九州地域のアイコン

九州地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記

ツシマヤマネコ交通事故多発中、最大限の警戒を!

2021年12月02日
センター職員日誌

対馬野生生物保護センターの池田です!

さて今回はツシマヤマネコの交通事故&目撃情報のお知らせです。

今年度はツシマヤマネコの交通事故が8件発生しており、特に11月には5件もの交通事故が発生しました。

11月に事故に遭ったいずれのヤマネコも今年生まれた若い個体で、

これから繁殖に貢献する可能性もあったことから、とても残念です・・・。

ツシマヤマネコは冬にかけて生活に適した場所や繁殖に必要な相手を求め行動圏を広げます。

特に10~12月にかけて道路が危険な場所だと知らない若いヤマネコや大人のオスのヤマネコが

道路に飛び出し、事故に遭う件数が増える傾向にあります。

事故地点周辺では事故後もヤマネコの目撃情報が相次いでおり、

引き続き交通事故への警戒が必要な状況です。

そこでツシマヤマネコの交通事故が例年と比較し多い傾向にあることを踏まえて、

対馬野生生物保護センターでは対馬市CATV様にご協力いただき、

対馬島内の方に向けてヤマネコの交通事故の注意喚起を実施しています。

交通事故注意のお知らせはCATVチャンネル11で12月1日から12月31日まで放送予定ですので、

是非ご覧いただければと思います!

そのほか事故発生地点(以下のチラシ参照)を通る際や交通事故看板を見かけた際には、

「もしかしたらヤマネコが飛び出してくるかも...」と思い出していただけるとうれしいです。

もし、誤ってヤマネコを轢いてしまった場合でも故意でなければ罪に問われることはありません。

誤ってヤマネコを轢いてしまった際や交通事故にあったヤマネコを見かけた際には

対馬野生生物保護センターまでご連絡ください(TEL:0920-84-5577)。