきれていない、対馬の魅力が沢山ありますよ☆
是非是非また、対馬に遊びに来て下さいね!!

現在来ている後期実習生達も、何を学んで帰って行くのか、とてもとても楽しみにしています☆

ページ先頭へ↑

2011年08月15日捨てペット防止キャンペーン(かみつしま)

センター職員日誌 山本

8月12日に、第10回目となる捨てペット防止キャンペーンを
お盆準備のお客さんで賑わうスーパータケスエ大浦店の店頭で実施しました!





今回は、対馬に研修にきた日本大学の学生さん達にお手伝いいただきました。

大人たちは暑くてふらふらでしたが、学生さんたちは元気に頑張ってくれました~




ペットは最後まで責任を持って飼ってくださいね。

タケスエさんも、お忙しいところお邪魔させていただいてありがとうございました!




こちらは今日のNo.1じいちゃん。

いつもは掃除にいくと、寝室で終わるのを待っていることが多いのですが
今日はなぜだか出てきました。




どんどん近づいてきて・・・

近いよ!じいちゃん!どうしたの!




狙っていたのは私の長靴。

咬みごたえがたまらないみたいです。




新調したばっかりなんだから咬まないでー。

「なんで?」って顔してもだめー。

・・・しばらく狙われ続けるのかな?


ページ先頭へ↑

2011年08月07日捨てペット防止キャンペーン実施しました

センター職員日誌 山本

「ペットは捨てずに最後まで責任をもって飼ってください」と呼びかける
「捨てペット防止キャンペーン」を6日に実施しました。

今回で9回目になるこのキャンペーン、これまでスーパーマーケットなどの店頭で実施させていただいてきましたが
初めて「厳原港まつり(アリラン祭)」会場で開催してみました!

「アリラン祭」は、1年前から予約しておかないと宿が取れないという、多分対馬で一番観光客がくるイベントです。
これは沢山の人に呼びかけができることが期待できますよね。

キャンペーンの時間は小一時間程度と短いのですが
せっかくなので、キャンペーンの時間以外はセンターで「ヤマネコ展」を出展することにしました。





風船を沢山用意。




風船と着ぐるみはどこに行っても大人気です!
つばきちゃんからも「ペットは大事に飼ってね~」とお願いします。




暑い中頑張った、対馬地区ネコ適正飼養推進連絡協議会のメンバーと
センターの実習生。

お疲れさまでした~

次は、12日に上対馬のスーパータケスエ大浦店で実施予定です☆

ページ先頭へ↑

2011年07月29日認定ドライバーの仲間が増えました

センター職員日誌 山中

こんにちは、山中です。

毎日暑いですね~~。
いよいよ夏休みでセンターの来館者も増えてきています。

さて、そんな中認定ドライバー夏休み第1号が誕生しました。
上対馬にお住まいのパク ミヘさん。

認定ドライバー夏休み第1号

安全運転に努めます!と約束してくれました。

ぜひ、安全運転でお願いします(^<^)

この夏でどんどん、エコドライバーの認定者が増えることを期待しています。

みなさんも、なってみませんか?
お待ちしておりまーす!(^^)!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ