野生生物の保護

野生生物の保護

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関すること

 国内外の絶滅のおそれのある野生生物を保護するため、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づいて、希少野生生物の保護に取り組んでいます。

野生鳥獣の保護に関すること

 野生鳥獣の保護管理のため、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」等の規定に基づいて、鳥獣の保護や狩猟に関する業務を行っています。

ラムサール条約に関すること

 特に水鳥の生息地等として国際的に重要な湿地及びそこに生息・生育する動植物の保全を促進することを目的とした条約です。湿地の保全と賢明な利用の両立のため、地元とともに取り組んでいます。

動物愛護に関すること

 人と動物が共生するよりよい社会を目指し、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づいて、動物の適正な飼養の推進や、マイクロチップによる個体識別の普及に取り組んでいます。

パンフレット等

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ