野生生物の保護

管内の生息地等保護区

 国内希少野生動植物種に指定されている種のうち、その生息・生育環境の保全を図る必要があると認める場合は、生息地等保護区を指定しています。生息地等保護区は管理地区と監視地区に分けられ、それぞれの地区内では開発行為などが禁止されます。九州管内には、以下の3箇所があります。

○山迫ハナシノブ生育地保護区(熊本県阿蘇郡高森町)

指定日 : 平成8年6月3日面積1.13ha

○北伯母様ハナシノブ生育地保護区(熊本県阿蘇郡高森町)

指定日 : 平成8年6月3日面積7.05ha

○藺牟田池(いむたいけ)ベッコウトンボ生息地保護区(鹿児島県薩摩川内市)

指定日 : 平成8年6月3日面積153ha

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ