センターの概要

奄美野生生物保護センター 入口

いも~れ!( 奄美のシマグチで「ようこそ、いらっしゃい」の言葉 )

奄美野生生物保護センターは、奄美群島の生きものや自然を保護するために設置された環境省の施設です。

活動内容紹介

アマミノクロウサギなどの希少な野生生物に関する調査・研究、外来種であるマングースの防除事業、センターでの展示や自然観察会などを通じた普及啓発、「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産に向けた取組などを総合的に行う拠点となっています。

保護増殖事業

種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)では、国内に生息・生育する絶滅のおそれのある種を国内希少野生動植物種に指定し、特に優先度の高い種について保護増殖事業を行っています。

奄美野生生物保護センターでは、アマミノクロウサギ、アマミヤマシギ、オオトラツグミの保護増殖事業を行っています。

個体数のモニタリングや繁殖生態の解明をはじめ、各種の調査・研究に取り組むことで、これらの種と取り巻く環境を注意深く見守り、奄美群島の生物多様性が永遠に守られる環境作りを進めています。

保護増殖事業

マングース防除事業

奄美大島では外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)で特定外来生物に指定されているフイリマングースの防除を進めています。

その中心を担うのが「奄美マングースバスターズ」です。

奄美野生生物保護センターでは、バスターズや関係者と協力・連携しながら、奄美大島からマングースを完全に排除する取組を進めています。

マングース防除事業

普及啓発活動

パンフレットの作成や小中学校での授業、自然観察会の開催などを通して、奄美群島の、かけがえのない、生きものや自然の大切さを知ってもらう活動を行っています。

普及啓発活動

環境省
奄美野生生物保護センター

郵便番号 894-3104
鹿児島県大島郡大和村思勝字腰ノ畑551

電話: 0997-55-8620
FAX: 0997-55-8621

【開館時間】
     9:30 ~ 16:30

【休館日】 
     毎週月曜日(祝日をのぞく)
     年末年始(12月29日~1月4日)

【入館料】
     無料